人気ブログランキング |

クッカリーレッスン@Still Rooms 冬


Still Rooms でのクッカリーレッスンも もう3度目
夏・秋に引き続き 今回は冬のイギリス料理を楽しもう☆がテーマです


クッカリーレッスン@Still Rooms 冬_a0107981_23431050.jpg

薪ストーブが赤々と燃える冬のスティルルームスで 今回ご紹介するのは
気取らないイギリス家庭料理
「プロウンカクテル」
「ピー&ミントフムス」
「ビーフ&エールコブラー」
「スティッキートフィープディング」の4種
クッカリーレッスン@Still Rooms 冬_a0107981_23431052.jpg

いつものうちのお菓子レッスンとは違い
「すみません これお願い~」
「お鍋見張ってて~」などと色々皆さんにお手伝いをお願いするものの
基本はデモ中心なので
調理過程の写真がそういえばナイ

クッカリーレッスン@Still Rooms 冬_a0107981_23431033.jpg

ので ここからは完成写真をご覧ください

皆さんに 美しく盛り付けしてもらったエビのカクテルと
クリスプブレッドにのせたグリンピースとミント入りのフムス
テーブルに飾られたミモザのリースと相まって
色合いがもうすぐ春を思わせてくれるスターター
どちらも混ぜるだけでできてしまう お手軽お役立ちレシピ

メインの煮込み料理は作りたいものがあり過ぎて悩んだ挙句の
「ビーフ&エールコブラー」
クッカリーレッスン@Still Rooms 冬_a0107981_23431000.jpg


牛肉とお野菜をビールでコトコト煮込むこと1時間半~2時間
そこにタイムをたっぷり入れたコブラー(スコーン生地)をのせてオーブンで焼き上げます
フルーツのコブラーはよく見かけますが
こういったセイボリータイプのコブラーも実はとっても美味しい♪
同じシチューを具にしてビーフ&エールパイにしてもいいし
ビーフ&エールプディングにしてもいいわけだけれど
今回は一番お手軽で 味も万人受けし
「え ここに生の生地のせてちゃんと焼けるの?」とみんなが驚いてくれるであろう
コブラーに決定☆

クッカリーレッスン@Still Rooms 冬_a0107981_23434610.jpg


想像以上に元気にシチューの上で膨らんでくれるコブラ―
美味しいシチューの味が染み込んだベース部分と 香ばしく焼けた上部との食感の違いも楽しい
煮込みものを食べる時 添えてあるパンにたっぷり染み込ませて食べたいけれど
お外じゃお行儀悪いかな なんて思ったりすることありませんか?
これに関しては その欲求をフルに満足させてくれる嬉しい一皿
はじめからスコーンが美味しいシチューに浸っているんですから
今回はまた その生地に加えたタイムが いいお仕事をしてくれています

こんなにシンプルな材料と手順で
ビールの苦みの効いた深い大人味の煮込みができるのだから
やっぱりイギリス料理って捨てたものではありません


クッカリーレッスン@Still Rooms 冬_a0107981_23434632.jpg

そしてお待ちかねのデザートタイム
みんな大好きスティッキートフィープディングです
デーツのしっとりとした優しい甘さ
温かいトフィーと冷たいアイスクリーム
最強の組み合わせ☆
今回は小さなプディング型で一人用サイズに焼いたので
コロンとしたお山のような姿がまたキュート
寒い冬 暖かい部屋でいただくスティッキートフィープディングのように
知らず知らずに笑顔になれるデザートってそんなにありません
大きそうに見えるプディングも 気づくとぺろり お腹の中へ(笑)

毎回みなさんの笑顔が嬉しいイギリスお料理教室
次は春 何を作ろうかなぁと ともう悩ましい。。。
ご参加くださった皆さん
寒い中 本当にありがとうございました!

おまけの1枚


クッカリーレッスン@Still Rooms 冬_a0107981_23434640.jpg

レッスンは二日連続なので Still RoomsさんにB&Bさせてもらいます
素敵な朝ごはんをいただいて
今日もレッスン 楽しく頑張れそう~という朝の一枚(^^)
ちなみに夜は二人でどうしてもクレープシュゼットが食べたいという話しになって
久々にオレンジリキュールたっぷりのクレープシュゼットを作成
(イギリス菓子ではないけれど)
美味しすぎて 写真撮るの忘れちゃった、、、







# by lesgalettes | 2020-02-12 06:24 | レッスン | Comments(2)

常備粉もの


イギリスのスーパーで 日本でもこんな風に色々売っていればいいのになぁ~
と思うものは数あれど 毎回思うのが
セイボリービスケット(甘くないチーズやハーブなどのビスケット)や
クリスプブレッド(薄くカリカリしたクラッカー的なもの)
フラットブレッド(ピタやトルティーヤ・チャパティのような類)などの豊富さ

フレイバーもさまざま
チーズやハーブ入り・チリやガーリック・シード入り
粉も全粒粉からライ・スペルトにグルテンフリーまでなんでもござれ

常備粉もの_a0107981_15454052.jpg

選べないくらい並んでいるのに
日本ときたら あるのはリッツ系かプレミアムクラッカー系くらい
輸入食材屋さんに行けば多少はあるけれど

チーズやディップ系が大好きなわたしとしては
常時 沢山揃えておくには ちょっとお高い
なら こんなに小麦粉が沢山ある我が家
自分で作っておけばいいんじゃない と最近はせっせと手作り☆


常備粉もの_a0107981_15460249.jpg

フラットブレッド系は焼いてすぐのほうが美味しいので
常備用にはカリカリのクリスプブレッドやクラッカーと呼ばれるタイプのもの
フレーバーもその時次第
ローズマリーやタイムを入れてもいいし
パプリカやチリを入れてもいい

常備粉もの_a0107981_15460251.jpg

粉も余っているもので
ライ麦や全粒粉
セモリナ粉や オーツ

常備粉もの_a0107981_15460256.jpg


形も気分次第
丸だったり 細長くしてみたり
紙のように大きく作ってバリバリ ラフに割ってみたり~


常備粉もの_a0107981_15470919.jpg


朝ごはんにはシード入り
パンプキンシードにサンフラワーシード
ゴマにポピーシードに リンシード
歯ごたえがいいので満足感もあります

常備粉もの_a0107981_15462285.jpg

スープやチーズに添えるなら シンプルに
軽くお塩や 黒こしょうだけとかでもいい

ちょっとお腹がすいたとき
ビスケットやケーキを食べるよりは罪悪感が少ないので 夜食にも~(?)


常備粉もの_a0107981_16235344.jpg


作り始めると いろいろな味が揃っているほうが楽しいなぁ なんて
あれもこれも作っちゃう
大きな缶に 甘くないこれ系のクラッカー類
小さな缶にビスケット類
なんて安心感(笑)
お腹がすいたら いつでもつまめるんですから~

せっせとため込んで しょっちゅうカリカリ食べてて
前世はリスかも








# by lesgalettes | 2020-02-08 15:48 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

雪見お茶


それにしても今年の冬は異常気象
暖かいのは過ごしやすくていいけれど さすがにちょっと心配になります
ふだんは雪いっぱいの日光への道も
今年の道路は乾いたまま
山の上の中禅寺湖ですらも ほんの少し凍っているだけ

雪見お茶_a0107981_14152274.jpg


夏によくピクニックに行っていた戦場ヶ原は
軽く雪景色
ほんとうに2月あたまなのかしら?と思うほど穏やかな青空の下
ありきたりな表現ですがほんとうに絵ハガキのよう


雪見お茶_a0107981_14152265.jpg

紅葉シーズンは観光客でとても近づけない竜頭の滝も
この日はガラガラ
氷瀑とはいかないまでも 例年はパムッカレのように段々に白く凍りついている滝が
今年は一部 つららが下がるのみ


雪見お茶_a0107981_14152359.jpg


推して知るべし 奥日光の湯元まで行っても雪はわずか
毎年恒例の小さな沢山のかまくらがぼんぼりのように
数百個も灯るイベントは中止だそう

見事な氷の彫刻も 真冬とは思えない日差しの下
しずくがポタポタ、、、


雪見お茶_a0107981_14155272.jpg


「チュウ」♡と名付けられた
ラブラブなネズミのカップルの彫刻はとってもキュートで
思わず笑顔になってしまいます(^ ^)
少しでも長くもってくれるといいけれど、、


雪見お茶_a0107981_14155274.jpg
この日 日光の山の上はどんなに寒いだろうと
用心して持ってきた温かい紅茶
車の中ででも飲めればいいかな なんて思っていたら
なんの この陽気
氷点下にもならず 下界とそう変わらないではないですか
ここは湯ノ湖
見回せば ちょうどいいピクニックテーブルを発見☆
雪見ティーと相成りました

雪見お茶_a0107981_14155352.jpg

おやつもしっかり持って来ておいて良かった(^^)
ミルクティーにたまらなく合うパーキンに ダイジェスティブビスケット

それにしても 澄んだ空気の中
頭上から降り注ぐ いかにも紫外線の強そうなこの日差しに
下からは雪 脇からは湖面の照り返し
眩しくて目を開けていられないほどです


誰が作ったのかな?
湖をじっと眺める杭の上の雪だるま ↓

雪見お茶_a0107981_14155392.jpg


冬のドライブ
良さげなカフェが見つかるとも限らないところに行くときは
紅茶とおやつは必需品☆







# by lesgalettes | 2020-02-05 14:13 | ピクニック | Comments(0)

Winter picnic


冷蔵庫の野菜室を覗いたら 端っこのほうに
ブラムリーアップルを発見☆
大分経ってるけれど どうにかまだ食べられそう
さて 何にしようか、、
あまり手間はかけたくないのでとにかく簡単なモノ、、、
そこで これまた残り物
12月にミンスパイ用に作った クランベリーミンスミートをのせて
「ブラムリーアップル&ミンスミートプディング」に

Winter picnic_a0107981_16244621.jpg

要はイヴズプディングのミンスミート入りのようなもの
ブラムリーだとあらかじめりんごに火を通さなくとも
生地をのせて一度焼くだけで りんごもくたくたになってくれるからとってもラクチン♪

1月の最後の週末
どうやらお天気も良さそうなので
今年二度目のピクニック
そこでこんな簡単おやつを焼いていたのでした
ピクニックの準備はできるだけ簡単に が肝要
準備でクタクタになってしまうのでは ピクニックの楽しみが半減
別にスーパーで買ったものを持って行くだけでもいいんです
とにかく 外の新鮮な空気を吸いながら
壁も天井もないのびのびとした空間で
リフレッシュするのが目的だから

Winter picnic_a0107981_16244764.jpg

それにしてもこの冬はこれまでにない暖冬
いくらピクニック好きだからって
1月にしようなんて 去年まで考えてもみませんでしたから
それが今年はまったく余裕
大して厚着しなくとも お日様はぽかぽか照っているし
風さえなければ 全然寒くない

だけど やはり冬は冬
地面は冷えているので 冬ピクニックの時はラグを広げるのではなく
ベンチ&テーブルがあるところ
Winter picnic_a0107981_16245566.jpg

そして荷物は最小限に☆
だからピクニックバスケットではなくエコバッグ
食器もカトラリーもミニマムに
春夏のように いつまでも寝そべっていたり読書したりなんて 長居もしないので
あれもこれもと持って行かずにコンパクト
でも 暖かいブランケットは必須
ベンチに敷いたり 膝にかけたり重宝します


Winter picnic_a0107981_16250282.jpg

食べ物も その場で切ったり作ったりするものではなく
すぐにつまめる簡単なモノ
出来れば温かいものがあれば なお良し

この日は焼き立てのスモークサーモンのキッシュに
ピー&ミントのフムスにパテ
先ほどの焼きたてりんごのプディング
そして何はなくとも あったか~い紅茶

Winter picnic_a0107981_16244765.jpg

当然のごとく誰もいない貸し切り状態の贅沢な空間で
思いの外のんびり過ごした後は ちょっぴりお散歩
ふかふかの枯葉の上を ブーツを履いてしゃわ~しゃわ~と歩くのは結構楽しい

Winter picnic_a0107981_16244705.jpg

するとちょっと小高くなったところに
なんだかまたよさげなピクニックスポット発見☆

次のピクニックはここもいいね
ちゃんとピクニックテーブルがある
周りに桜の木があるから 春は競争率が高そうだけれど
冬は貸し切り
虫もいない ~これ結構嬉しい
ピクニックは好きだけれど 蚊とか蜂とか刺す系の虫は結構苦手
がっつりアウトドアが好きなわけではなく
アルフレスコ(屋外)くらいが好きなのですね(笑)

冬ピクニック
もの好きね~なんて見られているのかもしれないけれど
気持ちいいものですよ♪
次は ホカホカの焼き芋と紅茶だけピクニックもいいかなぁなんて
冬ならでは ですからね(^^)
あ タイ焼きも♡(やっぱり粉ものはかかせない…)




# by lesgalettes | 2020-02-02 16:11 | ピクニック | Comments(0)

ライスプディング in ブルゴーニュ


1月のレッスンで「ライスプディング」の説明をしているときに思い出しました
これまでで一番美味しいライスプディングに少し前に出会ったことを~
残念ながらイギリスではないのですが
それは秋に訪れたブルゴーニュの朝ごはんでのこと

一見それは もったりとしていそうな いたって普通のライスプディング
テーブルには他に 焼き立てのバゲットやハラハラのクロワッサン
まるでケーキのように美しいヴィエノワズリーはじめ
食べきれないほどの魅力的な炭水化物であふれているのに
ライスプディングにまで手を出しているほど わたしの胃袋に余裕はないわ
なんて思っていたものの~

ライスプディング in ブルゴーニュ_a0107981_16061691.jpg

お隣にいかにもフレッシュなラズベリークーリーとフルーツが添えてあったので
「一口だけ~」と口に運んでみました
そうしたらどうでしょう
ビックリするほどクリーミーで優しい食感
牛乳臭さはなく シルキーなバニラ風味の生クリームを食べているような香りとテクスチャー
結局一口どころか気づくと完食
旦那さんの分まで奪って食べてしまいました(笑)
作っているところを見てみたい~
きっとシンプルだとは思うのですが でも何かが違う、、、




ライスプディング in ブルゴーニュ_a0107981_16055934.jpg
贅沢なセレクションの中で 結局一番印象に残ったのが
Liz au lait (ライスプディング)だったという プチデジュネをいただいたのは
ブルゴーニュの Chagnyという小さな町にあるレストラン兼ホテル Lameloise (ラムロワーズ)
泣く子も黙る(?)三ツ星レストランですが
場所が場所だけに パリの三ツ星レストランなどとは違って
くつろいだ雰囲気で わたしでも気後れ無しで過ごせる嬉しい空間


ライスプディング in ブルゴーニュ_a0107981_16060041.jpg

ここはアミューズが本当に至福です
右上の串にささっているのはのフォアグラのチョコレートコーティング
美味しい驚きに出会いたいときは 先入観は捨てて挑むが吉
ホワイトチョコレート+フォアグラ これが絶妙な美味しさなのです
左下の真っ黒なボール
かしゃっと割れる薄い殻の中には液状のトマトソースが入っているので
一口で食べないと大変です
以前にも登場したこの二つはもう一度食べたいと思っていたので
思わずにっこり(^^)


ライスプディング in ブルゴーニュ_a0107981_16055981.jpg


この日はお泊りだったので 心行くまでゆっくりディナー
ほんとうにゆっくり
7時過ぎに席に着いたはずなのに 部屋に戻ったのは11時を大分回っていましたから。。。
アミューズだけでも5種類
お料理は4皿と言いつつ 実際に出てくる数は6皿くらい

ライスプディング in ブルゴーニュ_a0107981_16061709.jpg
それに加えて恐ろしく魅力的なチーズのワゴン
プチデセール
メインのデザート
ミニャルディーズまで

ライスプディング in ブルゴーニュ_a0107981_16061711.jpg

我ながらよく頑張ったと 胃袋をほめてあげたい程 食べました(笑)
次回はもう無理かも

なんて言いつつ~
翌朝 件のライスプディングはじめ元気に朝ごはんをしっかり食べているのですけどね(^^;)

さ、 わたしはもうすぐ年に一度の恐怖の健康診断
毎回1か月前くらいから甘いものとお酒は控えよう~と思うのですが
結局今回もダメでした
リアルな結果を受け止めたいと思います、、










# by lesgalettes | 2020-01-30 16:04 | フランス | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします
※写真の無断転載はご遠慮ください

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
レッスン
アフタヌーンティー&ティー
ピクニック
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
フランス
未分類

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧