人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

マーマイト&チーズビスケット


5月のレッスンのもう一品は「マーマイト&チーズビスケット」
Love it or Hate it
好き嫌いがはっきり分かれることで有名なイギリスの国民的スプレッド
日本の納豆的存在として知られるマーマイトですが

お味噌にお醤油
ふだんから塩気とうまみの強い発酵食品に慣れ親しんでいる日本人にとっては
実はそれほどハードルは高くない味


マーマイト&チーズビスケット_a0107981_21065977.jpg


バターを塗った後のトーストに薄くマーマイトを塗っていただくのが定番ですが
クランペットやスコーンに塗ったり
シチューなどの煮込み料理のコク出しに調味料として使ったり
工夫次第で意外と応用範囲は広いもの

イギリスではマーマイト味のクリスプス(ポテトチップス)やチーズ
クラッカーやフラットブレッドなど様々な商品が展開されています



マーマイト&チーズビスケット_a0107981_21064849.jpg


今回はその中でも特に相性のいいチェダーチーズとマーマイトの組み合わせで
ビスケットを作ります
チェダーチーズたっぷりのセイボリービスケットのアクセントは
マスタードパウダーとマーマイト
大さじ1杯~は入れるので なかなか減らないマーマイトの消費にも貢献してくれます(笑)

マーマイト&チーズビスケット_a0107981_21064781.jpg


濃厚なチーズ味と程よい塩分が
食べ始めたら止まらないこのサクサクのマーマイトビスケット
市販品よりずっと美味しいけれど
形だけは市販品をまねして マーマイトのジャー型(^^
分かる人にしか分からない形だけれど
どうしてもこの形にしたかったので 手作り?しました
と言っても 指輪の形のクッキー型をぎゅ~っと潰しただけ
でも それっぽく見えるでしょ?


マーマイト&チーズビスケット_a0107981_21065466.jpg


もともと陶器のポットに入っていたマーマイトが茶色のこのガラスのジャーに代わったのは
1920年代の事
それから100年近く この形で愛されているのですから
このマーマイトジャーに敬意と愛着を込めて(笑)



マーマイト&チーズビスケット_a0107981_21063138.jpg


ちなみに上の花が活けてある茶色の大中小の茶色の瓶↑ は昔のマーマイトのボトル
marmite の文字とoz数が浮き彫りになっています
これは今でもイギリスのアンティーク屋さんで時々見かけますが
その前の陶器のものはまだ実際にお目にかかったことはありません
Marmite の名は現在もそのトレードマークとなっている蓋付きの煮込み鍋
のフランス語 Marmite (マルミット)からきているのだとか
ビールを醸造した残りのビール酵母が原料らしいけれど
それをこの鍋で煮詰めて作ったからなのか
マーマイトでスープでも作ろうよ ということだったのか・・

いずれにしてもマーマイトは
八丁味噌をお醤油で溶いたもの にちょっと似ていると思って食べると
量を加減するので 塗り過ぎて しょっぱい!とか
その香ばしいような香りにも違和感を感じないのでお勧め
食べ方を間違わなければ なかなかおつなお味ですよ♪
ちなみに
レッスンで作ったビスケットは ビールやワインにもピッタリのくせになる美味しさです♪





by lesgalettes | 2019-05-29 21:59 | レッスン | Comments(0)

カスタードタルト


今月のレッスンは「カスタードタルト」と「マーマイトビスケット」

優しい黄色のカスタードタルトが似合いそうなティーカップを選んでみました
長く来てくれている人は これを見てすぐに察する
「好きなカップ選んでね」方式





カスタードタルト_a0107981_21062023.jpg

さて 久々のカスタードタルトのレッスン
今回は小さめの型で焼くので 焼き時間は短く
気軽に簡単に作れるのだけれど
小さい分 沢山個数を作るので 伸ばして抜いて 型に敷いてが結構な手間
一人じゃなくて みんなでおしゃべりしながら作ってて良かった
そう思う瞬間(笑)

ショートクラストペストリーを空焼きして
フィリングをふちのギリギリまで注ぎ

カスタードタルト_a0107981_21062048.jpg

ナツメグをたっぷり表面にふり
そろそろとオーブンに運び入れたら あとは140℃くらい
低い温度で 「す」が入らないように プリンのように焼き上げます
焼き上がりの目安は
軽くゆすって 中央が揺れるか揺れないか その位
余熱でも火が入るので 焼き過ぎないように
そっと固まったくらいでストップすることで
なめらかなプリンのような食感を目指します

カスタードタルト_a0107981_21063199.jpg

イギリス菓子なのに(?)物足りないくらい甘さ控えめのこのタルト
わたしは大好きでイギリスに行ったら必ず1度は 食べないと気がすまないお菓子
でも 意外とティールームやカフェで目にすることは少ないので
結局スーパーで買うことによくなるのだけれど
でもこれに限ってはスーパーのもののほうが外さなかったりするのです(笑)

新しそうに見えて実は中世から存在するこのカスタードタルト
詳しくはこちらに書いているので ご覧になってみてくださいね


カスタードタルト_a0107981_21064774.jpg

シンプルなカスタードタルトも 器によってはおすまし顔
馬子にも衣裳
ちょっと手がかかったお菓子のようにも見えるのだから
わたしもたまには きれいなお洋服でも着てお洒落してみようかしら
なぁ~んて
カスタードタルトを見て
「あなたいい年なんだから もうちょっときちんとした格好しなさい」
と 未だに親によく言われるセリフを思い出したりして(汗)










by lesgalettes | 2019-05-26 08:26 | レッスン | Comments(0)

薔薇の園



夏があって 秋が来て 冬があって 春が来て
この 1年は短いようで長くって
ようやく薔薇の咲く季節が到来



薔薇の園_a0107981_22505539.jpg

去年は叶わなかったけれど 今年は無事この薔薇たちに会うことが出来ました
活き活きと楽しげに咲く薔薇たち
愛情いっぱい手間暇かけて育ててもらったお礼なの
と言っているよう


薔薇の園_a0107981_22510597.jpg

120種類くらいはあるかしら という薔薇が一斉に咲き誇っている様子は
まさに薔薇の園
こんな香りに包まれて深呼吸できるなんて
もったいなくて吸い込んだ香気をはきだしたくない(笑)

それにしても ひとことで薔薇といってもどれも個性豊か
それぞれの美しさを言葉で表現しようと試みたけれど
語彙力が貧困過ぎて諦めました


薔薇の園_a0107981_22510572.jpg

写真より実物のほうが数段上だけれど
でも どれも薔薇らしい品があるの 伝わりますよね ↑


この素敵なお庭の主は
羨ましくなるくらい素敵なファミリー
図々しく お茶までご一緒させていただきました


薔薇の園_a0107981_22505507.jpg

イングリッシュマドレーヌに タルトにゼリー
どれも見るからに美味しそうな顔をしているでしょう
美味しいんです(^^
お庭から摘んだばかりの薔薇に囲まれた こんな夢のようなテーブル
まるでご褒美のよう☆
最近何かいいことしたかしら?

「これからもう少し頑張りなさいよ」っていう
神様からのご褒美前払い的カンフル剤かな(笑)


薔薇の園_a0107981_22512208.jpg

この日は植物にもお菓子にも 作り手の優しさがしっかり現われることを再認識
丁寧に暮らすこと
忘れないようにしなくっちゃ

幸せな気持ちと薔薇をいっぱいいただいて
緩んだ口元のまま帰途につきました

薔薇の園_a0107981_22512139.jpg


お庭に楽し気に咲いていたように
ナチュラルに薔薇を生けられたらいいのにな



薔薇の園_a0107981_22512810.jpg
贅沢で幸せな日曜の午後















by lesgalettes | 2019-05-23 20:53 | 日常 | Comments(0)

Pudding with apple


「何か一緒に作りたいね」

久しぶりにこの日うちに来てくれたのは
わたしがイギリスでお菓子教室をしていた頃 ロンドンから通ってくれたAyasan
今では立派なお菓子作りのプロ
ロンドンのいくつもの有名店でペストリーシェフとして経験を積み
もうわたしのほうがいろいろ教えてもらいたいくらい(笑)


Pudding with apple_a0107981_21090152.jpg

さて 何を作ろうか、、

ふだん仕事でさんざん作っているのだから せっかくオフで日本にいる時まで
ふつうのイギリス菓子を作っても面白くないだろうし~
なんて考えた結果
昔々のプディングでも作ろうか☆

で お茶もそこそこに
まずはわたしがここのところ気になっていた 「Apple snowball」の製作開始


Pudding with apple_a0107981_21090128.jpg

ヴィクトリア時代ごろのレシピ本にはよく登場する「アップルスノーボール」
りんごの芯をくりぬき お砂糖やスパイスを少量詰込み
軽く牛乳で茹でたお米で包んだら
それをさらに布で包んで茹でるというもの

詳しくはこちらに書いていますが
てるてる坊主のように縛ったそれを
お湯にドボンとつけて茹でるさまは とてもお菓子を作っているようには見えません~


Pudding with apple_a0107981_21092030.jpg


挿絵も何もない文字だけの昔のレシピ本
姿が見たければ 味を知りたければ 作ってみるしか方法はありません
出来上がってもそれが正解なのかは分からないけれど(笑)

いつもはこういうお菓子は一人でばかり作っているから
誰かと一緒にあ~でもないこ~でもないと 話しながら作れるのは非常に楽しい♪

さて このりんごおにぎりを茹でている間にもう一品
「Apple tansy」を作りました
これは17世紀ごろにはもうすでに食べられていたプディング

Pudding with apple_a0107981_21092111.jpg

りんごのオムレツのような パンケーキのような、、、
詳しくはこちらもそのうち あぶそる~とロンドンの「イギリスおかし百科」でご紹介する予定ですが
これは 卵にクリーム・ローズウォーターなどを加えて焼いたもの
色々なバリエーションがありますが
本来はハーブのタンジーが入っていたので タンジーの名がつけられています

りんごが続いたついでにもう一つ
「アップルダッピー」も作ります
レッスンでも以前作ったこれは
わたしの大好きなりんごのお菓子の一つ


Pudding with apple_a0107981_21092024.jpg

スコーン生地でりんごをたっぷり巻き込み
レモン風味のシロップをたっぷり注いで焼き上げるプディング
りんごの甘酸っぱさとレモンの香りが スコーン生地に染み込んだ
なんともジューシーな 粉もの好きもフルーツ好きも満足できる一品

昔々のお菓子を作りながら
ロンドンの今どきお菓子事情を聴き

Pudding with apple_a0107981_21093002.jpg


一体どんな味がするのだろうと
アップルスノーボールや アップルタンジーを 恐る恐る口に運び
「思ったよりは美味しい!」と顔を見合わせ


Pudding with apple_a0107981_21093073.jpg

お菓子がつないでくれた縁に
こんなマニアックなお菓子を一緒に楽しんでくれる菓子友がいることに感謝☆

次会える時は
さらにステップアップして 一番やりたいことに Lock on しているんだろうな^^



☆★お知らせ☆★

7月のレッスンの日程UP&募集は5月27日(月)21:00頃の予定です







by lesgalettes | 2019-05-20 09:25 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

Spring Bake Off 2019


5月12日(日)Mornington Crescent のステイシーさんと
この日会場となった Still Rooms さんと一緒に
Spring Bake Off を開催しました

今回のベイクオフのテーマの 春・そしてピクニックにお誂えの
真っ青な青空と
それに映える出来立てほやほやの素敵な会場が皆さんをお出迎え


Spring Bake Off 2019_a0107981_08152540.jpg


最近は日本でも放映されているので ご存知の方も多いと思いますが
イギリス中をベイキングブームの渦に巻き込んだ人気番組 British Bake Off は
毎週一人ずつ脱落していく 笑顔の後ろに緊張感もあるベイキングコンペティション
でも この日開催したベイキングオフはもっとずっと平和な
イギリス菓子好きが集まって 一緒に楽しもう~♪という
和やかなイベント(^^

春やピクニック というテーマからイメージした
手作りのイギリス菓子をもって参加してくださる方15名
審査員のゲスト35名 計50名の皆さん + わたしたちで
そのケーキを食べ比べて投票し Winner が選ばれます

Spring Bake Off 2019_a0107981_08154298.jpg

そうこうするうちに
力作のケーキが続々到着
審査は難航の予感(笑)

まずは 時間もお昼を過ぎたことだし 軽くセイボリー物と
ここStill Rooms のお庭で今が盛りと咲き誇る薔薇やエルダーフラワーから作ったばかりの
コーディアルで お腹を落ち着かせてもらいます


Spring Bake Off 2019_a0107981_08154247.jpg

セイボリーフードは ステイシーさんお手製の美味しいピクニックパイ
スエットとバターのペストリーに
ぎっしり詰められたポークにチキン・アプリコットetc
これにブラムリーのチャツネとピカリリ添え
それにわたしが作った スティルトン&ブロッコリー・くるみのタルト
タイム風味のチーズストロー

さぁて一息ついたところで
いよいよ審査(試食)の開始です

作り手の皆さんたちが ちょっと不安げに自信なげに持ってきてくれたケーキ
それがお世辞抜きにどれも見るからに美味しそうでまずはビックリ
飾りつけが美しいものももちろんあるけれど
シンプルなローフ系やスコーンでも ありますよね
いかにも美味しい顔をしたお菓子って

案の定 審査は難航
というかすべて美味しいので これはもう好みの問題
聞こえてくるのは
「全部美味しい~」の声ばかり(笑)

Spring Bake Off 2019_a0107981_08154260.jpg


1. スティッキーマーマレード&アーモンドケーキ (手作りのマーマレードの苦みが最高!大好きな味)
2. キャロットケーキ カップケーキ (バタフライの仕上げがキュートで優しい味にぴったり♪)
3. レモンドリズル with いちご (定番に春らしくイチゴを合わせたアイディアが素晴らしい~)
4. アイストバンズ (懐かしい味を可愛らしいデコレーションでバージョンアップ☆)
5. パヴロヴァホワイトチョコレートティフィン
(メレンゲとドライイチゴ・抹茶がホワイトチョコレートに絶妙に合い大人のティフィンに)


Spring Bake Off 2019_a0107981_08154232.jpg

6. コーニッシュパスティ (塩加減が最高☆すぐにピクニックに行きたくなるお味♪^^)
7. マチュアフルーツケーキ(芳醇なラム酒の香りに クリームチーズのフロスティングが新鮮!)
8. ジャファケーキ
(程よい固さのスポンジ+柔らかなオレンジジェリー+チョコレートにノックアウト(笑))
9. ホットクロスバンズ (クランベリーやチョコレート・スパイスのハーモニーが絶妙☆)
10. レモンヴィクトリアスポンジケーキ (口どけの良いスポンジにレモンカードの酸味がパーフェクトの仕上がり)

Spring Bake Off 2019_a0107981_08155492.jpg

11. デーツ&ウォルナッツローフ ( 定番の味と思いきや塩味の効いたフロスティングにビックリ!)
12. レモン・エルダーフラワー&ポピーシードドリズルローフ(間違いのない最高の組み合わせにポピーシードのぷちぷちが楽しい♪)
13. ハッピースプリングカスタードケーキ(カスタードやスポンジを何層にも重ねた 贅沢で食べた人にハッピーになって欲しいという思いが伝わるケーキ^^)
14. グーズナーミリオネアショートブレッド (キャラウェイシード・オレンジ・トフィー・チョコレートどれも特徴のある味を上手に一つにまとめた技術とセンスに脱帽☆)
15. スコーン (長年作り続けた安定感と安心の味にイギリス菓子の良さを改めて感じる一品)

以上の15品
その場でひとつひとつ感想を言う時間がなかったので ここで一言感想↑
そしてお礼を
どれもこれも ぜ~~~~んぶ 最高に美味しかったです♪
貴重なお天気の良い日曜日にお時間割いていらしてくださった審査員の皆さんも
ほんとうにありがとうございました
これからも British baking and eating 楽しんでくださいね


Spring Bake Off 2019_a0107981_08155479.jpg
さてちなみにこの日のプライズ
審査員賞は No.5のパヴロヴァホワイトチョコレートティフィン
ステイシーさん賞 No.4 アイストバンズ
Still Rooms賞 No.10 レモンヴィクトリアスポンジケーキ
わたし賞が No.8 ジャファケーキ

でも参加した皆さん言われていたとおり これはもうすべてに○○賞をあげたい感じでした
そんな美味しいものに囲まれた幸せな Spring Bake Off の1日でした








by lesgalettes | 2019-05-16 17:29 | イギリスイベント | Comments(0)

GWのDIY


さて ペンキを塗り終えた翌日のミッションは
組み立てて早15年ほど経った物置小屋のリフォーム

新しいものを買おうかとも思ったものの
気に入るデザインのものもないし
まだ土台は何とか使えそうだから リモデルしちゃおうか。。。

果たしてその結末はいかに、、

GWのDIY_a0107981_10400623.jpg

↑ もとはこんな木造りのシェッド
これをなんとコッツウォルズ風シェッドにしようと企んだのです(^^
でも 石を張ったり大掛かりなことはせず 簡単に
今より頑丈になって なんとなくそれらしく見えればいい
それが目標★

さて まずは壁に板を張り
窓やドア枠を作ります
次に黄色や灰色の漆喰をミックスして 壁にぬりぬり
コテなど使わず ゴム手袋をした手でぺたぺた塗っていくだけ
分厚く塗って 指でなぞって なんとなく石を積んだ風柄を装います
かな~り適当(笑)


GWのDIY_a0107981_10401373.jpg

「ちょっとそっちゴッホみたいになっているよ」
「そっちはきれい過ぎじゃない?」
あ~だこ~だ言いながら
とりあえず 漆喰終了

お次はドアのペンキ塗り
前日の反省を胸に
なるべく今度はたらさないぞ~はみ出さないぞ~と 思いながら。。



GWのDIY_a0107981_10402204.jpg

いやぁ~これまた途中どうなることかと思いながらも
なんとか二日がかりで完成☆
(~なぁんて わたしはただの役立たずの助手ですけれどね)

出来上がってみたら あらなかなか可愛いではないですか
遠くから見る分にはアラも分からないし~


大仕事を終えて
さぁ 祝杯☆
冷え冷えのサイダーは この季節お外で飲むのにぴったり


GWのDIY_a0107981_10402247.jpg

この日は
やたらに元気で ネギ化してきたチャイブが目に入ったので
チャイブとチーズのスコーンを速攻で作り オーブンへ投入
我ながら早業(笑)
さぁ 腹ペコなので ランチの準備時間は スコーンが焼きあがるまでの13分間


GWのDIY_a0107981_10403502.jpg

サンドイッチを作る暇はない というか材料がない
そこで前日作っていたチキンレバーパテを バゲットにたっぷり塗り
これまた自家製のエルダーベリーのジェリーを添えてみます

お庭からレタス類を摘んできて
焼き立てホカホカのスコーンと共に盛り合わせれば 今日のお庭ランチの完成

チャイブ&チーズのスコーンには
ブラムリーとエルダーベリーのチャツネ添え(もちろん自家製)
普通の住宅地の 猫の額ほどの我が家の庭だけれど
こうしてみると 収穫物でいろいろ作れるし
ご飯も食べられるしで 結構楽しめます♪



GWのDIY_a0107981_10403588.jpg


こんな感じの 割とのんびりとした我が家のDIY GWでした〜☆






by lesgalettes | 2019-05-13 14:53 | 日常 | Comments(0)

GWのDIY


週も後半になり ようやくGWボケから脱出し始めましたが
みなさんどんなGWを過ごされたのでしょう
もちろんいつもと変わらず仕事よ~という方も多いとは思いますが
わたしはひたすらDIY
前半は実家でお庭DIY

後半は宇都宮でDIY
このGWは気温が高い日が多かったのか
ほんの数日留守にしていただけで 帰ってみるとお庭の植物が大爆発

春らしくラブリーに咲いていたはずのチューリップは
今年我が家で大量発生しているレースフラワーの葉にうずもれ


GWのDIY_a0107981_10394465.jpg


例年のことながら いつもお花が見たくて赤花を選ぶのに
その花をろくに見ることもなく実ってしまっている さやえんどう
わずか1畳ほどの我が家の菜園は レタスやビーツがわっさわっさ
おしくらまんじゅう状態
エルダーの木は隣のバラと勢力争いをしながら 上へ上へと成長中

GWのDIY_a0107981_10394301.jpg

ところで 我が家のゴールデンウィークDIYのひとつは
真っ赤なペンキ塗り
これが塗り始めてみたら 思ったより大分ヌラヌラとした赤で
途中 何度止めて他の色を買いに行こうかと迷いながらも
ええいままよと 敢行
かなり迫力のある小部屋ができました(^^;
うちに来られる皆さん
ドアを開けた瞬間 閉じないように

怖いからソフトフォーカス↓(笑)
GWのDIY_a0107981_10395120.jpg

ね なかなかスプラッタな赤でしょ↑

手を真っ赤に染め その辺ポタポタとたらしながら 塗っている途中の絵は
怖すぎて見せれません~(笑)

ヒヤヒヤしながら壁を真っ赤に塗り終えたその後は
お庭の緑と お外の空気でリフレッシュ

GWのDIY_a0107981_10400096.jpg



冷蔵庫に大量にあったリークを加えた ウエルッシュレアビット
しんなりする程度にバターでソテーしたリークを加えると
いつもレアビットがボリュームアップ
お庭のベビーリーフたち(もうベビーサイズじゃないけれど)を脇に添えれば
食べ応えのある遅めランチの完成

リークはウエールズのシンボル
ウエールズ出身同士 いいコンビネーションです

GWのDIY_a0107981_10400095.jpg


即席トライフルをデザートに
とりあえず ペンキ塗りを終えて ほっと一息

翌日はもう一つのミッション
我が家の懸案だったお庭の物置小屋リフォームに挑みます☆










by lesgalettes | 2019-05-10 07:32 | 日常 | Comments(0)

山口ももさん 夏のお茶会


さぁて ひと月の1/3 程もあった長~いゴールデンウィークもいよいよ今日が最終日
しっかり休んでしまった人は 日常を取り戻すのに一苦労しそうな長さですが
わたしもそのひとり
人ごみに分け入る勇気はなかったので
考えてみると ひたすらDIYの日々ではありましたが
まぁまぁ今日はサザエさん症候群と言おうか ブルーマンデー(笑)

そんなぐうたら気分を吹き飛ばすべく
先の楽しいことをまた考えて 元気を出すことにします☆


山口ももさん 夏のお茶会_a0107981_09425589.jpg
↑ 我が家のGW中のお茶菓子ビスケット①


その中の一つ
イギリス好きの皆さんご存知 山口ももさん主催の 恒例のお茶会が
また山梨で開催されます

今年は題して
英国祭り 山梨のお茶会2019

日時:7月27日(土)11:00~15:00

詳しくはこちら をご覧になっていただきたいのですが~

内容はひたすらのんびりお茶をしながらおしゃべりなどして楽しもう♪
そんな イギリス好きのための交流会のようなお茶会
今回はわたしもゲスト(?)で参加しますので
みんなで のんびりおしゃべり出来たら嬉しいなぁと考えています(^^



山口ももさん 夏のお茶会_a0107981_09425457.jpg
↑ 我が家のGW中のお茶菓子ビスケット②

ので 是非是非みなさん 先の楽しみを作るべく
ご参加のご予約お待ちしております☆

お問い合わせ・お申し込みはももさんのブログのメールフォーム
下記アドレス(ももさんのメールアドレスです)までよろしくお願いします
momochann0326★hotmail.com →★を@にしてください。

本当にのんびり広々した自然いっぱいの公園なので
遠足がてら ご家族やお友達といらしていただいても楽しめると思いますよ♪
時間内はいつ来ていただいても いつ出て頂いてもご自由ですから


山口ももさん 夏のお茶会_a0107981_09425427.jpg
↑ 普通のカスタードクリームの4倍はありそうな 超巨大ジャイアントカスタードクリーム(笑)



ももさんがイギリスから運んできてくれるイギリスの紅茶やビスケットを楽しみながらのこのお茶会
私も何か作っていく予定ですが
皆さんおすすめのイギリスのお菓子(手作り市販品問わず)などの持ち寄りも
ベリーウエルカム♪だそう

他にも
ちょっとしたクイズやゲーム(賞品つき)
イギリスのヴィンテージ食器や紅茶の販売会
などもありますので
楽しみですね♪

お気軽にどうぞご参加してください
お待ちしております~♪

















by lesgalettes | 2019-05-06 10:53 | イギリスイベント | Comments(2)

イギリスペストリー食べ比べ


この日我が家に集ってくれたのは
人形町のティールーム「タイニートリア」スタッフの皆さんたち

名目は イギリス菓子特別講習会
実情は ~何か美味しいものを作って飲んで食べよう会

一応テーマは「イギリスペストリー比較」
ふだんはあまり作らないであろう スエットペストリーや
ホットウォータークラストペストリーを含め
その作り方・テクスチャーの違いを知ろう~そんな感じ

まず最初に取り掛かったのは 加熱に時間のかかるスエットペストリー
イギリスペストリー食べ比べ_a0107981_01145485.jpg
スエットペストリー自体はあっという間にできるのですが
なにせ 2時間は蒸し茹でにしたいものですから~

プディングベイスンに ペストリーを敷き込み
そこに詰めるのは 2時間ほど ビールでしっかり煮込んだ牛肉とマッシュルーム
ここにクリスマスプディング宜しくアルミで蓋をして タコ糸でしっかり縛ってお鍋の中へ。。。

お次はホットウォータークラストペストリー
最近美味しいレシピを模索中の「ポークパイ」を作ります

ラードで作るホットウォータークラストペストリーは
とにかく他のペストリーと全く作り方も取り扱いも違うので
初めての時は いろいろ驚きがあるペストリー


イギリスペストリー食べ比べ_a0107981_01145492.jpg


なるべく生地が冷たく 固いうちに~が基本のペストリーの扱いと真逆
あたたかくて 柔らかいうちに~が鉄則です

ぎっしりお肉が詰まったポークパイも
このおひとり様用サイズなら 約1時間で焼きあがります

デザートにはショートクラストペストリーを使った 「バノフィーパイ」
そして 紫色のフィリングがきれいな
「アップル&ブラックベリーターンオーバー」では ラフパフペストリーを使用

イギリスペストリー食べ比べ_a0107981_01145581.jpg

さぁそうこうしているうちに
ポークパイはいい色に焼き上がり
「ビーフ&エールプディング」は蒸しあがったよう☆

プディングのふたを外すときはいつもわくわく
パンパンに膨らみ いい色に色づいたスエットペストリーが顔を出すと
思わず声が上がります(^^)
蒸したのに まるでオーブンで焼いたようなこんがり色のペストリーは
見るからにふわっとさくっと感が伝わってきます
これは絶対美味しい予感

イギリスペストリー食べ比べ_a0107981_01145409.jpg

でも一番のドキドキポイントは
プディングをひっくり返し 型から外す瞬間
上手に外れるかな しっかり火が通っているかな。。。

う~ん 上出来(笑)

イギリスペストリー食べ比べ_a0107981_01260274.jpg

外側はサクサクに 中は軽く蒸しあがったスエットペストリー
スプーンを入れると 中からふわ~っと蒸気が上がり
フィリングがあふれ出します
スエットを使ったペストリーというと 重くどっしりとしたイメージもありますが
このタイプを最初に食べてもらえれば
きっとスエットペストリーも気に入ってもらえるはず
付け合わせにはグリーンが春らしい マッシーピー入りマッシュポテトを添えて


イギリスペストリー食べ比べ_a0107981_01151043.jpg

この日のポークパイは さすがにジェリーまで入れる時間はなかったけれど
粗熱が取れたくらいのポークパイもまた格別
アプリコット入り クランベリー入りも作ったポークパイ
さまざまなチャツネも添えれば
これはワインが ついつい進んでしまう危険な組み合わせ

プディングをスチームするお鍋や オーブンからの美味しい香りに包まれて
もうそろそろ 空腹度はマックス(笑)

イギリスペストリー食べ比べ_a0107981_01151008.jpg
差し入れの美味しいイギリスのスパークリングや ワインもスタンバイ
お待ちかねのテイスティングタイムが始まりました
宴タイムかな

一番軽く はらっとした食感のラフパフペストリー
さくふわっと新鮮食感のスエットペストリー
しっかり固く セイボリー的な香りの ホットウォーターペストリー

デザートには いつも一番活躍してくれるショートクラストペストリーを使った
バノフィーパイ
ほんのりとコーヒーを利かせた大人も楽しめる味


イギリスペストリー食べ比べ_a0107981_01152071.jpg
そして この日のおおとりは
「ベイクドアラスカ」

スポンジのベースにアイスクリームのドーム
その上をメレンゲで覆い
高温のオーブンでさっと焦げ目をつけるこのデザートは
イギリスのちょっと懐かしの パーティーデザート

今日はチョコレートスポンジに チョコとバニラ2色のアイスクリーム
そこにタラ~りと 甘酸っぱいブラックベリーのソース添え

イギリスペストリー食べ比べ_a0107981_01152175.jpg


今でも十分美味しいけれど
これからもさらに タイニートリアさんのフードメニューは
グレードアップしていきそうですよ(^^
フフフ…
楽しみですね♪













by lesgalettes | 2019-05-03 01:20 | レッスン | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
レッスン
アフタヌーンティー&ティー
ピクニック
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
フランス
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧