<   2018年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

9月のスコーンレッスン


9月のスコーンレッスンのもう一品は
チェリーののった なんともレトロな表情が可愛らしい「ヴィクトリアスコーン」

あまり他所では見かけないスコーンですが
このスコーンが登場するのが わたしの愛読書
Be-Ro (粉メーカー)の発行している 小さなレシピブック
a0107981_13581825.jpg

1875年創業のこの粉会社が
1920年代 当時まだ珍しかったベーキングパウダー入りの小麦粉
セルフレイジングフラワーの販促のために作り始めたこのレシピブック
今でもスーパーの粉売り場などに 置かれていたりするのですが
数年ごとにニューエディションが発売され今ではもう41巻目
そこにず~っとのっているのが このスコーンなのです
a0107981_13582628.jpg


その時代により
油脂が ラードから マーガリンへ
マーガリンからバターへと
ほんの少しずつ レシピも変わってきていますが
基本は一緒 お砂糖の少し入ったシンプルなスコーン生地


a0107981_13583648.jpg


それを大きく丸めて 切り目をいれ
チェリーをのせて焼くだけなのですが
なんともキュート

一見ファットラスカル風
でも お味はもっとずっとシンプル
そのままでも クロテッドクリームを添えても美味しいスコーンです



a0107981_22584620.jpg
型で抜くスコーンと違い
丸めると生地があまり上がらないので
普通のスコーンよりは目の詰まった食感

これを作ると
同じスコーン生地でも
成型の仕方で 膨らみ方や食感が大きく変わることが分ります
きれいに膨らんだスコーンを作りたい時は
いかに スパッとした断面になるよう抜くかがポイント

a0107981_13585784.jpg


みんなで あ~だこ~だ
三越英国展のどこそこのスコーンが美味しかったとか
どこでイートインしたとか お喋りしながら作っていたら
あっという間に3種類のスコーンが焼きあがっていました (^^)
ほんとうにあっという間

スコーンは焼き時間が短いのも魅力
食べたいと思ったらすぐ作れちゃう

a0107981_1359586.jpg


結局 みんなの結論は どこで買ってくる どんなに行列している有名店より
おうちで作るスコーンが一番美味しい !

本当にそう思います(^^
きらきらのショーケースに並ぶ 宝石のような フランス菓子はプロには勝てないけれど
イギリス菓子の魅力は
自分で作れること
そして それが買ってくるものより 美味しくできること
作っているときから ほのぼの平和な気分になれること
そのハッピーをまた誰かにお裾分けできること

元気な時も そうでもない時も
イギリス菓子がいつも笑顔を運んできてくれます(^^)



*******************
[PR]
by lesgalettes | 2018-09-30 13:47 | レッスン | Comments(0)

9月のスコーンレッスン


毎年9月はスコーンレッスン
多分 イギリスから6年前に戻ってきて 最初のレッスンが9月で
みんなでスコーンを作ったから
初心に帰る気持ちで 9月はいつもスコーン~

a0107981_1383466.jpg


基本のプレーンは必ず作り
あとは毎年違うもの
マーマイトスコーンや クレソンスコーンなどのセイボリータイプだったり
大きく焼き上げる
アップルラウンドスコーンや ポテトとローズマリーのスコーンだったりすることもあるけれど

a0107981_1384392.jpg


粉を代えるとどんなふうに違うのか
イギリスの粉や日本の粉で比べることもあれば
去年は ミニアフタヌーンティー

で 今年はと言うと
プレーンの他は
「チーズとオリーブのトレイベイクスコーン」 「ヴィクトリアスコーン」 の2種

a0107981_1385262.jpg



大きく焼き上げる
チーズとオリーブのスコーンは本当に簡単
あまりの気軽さに
スコーンづくりの気を使う部分のほとんどは成型にあることを実感

a0107981_139176.jpg



これはもう 生地が出来たら 粉をはたいて
手で適当にぱんぱんぱんと長方形に伸ばして終わり
作り始めると 本当にあっという間で
おかげでいつも作り途中の写真がありません
気付くと出来上がっているので(^^;)

焼く前に切れ目を入れておくので
ちぎりパンのように 手で割いて パクリ
チーズとオリーブの塩味が利いていて
いくらでも食べられる美味しさです^^
生地も 成型で痛めていないせいか 驚くほどふんわか

a0107981_1391017.jpg


そのままで充分に美味しいスコーンですが
バターやチャツネを添えるとまた 味が変わって最高☆
プラムのチャツネや ルバーブのチャツネ
みんなうちに来ると チャツネファンになってくれるのもまた嬉しい(^^

パン代わりに朝ごはんに食べてもいいけれど
おススメはピクニック
我が家の大定番です
サンドイッチを作るより ず~っと簡単(^^
きっとゆで卵を作って卵サンドのフィリングを作っている時間があったら
もうオーブンに入れられちゃうくらい

焼いている間に
紅茶を淹れて 身支度して
焼きあがる頃には もう準備完了

a0107981_1392126.jpg


ピクニックなんて行かないし~という向きには
これに生ハムや サラダくらいを添えて
夜のワインのお供に という手も

なんともバーサタイルなスコーンなのです☆


****************
[PR]
by lesgalettes | 2018-09-27 13:47 | レッスン | Comments(0)

パッションフルーツとピクニック

わたし同様 夏疲れした我が家の庭
よれよれした植物が目立つ中
何故か妙に元気なのが パッションフルーツ
きれいに色づいたら収穫し そのまましばらく放置
表面がシワシワして
いい香りが立ち上がってきたら食べ頃です

a0107981_17592651.jpg

久々の丸1日の休日
明日は絶対ピクニックにいくぞ~っと 昨日から心に決め
何をお弁当に持っていこう~
眠りにつきながら考えてたのですが

結局作るものはいつも通り 行き当たりばったり
朝キッチンに行くと あまりにパッションフルーツがいい香りを放っていたので
パッションフルーツのデザートを何か持っていこう!


a0107981_17593687.jpg

で 朝ごはんの後 真っ先に作り始めたのが
パッションフルーツのトライフル
そんなものは 今まで作ったことがないけれど
なぜか急に食べてみたくなったのでした、、
だって カスタードとスポンジの間に
甘酸っぱいパッションフルーツのゼリーが入っていたら絶対おいしそう!

a0107981_17594958.jpg


後は冷凍庫で発見したおいしそうなパン
それに温かい紅茶にビスケット

でも パンだけ?
おかずは?

ご心配なく (^^)
おかずはパンの中。。

a0107981_17595945.jpg

一見手がかかっていそうに見えるけれど
これ 普通のサンドイッチを作るより 実はずっと楽チン

パンの中身をくり貫いたら
あとは適当に好きなものをどんどん重ねていくだけですから

ちなみに今日は~
アボカドに 生ハム
チーズに ドライトマトのオイル漬け
オリーブオイルで軽くソテーしたナス それくらい

a0107981_180868.jpg


考えるのは どんな順番だと断面がきれいかな それくらい
そうそう フィリングは何でもいいけれど 全体をまとめるポイントは
パンをくり貫いたら その内側全体に
タプナードや バジルペーストなどを塗っておくこと
アンチョビバターでも マスタードバターでも何でもいいけれど
このひと手間で この詰めるだけサンドイッチがワンランクおいしくなる気がします ^^

a0107981_1801797.jpg


パッションフルーツのトライフルは思ったとおり
食後のデザートにぴったりでした♪

デザートの後の お茶菓子
オーツビスケットとダイジェスティブビスケット

お腹がいっぱいになったら 紅茶とビスケットで
まったりタイム
寝そべって 虫の声を聞きながら もう秋ね~なんてうとうと

緑の芝生の上を ふわ~っと流れていくシャボン玉
なぜかみんな同じ方を向いて飛んでいるたくさんのトンボ
落ち葉が かさっと落ちる音

a0107981_1802778.jpg


足元を見回したら
辺りには
不思議なきのこがいっぱい

ゆっくり歩くからこそ 気付ける小さなものたち
目標に向かうのは大切だけれど
前だけ見て 走って通り過ぎるにはちょっと勿体ないものも
いろいろありそう




********************

[PR]
by lesgalettes | 2018-09-23 23:58 | 日常 | Comments(0)

三越英国展 2018

ここ数年 なんだかんだで引きずり込まれている 日本橋三越英国展
くたびれるから止めておこうと思うのに・・・

「今年は誰が来るの?」
「Dan Lepard さんだよ」
「やる~」

魅力的な餌をぶら下げられ
今年もまた まんまと引きずり込まれてしまいました

だって 彼のベイキング本のファンだったものですから
断れようはずがない(笑)

「いい人だよ~」とは聞いていたものの
実際のDan さんは 想像以上に 陽気でフレンドリー
そして何よりものすごく優しい
休憩も取らず ず~っと朝から晩までケーキを焼いているわたしを見て
「パン買ってきたよ~」
「そこでサーモン買ってきたからサンドイッチにしようよ~」
「アイスコーヒーだよ~」
よ~く フィードしてくれました(笑)
a0107981_1052628.jpg


ある日などは わたしがケーキ焼きに追われて 洗いものをする暇がなく
流しに山積みにケーキ型を積み重ねていたら
何も言わず洗ってくれていました
「申し訳ないからいいよ~」 と言っても 「今することないから~」と
例の洗剤の泡泡そのままの イギリス洗いで
日本の洗剤はなんて少量でも泡立ちがいいんだ! って感動しながら(笑)

バタバタ ケーキを焼きながらも 沢山おしゃべりできたわけですが
その気さくな人柄とは裏腹に ベイキングやマーマレード作りのこととなると
ものすごく科学的なアプローチと プロ意識
そして解説が大好き(笑)
リトマス試験紙と温度計片手にお鍋とにらめっこしていたDan さんなのでした

さて 英国展前半はそんなこんなでバタバタ終り
後半の一週間 は
おまけのような 「Galettes and Biscuits」 のケーキ屋さん

a0107981_10521735.jpg


こちらもありがたいことに 連日沢山の方々に来ていただきケーキも本も完売
笑顔と元気をいっぱいもらい
無事何とか終了できたのでした
お運びくださった方々本当にありがとうございました <(_ _)>

会期中一番心配だったのは 帰るのもの遅いので 朝寝坊するんじゃないかということ
なにせ通勤が宇都宮からですから(^^:)
これもなんとかかんとかクリアーし
今は ほっと一安心


a0107981_144149.jpg


ふだん会えない沢山の人とお話しできたり
お知り合いになれたのは ほんとうに得難いことだけれど
わたしはやっぱり都会で人前に出るより
おうちで小さくみんなでほのぼのお菓子を作っているのが
向いているわ~と ひしひしと実感☆

今日もひとり 明日からのレッスンの準備をしたり
静かにブログを書きながら
日常の平穏な幸せを あらためて噛みしめているのでした(笑)

でも 「わたしケーキにはかなりうるさいのよ。 本当に美味しかったら明日も来るわ」
と言ってお買い上げいただいたひとりの奥さまが
翌日 笑顔でまた来てくださったのは 嬉しかったなぁ~ (^^


*******************
[PR]
by lesgalettes | 2018-09-19 14:58 | 日常 | Comments(2)

三越英国展

今日はあまりに眠いため すみません
お知らせ のみで、、、

11月のレッスンの日程&メニューのUPは
9月25日(火)21:00頃の予定です

それと 今週水曜日から17日(月)まで
日本橋三越さん開催の英国展で マーマレードを使ったお菓子を販売しています
何故マーマレードかと言うと
今年の英国展Part2のテーマがマーマレードだから
マーマレード屋さん 兼 マーマレード菓子ブース
お時間ありましたらお運びくださいませ

a0107981_23243861.jpg


お菓子は
マーマレードとブラウンシュガー そしてほのかにジンジャーが香る
★スティッキーマーマレードケーキ

丸ごとオレンジとアーモンドがぎゅ~っと詰まったフレッシュな
★ボイルドオレンジケーキ

マーマレードとチーズに合わせて食べてもらいたい
★オーツケーキ

この三種類のみですが (^^

あと どさくさに紛れて 本 「British Home Baking」 も販売しております^^


ではではこの3連休 何もご予定がない方は
ぼ~っと ちょっと所在無げに立っているであろう 私に会いにいらしてください
初見の方は きっと イメージと違う~~と思われること間違いなしです (笑)
[PR]
by lesgalettes | 2018-09-14 23:50 | 日常 | Comments(2)

with 紫玉ねぎ

もうすぐ気持ちのよい秋到来☆
暑さもきっともう少し。。。

a0107981_22425453.jpg


前話の続きになりますが
わたしはこの夏 玉ねぎをいっぱい食べて夏バテ知らず~
ですが 今年は 食欲は衰えないものの
行動欲は限りなく衰え できるだけ家からでない
出たくない 夏でした
a0107981_2243402.jpg


その分 お客さまは ウェルカム☆

まずは乾いた喉を潤すべく
ピムスで乾杯
きゅうりの青い香りのピムスが美味しい!

a0107981_22434977.jpg

この日は飲む気満々なので メインなし
ワインに合いそうな おつまみだけが並ぶテーブル
件の オニオンタルトタタンや
チーズにチャツネにフムス
2種類のビーツと クスクスのサラダ
パテや ハーブ入りビスケット
そんなものばかり

a0107981_2244755.jpg


食べることより
おしゃべりに集中できるメニュー
~と言えば 聞こえはいい(笑)
ほんとうは 暑すぎての手抜き説も、、

a0107981_22441973.jpg


今年は 過去最高に 冷えた白ワインが美味しく感じた夏
暑くてよかった数少ない イイコト☆

秋の訪れもきっと いつもにも増して嬉しいかな




*****************
[PR]
by lesgalettes | 2018-09-10 22:34 | 日常 | Comments(0)

with 紫玉ねぎ

たくさんの紫玉ねぎ
キャラメライズドオニオンマーマレードの他にもいろいろ大変身☆

ある日はシンプルに「ローストオニオン」
ローズマリーとオリーブオイルをたっぷりかけて
皮ごとオーブンでじっくりローストした玉ねぎは
とろとろにとろける甘さ
a0107981_1756188.jpg


紫玉ねぎに 紫キャベツ
隠し味のりんごと たっぷりのスパイス
お酢やお砂糖と共にじっくりオーブンで蒸し焼きにすれば
「ブレイズドレッドキャベッジ」 の出来あがり
a0107981_17562793.jpg

イギリスで紫キャベツの料理と言えばこれ
特にクリスマスシーズンになると
お肉料理の添え物としてよく登場します
ちょっと固い紫キャベツもしっとり食べやすくなるので 私はシーズンに関係なく作っちゃいます

玉ねぎを収穫した時に
一緒に採れたベイビーオニオン

何にしようかな~ と考えている時にふと目に付いた雑誌の表紙は「玉ねぎのタルトタタン」
それは大きな普通の玉ねぎで作っていたけれど
ちびの玉ねぎで作ったらきっと可愛い!

a0107981_17563698.jpg


軽くソテーした玉ねぎを
バターをたっぷり敷いた型に ぎっしり詰め オーブンで焼くことしばし
いい感じにキャラメル色になってきたら
タイムを加えたショートクラストペストリーをON

a0107981_17565053.jpg


ペストリーがこんがり焼け
周りからキャラメル色のシロップがふつふつ溢れてきたら
もうすぐ完成

お菓子のタルトタタン風だけれど これはセイボリーのタルト
ただ甘いだけのキャラメライズドオニオンでは気持ち悪いので
甘みと お塩のバランスが大事

a0107981_17573100.jpg


ここに煮つめてとろ~りとしたバルサミコをかけて出来上がり
これはかなり大好きな味
上の写真では明るく写っているけれど
しっかりキャラメル色の ハーブも効いたオニオンタルトタタン

冷えた白ワインと合わせたくて作ったタルト
その夜の宴の様子は また次回にでも☆

好きな野菜ベスト3をあげるとしたら~
迷うけれど 多分

玉ねぎ・ 人参 ・ ビーツ
どれも甘い根菜ばかり(笑)




****************
[PR]
by lesgalettes | 2018-09-07 17:49 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

with 紫たまねぎ

初夏のある日
実家の庭で玉ねぎを収穫しました
山のように採れた瑞々しい紫玉ねぎ

a0107981_15544459.jpg


体調を崩した父が 少し離れたところにある趣味の野菜畑まで通えなくなってからは
お花がメインだった実家の庭が 半分野菜畑に変身☆

今年はあまり 野菜の世話は出来そうもないから
一番手間がかからないものを と父が選んだ玉ねぎ

本当に ほったらかしだったのに
父の言うとおり 手間いらず 元気に成長してくれて大豊作

主がいなくなったことも知らずに
大きな玉ねぎがごろんごろん
a0107981_15545359.jpg

栄養と愛情 たっぷり詰まった土でしたから

紫玉ねぎが大量にある時は いつも
キャラメライズドオニオンマーマレード(チャツネ)を作ります
アクセントに加えるのは
タイムに チリにガーリック
ミックススパイスに シェリー酒
そして 必需品のブラウンシュガーに 赤ワインビネガー


a0107981_1555242.jpg


大きな銅鍋いっぱいのスライス玉ねぎを
火にかけ炒める事しばし

ただ煮ればいい 他のチャツネ類と違い
オニオンマーマレードは手間がかかります
茶色くなるまで ひたすら 炒めなくてはならないので~

しばらく炒め 淡く色づいてくる頃
あんなに山盛りだった玉ねぎは もとの1/5ほどのかさに
a0107981_15551279.jpg

そして もっともっと炒め続けると~
あまい香りが漂ってきます
そうしたら 先ほどのスパイス類やお砂糖などを加え 煮つめていきます

飴色を越えて 濃い茶色になり
水分がほぼなくなったら もう一息

a0107981_1555248.jpg


瓶に詰めて 後は時にお任せ
1ヶ月ほど寝かせると
甘み・酸味・辛味 それぞれの角が取れ
ひとつのまとまった 深い味に大変身☆

洋梨のチャツネと このキャラメライズドオニオンマーマレードが我が家の定番
チーズに サンドイッチに
セイボリーのスコーンに タルトに とにかく大活躍

大量の新鮮な玉ねぎからできる ほんの数瓶のマーマレード
なんて贅沢
美味しくないはずがありません
今年はちょっと忘れられない味になりそうです



****************
[PR]
by lesgalettes | 2018-09-04 18:06 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

フォロー中のブログ

検索

記事ランキング

画像一覧