人気ブログランキング |

Mothering Sunday

先月のレッスンの後 我が家の冷蔵庫に残された大量のレモン
(クイーンオブプディングにレモンの皮だけ使ったので)
それからというもの
レモンカードやら レモンのケーキをせっせせっせと食べています

そのまま食べれば体に良いレモンも
わたしにかかれば バターにお砂糖をたっぷり加えられ
ウエストラインにはよろしくないわね~美味しいけれど
というケーキたちに大変身☆

久しぶりに食べた
「レモンスクエア」 は 耳の脇がきゅんとするほど甘酸っぱく
ついもうひとつ と手が伸びてしまう爽やかさ

a0107981_09353268.jpg

お次はレモンメレンゲパイ? とも思ったけれど
最近似たようなお菓子 を作ったことを思い出し
レモンカードのパブロヴァに変更☆

でもいつものパヴロヴァではつまらないので
薄く焼いたメレンゲを重ねた レイヤードタイプのパヴロヴァに

a0107981_09355701.jpg

薄い長方形に 3枚焼いたメレンゲ
間にはたっぷりの生クリームと レモンカード
重ねるだけで 一見豪華なメレンゲケーキの完成です

a0107981_09355700.jpg

当日はさっくさくのメレンゲにふんわりクリームと
鮮烈に酸っぱいレモンカードの爽やかなコントラストを楽しみ
食べきれずに余った分は 翌日
粗く崩してイートンメス風にして楽しんでも◎


レモンと言えば 一番大好きな「レモンドリズルケーキ」は外せません


a0107981_09355865.jpg

ノンアルコールの人のためには ホームメイドのレモネードも準備

ここまでの写真をご覧になってお分かりかもしれませんが
この日のテーマは 黄色
この春 まだほとんど桜を目にしていないわたしの頭の中は
ピンク色よりまだまだ 水仙やイースターの黄色のほうが優位

そして折しも この日は レントのちょうど折り返し地点
Mothering Sunday つまりシムネルケーキを食べる日
という事で 上記のレモンシリーズの他に並んだのは
シムネルケーキ
チーズとマーマイトのスコーン

a0107981_09355892.jpg


近所で美味しそうなリークを見つけたので
レモンで酸っぱくなりすぎたお口の 休憩用に
新鮮リークたっぷりの「リーク&チキンパイ」
(これも黄色のひよこ柄にしたいところを ぐっと我慢)

a0107981_09355866.jpg


黄色のフリージアをテーブルに飾り
めったに登場しない 黄色のプレイスマットなどを引っ張り出し
わたしにしては珍しく明るい お茶のテーブルの出来上がり


a0107981_09355786.jpg

レモンの黄色に 卵の黄色
どれもお菓子にすると優しい春の色

春の日差しのように温かく ほのぼのした午後のひと時
ティーカップを準備していたものの 結局は紅茶の出番は最後の最後
正確には お茶のテーブル改め
黄色がテーマのワインの宴
おかげで頭の中までほんわか春の陽気(笑)
平和な週末の昼下がり








# by lesgalettes | 2019-04-02 09:35 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

ティータイムビスケット


「ビスケット缶を開ける瞬間 ワクワクしている自分」を観て
平和な日常に身を置けている有難さに感謝するときがあります(笑)

手作りのビスケットが詰まったMyビスケット缶も幸せだけれど
ワクワク感で言えば
まだ開けていない市販のビスケットの詰め合わせ缶を開ける時のほうが 数段上
どんなビスケットが入っているんだろう?
買う時にある程度知っていたとしても やっぱりワクワク(笑)



a0107981_08275075.jpg

これはM&Sの
「クラシックティータイムビスケット」という詰め合わせ
プレーンなビスケットより 人気があるのがクリームサンド系
ジャムとバニラクリームがサンドされた「ジャムサンドイッチクリーム」も人気者

a0107981_09235843.jpg

逆に人気低めなのが「ショーティー」
丸型だったり四角だったりするけれど
縁取りと沢山開いた穴が特徴で
詰め合わせ缶に数合わせのように詰められている ちょっと存在感薄めのビスケット
あっさりショートブレッドといった食感です

a0107981_08275048.jpg


色白でもろい食感の絞り出しビスケットは
ヴィエニーズワール」「ヴィエニーズスワール」
このようにプレーンだったり 間にジャムやクリームがサンドされているタイプも

もっとも熾烈な争奪戦が繰り広げられるのは
チョコレートで全面厚めにコーティングされたビスケットたち
それだけ きれいな色のフォイルに包まれていたり
数が少ししかはいっていなかったりするので
最初に真っ先に手を伸ばすのもはばかられるし
でも気になるし~みたいな
大勢で食べるときは水面下の争いが起こっていることも(笑)


a0107981_08275076.jpg


これはマークス&スペンサーのオウンブランドの詰め合わせ缶ですが
パーティーリング」や「クランチクリーム」が入っているので
製造元が FOX'Sであることが分かります


a0107981_08274988.jpg

さぁ ここで問題です
わたしがこの中で真っ先に手を伸ばしたのはどのビスケットだったでしょうか?

そんなことには興味がないって?
まぁ そうかもしれませんが
答えは~~~



「ヴィエニーズワール」!
お次は「ショーティー」
性格が出ますね 地味好きな(笑)

みんなが もう少し手の込んだビスケットをゆっくり楽しんでいる間に
シンプル系をもぐもぐ食べすすめます☺
素朴なビスケットは止め時が難しい…










# by lesgalettes | 2019-03-29 08:27 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

with ブラックベリー


春がやってくると 冷凍庫を空にしなくっちゃ!と思います
ちょっぴり気が早いけれど 初夏になればエルダーフラワーコーディアルを作るし
夏になればブラックベリーもきっとまた大量に実るだろうから
その前にスペースを作らないと~ というわけです
で 先日
冷凍庫に大量に入っていたブラックベリーを持ち出して
作り始めたのが
「ブラックベリーのジェリー」

a0107981_23222231.jpg
ブラックベリーはジャムにするにはちょっと種が多すぎるので
ジェリーにすることに
イギリスではよく そのままではジャムにならないクラブアップルや クインス(マルメロ)で
ジェリーを作ります
ジェリー」とは ペクチンの多いフルーツに少量のお水を加えて煮込み
その果汁を濾した液体に 砂糖を加えて再度煮詰めたもの
瓶に入れて冷ますと ゼリーのように固まってくれます
甘く透明で しっかり固まったジャムのようなものですが
チーズやコールドミートに添えたり
ジャムのようにお菓子作りにも活用できます
もったいないからと 果肉をあまりぎゅうぎゅう押して濾したりすると
濁ったジェリーになってしまうので
濾し器やガーゼを通して落ちてきた液体を使うだけ
だから ジャムやチャツネと比べると 出来上がり量はかなり控えめ
贅沢ではありますが フルーツのかさを減らしたいときにはぴったりです(笑)


a0107981_23222247.jpg

まだまだ余っていた ブラックベリーで次に作り始めたのは
「ブラックベリーとりんごのカード」

普段 カードというとレモンカードか
せいぜいパッションフルーツや柑橘類のカードくらいしか頭に浮かびませんが
イギリスでファームショップやファーマーズマーケットなど
ホームメイドのジャム類が沢山あるところを覗くと
意外といろいろなフルーツのカードを目にします


a0107981_23222215.jpg

今回作ってみたのは レシピ本の中で見つけた
ブラックベリーにりんごを加えて煮詰め それを裏ごしたもので作るカード
レモンももちろん入りますが
レモンカードほど酸っぱくなく 優しい味のカードが出来上がりました

ですが正直 味よりも印象的だったのが その色
見た瞬間 思ったのが
これで小さなメレンゲパイを作ったら 可愛いだろうなぁ。。


a0107981_23222282.jpg


白いふわふわのメレンゲの下から
このピンク色のカードがとろりと出てきたら 絶対嬉しいでしょ(^^


a0107981_23222249.jpg



「ブラックベリーアップルカードのメレンゲタルト」
出来上がり







# by lesgalettes | 2019-03-26 11:18 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

with ラズベリージャム


3月のレッスンはラズベリージャムを使った2品
Queen of Pudding(クイーンオブプディング)」と
Empire Biscuits(エンパイアビスケット)」

どちらもクラシカルな見た目の 実にイギリス的なお菓子

a0107981_23514400.jpg


クイーンオブプディングはイギリス菓子お得意分野
残り物のパンを再利用したプディング
材料もいつもおうちにあるもの
卵と牛乳・ パンとジャムといった まるで朝ごはんのようなラインナップ
ですが
卵を卵黄と卵白に分けて使うことで
いつものブレッドプディングがまるで別物に大変身☆


a0107981_23523348.jpg

沸かした牛乳とちょっぴりのバターにパン粉を浸し
卵黄とレモンの皮を加えて一度オーブンへ
プリンのように固まったら そこにラズベリージャムを塗り広げます
そしてメレンゲをのせてもう一度オーブンへ


a0107981_08252914.jpg

ふんわりと膨らみ
うっすらとついた焼き色と甘い香りが いやがおうにも食欲UP(笑)
大きく作って取り分けても
小さく作ってもいい
陶器の重量感のある器で焼けば いかにもホームメイドな感が嬉しいし
ガラスの器で作れば
黄色と白の卵色の間からのぞくラズベリージャムの赤がとってもきれいです



a0107981_23520367.jpg

エンパイアビスケットはスコットランドのビスケット
薄く焼いたショートブレッドでラズベリージャムをサンドし
アイシングとチェリーでデコレーション

いつものビスケットよりはちょっとだけ手間がかかるけれど
その価値はある 美味しさ
「ごめんね ビスケットくらいしかないけれど~」なんて言いつつ
紅茶と一緒に これを出したら きっとお友達の目もキラキラ(笑)


a0107981_23520470.jpg

スコットランドの名物 ラズベリージャムとショートブレッドを組み合わせた
エンパイアビスケット
このちょっと懐かしい見た目も含め
イギリス菓子好きなら きっとお気に召していただけると思います


a0107981_23593248.jpg
クイーンオブプディング
さっきは ガラスの器で作ってもいいですよ と書いたけれど
中が分からない状態で スプーンを入れた時の驚きもやっぱり捨てがたいもの

マシュマロのようにフワフワのメレンゲの下から
顔を出す真っ赤なラズベリージャム
滑らかなブレッドプディング

a0107981_23520385.jpg

今回の二品は イギリス菓子にしては
大分おめかししているほうですね





# by lesgalettes | 2019-03-22 22:53 | レッスン | Comments(0)

Daffodil picnic


春の訪れを告げる花と言えば 水仙
この明るい黄色を見ると あ~今年もようやく春が来たな と思います


a0107981_22565349.jpg

寝ぼけ眼も一瞬にして覚めるような 黄色の丘


a0107981_22571497.jpg

どうしてこんなにも皆 いっせいのせで
まだまだ寒いうちに土から顔を出し 花を同時に咲かせられるのか
まだ出たくないなぁ なんて思う天邪鬼はいないのか、、
皆同じ方向を向いて咲き誇る この一糸乱れぬ水仙の勢いに
いつもぐずぐずのわたしは 多少圧倒される感はあるものの
見事です。。

でも お茶をするには
もう少し落ち着ける場所~


a0107981_22570817.jpg

あ~ちょうどいい切り株がありました
テーブルにぴったり☆
水仙も 目に優しい感じに控え目で(笑)

この日も相変わらず
思い立ってのお出掛け
出掛けになんとか作れたのは りんごのクランブルだけ
りんごとオレンジに 冷凍庫に入っていたクランブル生地をのせてオーブンへ
焼き上がりまでは30分
その間に 超特急で身支度&紅茶淹れ


a0107981_23023584.jpg

あとは前夜の残り物
ポークパイ に生野菜
マーマイトクラッカーに鯖パテ
この いかにも飲んでたでしょう~的なメニュー(笑)

a0107981_23113753.jpg
そして マクヴィティのダイジェスティブに
「先生見つけましたよ~」とイギリス土産にいただいたM&S のチョーリーケーキ^^
先月レッスンで みんなでこれを作ったのです)

あり合わせだけれど これに温かい紅茶があれば
まるでハイティーのような お腹にしっかりたまるラインナップ



a0107981_22590117.jpg

上を見上げれば梅
横を見れば水仙
天気予報を見れば 桜の開花予報

いよいよ春到来 ♪


お知らせ
5月のレッスンの日程UPは 3月25日(月)21:00頃の予定です






# by lesgalettes | 2019-03-19 10:28 | ピクニック | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
レッスン
アフタヌーンティー&ティー
ピクニック
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
フランス
未分類

以前の記事

2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧