人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ホットクロスバン ブレッドアンドバタープディング


この季節 ホットクロスバンズを焼いたら必ず作るのが
ブレッドアンドバタープディング
シンプルなバニラの香りのブレッドアンドバタープディングにする時もあれば
マーマレードとウィスキー風味にしてみたり
ベリーを加えてみたり 毎回そのときあるもので いかようにも遊べる
素敵な残りものプディングの代表選手

今回はオレンジとチョコレート風味

ホットクロスバン ブレッドアンドバタープディング_a0107981_15525813.jpg

ホットクロスバンズを横3枚にスライスして
バターをたっぷり塗って器に敷き詰めます
そこに卵と牛乳とお砂糖少々
お好みでクリームやバニラなどを加えたカスタード(卵液)を染み込ませて
オーブンで焼くだけ
日本風に言えばパンプディング
(もしくは 汁だくフレンチトーストのオーブン焼き?)
今回は そこにチョコレートとオレンジをプラス
カスタードにはオレンジの皮のすりおろしと ブランデーをちょっぴり入れて香りづけ
ソフトな焼き上がりにしたかったので湯煎焼きにしてみます


ホットクロスバン ブレッドアンドバタープディング_a0107981_15525827.jpg

同時進行で作っていたのは 残り物のフレイキーペストリーを使った
ソーセージロールと セイボリーのターンオーバー
ターンオーバーのフィリングはアスパラガスとウズラの卵・ ベーコンとチーズ
アクセントにバジルペースト
中身に決まりはないので 冷蔵庫にあったものなら何でもOK
カレーでも 肉じゃがでも~
パイに包んで お外で食べれば大抵美味しいから大丈夫(笑)


ホットクロスバン ブレッドアンドバタープディング_a0107981_15525894.jpg


この日は桜満開の最高のお花見日和だったせいか
いつもの公園はガラガラ
ここにも地味だけれど 大きくてきれいな山桜はあるのにな
ソメイヨシノだけが桜じゃない
でも確かにこれは樹高が高すぎて桜の花が遠い(笑)


ホットクロスバン ブレッドアンドバタープディング_a0107981_15525857.jpg

そんなわけで この日も貸し切りのピクニックエリアでお弁当
そよぐ風は頬に心地よく
陽射しは強すぎず 暖かで
聞こえるのは鳥の声だけ
うそのようにうららかな昼下がり

食も進むというもの
ホットクロスバン ブレッドアンドバタープディング_a0107981_15525753.jpg

スパイスの効いたホットクロスバンズに
オレンジとチョコレートはやはり好相性
余るかななんて思っていたけれど
スプーンを置いても またすぐ持ち上げてしまい
結局しっかり食べきっていました^^;
大好きなホットクロスバンズと大好きなブレッドアンドバタープディングが合体しているのだから
抗えるはずもありませんでした
そう言えば以前作ったセイボリーバージョンもまた作りたいなぁ


ホットクロスバン ブレッドアンドバタープディング_a0107981_15530133.jpg

ピクニックでは できればスマホは手放したいもの
代わりに本や雑誌を持って行きます
この日 出際に目について 荷物に入れていたのは「秘密の花園」
「春が来たの!」とメアリが飛び込んでくるシーン
実際に 草や土の春の香りを嗅ぎながら読んでいたら
メアリとコリンの高揚感でこちらまで息が詰まりそうに~
すごいなぁ

同じ空の下
誰にとっても時が平等に流れるように
季節もまた平等に巡るのかと思いきや いつまで経っても春の来ない場所もある

戦争からレモネードは作れない
砂糖も水すらもないのだから


# by lesgalettes | 2022-04-13 06:42 | ピクニック | Comments(0)

ベイキングチュートリアル


この月曜火曜はベイキング三昧
お相手は 昨年夏オープンした大阪のティールーム「Grand Tour」さん
前回のベイキング三昧から1年ぶり
コロナ禍の飲食店オープンは 並々ならぬ苦労がおありだったと思いますが
しっかり軌道に乗せられて
そのこだわりの紅茶とイギリスフードでお客様の心をしっかり掴んでいるよう
素晴らしい~

一日目はセイボリー色々
そのひとつが「フレイキーフィッシュパイ」
フィッシュパイというと下の写真のように マッシュポテトで覆うイメージですが
パフペストリーやフレイキーペストリーでカバーするタイプも
美味しいもの


ベイキングチュートリアル_a0107981_20100996.jpg

フレイキーペストリーはその名のとおり
そのサクッとはかなく砕ける食感が魅力
作り方は少々独特
バターとラードを合わせたものを(バターだけでもOK)
伸ばしたペストリーの2/3のスペースに点々とおいていき
それを折りたたみ また伸ばし 油脂をおき…と三回繰り返します

ラフパフペストリー程は層は出来ないけれど
もっと気楽に作れて
かつ独特のハラハラ感
どこか古臭くて(失礼)オールドファッション感漂う このフレイキーペストリーは
ついつい存在を忘れてしまいがちですが
今回のチュートリアルでは その美味しさを再認識
もっとふだんのペストリー作りに取り入れてみようかな


ベイキングチュートリアル_a0107981_20100821.jpg


他にもヨークシャープディング生地に
ソーセージやベーコン・ トマトにマッシュルームなどを入れた
「イングリッシュブレックファストトッドインザホール」や
ミニサイズのヨークシャープディングに スモークサーモンや生ハムなどをのせたもの
牛ひき肉のパイなどの セイボリー系を作成
テーブルの上は茶色一色のお惣菜やさんのよう
ノンストップで大集中ベイキング(笑)

翌日はケーキ系
今がシーズンのシムネルケーキ
手作りのマジパンは一度食べるとはまります
消しゴムみたいなあの細工用のマジパンとは全くの別物ですから

ベイキングチュートリアル_a0107981_20100969.jpg
ほどけるようなビスケット生地に
バタークリームとラズベリージャムをサンドしたヴィエニーズワールは
まるでケーキのようなそのリッチな味わいと存在感に おどろきます

好きなサイズに切り分けられるトレイベイクはティールームでも
家庭のおやつでもお役立ち
ビーツブラウニーに レモンスクエア
どちらも見た目地味ですが 印象に残る味とテクスチャー
トレイベイクというとちょっと乾いたものを想像しがちですが
この二つはとにかくしっとり☆


ベイキングチュートリアル_a0107981_20100835.jpg

レッドベルベット的な深い赤茶色のビーツとチョコレートのケーキは
クリームチーズのフロスティングで仕上げ
一見ボリューミーだけれど
大量のビーツが入っているので チョコレートケーキとしては軽い印象


あれもこれも作りたいし
積もる話もまだまだ積もったままだけれど
そろそろタイムアップ
出来上がったケーキをテーブルに並べてみたら~
こんなティールームがあったらかなり幸せだよね?
そんな光景にちょっとした達成感

美味しいものが大好きで 研究熱心な Grand Tourさん
これからがますます楽しみです♪

*****************

ようやく水仙やクリスマスローズが咲いたと思ったら
桜にムスカリにチューリップ 一気に春が押し寄せて来ましたね
これからひととき 至る所で緑が噴き出し一年で一番生き生きとした季節
良い週末とリフレッシュを♪



# by lesgalettes | 2022-04-09 10:09 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

ホットクロスバンズ


イースターと言えばホットクロスバンズ
伝統的にはイースターの直前のグッドフライデーに焼くものとされていますが
ちょっと待てずにフライング
自分用なので いつもよりミックススパイスをたっぷり入れてスパイシーに
捏ねるのも キッチンエイド君にお任せで楽ちんです(^^)
日本のパン作りは ちょっと気を遣うイメージが強いですが
イギリスのパン作りはとっても気楽
特にレッスンのように時間制限のない時はさらに適当
この日も捏ね上げたあと ちょっと済ませたい用事があったので
ゆっくり発酵してもらうよう 涼しい室温で3時間くらい放置
用事を済ませて戻ったら ちょうどいい感じに発酵してくれていました

ホットクロスバンズ_a0107981_08354594.jpg

ドライフルーツとスパイスたっぷりのパン生地を
分割して丸め さらに待つこと1時間
焼いた時に丁度隣同士がくっついてくれる程度に置くのが好み
(もちろん一つ一つ独立させて焼くパターンもありです)
上に小麦粉を水で溶いたペーストを絞ってクロス模様を作りオーブンでこんがり焼き上げます

それにしても このオーブンから漂う香りの素晴らしいこと!
シムネルケーキを焼いているときの香りもいいけれど
これはさらにパン特有の温かい小麦の焼ける香りがプラス
部屋中がフェスティブな香りに包まれ 最高のアロマテラピー
こんなお香があったら毎日炊きたい(笑)

ホットクロスバンズ_a0107981_08354518.jpg
レッスンでも最近作ったなと思っていたら それは 2018年
あっという間ですね
また来年あたり作れたらいいな

このホットクロスバンズを持って週末はピクニックです
ホットクロスバンズが主役なので
他はサラダと 冷凍庫に入っていたポークパイで簡単に


ホットクロスバンズ_a0107981_08354555.jpg
バターをたっぷり塗って頬張れば
あ~これこれ と懐かしい1年ぶりの味
イギリスでも1年中売っているのだから
私もいつでもシーズン構わず作ればいいのに
存在を忘れちゃうんですよね
今年は 「ノットクロスバンズ」クロス模様をつけないでもっと作ることにしよう~


ホットクロスバンズ_a0107981_08354540.jpg

栃木の桜が 今満開です
どこで戦火が上がろうが どこでウイルスが暴れようが
桜も菜の花もどこ吹く風
変わらない姿に安心感と元気をもらいました

イギリスに行けなかろうが
マスクしつつ気を付けつつのレッスンだろうが
家族や友人と会えて
みんなでお菓子も作れて
充分幸せ


ホットクロスバンズ_a0107981_08354469.jpg
ピクニックのおやつは
ウクライナのりんごのチーズケーキにカードチーズのビスケット↑


ホットクロスバンズはイギリスで古くから食べられてきた伝統あるイースターのパン
言い伝えや まつわるお話が沢山あります
詳しくはこちら↓ に書いているのでご興味ある方はご覧になってみて下さいね

**********


レッスンには参加出来ないけれど
寄付には参加してもいいかなという方が もしいらっしゃいましたら
HPの コンタクトのページよりご連絡ください。
詳細はこちら です




# by lesgalettes | 2022-04-05 21:35 | ピクニック | Comments(0)

3月のレッスン


今日は気付くと4月1日
なんて早い!
時の流れに 体はちゃんと乗って流されているのに
気持ちだけどこか枝にでも引っかかって 置いてけぼりを食っている感じ
わたしの身体ちょっと待って~~~~という感じですが
とにかくもう桜咲く4月です

次のレッスンが来てしまう前に3月のレッスンのご報告をします☆
何を作りましたかというと~
まだ肌寒い日もあるこの時期に作りたかったスチーム系のプディング
それも一番基本の「シロップスポンジプディング」です

スポンジとはイギリスのヴィクトリアスポンジ同様
粉・砂糖・卵・バター同量で合わせる食べ応えのある例のスポンジ生地のこと
そしてここでいうシロップはゴールデンシロップ
つまりしっとり蒸しあげたゴールデンシロップ風味のスポンジケーキのようなもの


3月のレッスン_a0107981_15070747.jpg

まだ温かいプディングに やはり温かいカスタードをたっぷりかけて食べると
心がゆっくりほぐれるような ほっとする美味しさで
ストレス融解プディングだとわたしは思っています

このシロップがジャムに代われば ジャムスポンジプディング
レモンカードならレモンカードプディングとなり
どれもそれぞれの美味しさ
大きくドンと作って みんなで取り分けるのも楽しいのですが
でもそうすると一つの味しか楽しめないので
今回は小さくおひとり様サイズに作り
色々な味を楽しもうという女子的な算段



3月のレッスン_a0107981_15071296.jpg

しかも今回は近所で美味しそうな国産ブラッドオレンジ
小さめ(←ここがポイント)を発見したので
急遽 シロップスポンジが ブラッドオレンジシロップスポンジプディングにバージョンアップ
ふつうのオレンジよりずっと香りが強いブラッドオレンジ
この風味がゴールデンシロップととっても合うので
どうしても食べてみて欲しかったのです^^
皮と果汁をプディング生地に入れて 底には輪切り

3月のレッスン_a0107981_15070777.jpg
↑直径が小さいと輪切りにした時 型にぴったりはまってラブリー♡

さて プディングを蒸している間に作るもう一品は
イースターシーズンにもぴったりな 鮮やかな黄色の「レモンスクエア」
これも国産レモンが豊富な今のうちに作りたいお菓子

3月のレッスン_a0107981_15071218.jpg
ベースはレモンの皮で風味をつけたショートブレッドのようなさっくり生地
クランブル状にした生地を 型に入れて手でならすだけなので
作り方はとってもお手軽
一度これを焼いてから
上にレモン果汁たっぷりのフィリングを流し
もう一度オーブンで焼き固めたら完成☆

お好きなサイズにカットして 手でつまんでパクリ
かしこまらないで食べたいおやつ的な立ち位置のお菓子
でも これ一台でレモン3個以上の果汁が入るので
お味はしっかり濃いタルトシトロンのような濃厚さ
小さくカットしてアフタヌーンティーのスタンドに入れてもきっと喜ばれるはず


3月のレッスン_a0107981_15070653.jpg
ブラッドオレンジや レモンの皮をおろしたり
果汁を絞ったり
そのたびにキッチンに広がる香りの爽やかなこと!
今回は作る過程からストレス融解
お菓子作りの醍醐味は
出来立てを味わえるというのはもちろんだけれど
この作る過程を五感で楽しめること
どろどろだった生地が オーブンを開けると
ふんわり大きく膨らんで出てくる魔法のような変化に目を奪われ
柑橘の香り オーブンから漂う香りに全身包まれ
粉が指の間を滑り落ちる 生地をこねるその感覚に童心にかえる~

特にイギリス菓子は 作り方が簡単なので
緊張感なく純粋に過程を楽しむことが出来るのがいいのでしょうね
ズボラさん向けです(笑)

宇都宮も桜が大分咲き進んできましたよ
どうぞ皆さんもよい週末をお過ごしください✿^^

**********


レッスンには参加出来ないけれど
寄付には参加してもいいかなという方が もしいらっしゃいましたら
HPの コンタクトのページよりご連絡ください。
詳細はこちら です



# by lesgalettes | 2022-04-01 23:02 | レッスン | Comments(0)

ピクニックに行くつもりだったご飯の巻




明日はいいお天気だから ピクニックに行くぞ~
と珍しく前の晩から張り切って
即席のオニオンマーマレードを作り チーズ入りのペストリーを仕込み
ウズラの卵のゆで卵を作り
トライフルも途中まで仕込み
準備万端!と思ってベッドに入った土曜日


ピクニックに行くつもりだったご飯の巻_a0107981_16265708.jpg
朝目覚めてみると
うん? 体が妙に重いぞ
腕は上がらないし 関節という関節が痛い
なんだなんだ? と思っていたら
もう一名 さらに重症者が。。。
明らかに熱がある顔をしてうなっている

~そう 実は前の日は3回目のワクチン接種日
前回より全然痛くなかったね~ なんて余裕なことを言っていたはずなのに
一晩明けたら あらあらやっぱりダメダメ


ピクニックに行くつもりだったご飯の巻_a0107981_16265795.jpg

カーテンを開ければ 最高の青空
お庭に出れば 春の爽やかな風
でもなぁ
どう考えても ピクニックに行ける体調ではない
1、2回目の副反応が軽かったので甘く見ていたわたしが悪いのですが

それにしても珍しく前の晩から準備していたピクニックご飯
勿体ないので仕上げることに


ピクニックに行くつもりだったご飯の巻_a0107981_16265737.jpg

メインは「オニオンマーマレードガレット」
チェダーチーズを加えたペストリーに
紫玉ねぎの即席マーマレードをのせてオーブンへ
その間もう一品の仕上げ
「ウズラの卵のスコッチエッグ」
茹ででおいた卵をひき肉で包んで パン粉をつけて揚げるだけ
(わたしは茹で卵をむくのが苦手なので
そこさえクリアしてあれば 後は楽勝なのです)
お塩とオリーブオイルでマッサージしたカーリーケールを鳥の巣に見立てのせれば
ちょっぴりイースターシーズン向け

ピクニックに行くつもりだったご飯の巻_a0107981_16281311.jpg
デザートには
スポンジケーキに軽く煮た苺をのせ
カスタード(バーズですが)をのせるところまで前の晩準備しておいたので
あとは生クリームをたてて のせるだけ

こんなにちゃんと準備した時に限っていけないなんて~なんて思ったけれど
まぁおうちで食べれば
ガレットも スコッチエッグも熱々を食べられるし
トライフルも 冷えていて美味しいし
前日図書館で借りていた本もたっぷり読めるし
(いつも半分くらいは読めずに返却しちゃうから)
これはこれでいいかと 無理やり納得

そして丸1日 だらり~と過ごした結果
翌日は大復活!^^

ちょっぴり近所をお散歩したら
桜の花が開き始めていました
満開の時は最高にきれいだけれど
開き始めた花を見つける喜び
一つ一つの花の美しさをしっかり見れるのは
今だからこそ

ゴッホの言葉に
「美しい景色を探すのではなく
景色の中に美をみつけなさい」というのがあるけれど
最高のものは今見ているものの中にある
、、本当にそうだな、、と思える今のこの状況こそが幸せなんだと感じるここひと月

***

4月のチャリティーレッスンのお申し込みは3月31日(木)21時~になります

それともうひとつ
HPにも書いているのですが~
チャリティーレッスンには参加出来ないけれど
寄付には参加してもいいかなという方が もしいらっしゃいましたら
HPの コンタクトのページよりご連絡ください。
詳細はこちら


# by lesgalettes | 2022-03-29 22:26 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科

「BRITISH HOME BAKING おうちでつくるイギリス菓子」「イギリスお菓子百科」「ジンジャーブレッド 英国伝統のレシピとヒストリー」「BRITISH SAVOURY BAKING イギリスの古くて新しいセイボリーベイキング」

※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします
※写真の無断転載はご遠慮ください

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
レッスン
アフタヌーンティー&ティー
ピクニック
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
フランス
未分類

以前の記事

2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
more...

フォロー中のブログ

検索

記事ランキング

画像一覧