人気ブログランキング |

グーズベリー摘み



我が家でグーズベリー摘み☆

元気いっぱいのエルダーの木の下で
いつも折れそうに細い枝をひょろひょろと伸ばしているグーズベリー
他のラズベリーやブラックベリーに先立ち
春の早い時期に ひっそり地味~な花をつけ
エルダーフラワーが花咲く時期にちょうど実をつけるグーズベリー
エルダーが終わる今の時期になると
緑から紫へと 実が色づき始めます


a0107981_18373973.jpg


ふだんは生ではとてもじゃないけど酸っぱくて食べられないグーズベリーも
紫になったものは 多少甘くなるので 生食もあり
だけど やっぱりグーズベリーはこの透け感のある爽やかなグリーンと
恐ろしく酸っぱいこの酸味が魅力☆
今年もそろそろ収穫時です

1㎝弱はあろうかという長い棘と格闘しながらPYO
ひっかき傷だらけになりながら 収穫です

大豊作!
思わず眺めていたくなるほど きれいな黄緑色

a0107981_18373999.jpg

なにかと手間のかかるグーズベリー
棘に引っかかれながら収穫した後は
Top and tail と呼ばれる地道な作業が待っています
頭の茎と おしりの花ガラの部分をハサミでカット
どちらも意外と固いので ここで取り除いておくとおかないと後で後悔
豊作は嬉しいけれど
全部 この作業をしなくてはいけないと思うと う~ん(^^;



a0107981_18373927.jpg

庭でTop and tail を始めたのは良いけれど
途中で喉が渇き始めたので
グーズベリー&エルダーフラワースプリッツァーで小休止☆
グラスにグーズベリーを入れて軽くつぶしたところに
白ワインとエルダーフラワーコーディアル
そして炭酸水と氷で満たします
瑞々しく爽やかな この時期お外で飲むのにぴったりのドリンク

スプリッツァーを飲みながら 格闘することしばし
ようやく終わりも見えてきたところでおやつタイム☆


a0107981_18373993.jpg

グーズベリークランブルのエルダーフラワーアイスクリーム添え
紫に色づいたグーズベリーを中心に作ったのですが
いやあ~ 酸っぱい!!
目の覚めるような というか 思わず目をつぶってしまう酸っぱさです
が これがたまらない美味しさ
熱々のグーズベリークランブルにエルダー風味の冷たいアイスはまさに出会いもの
ひっかき傷も 地味な作業も報われようというものです


a0107981_18373817.jpg

ストロベリーやラズベリー
甘くて そのまま口に放り込むことのできる 魅力的なベリーたちに押されて
イギリスでも昔に比べ人気がなくなってしまったグーズベリーですが
わたしにとっては エルダーと並んでイギリスの初夏を味わわせてくれる
大好きな植物のひとつです♪

もっともっとたくさんグーズベリーの株があるなら
レッスンで使って みんなで食べたいのになぁ。。。








# by lesgalettes | 2019-07-01 18:34 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

6月の flower themed レッスン



今月のレッスンのテーマはお花
6月のイギリスを彩るのは薔薇だけではありません
5月から咲き始めるエルダーフラワー そして少し遅れてラベンダー


a0107981_17202665.jpg


そんな花の香りを詰め込んだ今月のお菓子は
「エルダーフラワーのドリズルケーキ」と「ラベンダーショートブレッド」

例のごとく ワンボールでぐるぐる混ぜれば出来ちゃうイギリスケーキ
分量も簡単
バターも粉も卵もお砂糖も全部同量
関係ないおしゃべりをしているうちにあっという間に生地は完成
後はオーブン任せ


a0107981_17202615.jpg

焼きあがったら
熱いうちに生地に穴をプスプスたくさん開け
エルダーフラワーコーディアル(もちろん自家製!)とレモン果汁を
「これ全部ですか~?」と不安げな声が聞こえるくらいにたっぷり染み込ませます(笑)
そしてグラニュー糖をぱらり
これが冷めるとしゃりっと固まり このケーキになくてはならないアクセント


a0107981_17202618.jpg

しっとり軽いスポンジと表面の食感のコントラスト
香るエルダーの香りと レモンの酸味
と~っても美味しいケーキなのですが
唯一難点があるとすれば それは少々地味なルックス
まぁイギリス菓子だし 別にいいと言えばいいのですが
エルダーが入っているんだよ ということも主張したいので~

シュガーペーストでエルダーのお花を作って飾ることに(^^

a0107981_17203649.jpg

いっきにキュートさがUPした エルダーのドリズルケーキ
これならおうちのおやつだけじゃなくって 夏のおもてなしにも使えそう
もし余力があれば
エルダーのコーディアルを加えて泡立てた生クリームを添えてあげてもいいでしょう

お次はラベンダーショートブレッド
ラベンダーのあの独特の香り
石鹸や香水ならいいけれど お菓子はどうなの?と思う向きも多いと思いますが
ほんのり香る程度なら
これまた意外とショートブレッドと合うのです


a0107981_17203642.jpg

まずは ラベンダーシュガーを作っておき
それでショートブレッドを作るのですが
形は自由
もちろんいつものペチコートタイプにしても バー状にしてもかまわないのですが
わたしがイギリスで初めて出会った ラベンダーのショートブレッドが
ハート形だったので
ついついいつも ラベンダーショートブレッドと言えば ハート形


a0107981_17204763.jpg

昔 Snowshill のティールームで食べたあの味
きれいなグラデーションのラベンダー畑がよみがえります


a0107981_17204764.jpg

ラベンダーもエルダーも イギリスでは そこここに咲いている身近な花
他にも野に咲く花や植物を 昔から 上手に生活に生かしてきたイギリス
コーディアル然り

うちの教室に来てくれる皆さんは お菓子だけではなく
イギリスのそういった文化全般にも興味を持っている人たちが多数
いつも話題はエンドレス
わたしのほうがいつも 色々教わることばかりです~














# by lesgalettes | 2019-06-27 17:20 | レッスン | Comments(0)

ジャミードジャー


1週間 過ぎるのは早いですか?遅いですか?

小学校の6年間が永遠のように長く感じたのは
毎日覚えること 感じること 脳への刺激が沢山あって 日々成長しているから
1日が充実していればいるほど 1日は短く感じるけれど 1年は長く感じる

反対に 大人になり 同じことの繰り返しの変化のない生活
とりあえず 早く週末来ないかなぁ~と過ごしていると
1日は長く感じても あれ?この1週間は何していたんだっけ?
記憶がないから 振り返るとあっという間に時が過ぎてしまったような気がしてしまう



a0107981_12224160.jpg


わたしはというと 充実してないわけではないのだけれど
やっぱり1週間過ぎるのが早く感じるのは なにか新しい刺激が少ないからなのかな?

なぜこんな話になったかというと
先週末遊びに来てくれた友人ファミリーとのお茶の様子をブログに書こうと思っているうちに
もう1週間も過ぎていたから

~週末 お茶をしました(^^)
リクエストに応えて バノフィーパイ
レモンを使ったお菓子
そして スティッキートフィープディング


a0107981_12224173.jpg


レモンを使ったお菓子は レモンスクエアとレモンメレンゲタルト
この梅雨シーズン
わたしも よく食べたくなるレモンがしっかり効いた
思わず目をつぶってしまうくらいに 酸っぱい そして爽やかなお菓子



a0107981_12224061.jpg


生まれたばかりだとばかり思っていたみおちゃんは もう5歳
大人にとってはあっという間の5年も
彼女にとってはきっと 小さな体に収まりきらないくらい色々なことを吸収した
長い長い5年間だったのだろうなぁ

この日一番気に入って食べてくれたのはビスケット
バターの代わりにクロテッドクリームで作ったひつじさんビスケットに
今月レッスンでも作っていた ハートのラベンダーショートブレッド
そして ハートの穴から真っ赤なジャムがのぞくジャミードジャー風の
ジャムサンドビスケット


a0107981_12224097.jpg
「ジャミードジャー風ビスケット」 我ながらなかなかいい出来(^ ^)
というか あんまりそれっぽく再現しちゃうと 手作り感がなくなってまるで市販品みたい
市販品ビスケットを作るときは
そっくりにじゃなくて
それっぽく だけど手作り感を残して それより美味しそうに作るのがミソなのですね
というか 頑張って市販品によせる意味があるのか(笑)


振り返って記憶に残っている美味しいお菓子の思い出は
その美味しさそのものというより
それを食べた時の幸せ感 充足感
だから 作りたいのは 単に味が美味しいお菓子というより
幸せな時間を作るのに 笑顔を作るのに 一役買えるような そんなお菓子
なのかな

皆さんもよい週末を
& ちょっぴり変化のあるウィークデイを☆


☆★ お知らせ★☆

8月のレッスンは夏休みなので 今月25日の募集はありません
8月30,31日に開催予定のチャリティーお茶会の参加者募集の日程はまた別途お知らしますが
7月後半になる予定です~










# by lesgalettes | 2019-06-23 22:18 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

グーズベリー&エルダーフラワーフール



グーズベリーの酸味とエルダーの香りを包み込んだフールは
イギリス初夏の味
ピュレにしたフルーツなどをクリームに混ぜ込んだフール
どんなフルーツでも作れるのだけれど
グーズベリーとルバーブの時期以外はついつい忘れがち



a0107981_09363099.jpg

イギリスで17世紀から愛されているフールについては こちらを☆

イギリスのお菓子のあれやこれやについて書いている
あぶそる~とロンドン内の 「イギリスおかし百科
スローペースですが 時々お話を追加しているので覗いてみてくださいね

ちなみに最新は
第156話 Yorkshire mint pasty (ヨークシャーミントパスティ)
フレッシュミントたっぷりの珍しい焼き菓子です


a0107981_09363567.jpg


その前は とんがり帽子のような形がキュートな
Scottish pinapple tarts (スコティッシュパイナップルタルト)」について


a0107981_09364318.jpg



イギリスにはまだまだたくさん 美味しいお菓子が眠っています☆













# by lesgalettes | 2019-06-20 09:35 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

グーズベリー&エルダーフラワー

エルダーフラワーとグーズベリーは出会いもの

他のベリー類に先駆けて
春 早々に地味な目立たない花を咲かせていたグーズベリー
エルダーフラワーが咲くちょうどその頃
あのビー玉のような半透明の実を実らせます


a0107981_23074728.jpg

細い枝から緑色のイヤリングのようにぶら下がったグーズベリー
鋭い棘に守られているせいか
緑色で葉の色と似ているせいか
酸っぱすぎてお好みではないのか あまり鳥たちは興味を示さないよう

ちょうどシーズンが被るエルダーフラワーとグーズベリー
青い香りもどこか 重なる部分もあり
合わせて使うと とてもいいコンビネーション
イギリスでもよく この二つを合わせたお菓子が作られます


a0107981_23074819.jpg

今年はいつもよりたくさん実をつけてくれたので
色々遊べそう
この日作ったのは グーズベリーとエルダーフラワーのケーキ

コーディアルで煮たグーズベリー
それに生クリームとクレームフレッシュを合わせたグーズベリーフールを
エルダーフラワー風味のケーキにサンド


a0107981_23074893.jpg

グーズベリーの酸味とエルダーの香りが
いかにも6月らしい
フレッシュな印象のお菓子

a0107981_23074797.jpg


楽しい週末はあっという間
今日からまた新たな一週間
あれもこれもやりたい やらなくちゃと欲張り過ぎず
程よく肩の力を抜いて 丁寧に過ごしたいものです~












# by lesgalettes | 2019-06-17 08:13 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
レッスン
アフタヌーンティー&ティー
ピクニック
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
フランス
未分類

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧