人気ブログランキング |

<   2019年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ブルゴーニュ ワイン旅


これ以上続けると そろそろイギリスは忘れちゃったの?と言われそうなので
まだまだ書ききれないけれど とりあえず今日でフランスばなしはストップ
さすがに時差ボケも治ってしまいましたし
ぼちぼち 現実に戻りたいと思います(笑)

という事でブルゴーニュ旅 最終回

a0107981_15425536.jpg

イギリスはもちろん一番大好きな国なのですが
贅沢なことに海外旅行という感じはなく
あ~帰ってきた~という 実家に帰ったようなそんなくつろぐ感じ
一方 フランスの田舎に来ると
のんびりしつつも
五感への刺激がたっぷり☆

a0107981_15431725.jpg

なんていうんでしょう
イギリスがクレンジングのように日々の汚れを落としリラックスさせてくれる存在なら
フランスは収れん化粧水のように
リフレッシュさせてくれながら
軽い引き締め感とちょっぴり潤いを追加してくれるような
そんな存在
かえって分かりにくいかな(笑)

a0107981_15431073.jpg

若いころに比べて
やれ南米に行ってみたいとか
やれラクダに乗ってみたいとか 新しいものをあれもこれも体験したいという
そんなパワーは減ってしまいましたが
その分 何度も同じところに行って 前回気付かなかったもの
上辺だけ見て通り過ぎてしまったものを
もっとじっくり見たい 感じたい
そんな旅が自然と多くなったような


a0107981_15431036.jpg

わたしらしくフランス旅の最初と最後は マークス&スペンサー
いつの間にか シャルルドゴール空港のあっちにもこっちにもできていたM&S
フランスに着いたらすぐ行くぞ~と決めていたので
向かう脚が 早い早い(笑)

下の写真
矢印がターミナルやバスではなく もうM&S示しているように私には見えてますから(笑)
a0107981_15431005.jpg
早速 イギリスのビスケットやらスコーンやらを買い込み
到着ロビーを出る前に荷物がいっぱい(笑)
大丈夫 今晩と旅行中の食糧だから~と言い訳を言いながら、、、

帰りは帰りで チェダーやらコーニッシュコブなど
イギリスチーズを買い込んで 一安心
全く何をしているのやら


a0107981_15432488.jpg

せっかく こんなにキラキラのフランスのチーズやペストリー
お惣菜や 美しいケーキでおなかを満たしてきたのに
やっぱり落ちつくのは 慣れ親しんだ素朴なイギリスフードなのです☆







by lesgalettes | 2019-10-30 15:41 | フランス | Comments(0)

ブルゴーニュ ワイン旅



前回登場したウォッシュ系チーズは好みが分かれるところですが
わたしの周りで一番ファンが多いのがコンテチーズ
ナッツのような香ばしい香りとコク
滑らかなものから ぽくっとしたもの
シャリっと結晶を感じる堅いものまで 熟成度によって違う舌ざわり
わたしも大好きなチーズの一つ
そのメッカともいうべき町が ブルゴーニュのスイス寄りのフランシュコンテ地方にある
ポリニーという小さな町

ブルゴーニュのコートドールから東に向かうこと1時間
急に風景が変わって あれここはスイス?国境超えちゃった?
そんな山と青空が広がってきます



a0107981_23273733.jpg
車を停めて町の広場に出てまずはぐるりと見まわしてみると
周りはチーズ屋さんだらけ
どこも COMTE の文字
何処から入ろうか
そう ここに来た目的は 本場なら美味しいコンテチーズが食べられるだろう
それだけ
街中にはコンテチーズミュージアムなるものまであります

a0107981_23254057.jpg


お天気も妙に良くって なんだかワクワク
まずは軽く街をお散歩して気分を落ち着けてから
いざチーズ屋さんに〜
あります あります
巨大コンテ
一個作るのに500リットルの牛乳を使うというコンテチーズ
前回ぺルージュの村でコンテチーズの実演を見てから
2年ぶりのホールサイズのコンテにご挨拶
6ヶ月から 8ヶ月12ヶ月に24ヶ月
様々な熟成期間のコンテが並びます
搾乳した季節や作り手によっても味が違うというコンテ
お味見しながら 好きなグラムだけカットしてもらい購入
これは贅沢☆
いつかチーズマニアの妹と一緒に来たいなぁ〜と


a0107981_23273215.jpg

願えば叶う はず、、

本場のコンテをいくつか購入し
名残惜しみつつポリニーの町を離れると
そこには美味しいコンテ用のミルクを出してくれるモンベリアード牛たちがのびのびと草を食んでいました
これだけ気持ちのいい環境で暮らしていたら それはしっかり美味しいミルクも出してくれますよね

わたしたちもポリニーの町のお惣菜屋さんで買ってきた
パテやパイなどを広げてピクニック
もちろんコンテにジュラのクレマンも(^^
うーん 贅沢

a0107981_23315734.jpg


ツウの人に言わせれば コンテチーズには ヴァンジョーヌという
このジュラ地方で作られる 黄色みがかかった熟成ワインが最高だそう
ポリニーの町では セットでよく売られていました
そのヴァンジョーヌの里
シャトーシャロンの村に これから向かいます

急な上り坂
狭い道をどんどん走っていくと
急に視界がひらけ 斜面に広がる葡萄畑



a0107981_23313697.jpg

下から見上げると
大きな岩の上にポンと村がのっかっているような姿
平日の昼間だったせいか すれ違う観光客も村人も少なく
数百年前にトリップしたような静かな村をゆっくりお散歩

a0107981_23314518.jpg


「Les plus beaux villages de France (フランスの最も美しい村)」にも認定されているこの村
ここから見下ろせるジュラの村々やブドウ畑のパノラマは
深呼吸を一年分したくなるような光景です

このシャトーシャロンの村の近くにもう1つ やはり「フランスの最も美しい村」に選ばれている村があります
Baume-les Messieurs というその村は先ほどとは真逆の谷底の村
そそり立つ石灰岩の崖に囲まれたなんとも不思議な空間


a0107981_23324958.jpg


この村とそれを囲む自然 その不思議に調和した景観が一番の見どころですが
Baume Abbey もなかなか見ごたえがあります
人口200人にも満たない小さな村にはしては不釣り合いなほどに立派なこのアビー
内部は華美ではありませんが迫力のある空間です
一説によると6世紀にその礎が築かれたとか
昔はこの辺り一帯の中で よほど大切な役割を果たしていたのでしょう

青い空の下に映える険しい白い壁とは対照的に
その足元を牧歌的に流れる小川が印象的な Baume-les Messieurs


a0107981_23323524.jpg


あーこの小川のほとりでも 美味しいチーズとパンでピクニックしたい!
そんなのどかで美しい田舎村
ここではやっぱり しっかり香るウオッシュチーズではなく
この辺りの豊かな夏の青い牧草や
冬の干し草をぎゅーっと濃縮したような そんな素朴なコンテがいいなぁ
パンもクロワッサンではなく シンプルなバゲットかカンパーニュで☆







by lesgalettes | 2019-10-27 23:18 | フランス | Comments(0)

ブルゴーニュ ワイン旅


ブルゴーニュにはワインだけでなく美味しいチーズもいっぱい
マルシェを覗いても
スーパーのチーズ売り場にしても
こんなにたくさん種類があって それぞれにお客さんがついているの?と思います
誰にも買ってもらえないかわいそうなチーズとかないのかしらと、、、
でも 商売ですからそんなことはきっとないのですよね
どのチーズにもきちんとファンがいて 買うのを楽しみにしているのでしょうが、、
それにしてもすごい種類


a0107981_23243875.jpg

イギリスの乳製品コーナーではパタパタ大喜び
フランスに来ると とあまりにも種類豊富過ぎるチーズに圧倒されちょっと困惑(笑)
一生かかっても全部は制覇できない、、、
そんなこんなで いつもその時いるその地方のチーズに的を絞ってチャレンジ

折角なら作っているところも見てみたいなと思っていたら
ちょうど見学しやすそうなチーズ工場があったので立ち寄ってみました



a0107981_23245169.jpg

主に エポワスやアミドゥシャンベルタン・ スーマント―ランといった
ブルゴーニュのチーズを作っているここは
誰でも午前中に行けば 総ガラス張りの向こう側で行われているチーズ作りを見学できるようになっています
オートマチック化されているところもありますが
やはり手仕事も

エポワスかな?
マールというブドウの搾りかすで作るブランデーで洗って熟成させるこのチーズ
ブラシで一つ一つしゃしゃしゃっと洗う というか磨いています
ちょっと靴磨きみたい(笑)
a0107981_23245133.jpg

熟成がすすんできて 表面のシワシワが深くなってきたものには
手袋をした手で 一つ一つ丁寧に丁寧に刷り込むようになでなで なでなで、、
サービス精神旺盛なこの方 ↑
ガラスの手前までやってきて
身振り手振りでいろいろ説明してくれました(笑)

出来立てチーズの試食もできます
ブリアサバラン アフィネ・スーマントラン・プレジールオシャブリ
アミドゥシャンベルタンに エポワスという
ウォッシュ好きには興味ある食べ比べ
(逆にウォッシュチーズの苦手な人にはちょっと辛いかも)
これにグラスワインがついた嬉しいテイスティングセットです


a0107981_23245121.jpg

どれも多少は香るけれど (納豆くらいには)
でも味はマイルドで美味しい
それぞれマールやシャブリ・塩水でと 洗う液体が違うこともあり
違う風味と味わい・香り
朝食にというよりは 夜にワインと一緒に楽しみたいチーズたちです

わたしは羊チーズがあまり得意ではないけれど
うしさんウォッシュ系は大抵大丈夫~ と思っていたのですが
今回の旅中に食べたウォッシュチーズの中で
一つだけその匂いにノックアウトされたものがあります
それが「ラングル」
ある日のピクニック ↓


a0107981_17161664.jpg

ディジョンからちょっと北のシャンパーニュ地方名物の
やはりエポワス同様オレンジ色の皮をしたシワしわのチーズ
熟成具合にもよりますが その皮の下でとろりととろけるまったりとした味わい
前述のウォッシュチーズたちより大分強い香りと塩気
買ったものがかなり熟成の進んだものだったせいもありますが
くら~っとくるものが(笑)
これ系のウォッシュチーズに強いうちの旦那さまは 喜んで食べていましたが
すごい(^^;

好みは人それぞれですな
やはりあれだけ種類があってもいいのかも



by lesgalettes | 2019-10-24 23:23 | フランス | Comments(0)

ブルゴーニュ ワイン旅


ブルゴーニュ 美味しいものは数あれど
秋と言えばやはりトリュフ
前から一度チャレンジしてみたかったのが「トリュフ狩り」
何処かでやれるところがないかしらと探してみたら
ありました
ヴォーヌロマネのドメーヌで
「テロワールの説明&ワンちゃんと一緒にトリュフハンティング」という魅力的なコースが(^^)



a0107981_22175708.jpg


心配していたお天気も良好
イタリアから連れてきたという ちぢれっけの可愛いラゴット犬親子を連れて
いざトリュフ狩りへ☆
この日の参加者はわたしたちと アメリカ人カップル
それぞれワンちゃんの綱を渡され ぐいぐい引っ張られるように林の中へ
パパ犬のエスプレッソ君 すごい勢いでトリュフを探します


a0107981_15571439.jpg


ここ掘れワンワンとばかりに
トリュフの匂いを嗅ぎつけると 前足でぐいぐい土を掘り始めます
そして あっという間にお口の中へ(笑)
もぐもぐ・・・ エッ⁈
昔はトリュフ探しには豚さんを使っていたけれど それだとすぐに自分で食べちゃうから
犬を使うようになったって聞いてたのだけれど
ワンちゃんも食べちゃうんじゃない(笑)
ここでご主人のベルナールさんの指導が~
「エスプレッソはトリュフが大好きですぐに食べちゃうから
掘り始めたらすぐに彼を遠ざけて自分で掘ってね」
なるほどね 「了解!」

ブルゴーニュのトリュフシーズンは9月半ばから
まだシーズンが始まったばかりだったので とりあえずどんな風に採るのか見れるだけでもいいかな
と思っての参加だったのですが
エスプレッソ君の活躍のおかげで 思いほのかどんどんトリュフが見つかります


a0107981_22084541.jpg

でも調子にのってこの宝探しに興じていたら
この日一番の大物を
こんなに大きいと思わずグイっと元気に掘り返したら
あらま 半分に割れちゃいました~ごめんなさい~(^^;)

エスプレッソ君たちのご褒美はケーキ
トリュフを一個掘り当てるたびに
ベルナールさんが「ガトーガトー(ケーキだよ~)」とケーキをあげます
このケーキに大喜びの2匹がまた可愛い!
木漏れ日の中でワンちゃんに引きずられながらの楽しい時間

大満喫のトリュフ狩りの後は ヴォーヌロマネのブドウ畑を車でめぐり
ベルナールさんの畑では ブドウのお味見
小粒なピノノワールは種だらけ~

a0107981_15571473.jpg


ドメーヌに戻って ワインづくりの説明と試飲タイム
家族経営のここは みんなとてもフレンドリーで温か~い雰囲気

静かなセラーの中
詳しい説明を聞きながらのテイスティング

a0107981_15571584.jpg

トリュフバターをのせたパンやトリュフ入りのパテなどもいただきます

ワインももちろん美味しいけれど
さっきの生トリュフも買えるのかなぁなんて 考えながらのワインテイスティング(笑)


a0107981_15592586.jpg

こうしていつもテイスティングしながら思うのは
わたしが一番好みだなと思うのは
5種類あるとしたら 大抵そのうちで2番目から3番目のもの
ラストに来るのがいつも一番上のランクのものなのですが
貧乏舌のわたしにはそれらはいつも複雑すぎて
喉を通りづらく
いいものかもしれないけれど
純粋に自分が美味しいと感じているかというと 正直そうでもなく、、、
もっと大人になったら 高級ワインのほうに好みがシフトするのかな
それとも 貧乏舌はこのままか、、
中くらいで満足できるほうが ある意味幸せな気もしますが(^^

そうそう 生トリュフもしっかり買えました
エスプレッソ君 ありがとう♪





by lesgalettes | 2019-10-21 11:53 | フランス | Comments(0)

ブルゴーニュ ワイン旅



秋のブルゴーニュ旅
旅のテーマはワインですから 宿もワインをしっかり楽しめるところ
今回はまだ泊ったことのなかった Puligny-Montrachet の村に滞在します
ブドウ畑に囲まれた その小さな村は
世界的に有名な白ワインの産地
その中の小さな家族経営のドメーヌ


a0107981_14164760.jpg

1室だけあるゲスト用の部屋は広く
フランス的センスあふれる でも居心地の良い空間
イギリスのカントリーサイドのB&Bはもちろん大好きだけれど
たまにこのフランスの 自分にはない絶妙なバランスと言おうかセンスに接すると
とても新鮮で気持ちの良い風が
さーっと体を吹き抜けるような そんなリフレッシュ感を覚えます
写真ではうまく写せていないけれど
温かく格好いいんです、、

a0107981_14165733.jpg

そして時間が合えば
オーナーのJacques さんが その哲学に基づいたワインづくりを
優しく しっかり説明してくれます
今はちょうどワインの収穫を終え 仕込みのシーズン
樽の栓を抜くと シュワシュワシュワ~と ワインの声
そして瓶詰めを待つ タンクの中からスポイトで汲みとって
出来立てワインをいくつも試飲
試飲という量ではなく 何杯も何杯もいただくので 結構ほろ酔い(笑)


a0107981_14165770.jpg

お洒落なデカンタや 程よく冷えたボトルからではなく
メスシリンダーから注ぐ ワインがこんなに美味しいなんて

Jacques さんのワインに込める愛情がひしひしと伝わってきた得難い体験
別の熟成させたボトルを持ってくるからとドアを開けると
そこにはきれいな三日月


a0107981_14171460.jpg

「今は月が満ちていく期間だけれど ワインは月が満月から欠けていく時にボトルに入れるんだよ」とのこと
ここではビオディナミと呼ばれる
有機農法+月の満ち欠けや自然の持つ力を最大限に引き出す生産方法をとっているので
夜空を見上げることもきっと多いでしょう
ほんとうに澄んだきれいな夜空

部屋にも持って行ってと またたっぷりグラスにワインをいただき
その晩は 静かな夜を過ごしたのでした

そして翌朝~☀
この旅の間 昼夜を問わず 結構な量のワインを飲んでいるはずなのに
二日酔いもなく 毎日爽やかな目覚め (時差ぼけのせい?)
朝ごはんも美味しい(笑)!


a0107981_14171345.jpg

朝パン屋さんから焼き立てを買ってくるというクロワッサンとバゲットに
手作りのジャム
全てBIOというフレッシュなジュースやチーズ
そしてたっぷりのコーヒー
幸せな朝食☆


ところで
ピュリニーモンラッシェを選んだ理由のひとつに
ここにある日本でも有名なドメーヌ Olivie Lefraive の
ワインのデギュスタシオンディナーをしてみたいなというのがありました


a0107981_14173233.jpg

お料理と共に オリヴィエルフレーブのワイン9種を飲み比べるというコース
宿から歩いて行ける範囲にあれば 心おきなくいただけるなぁなんて(^^)

夜風を感じながらを気持ちよくお散歩しながら到着すると
すでにテーブルにずらりと並ぶワイングラス

a0107981_14173116.jpg

まずはシャンパンで乾杯☆
その後
前菜と共に Meursault/ Sain-Aubin/ Pulignyu-Montrachet 3種の飲み比べ
メインと共に さらに白ワイン3種
ソムリエさんの丁寧な説明もあるのですが
う~ん どれもそれぞれ美味しい! 以上(笑)

a0107981_14173916.jpg

そして デザートともに 赤ワイン2種

たっぷりワインをいただいて ふ~っと一息ついていると
そこに現れたその辺の近所のおじさん風ではない白髪の男性
あれってもしかして、、
そう ご本人 ルフレーブさんが一つ一つテーブルを回ってご挨拶☆
日本はと~ってもいいお客さまだそうです(笑)そうですよね
このエチケット わたしですらもよく覚えていますから

こんな感じに 素人でも純粋にただただワインを楽しむことが出来るブルゴーニュは
ホリデーには最適なところ
ずっといたら自分に甘いわたしはダメになりそう(笑)




☆★お知らせ★☆
12月のレッスンの募集は10月28日(月)21時の予定です
来週中に日程とメニューもUPしますので
もう少々お待ちください  




by lesgalettes | 2019-10-18 09:53 | フランス | Comments(0)

ブルゴーニュ ワイン旅


いつもは行き当たりばったりで
よさげなあるいは入りやすそうなドメーヌを見つけて飛び込んでいたブルゴーニュ旅
でも今回はただ試飲して購入するのではなく
折角だからもう少しちゃんと見てみようと
いくつか見学コースやツアーなどを申し込んでいました



a0107981_17144195.jpg

そうすれば 畑や製造工程の見学にはじまり
それぞれのワインの特徴もきちんと系統立てて説明してもらいながら試飲もできるし
なにより飛び込みでは出してもらえないようなグランクリュまで
しっかり味わえますし(笑)

ある日参加したツアーは朝早くからのスタート
コートドニュイからコートドボーヌまでのドメーヌをめぐり
見学して
説明を聞き
たくさん試飲させてもらいました

a0107981_17144027.jpg

お天気も良かったので
少し色づき始めた畑も いろいろ見学


a0107981_17141776.jpg
泣く子も黙るロマネコンティの畑も一応見学 ↑
1本200~300万円もざらというワイン
まさに宝石を生み出す畑ですね(笑)

また別のタイプのドメーヌを訪れ
見学し
作り方やこだわりを説明してもらい
また沢山試飲して~

この日のツアーのメンバーは
わたしたちの他には
アメリカ人ご夫婦と ニュージーランドからのご夫婦という6名
皆とてもいい人たちで なんだか楽しいツアー

a0107981_17142857.jpg


特に ニュージーランドからのご夫婦は
息子さんのお嫁さんが日本人で
今回の旅行は結婚40周年記念(我が家は20周年記念で記念日も3日違い)
このブルゴーニュの後はもう一人の息子さんとイギリス人のお嬢さんとの結婚式のために
イギリスのシェフィールドに行くとか~
そんなこんな共通の話題がいっぱい


a0107981_17142847.jpg

みな笑顔でご機嫌です
まぁ こんなおいしいワインを飲みながらの1日
誰でもご機嫌にならずにはいられないのですが~

ワイン尽くしの1日の途中には ランチとそれに合わせたワインも含まれていました
これがまた最高に美味しいお店☆
例えば ブルゴーニュ名物と言えば
ポーチドエッグに赤ワインソースのウフアンムーレットが定番ですが
このお店の場合は 赤ワインソースではなく
シャルドネ(白ワイン)のソース+スモークサーモン

a0107981_17145545.jpg
ポトフはテリーヌ仕立てに ↑

ブフブルギニヨンもなんだかいつもより大分おしゃれに登場です


a0107981_17145506.jpg
そして何よりどれもワインにぴったりで
午前中もずっと飲んでいたはずなのに
やっぱり ワインには 美味しい食べ物が欠かせませんね
もう別腹ならぬ 別喉です
落ちる場所が違う気が(笑)

そして午後もまた 別のドメーヌ見学

a0107981_17144107.jpg
↑ それぞれの畑の土のサンプル


正直この頃には
満腹感とワインのアルコール そして
ずっと続く 英会話とそれぞれの造り手さんたちの熱心な英語の説明に
残念ながら集中力の限界が(笑)

でも本当によい勉強になった1日でした
ワインのボトルを見て飲むだけでは分からなかった
1本1本に込められている手間と想い
ブルゴーニュワインを飲む度に このぶどう畑や樽の並ぶかび臭いカーブ
色々なものを思い出しそうです

~なんて〆みたいなことを書いていますが
ワイン旅はまだまだ続きます(^^





by lesgalettes | 2019-10-15 15:43 | フランス | Comments(0)

ブルゴーニュ ワイン旅



ブルゴーニュの中で
飛び地のように他のワイン産地から離れているシャブリから
今回のメイン コートドールへの道中は ひたすら緑広がる広大な大地
途中 ただ通過するにはもったいない可愛らしい村がいくつも点在します
でもいくらのんびり旅とはいえ あっちにもこっちにも立ち止まっていたのでは前に進まない~ので
苦渋の決断でいくつかに絞って寄り道





a0107981_21520994.jpg



Semur-en-Auxois は 以前写真で見たことがあり
いつか立ち寄ってみたいなと思っていた町
いつもこの近くの Fravigny-sur-Ozerain が好き過ぎて
ここはついついスルーしてしまっていたので ようやく、、



a0107981_21530196.jpg



観光シーズンも過ぎた町は 歩く人もまばら
ひんやりとした風が吹いていて
寂れつつも美しいこの町の佇まいにはぴったりの静けさ


a0107981_21480111.jpg
ステンドグラス越しの光が とても印象的だったノートルダム

お次は Chateauneuf の村
どこも同じようじゃない?と言われそうですが
また違うんです
ここのお目当てはブロカント


a0107981_21480186.jpg


観光客でにぎわう夏にしか訪れたことがなかったので
ここもまたその静けさに驚きながらも 静かにこの雰囲気に浸れて嬉しい限り

本当に小さな 美しい村
人口100人にも満たないというのだから
観光客がいなければ 静かなのも当たり前ですね。。。

それでも 可愛らしいシャンブルドット(B&B) や ビストロ
ブロカントなどいくつかのお店には明かりが灯っています


a0107981_21480921.jpg


すれ違う人はめったにいないけれど
道端には こういった村お決まりの
まったく逃げないにゃんこや
元気に道を駆けまわるニワトリさんたち


a0107981_21481642.jpg

のんびりお散歩の後は
丘の上にあるシャトーヌフの村で
眼下に広がる イギリスとも日本とも違う 広い広い平らな土地を見下ろしながら
ピクニック
ぷかぷか白い雲が浮かぶ空も どこまでもどこまでも 広くて
ふは~~~ っと思わず深呼吸(笑)

a0107981_21483033.jpg
ピンクの豚さんは フランスのパティスリーでよく見かけるガトーコションというケーキ
スポンジやクリームが マジパンで包まれています



お散歩していてついつい吸い込まれてしまう ブーランジュリーやパティスリー
そしてフロマジュリー(チーズ屋さん)
いつも食べたいものが多すぎて大騒ぎ

旦那さんがいつも選んでいるのは クロワッサン それにチーズ
わたしが選ぶのはキッシュや ケーキなどの甘いもの
それにバゲットやパテ系
そんなこんなで いつも案外満ち足りたピクニックになります
マイバッグにはいつもフォークとナイフも欠かしません
フランスの田舎はどこもかしこも 素敵すぎるピクニックスポットだらけですから
今度は小さなピクニックバスケットを持って行きたいな〜



by lesgalettes | 2019-10-12 11:21 | フランス | Comments(0)

ブルゴーニュ ワイン旅



ブルゴーニュに行ってきました
移動を除くと 滞在1週間くらいの短い期間なので
今回は 「よくばらない!」を念頭に
移動最小限
ワインとチーズにテーマを絞り
ゆったりリラックスの旅
要は ひたすらワインを飲み楽しもうという7日間(笑)


a0107981_15095108.jpg


まずはブルゴーニュの北西部 シャブリからスタート
我が家で消費されるワイン10本のうち6~7本はおそらくシャブリ
ある意味とってもお世話になっている町(^^)
人口はたったの2500~2600人
ちょっとした大学の生徒数より少ないくらい
田舎の小さな小さな でも世界的に有名な町


a0107981_15095955.jpg

ここ数年 こののどかな美味しい土地の魅力にはまってしまったようで
1年おきに来ているブルゴーニュ
そしてシャブリを訪れるタイミングがなぜか期せずして いつも日曜日の午前中
それは 週に一度のマルシェの日

シャブリのマルシェはおしゃれな観光客向けのそれではなく
地元密着の まさに近隣住民の台所
日用品から フレッシュな旬の野菜
乳製品に ソーセージにパンなどのストールが道の両側にぎっしり立ち並びます

a0107981_15101457.jpg

この時期はジロールなどのきのこもいっぱい ↑

そう言えば マルシェの日にここに来るのが分かっていたのだから
キッチン付きの宿にしておけばよかった~


ブルゴーニュは質のいい蜂蜜でも有名です ↓
a0107981_15101571.jpg


上の写真はブーダンノワール(豚の血と脂で作るソーセージ)のストール
大きなお鍋を前に なかなか迫力のある光景が繰り広げられています
きっと美味しいのでしょうね お店の前には大行列

私のお目当ては グージェール
よくシャンパンや白ワインと共に お通し的に出てくるチーズ入りのシュー
今でこそフランス全土で見かけますが
元々はこの辺りの郷土食
他所のお上品な一口サイズのグージェールとは一線を画す
ブルゴーニュでは巨大なそれに出会えます

a0107981_15101451.jpg


サイズは子どもの頭くらいはゆうにありそう
チーズたっぷりで塩味が効いたシュー生地は本当に美味
(中には何も入っていませんよ)
プレーンが基本ですが お店によってはベーコン入りなどバリエーションも

重そうな買い物かごを抱えた人たちと
通りに出されたテーブルで 朝からゆっくりワインを楽しむ人たちなどで賑わっていたマルシェも
13時を過ぎると いっきに人の波が去り 出店が消え
嵐の後の静けさのごとく 一週間で一番静かな時間がやってきます



a0107981_15104979.jpg
シャブリの町の後方に広がるブドウ畑 見えますか↑

静かになったシャブリの町を
たまに空いているドメーヌで試飲などをしながらのんびりお散歩

町を離れ畑のほうに足を延ばしてみれば
そこはいつもお世話になっている美味しいワインの源泉
ゴロゴロと石灰岩に覆われたシャブリのブドウ畑
これがいわゆるミネラル感の素となる土壌
ブルゴーニュの他の畑とは全然違います

a0107981_15104957.jpg

詳しいことは分からないけれど
とにかくこの土と気候が シャブリをシャブリたらしめている根源だそう
(それはシャブリに限ったことではないけれど・・・)
フカフカの良く耕された土に生えているのとは違って
蓄積された地球の養分を吸っている感は伝わってきますね

ところで
シャブリの町のいいところは徒歩圏内に沢山のカーブやドメーヌが密集していること
気軽に飲めるビストロなども沢山あるので
お泊りすれば心ゆくまでワインが楽しめます


a0107981_15104802.jpg
それと
ブドウ畑の中に佇む小さな町ですから
余計な明かりもないので
陽が落ちれば
今にも降ってきそうな満天の星空も楽しめます





by lesgalettes | 2019-10-09 10:07 | フランス | Comments(0)

優先順位


次に時間があいたら何を作ろうかなぁ~と いつも頭の端っこで考えています
本を眺めていると
作ってみたい食べてみたいお菓子は 一生分困らないほどあるし
作らなくてはいけないお菓子
写真を撮る必要があったり レッスンのために試作したいお菓子などもあるから
結局 優先順位に従って
以前よく作っていたけれど
好きだしたまには食べたいけれど
でも後回しだな、、、となっているお菓子の多いこと



a0107981_11383525.jpg

そんないつも後回しになっていたお菓子の中から
「バナナティーブレッド」に
「アンザックビスケット」
どちらも本当に久しぶりに作りました
素朴で飽きの来ない いかにも「おやつ」といった風情のお菓子

シードケーキも長ら~く食べていないことを思い出し
焼いてみましたよ


a0107981_16014001.jpg


キャラウェイシードのプチプチにあたった時の爽快感と
ピールのほろ苦い甘さ
好みは分かれるけれど これはやっぱり絶妙☆



「ダービーシャー(スタッフォードシャー)オーツケーキ」も
あの香りともちもち感が 秋になると無性に恋しくなります



a0107981_11530442.jpg


パンケーキタイプのこのオーツケーキは
イースト発酵の生地なので
夜のうちに混ぜて冷蔵庫に入れておけば 週末の朝ごはんに最高☆

粉ものの美味しい秋
危険すぎます
糖質オフダイエットだけは 出来ないなぁ。。。
お米抜きはできるけれど
小麦粉オフ・ お砂糖オフは絶対に無理!




by lesgalettes | 2019-10-06 16:00 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

スコーンレッスン つづき



毎年いろいろなスコーンが登場するスコーンレッスンですが
今年のスコーンも かなり美味しい自信作☆
自信作と言っても もちろん私が考え出したわけではなく
昔からあるレシピなのですが
最近は見かけなくなってしまったので もったいないなぁ
みんなに食べてほしいなぁと ずっと思っていたスコーン

Norfolk scone (ノーフォークスコーン)


a0107981_08324115.jpg

イギリス南東部ノーフォーク州生まれのスコーンです
ノーフォークには何気に興味深い地方菓子が色々あり
これもその中の一つ

生地自体はいたって普通のスコーンなのですが
その成型の仕方が独特
いつもなら生地に練り込んでしまう ドライフルーツやスパイスをフィリングにして
いつもならつけて食べるであろうバターもフィリングとして入れて
全部包んで大きく焼いちゃった
そんな大胆なスコーン

a0107981_08324245.jpg


作るときはこんなに? とビックリするほど入れるドライフルーツ
そこにバターとお砂糖とスパイスが焼いている間に じゅわっと染み込んで
と~っても美味しいフィリングに変身☆
一回りも二回りも大きくなって
ふだんのスコーンとは全く別物の姿になってオーブンから出てきます


a0107981_08324135.jpg

デメララシュガーをふって焼いた表面は サクサクのカリカリ
まるでメロンパン
ケーキでもなく
スコーンでも ビスケットでもなく
もちろんプディングでもなく
どのジャンルにも入れがたい ノーフォークスコーン


a0107981_08324986.jpg


これを手土産に誰かのおうちに遊びに行ったらすごく喜ばれるだろうなぁとか
お外にラグを敷いて 紅茶と一緒にこれを広げたいなぁ~とか
そんないろいろな楽しい場面が頭に浮かんで
思わず笑顔になってしまうお菓子

レッスンでオーブンから出した時のみんなの歓声も わたしはすごく嬉しい(笑)


a0107981_08325742.jpg

今回スコーンは3種類作りましたが 基本手順はどれも同じ
粉にバターを入れてサラサラにして 牛乳などの水分を入れてまとめて~と
生地作りはこれだけ
同じことを何度も何度も繰り返しやったので
「なんか 今度はおうちでも上手に作れる気がする~!」
そんな声も嬉しいスコーンレッスンなのでした♪







by lesgalettes | 2019-10-03 08:37 | レッスン | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
レッスン
アフタヌーンティー&ティー
ピクニック
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
フランス
未分類

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧