人気ブログランキング |

スコーンレッスン つづき



毎年いろいろなスコーンが登場するスコーンレッスンですが
今年のスコーンも かなり美味しい自信作☆
自信作と言っても もちろん私が考え出したわけではなく
昔からあるレシピなのですが
最近は見かけなくなってしまったので もったいないなぁ
みんなに食べてほしいなぁと ずっと思っていたスコーン

Norfolk scone (ノーフォークスコーン)


a0107981_08324115.jpg

イギリス南東部ノーフォーク州生まれのスコーンです
ノーフォークには何気に興味深い地方菓子が色々あり
これもその中の一つ

生地自体はいたって普通のスコーンなのですが
その成型の仕方が独特
いつもなら生地に練り込んでしまう ドライフルーツやスパイスをフィリングにして
いつもならつけて食べるであろうバターもフィリングとして入れて
全部包んで大きく焼いちゃった
そんな大胆なスコーン

a0107981_08324245.jpg


作るときはこんなに? とビックリするほど入れるドライフルーツ
そこにバターとお砂糖とスパイスが焼いている間に じゅわっと染み込んで
と~っても美味しいフィリングに変身☆
一回りも二回りも大きくなって
ふだんのスコーンとは全く別物の姿になってオーブンから出てきます


a0107981_08324135.jpg

デメララシュガーをふって焼いた表面は サクサクのカリカリ
まるでメロンパン
ケーキでもなく
スコーンでも ビスケットでもなく
もちろんプディングでもなく
どのジャンルにも入れがたい ノーフォークスコーン


a0107981_08324986.jpg


これを手土産に誰かのおうちに遊びに行ったらすごく喜ばれるだろうなぁとか
お外にラグを敷いて 紅茶と一緒にこれを広げたいなぁ~とか
そんないろいろな楽しい場面が頭に浮かんで
思わず笑顔になってしまうお菓子

レッスンでオーブンから出した時のみんなの歓声も わたしはすごく嬉しい(笑)


a0107981_08325742.jpg

今回スコーンは3種類作りましたが 基本手順はどれも同じ
粉にバターを入れてサラサラにして 牛乳などの水分を入れてまとめて~と
生地作りはこれだけ
同じことを何度も何度も繰り返しやったので
「なんか 今度はおうちでも上手に作れる気がする~!」
そんな声も嬉しいスコーンレッスンなのでした♪







# by lesgalettes | 2019-10-03 08:37 | レッスン | Comments(0)

スコーンレッスン

ようやく気持ちの良い季節がやってきました
紅茶とイギリス菓子の美味しい季節
夏の間はとてもじゃないけれど つける気になれなかったであろうオーブンも
そろそろ稼働開始しているころかなと~


a0107981_08315700.jpg

今月は スコーンレッスン
みんな大好きな分 理想の(好みの)スコーンがあるので
どんなに行列のお店から買ってきても「う~ん 何か違う」
おうちで作っても「う~ん何か違う」
と一番お悩み相談が多いのがスコーン

そんな問題を解決すべく
もしくは焼き立てスコーンで最高に美味しいティータイムを楽しんでもらうべく
毎年9月はスコーンレッスン

a0107981_08315601.jpg


こんなにシンプルな材料だけなのに
なぜ作り手によって 見た目も味も違うスコーンが出来上がるのか
疑問が解決するよう
とりあえず レッスンでは細かいポイントまであ~だこ~だ説明しますが
だからと言ってスコーンづくりってもしかして大変?なんて思わないで欲しいのです

どうしたらこうなる が分かってさえいれば
あとはシチュエーションに応じて 手抜きは自由
自分のおやつ用なら 頑張ってきれいな形にこだわらなくていいし
つやつやの塗り卵だって必要なし
あっち向いたりこっち向いたり 元気にむっくり伸びているスコーンは
お行儀のいいスコーンよりむしろ美味しい


a0107981_08321864.jpg

元気に膨らんで 外側さっくり中しっとり
軽すぎず重すぎず ちょうどいい塩梅の 基本のプレーンスコーン

クロテッドクリームに ルバーブとジンジャーのジャムを合わせて頂きます☆


a0107981_08321893.jpg

これまで毎年作りたいなぁと思いつつも ずっと伸ばし伸ばしになっていた
トリークルスコーンも今回はようやくレッスンに登場させることが出来ました
ちょっとあか抜けない カントリー風なトリークルスコーン
ミックスパイスと ブラックトリークル(黒糖蜜)が入っているので
焼いているうちからもう キッチンがふわ~っと 秋らしい香りに包まれます
お店ではあまり見かけない 昔ながらの家庭の味


a0107981_08321878.jpg


トリークルが入っているため プレーンよりはしっとり重めのテクスチャー
これがまた ミルクティーとぴったり

ほんのり甘い香りが漂うので クロテッドクリームだけでも美味しいけれど
さらにトリークルをたらせば
コーンウォールで言うところの 「Thunder & lightning」
ほのかに甘いクロテッドクリームと 苦みの効いたトリークル
意外と合うんですよ


a0107981_08324179.jpg

クロテッドクリームに ゴールデンシロップの組み合わせも 「Thunder & lightning」と呼びますが
何といっても 試して欲しいのはブラックトリークルバージョン

また
昔風に スコーンではなくソフトな小型パンに
クロテッドクリームとトリークルやジャムをサンドして食べるのもおススメです



a0107981_08321701.jpg

イギリス南西部 コーンウォールやデヴォンでは
スコーンが登場する前は スプリッツと呼ばれる小型のパンにクロテッドクリームをつけて
食べていたのですが それがいわゆるクリームティーの元の姿
合わないはずがありません

マグカップでごくごく紅茶を飲みながら この二つのスコーンを食べ終える頃には
そろそろお腹は7~8分目になっている頃ですが
もう一種
ちょっとビッグなスコーン「ノーフォークスコーン」の試食も残っています

今月はみんな 今日はお夕飯いらないわ~とパンパンのお腹と
箱いっぱいのスコーンを抱えて See you ~ (^^)//




# by lesgalettes | 2019-09-30 08:30 | レッスン | Comments(0)

ジェントルマンズ レリッシュ


アンチョビはお好きですか?

魚介珍味好きの日本では それほど抵抗なく受け入れられる気もしますが
お魚嫌いが多いイギリス
マーマイト同様 好き嫌いが分かれるものの一つがアンチョビ
苦手な人も多いけれど
大好きな人もそれなりにいるということ

イギリスのスーパーでこれなんだろう?思われた方もいるでしょう ↓
「ジェントルマンズレリッシュ」
紳士の薬味・・・興味をそそる名前

白く平べったい小さなケースに入れられたそれは
なんだかキッチンより 洗面所のほうが似合いそう

さぁ 開けてみましょう~

a0107981_16181474.jpg

正体を知らずに開けたら きっとビックリ
なかなか強烈な香り
そして怪しい色のペーストがぎっしり

マーマイト同様食べ方を間違ったら 間違いなく大嫌いになるであろうこれは
アンチョビのペースト
塩辛いアンチョビにバターやスパイスを加えて作ってあります
食べ方はやはりマーマイトに近いかも



a0107981_16183211.jpg

基本はトーストしたパンにバターを塗り その上にうす~くこれを塗っていただきます
もしくはエッグアンドソルジャーの大人バージョンとして
とろとろの茹で卵に
このジェントルマンズレリッシュをぬったソルジャー(棒状にカットしたトースト)をつけて頂いても

a0107981_16181462.jpg

別名をPatum peperium(ラテン語でpepperペーストの意)ともいう この「ジェントルマンズレリッシュ」は
1828年にJohn Osbornさんというイギリス人によって作られたというから
結構な歴史のある商品
もともとは19世紀
デザートの後 もしくはデザート代わりに
紳士たちがアンチョビペーストを塗ったトーストを食べていた~というのが
この商品の名前の由来のよう


a0107981_16184559.jpg

現代では食事の後にさらにまたセイボリー系を食べる習慣はないので(チーズを除き)
もっぱらオードブルやおつまみ
料理の隠し味や
時には朝食に 使われるジェントルマンズレリッシュ
その代表的な料理に
「Scotch woodcock」なるものがあります
スコットランドのヤマシギ(鳥の種類)?
妙な名前ですが これはバタートーストにアンチョビペーストを薄く塗り
その上にスクランブルエッグをのせて さらにアンチョビをのせたもの
別にスコットランド料理でも ヤマシギが入っているわけでもありません
何か思い出しませんか?
そう 「Welsh rarebit (ウエルッシュレアビット)」
名前も雰囲気も お仲間感が、、、



a0107981_16184506.jpg

これを食べながら 思い出しました
わたしのガラクタコレクションの中に アンチョビペーストの昔の入れ物があることを、、、
まさにジェントルマンズレリッシュの入れ物を大きく陶器製にした形
確かに沢山は消費しないこの塩っ辛いレリッシュは
昔からこんな薄い器で売られていたのでしょう
今のプラスチックの容器は昔の姿を そのまま継承していたのですね
その辺もマーマイトと似ていますね

この前イギリスに行った際 Waitroseでこのジェントルマンズレリッシュを買ったら
レジのおじ様が わたしがこれを買っているのが 面白かったのか
「ジェントルマンズレリッシュ美味しい?僕これ食べたことないんだ」とのこと(笑)

見過ごしているけれど 面白いイギリスフード
まだまだあるんだろうなぁ
「今欲しいもの何かある?」時々聞かれて「う~ん 特にないかも・・・」と答えていましたが
ひとつありました
近所にイギリススーパーが欲しい!!



☆★ お知らせ ☆★
11月のレッスンのお申し込みいただいた方で、まだ返事が来ていないわ!という方がいらしたら
お手数ですが、もう一度メールください。
宜しくお願いいたします。





# by lesgalettes | 2019-09-26 15:38 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

11月のレッスン



今日はお知らせです☆
11月のレッスンのお申し込み方法がHPのリニューアルに伴い
少し変わりました
様子を見て 今後もう少し改善していくかもしれませんが
とりあえず今回は 9月25日21時~お申し込み開始です☆
(21時以前のメールは無効になってしまいますので慌てないで下さいね)

11月のメニューと日程は出ていますので
ご覧になっていただき お申し込みフォームよりご連絡お願いいたします



a0107981_16350539.jpg

そろそろイギリス菓子の美味しい季節がやってきましたね
「イギリスおかし百科」
時々更新していますので
宜しければ ご覧くださいませ☆


a0107981_16345905.jpg

Paradise slice &Angel slices (イギリスお菓子百科より)↑









# by lesgalettes | 2019-09-22 19:58 | レッスン | Comments(3)

お外ブランチ


ようやく朝晩爽やかな風が吹くようになってきたこの頃
玄関でいつでもスタンバイOK状態のまま埃をかぶっていたバスケットを持って
久しぶりにピクニック!



a0107981_08575410.jpg

と思い準備を始めたものの~
にわかにギラギラと元気に光りはじめた太陽
そしてぐんぐん上がる気温
これは結構厳しい??
と 途中で路線変更☆
熱い紅茶は諦めアイスティーを作り
オレンジをぎゅ~っと絞って氷と共にポットに入れて
トマトやらアボカドやらをそのまま詰め込んで
あっさりブランチピクニック と相成りました


a0107981_08582743.jpg

ラグを広げ 今回は最近導入したミニテーブルが登場
地面にラグだと カップやグラスなどは安定が悪く倒れてしまうので
これがあれば便利
今回もオレンジジュースのグラスも置きやすくて大助かり☆
まぁ ちゃぶ台みたいなものです

さていつもの木陰に落ち着いて
ブランチを広げます

a0107981_08580485.jpg

卵にベーコン にトマト
パンにチーズにチャツネ
あ~これに マッシュルームがあればイングリッシュブレックファストみたいだね
と思ったら
あら いい感じのきのこが生えています
食べられるのかな?
秋ですね~

a0107981_08580410.jpg


卵は今回もお得意の coddled egg
クリームフレッシュにチャイブそれにトリュフソルトを入れて作ると
簡単で本当に美味
細長くカットしたパンにとろとろの卵黄をつけながらいただけば
ちょっぴり 見た目豪華な Egg&soldiers
お腹いっぱいになった後は 寝転がって私は本を読み
旦那さんはアイパッドを眺め(笑)
目が疲れたら ちょっとお昼寝
大量に飛んでいるトンボを眺め よくぶつからないよね~と感心し
落ちてるドングリや
そこかしこに生えているきのこに
まだ暑いねと言いながらも 秋を感じ

お腹が少し落ち着いたところで 甘いものタイム
a0107981_08582087.jpg

食べきれずにとりあえず 冷凍庫に突っ込んであった
ルバーブスポンジプディング。。。
一応軽く解凍して持ってきました
それでも 青空とフレッシュエア効果で 十二分に美味しくいただけます~

ようやく気持ちの良いシーズン到来ですね(^^)











# by lesgalettes | 2019-09-19 20:57 | ピクニック | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
レッスン
アフタヌーンティー&ティー
ピクニック
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
フランス
未分類

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧