人気ブログランキング |

<   2019年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

11月のパーキンレッスン


11月はパーキンレッスン
「パーキン」とはイングランド北部 ヨークシャーでよく食べられている
ジーンジャーブレッドの一種
数ある地方のジンジャーブレッドの中では知られているほうですが
それでも ヨークシャーを離れると 見かけることはまれ


11月のパーキンレッスン_a0107981_15380997.jpg
どんなものかというと
一番一般的なタイプはケーキタイプで
ブラックトリークルという黒蜜がたっぷり入ったトリークルジンジャーブレッドに
オーツがはいったようなもの
でも数は少ないものの ビスケットタイプも存在します
やはりオーツの入った パーキンビスケット
11月のパーキンレッスン_a0107981_15380832.jpg

今でこそどちらもヨークシャーでは市販品が手に入りますが
とても簡単で かつ手近な材料で作ることが出来るため
昔から家庭で作るのが当たり前だったお菓子です


11月のパーキンレッスン_a0107981_15381861.jpg

溶かしたトリークルとバターに 牛乳と卵を混ぜ
そこにオーツと小麦粉
たっぷりのスパイスを加えてぐるぐる混ぜるだけ

「これだけ?」
「これだけ~」
教えることがないくらい簡単なので ある意味先生泣かせ?

11月のパーキンレッスン_a0107981_15381835.jpg

このパーキンが1年で一番食べられるのが11月5日の
「ガイフォークスデイ(ボンファイアーナイト)」
1605年 国会議事堂の爆破に失敗しとらえられたガイフォークスもヨーク生まれのヨーク育ち
彼が子供の頃食べていたパーキンはどんなタイプのパーキンだったのでしょう

ガイフォークスデイや パーキンについては
詳しくはこちらを読んでいただくとして~

今月はもう一品
「パーキンピッグ」を作りました

11月のパーキンレッスン_a0107981_15383753.jpg
↑右の本の表紙に パーキンピッグがこっそり描いてあるの 見えますか?


豚さん型のキュートなこのビスケットもまたジンジャーブレッド
ヨークシャーのごく狭い地域
Keighley・Bradford・Halifax 辺りでのみ作られていたお菓子です
そしてやはり作るのは11月の ボンファイアナイト の頃


11月のパーキンレッスン_a0107981_15383737.jpg


なんでも この地方では
ボンファイアナイトのご馳走に 豚やイノシシの丸焼きを作る風習があったのらしいのですが
そんな余裕のない貧しいおうちは
このパーキンピッグを焼いて 家族でボンファイアナイトを楽しんだのだとか


11月のパーキンレッスン_a0107981_15385603.jpg

言われてみると なんだかこんがり焼けた豚さんたちが
ホグローストに見えてきたりして、、、

今回思ったのは
豚さん型にはみんなをほのぼの気分にさせる力がある
作りながら何故だか 自然と笑顔になってしまう
カランツの目も チョコチップと違って
サイズや形が違うので 豚さんがどれもみな違う表情になるから
それでまたみんなで笑っちゃう(^^)

11月のパーキンレッスン_a0107981_15392048.jpg
焼いてから
2~3日経ったくらいが食べごろになるケーキタイプのパーキン
しっとりしているけれど
オーツが入っているので ほろっともしている
紅茶はもちろん合うけれど 黒糖の風味に牛乳でも合いそう
晩秋に食べたくなる味

11月のパーキンレッスン_a0107981_15391998.jpg


この最高に見た目地味で 最高に滋味あふれる味わいの
ヨークシャーパーキンにパーキンピッグ
このイギリスらしいお菓子の良さを一緒に分かち合える人たちに
出会えたことにも また改めて感謝☆



by lesgalettes | 2019-11-28 08:37 | レッスン | Comments(0)

soda bread



先日のブログで ソーダブレッドはあっという間にできるので便利ですよ~
時間がさらにないときは その生地を平たく延ばして
フライパンやグリルで焼くと フラットブレッド風でさらに簡単~というお話しをしましたが
その具体例~

下の写真のエスカルゴの脇にちぎっておいてある平たいパンのようなもの
これが我が家でしょっちゅう登場する わたしが「フラットブレッド」と称するもの

soda bread_a0107981_09410924.jpg
ちぎってしまっているので原型がよく分かりませんが
要は 全粒粉で作るソーダブレッドの生地を 薄く延ばして直火で焼いたもの
我が家では 粉に重曹・お塩を混ぜた状態でビニールに入れておき
それを必要なだけ適当にボールに入れて あとはヨーグルト+水(バターミルク代わり)を適当に
べたべたにならない程度の生地になるよう加えてまとめて焼くだけ

でもこれが外側カリッと中ちょっぴりふわっという感じの
ナンのような ピタのようないい感じの焼き上がりになるんです
その時に応じて 好みでシード類やクミンなどのスパイスを加えてもいいし
とにかくバーサタイル

この日のメニューのエスカルゴから染み出すエスカルゴバターを染み込ませて食べたり
チーズやハム
レバーパテなどを添えて食べたり というのにもぴったり

soda bread_a0107981_09410978.jpg

この日のテーマはブルゴーニュの夕べ
先週のこと
いつもわたしが「おかし百科」を書かせてもらっている
ロンドン情報サイト 「あぶそる~とロンドン」の編集長のまゆさんがお泊りにやってきました
イギリスから来ているのに ここでイギリスものもなんだし
かと言って 日本食も滞在中さんざん食べているだろうし~
というので ブルゴーニュ(笑)

その日 昼間はレッスン 翌日もレッスンだったので
その夜と翌朝しか時間がない
準備する時間がないというのもあったけれど 食に集中せずおしゃべり中心にだらだら楽しめる
おつまみメニュー
メイン(?)は小さな玉ねぎが手に入ると必ず作りたくなる
「キャラメライズドオニオン タルトタタン」
バルサミコとシェリー酒・タイムで風味付けした玉ねぎだけの逆さま焼きのタルトです
そこにやはりハーブたっぷりのクレームフレッシュを添えれば
クレマンブルゴーニュ(ブルゴーニュの発泡ワイン)にぴったりのセイボリータルトの完成
soda bread_a0107981_09412655.jpg
あとはブルゴーニュのおつまみと言えば欠かせない グージェール
今回は小さめに。。。

お互い食べモノへの興味がたっぷりなので 食の話しはもちろん
今のロンドンの話し 近況報告
これからの話し
尽きないおしゃべり
でも残念なことに夜はどんどん更けてしまう。。
まぁ慌てなくとも またしばらくすればきっと会えるんですけれどね(笑)
で 諦めて就寝~

さて翌朝
夕べまゆさんが「美味しいチーズスコーンが食べたいなぁ~」とぽろっと言っていたのを思い出し
朝ごはんにいいかなと 焼いたのが
「りんごとチェダーチーズとセージのスコーン」
美味しいマチュアチェダーチーズをたっぷり入れ
そこに 角切りにしたブラムリーと刻んだセージをプラス
大きく焼き上げます

soda bread_a0107981_09473759.jpg

チェダーチーズにりんご ちょっと不思議に思われるかもしれませんが
プラウマンズランチ風といおうか これが合うんです
ここにりんごのチャツネや オニオンマーマレード
チーズなどがあれば最高☆

さて 最近なかなか思うように書く時間をひねり出せていない「イギリスおかし百科」ですが
一番最新作は 11月25日に食べるお菓子

soda bread_a0107981_09583747.jpg

レースメーカーたちの愛したこのお菓子について
どうぞ お時間あるとき 読んでみてください~




by lesgalettes | 2019-11-24 09:40 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

「午後3時雨宮教授のお茶の時間」のイベント情報☆


今月はレッスンでパーキンを作っています
パーキンと言えばヨークシャーのオーツ入りのジンジャーブレッド
ヨークシャーを舞台にした小説「嵐が丘」にもジンジャーブレッドが登場します
でも一口にジンジャーブレッドと言っても
日本のおせんべいくらい たくさん種類のあるジンジャーブレッド
あの日キャサリンが食べたのは
しっとりケーキタイプだったのか
はたまたカリッとしたビスケットタイプだったのか。。。


「午後3時雨宮教授のお茶の時間」のイベント情報☆_a0107981_23114879.jpg

そんなことを想像しながら小説を読むのも楽しいもの

目下 毎月コミックバンチで連載されている「午後3時 雨宮教授のお茶の時間」は
そんなイギリスの小説に登場するお菓子をテーマに
毎回美味しい物語とティータイムが繰り広げられています

そして 間もなくコミックスが発売に☆
それを記念して 12月10日(火)作者の鷹野久さんのサイン会がタイニートリアさんで開催されます
しかも今回はスペシャルティータイム付き
作中登場する トリークルタルトやパーキン・ ジャムタルトなどをお茶菓子に
教授やサヤちゃんと同じ ティータイムも楽しんでいただけます♪


「午後3時雨宮教授のお茶の時間」のイベント情報☆_a0107981_23114974.jpg

定員20名となっていますが
先着ではなく 抽選とのことなので
まだまだどなたにもチャンスがありますので是非ご応募を☆


「午後3時雨宮教授のお茶の時間」のイベント情報☆_a0107981_23390895.jpg

応募方法など詳しくはこちらをご覧になってください
そしてまだ作品をご覧になっていないという方は まずはこちらを☆
きっと紅茶を飲みながら 登場する小説も読みたくなるはず

イベントではわたしもせっせとお菓子を焼いてお待ちしておりますので
ご参加お待ちしております♪
これまで漫画の世界には足を踏み入れてなかったけれど
これから~という方も ご遠慮なく是非どうぞ(^^)













by lesgalettes | 2019-11-21 10:03 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

秋のピクニック


天高く 日々肥ゆる秋
私の場合 秋に限ったことではないと言われそうですが
この時期 粉ものがより美味しく感じられるのは事実
湿度が低く 気温も程よく下がり
のどを潤す紅茶も美味しく
粉ものもより滑らかに喉を通っていきます


秋のピクニック_a0107981_08574164.jpg

タンパク質系にはあまり興味がなく
炭水化物と糖質だけあれば満足のわたし
何でもバランスが大事よね と思いながらも
今日もせっせと粉ものばかり作り摂取します



秋のピクニック_a0107981_08574169.jpg

この日のピクニックは珍しく いつもよりはちょっと遠出して
なんとかかんとか?という名の栃木の山の上の公園
リュックをしょって杖を持ち いかにも今から山歩きに出ます~といういでたちの人ばかりの中
カーディガンにサンダル履きくらいの やけに軽装なわたしたち
だってここがハイキングスポットだなんて知らなかったものですから~



秋のピクニック_a0107981_08575744.jpg

この日の粉ものは
キャラメライズドオニオンマーマレードとチーズを入れたソーダブレッド
それに グリルしたナスや生野菜・ピクルスや チーズ
豚肉のパテや 冷蔵庫に入っているペースト類をなんやかんやと持って行って
お気軽オープンサンド
(サンドイッチを作るのは結構手間なので 最近このパターンばかり~)


秋のピクニック_a0107981_08575374.jpg

パンがない時 粉に重曹を混ぜてすぐに焼けるソーダブレッドは本当に便利です
さらに時間がない時は その生地を平たく延ばして
フライパンかグリルで焼いて フラットブレッドと称して
カレーの時や チーズやディップ系のお供として 我が家ではよく登場

この日ソーダブレッドと一緒にオーブンに放り込んだのは
ブラムリーアップルのクランブル
角切りにしたマジパンも加えたので
酸っぱいブラムリーの中で 時々当たる甘いマジパンがいいアクセントになります
クランブルにはオーツも加えて 食感と香ばしさをプラス

秋のピクニック_a0107981_08580708.jpg
さあて デザートまで済み
魔法瓶の紅茶もなくなったので ハイキングとはいかないまでも
せめて紅葉の季節だし お散歩くらいしてみようかと歩き出すと~

目に飛び込んできたのは ミスルトゥ(宿り木)
中でも飛び切り見事に真ん丸のそれは
まるで仙台七夕のくす玉のような 圧巻の大きさ!

秋のピクニック_a0107981_08574119.jpg

半透明の薄緑色の実をいっぱいにつけたミスルトゥを見上げ
「これ欲しい~~」
クリスマスに向けて ちょうどミスルトゥものが気になっているところだったので
しばし 去りがたく眺めていたのでした(笑)

そろそろ青い空に
葉を落とした枝が映える季節
カラフルな紅葉もいいけれど
地味好きなわたしは この枝越しに眺める空が同じくらい好きだったりします

秋のピクニック_a0107981_08574048.jpg

毎日 バタバタ同じように過ごしていると
「あらもう1週間経っちゃった」
「もう1か月経っちゃった」そんな風に時間が過ぎてしまいがちだけれど
枯れ枝だったような 枝に小さな芽がついて
緑の葉っぱが空が見えないくらいに生い茂り
黄色にオレンジにちょっとずつ色付いて
一枚一枚落ちていって~
そんな大きな変化が起こるくらい
季節はあっという間ではなくじっくりと過ぎている
それなのにわたしったら「夏だと思っていたらもうクリスマスよ~~」なんて
一体どれだけバタバタしているというのでしょう
このままじゃ 10年もきっとあっという間 (-"-)

あれもこれもと欲張りすぎている結果 何一つ成していないという
バタバタ損の典型です
さて どうしましょう。。。









by lesgalettes | 2019-11-19 08:57 | ピクニック | Comments(0)

秋のピクニック


この日は朝から青空
絶好のピクニック日和
でも確か午前中に病院か何処かに行く用事があって 帰ってきたらもうお昼
さぁて ピクニックの準備を今からすると遅くなっちゃうけれど
かと言って
このまま普通におうちでご飯もつまらない

また我が家のブラックホール的冷凍庫作戦
何か出てくる(笑)

さぁて今回見つけ出したのは
いつぞやイギリスで見つけて買ってきた
簡単に行ってしまえは Lincoln 名物のぶどうパンのようなものですが~

秋のピクニック_a0107981_11215740.jpg
これをまず持って行くことは決定☆
リンカンシャープラムブレッドといえば お店ではチーズやバターが添えられてくるのが定番
では先日フランスでゲットしてきた M&Sのマチュアチェダーは持って行こう
あとはそれに合わせてイチジクのチャツネか何か、、、

デザートは?
イチジクがある。。

秋のピクニック_a0107981_11215747.jpg

今回はイチジクの丸ごとパイにしよう~
イチジク+トフィー味
イチジクの真ん中にぐっとトフィーを二つくらい差し込んで
後はペストリーで包んで焼くだけ
(トフィーが食べきれなくて余っているときには こんな使い方も便利
同じように市販のキャラメルでもできるかな?)

残りのペストリーでついでにソーセージも包んで一緒に焼いちゃいます
さぁ これでデザートとおかずの完成☆

秋のピクニック_a0107981_11215772.jpg


焼いている間に 急いで紅茶を淹れて
オーブンからパイが出るや否や バスケットに詰め込んで さぁ出発☆

プラムブレッドにチーズとチャツネ
ピクルスになんちゃってソーセージロール
それだけだけど
どうせそんなにたくさん食べられないし これくらいの手抜きフードが気楽でいい
最近の我が家のピクニック
誰かお客さんでも一緒ならね もうちょっと頑張るかもしれないけれど(笑)


秋のピクニック_a0107981_11215885.jpg
あらま 全部市販品ですね(笑)↑

唯一手作りのデザート
イチジク&トフィーはどんな感じかな?

お~さすがに 焼き立てで飛び出してきただけあって
まだ温かい
ナイフを入れると とろけたトフィーと果汁がいい感じのソースになって溢れ出てきます


秋のピクニック_a0107981_11215709.jpg

おうちだったらバニラアイスが欲しくなりそうなデザート♪
ピクニックご飯はなにかひとつ ハイライト(お楽しみ)があれば
それで十分かも

曇り空ピクニックも悪くなかったけれど
やっぱり青空のもとラグを敷いて寝転ぶのは 気持ちいい!!


☆★ お知らせ ★☆

1月のレッスンのお申し込みは11月25日(月)21:00~です







by lesgalettes | 2019-11-16 11:20 | ピクニック | Comments(0)

秋のピクニック


10月の雨や曇り空がず~~っと続いたとある週末
朝 空を見上げてもやっぱり予報通りの どんより空
またピクニックはお預けかぁなんて 一度は思ったものの~

まてよ どんよりお天気がピクニック日和ではないなんて誰が決めたの?
よし ピクニックに行こう!(笑)
そうと決まれば 食材探し
なにかメインになるものがないかと冷凍庫を物色すると~
目に飛び込んできたのは
バースで買ってきて冷凍庫に放り込んであった サリーランズ

さて でもどうしよう
このままではただのソフトなパン
サンドイッチにするか これとおかずを持って行くか はたまた
サリーランズででてくるように 何かのせて焼いてみようか~


秋のピクニック_a0107981_15004402.jpg

で 考えた結果
バースのお店で登場するように 半分にスライスし
片方はセイボリー系でウエルッシュレアビット風
もう片方は 甘い系で オレンジ風味のアーモンドクリームをのせて焼いてみました
スイート系とおかず系 どちらに走るべきか悩んだので欲張りセット(笑)



秋のピクニック_a0107981_15005828.jpg
芝生が濡れているから 今日はテーブル席です☆


でもさすがにこれだけでは 寂しいので
もう一品 デザートづくり
洋なしの中央にチョコレートをたっぷり詰め込んで ペストリーで包んで丸ごと焼いてみます
余ったペストリーは チーズをふってひねって焼いてチーズストローに


秋のピクニック_a0107981_15011428.jpg

あとは何か野菜を~ということでそのままニンジン&マヨネーズ(笑)

ふわふわのバンに ビールの苦みとウスターソースの効いたレアビットトッピング
ふわふわのバンに オレンジとアーモンドの香りの甘いトッピング
久々のサリーランズは これまでのイメージより美味しい、、、
爽やかな空気の元 食べているせい?
いや 単に自分好みの味にしているからか(笑)

秋のピクニック_a0107981_15011568.jpg


さて 洋なしの丸ごとパイ はどんな感じかな?
オーブン出したてなら チョコレートがトロリ流れ出すけれど
ここまで来ている間に冷めて固まっちゃったかな と思いながら
ナイフ投入


秋のピクニック_a0107981_15011444.jpg
あ でも大丈夫☆
厚いペストリーのコートを着た洋なしは
まだほんのり温かく ビターなチョコレートもとろり
ちょうど食べやすい落ち着き具合(^^
温かい紅茶に合うこと!

りんご丸ごとをパイで包んだものを イギリスでは Apple dumpling(アップルダンプリング)と呼ぶので
洋ナシだから 「ペアダンプリング」かな?

秋のピクニック_a0107981_15012245.jpg


お腹がいっぱいになったら
林の中 ちょっと湿った苔を踏みしめながら
キノコを探してみたり ゆっくりお散歩

こんなしっとり秋の曇り空ピクニックも悪くない☆









by lesgalettes | 2019-11-13 08:35 | ピクニック | Comments(0)

チャリティーお茶会 ご報告


8月末に開催したチャリティーお茶会のご報告
だいぶ遅くなりました、、、



チャリティーお茶会 ご報告_a0107981_10401119.jpg

今年も大勢の方にご協力いただいて
計3回のお茶会で集まった募金は185, 000円にもなりました

チャリティーお茶会 ご報告_a0107981_10401161.jpg

今年も去年に引き続き
宮城県名取市閖上の「閖上の記憶」さんにお送りさせていただきました

チャリティーお茶会 ご報告_a0107981_23143121.jpg

2011年の震災で壊滅したこの町は
実家からも近いので 帰郷する折に立ち寄ると
ゆっくりとですが確実にその復興が感じられ
たゆまぬ皆さんの努力とその強さに頭が下がります

領収証と共に送られてくる機関誌 ↓
チャリティーお茶会 ご報告_a0107981_10400006.jpg

それにしても 地球上 毎日どこかしらで起きている事故や災害
あまりにも多すぎて ひとつのニュースとして他人事としてただ聞き流している自分がいます

出来る範囲でいいから
「ゼロよりは1」そう思って
なにか本当はもっとしていくべきなんだろうと思いつつ、、今年ももう11月
やれやれ、、
















by lesgalettes | 2019-11-12 10:40 | 日常 | Comments(0)

クッカリーレッスン @Still Rooms


先週の木曜金曜日は Still Rooms さんで クッカリーレッスン

前回の夏のお料理教室に引き続き
今回は秋バージョン
今が旬のかぼちゃやキノコ
りんごなどを使い イギリスらしい家庭料理を作ります



クッカリーレッスン @Still Rooms_a0107981_09374164.jpg

まずは 最近日本でも大分手に入りやすくなってきたバターナッツスクアッシュを使ったスープ
「ローステッドバターナッツスクアッシュスープ」
イギリスできっと一番食べられているかぼちゃ バターナッツ
日本のかぼちゃのようにホクホクはしていないけれど
使い方によっては 甘みもあって美味しい素材

出来るだけ水分を飛ばしてあげると美味しくなるので
今日はじっくりゆっくり
まずはクミンや玉ねぎなどと一緒にオーブンで1時間ほど蒸し焼きにします

クッカリーレッスン @Still Rooms_a0107981_09380258.jpg

仕上げに蜂蜜を加えてからもう一度ローストしたバターナッツは
味も凝縮された上に ローストの香ばしい風味もプラスされ最高
今回はクミンにコリアンダーパウダー・ジンジャーなどを加えて
温かいスパイスの効いたぽってり秋味ポタージュに
そして 仕上げに落としたクレームフレッシュを時々混ぜて頂けば 最後まで新鮮にいただけます☆

メインは牛肉とお野菜たっぷりの コテージパイ
赤ワインを加えてブイヨンたっぷりじっくり煮込んだしっとりフィリングに
カリッと焼けたマッシュポテト

クッカリーレッスン @Still Rooms_a0107981_09380212.jpg

子供たちから大人まで 誰もが好きな安心の味ですが
今回は赤ワインやガーリック・タイムなどを利かせて ちょっと大人味
お客様の人数が読めないときも これなら安心

プディングはブラムリーアップルを使った イヴズプディング
日本のりんごを使う時よりあっという間に煮崩れてしまうので
ちょっとだけ注意が必要
もちろんとろけたソース状のりんごも最高ですが~☆

クッカリーレッスン @Still Rooms_a0107981_09380335.jpg
今回はイギリスでよく秋に作るように
ブラックベリー入りの イブズプディングにしてみました
深い紫色がりんごに移り なんともきれいな色の
さらに酸味の効いたフィリングになります


クッカリーレッスン @Still Rooms_a0107981_09380259.jpg

そしてまだ湯気の上がる熱々の焼き立に 冷たい生クリームと
濃紫のエルダーベリーのシロップをたっぷりかけて~


クッカリーレッスン @Still Rooms_a0107981_09381527.jpg

そうそうもう一品スープの前に
「マッシュルームオントースト」もありました

ガーリックとハーブを効かせてソテーしたマッシュルームを
白ワインとクレームフレッシュのソースでまとめ
カリカリのパンにのせるだけという 超お手軽スターター

食欲の秋
ペコペコのお腹も大満足の4品です
クッカリーレッスン @Still Rooms_a0107981_09382566.jpg
そして~
今回はテーマが秋の素材という事もあり
乾杯のドリンクはブラムリーのシードル☆
〆の紅茶もりんごジュースで煮だした スパイスの効いたモルドサイダー風アップルティー
そんな秋の香りいっぱいの
クッカリーレッスンでした

ご参加いただいた皆様
今回も 調理のお手伝いや後片付けまで 沢山ヘルプしていただきありがとうございました(^^)


***************************************

おまけ~
二日連続で開催のクッカリーレッスン
宇都宮まで帰って また翌日出てくるのも渋滞など何かあってはとちょっぴり心配なので
Still Roomsさんにお泊りコース
気持ちよく朝日が入るお部屋で
B&B 気分で朝ごはん♪

クッカリーレッスン @Still Rooms_a0107981_09385194.jpg


熱い紅茶に バターたっぷりのクランペット
なんだかイギリスにいるみたい(笑)
今日も1日楽しくレッスンするために 朝のエネルギー補給は大切ですからね♪









by lesgalettes | 2019-11-09 09:35 | レッスン | Comments(2)

ブリティッシュビスケットレッスン


10月のブリティッシュビスケットレッスンで作った三つのビスケットの中
どんなビスケットなのか 一番みんな興味深々だったのが
「ガリバルディビスケット」


ブリティッシュビスケットレッスン_a0107981_14320687.jpg


日本のお菓子で例えるなら 東鳩の「オールレーズン」をさらに平たく伸ばしたような
シンプルなビスケット生地でカランツをたっぷりサンドした板状ビスケット
しっとりしているあのオールレーズンと違うのは
そのサクッとした食感 そして
板状につながっており 切れ目で自分でぱきっと折って食べるようになっている点



ブリティッシュビスケットレッスン_a0107981_13592259.jpg
なのでレッスンでも忠実に そのように(笑)
どうせ作るなら そっくりなほうが楽しいですもんね
わかる人は分かってくれる。。。

イタリア統一に貢献したGiuseppe Garibaldi (ジュゼッペ・ガリバルディ)さんのイギリスへの寄港を記念して作られたという
このガリバルディビスケット
最初に発売されたのは1861年のこと
もう150年以上も前から愛されている イギリスビスケット界の大大長老です
(さらに詳しくはこちらに書いています)

今回レッスンで作った3種のビスケットはどれも相当お気に入りなのですが
このガリバルディが 実はわたしの一番のお気に入り☆
お気に入り過ぎて 作るとあっという間に食べてしまうので
怖くてあまり作れない(笑)
とはいえ お砂糖もバターもちょっぴりしか使わず
カランツの甘みがメインなので まぁまぁヘルシーではあります

ブリティッシュビスケットレッスン_a0107981_13592210.jpg
そして これまたイギリス人が大好きなビスケット
「ダイジェスティブビスケット」もつくりました
正直 これとリッチティー(マリービスケット)に関しては
どうにも市販品と同じようにはならないので
マクヴィティーのものに無理に寄せるより
今回は美味しさにこだわったレシピです

ブリティッシュビスケットレッスン_a0107981_13585911.jpg
ザックっとした全粒粉入りの食感に
後から感じるほんのりとした塩気
あとを引く これまた手が止まらなくなる危険なビスケット
ビスケットのことを話し始めると止まらなくなるので
細かいことはこちらを~


ブリティッシュビスケットレッスン_a0107981_13592256.jpg

イギリスではこれのチョコレート味も大人気
ミルクチョコやダークチョコ・キャラメルチョコレート味などが並んでいます
ミルクティーに浸して食べるなら チョコレートダイジェスティブ!という
ダンキングして食べたいビスケットNo.1 にも選ばれているビスケットです
わたしは紅茶に浸すなら
リッチティー系のシンプルビスケットか ジンジャー系かな


ブリティッシュビスケットレッスン_a0107981_13593982.jpg
ビスケットづくりは伸ばしたり抜いたりという作業があるので
実は型に入れて焼くだけのケーキより手間がかかるもの
それを三種類 一人でやっていると何気に時間がかかります
でも レッスンでみんなであ~だこーだいろいろなおしゃべりをしながらだとあっという間(^^)
気づくとこんなに美味しそうなビスケットが3種テーブルに並んでいました

今回はビスケットカラーの地色にゴールドのドット模様が可愛らしいパラゴンのティーセット
幸せなティータイムです

ブリティッシュビスケットレッスン_a0107981_13594041.jpg


みんなそれぞれやらなくてはならないことが山積みの慌ただしい毎日
貴重な時間を割いてレッスンに来てくれること
本当に有難いなぁといつも思っています
なので この時間が日常からちょっと離れて いい気分転換になって
またおうちで お土産のお菓子と紅茶でもう一度ほっと笑顔になれる時間をとってもらえたら
それが一番嬉しいなぁ。。。と










by lesgalettes | 2019-11-06 14:21 | レッスン | Comments(0)

ブリティッシュビスケットレッスン


気づくと もう11月
今年も残すところ2か月しかないなんて なんということ!
いやいや
ここまで10か月楽しく暮らしてこれたし あと1/6年も残っていると考えるべきか
オプティミストとペシミストの間を行ったり来たりしているわたしは
結局オプティミストの眼鏡をかけたペシミスト

そんなことはさておき
今日は10月のレッスンの様子を~


ブリティッシュビスケットレッスン_a0107981_13590083.jpg
10月は ブリティッシュビスケットレッスン
ビスケット大好きなイギリス人たちに愛されている市販のビスケットを作ろう!
というのがテーマ

レッスンの始まる前日
まずはビスケットモチーフのものをごそごそ探し出してみました
色々出てきましたよ
下の写真は ビスケットのゲーム
ビスケット型のカードと砂時計・点数表などが入っています
カードの裏にはいろいろなお題が書いてあるので
それを身振り手振りで相手に伝えるというジェスチャーゲーム


ブリティッシュビスケットレッスン_a0107981_13590016.jpg


カスタードクリームとブルボンビスケットのコースター ↑

イギリス人なら誰もが知っているビスケットはいろいろなものにモチーフとして使われているので
ビスケットもの にめっぽう弱いわたしはいいカモです。。

さてそんなイギリス人なら誰もが知っている超有名ビスケットの中から
今回選んだのは下の3つ

ブリティッシュビスケットレッスン_a0107981_13590094.jpg

「ジャミードジャー」に
「ダイジェスティブビスケット」そして「ガリバルディ」

まずはジャミードジャーから
ジャミードジャーはイギリスのBurton's biscuits company というメーカーから発売されている
ジャムサンドビスケット




ブリティッシュビスケットレッスン_a0107981_13592239.jpg

ハートの穴から覗く赤いジャム
表面の水がはじけたようなスプラッシュ模様が特徴です

子供たちの選ぶ一番大好きなビスケットNo.1にもなったことがあるジャミードジャーは
発売されてからもう50年以上経つというロングラン商品

下の写真がレッスンでみんなで作ったもの
どうですこの出来栄え
まるで本物みたいでしょう
というか本物より ず~~っとおいしく出来上がりました(^^)


ブリティッシュビスケットレッスン_a0107981_13594080.jpg

↑ ジャミードジャーはラズベリー味が基本ですが
時々 バナナ&トフィーや アップル&カスタードなどの限定バージョンが発売されます
クリスマスシーズンにはスプラッシュ模様がツリーやブーツ・お星さま柄になったり、、、

本物(市販品)は割合チープなお味ですが(あれはあれでいいのだけれど)
手作りバージョンはひと味もふた味も違います
市販品みたいに何か月も持たないけれど ラズベリージャムがフレッシュで
ビスケットだけれど ちょっとリッチな
お茶のテーブルをキュートかつ華やかな雰囲気にしてくれる存在

ブリティッシュビスケットレッスン_a0107981_13594062.jpg

焼きっぱなしの素朴なビスケットももちろん大活躍ですが
ひとつ作れるようになっておくと とっても便利なジャミードジャーです

ジャミードジャーはじめ イギリス人の大好きなジャムサンドビスケットについてはこちらに詳しく書いているので
ご興味ある方はどうぞ☆

つづく~




by lesgalettes | 2019-11-03 11:57 | レッスン | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
レッスン
アフタヌーンティー&ティー
ピクニック
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
フランス
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧