<   2018年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Lime coconut drizzle cake

前回のバッテンバーグビスケットはケーキがビスケットに変身したわけですが
5月のレッスンのもう一品 ライムココナッツマカルーンは
逆にビスケットからケーキに変身(^^)


a0107981_16462230.jpg
今回レッスンでは バッテンバーグのケーキのスポンジは
材料ぜーんぶを一緒に混ぜてしまうオールインワンという作り方
この方法で思い出すのがレモンドリズルケーキ
ライムの皮を削ったり 果汁を絞ったりしてもらっている爽やかな香りの中で
あ〜ライムのドリズルケーキが食べた〜いと
ず〜っと思っていたのでした
a0107981_1646335.jpg

しかも ライムの果汁がたっぷり染み込んだ上に
このココナッツを振りかけたらもっと美味しいだろうなぁと

a0107981_16464228.jpg
プラス 遊び心(^^)
バッテンバーグのミニバージョンも出来たことだし
こっちはマカルーンの ビッグバージョンにしちゃおう!


a0107981_16465174.jpg
そんなこんなのお遊びから出来上がった
ライムドリズルケーキのココナッツマカルーン仕立て♪
ライムの皮を入れて作った生地を ボールで焼いて半球形に
熱々にたっぷりライムのグレーズを染み込ませ
ココナッツとチョコレートで仕上げれば
まるで大きなココナッツマカルーン
大中小のマカルーンのが並んだら まるで親子みたい(笑)
a0107981_1647052.jpg
親子バッテンバーグと
親子ライムココナッツマカルーンを並べたら
なんともキュートなティータイムと相成りました☆

もう少し爽やかな5月の陽気が続きますように。。



[PR]
by lesgalettes | 2018-05-25 16:45 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

バッテンバーグビスケット


5月のレッスンで作ったバッテンバーグケーキとココナッツマカルーン
どちらも茶色尽くしのイギリス菓子が並ぶアフタヌーンティーを
ちょっぴり明るくしてくれる野ばら的存在

a0107981_16241119.jpg
たまにはこのバッテンバーグケーキのピンクの部分を
グリーンのピスタチオ味にしたり
茶色のチョコレートフレイバーにしたりするのも楽しいけれど
やっぱりバッテンバーグの魅力の1つはこのピンクと黄色の組み合わせ☆

そういえば 以前 M&Sのバッテンバーグ風ビスケットを食べたのを思い出し〜
a0107981_16241987.jpg

作ってみることに(^^)
茶色とプレーンの市松模様のビスケットは昔から日本でもよくあるけれど
これがピンクになった途端
あらバッテンバーグ(笑)

a0107981_1624298.jpg

イギリスのバッテンバーグケーキの香りと言えば
なんと言ってもマジパンの強烈なビターアーモンドの香り
だから周りを囲ったビスケット生地はアーモンドエクストラクトで香りづけ


a0107981_16292042.jpg

ついでに黄色に色付けようかと思いましたが それは思いとどまり〜
でも
かえってナチュラルに可愛らしく焼きあがりましたね(^^)


a0107981_1626633.jpg

こんなビスケットが紅茶に一枚添えてあったら
イギリス菓子ファンなら きっと笑顔になっちゃうはず

美味しい紅茶と美味しいお菓子
そして「美味しいね」の笑顔が 
元気の源










[PR]
by lesgalettes | 2018-05-22 16:22 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

ライムココナッツマカルーン


5月のレッスンのもう一品は 「ライムココナッツマカルーン」
日本同様 パリのカラフルなマカロンが席巻しているイギリスですが
イギリスの伝統的なマカロンの姿はもっとシンプル
そして Macaroon(マカルーン) と綴ります

a0107981_10451523.jpg


イギリスのマカルーンには2タイプあり ひとつは以前レッスンでもやった
アーモンドマカルーン
卵白にお砂糖 そしてアーモンドパウダーを加えて作るビスケットのような姿
外側サックリ 中は少し柔らかく焼き上げるやさしい味のお菓子

そして今回作ったもうひとつのマカルーンは
アーモンドの代わりにココナッツが入る「ココナッツマカルーン」

a0107981_10452381.jpg

今回は丸く仕上げましたが
小さな三角形に仕上げることも多いので
「ココナッツピラミッド」なんて呼ばれたりもします

基本は卵白にお砂糖・ココナッツと少量のコーンスターチか小麦粉を入れて混ぜるだけという
5分もあれば完成してしまうような生地ですが
今回は 以前デイルスフォードのクッカリーレッスンで作ってからはまった
ライムバージョン
爽やかなライムの香りとココナッツは これからの季節にもってこい

a0107981_10453655.jpg


そしてほんのちょっぴりのひと手間
チョコレートをかけてあげるだけで 随分表情と味に変化がでます^^

まるでココナッツの塊を食べているようなこのマカルーン
甘さも控えめで 癖になるおいしさ
油脂も入らないし ほんの少しヘルシー??

a0107981_10454457.jpg

でも これがマカロン?
と あのパリのマカロンを見慣れている方は不思議に思われるかもしれませんが
イギリスでも フランスや他のヨーロッパの地域でも 一般的なのは
卵白にお砂糖とアーモンドパウダーかココナッツを混ぜて 焼いただけのタイプ
パリのカラフルで クリームをサンドしたあのマカロンは
わりと最近出来た パリ独自のスタイル
地方地方で色々な姿をしているマカロン中のひとつにすぎません
a0107981_10461310.jpg


上の写真は フランスのボルドー近くのサンテミリオンのマカロンや
フランス北部 ナンシーのマカロンなど
材料はほぼ一緒ですが スタイルはさまざま
イギリスのアーモンドマカルーンは どちらかというとこのタイプ

そしてココナッツマカルーンに近いのは
フランスはアルザス地方のココナッツタイプのマカロン

a0107981_1046455.jpg


こちらは少しゆるめの生地で 搾り出し袋で絞って形作りますが
ココナッツたっぷりのその味は
イギリスのココナッツマカルーンを思い出す味

5月のレッスンは バッテンバーグにエネルギーと時間を注ぐので
ほんの一瞬で出来るもの
ということで選んだこのマカルーンですが
a0107981_10462124.jpg


ライムの爽やかな香り含め
案外気に入っていただけたようで 良かったよかった^^
何か一品足りない時
あるいは夏にバターを使ったビスケットや焼き菓子は作りたくないな
そんな時に大活躍の お菓子なのでした



☆★ お知らせ ★☆

都合により 6月のレッスンをお休みさせていただきます
7月はまだ未定ですが
通常レッスンではなく 不定期開催になるかと思います
7月以降のレッスンの予定など詳細は 決まり次第追ってまた
HPやブログにてご案内させていただきますので
時折チェックしていただけると幸いです




.
[PR]
by lesgalettes | 2018-05-19 20:36 | レッスン | Comments(0)

バッテンバーグケーキ

先月のちょっぴりマニッシュなテーブルからガラリ
今月はラブリー系

ベイビーピンクやパステルイエロー系のテーブルにしたくて
戸棚をごそごそ

a0107981_9151049.jpg


「今月は珍しくラブリーですね~」 と いつも来てくれる方たちが言うように
基本 渋めカラーであまり色気のない我が家
可愛らしいピンクのものを探すの大変でした(笑)
ようやく見つけた 子供用の小さなティーセットやら
ピンクの紙ナプキンで なんとかそれっぽく、、、

今月のレッスンは「バッテンバーグケーキ」 と「マカルーン」
イギリス菓子にしては 珍しく パステルなピンクと黄色がラブリーな
バッテンバーグに合わせたかったのでした

a0107981_9151856.jpg

イギリス菓子ファンならご存知の方も多いこのお菓子
諸説ありますが
1884年のヴィクトリア女王の孫娘と ドイツのBattenberg家の子息との婚礼を祝して作られたケーキで
市松模様に並ぶ4つのパートがそれぞれ バッテンブルグ家の4兄弟を表しているんだよ
~と言うのが 人気のあるお話し
そのため (上の写真のレシピもそうですが)ドイツ風に Battenburg と綴られることもあります

イギリス菓子にしては珍しくちょっぴり手の込んだお菓子
基本的には皆スーパーで袋入りのものを買ってきてスライスするだけ~というパターンですが
なにせベイキングブームのイギリス
手作り派のための 4本のスポンジが作れるバッテンバーグ専用の型も売っています
それほど使い易くもないので あえてお勧めはしませんが(笑)
a0107981_9152572.jpg


レッスンでは 出来るだけ手を抜けるところは抜き
かつ 最高に美味しいバッテンバーグをめざします^^
だからスポンジはオールインワン
全部の材料を一気に混ぜるだけ 笑っちゃうほど一瞬で出来ちゃいます
なにせ今回は あとで切ったり貼ったり 避けては通れない面倒な作業が待っていますから

スポンジが焼けるのを待っている間に 作るのは手作りマジパン
日本の細工用マジパンを食べてマジパン嫌いに陥った人も これを食べれば
あれとはまったくの別物と言うことに気づくはず
だって アーモンドパウダーと卵にお砂糖 美味しいもののかたまりなのに
まずいはずがない。。。

a0107981_9153456.jpg

スポンジをアプリコットジャムで貼り合せたら
後はこのマジパンでくるむだけ
太巻きでも作るように よいしょっと巻けば出来上がり☆

そして余力があれば 上の写真のように模様をつけてあげてもまた一段と華やかに
サイドをパイのエッジのように 指でつまんだり
クリンパーで模様をつけたり

下の写真は余力がありすぎた(?) キルティングバージョン
みんなで作ると こんなのもできるよ
こんなのも~と いろいろ遊べるので 非常に楽しい(笑)
a0107981_9154414.jpg

シャネルのバッグというよりは
ちょっと 我が家のチェスターフィールドソファーを髣髴とさせた
このキルティングバッテンバーグ
マジパンを茶色にして 今度わたしも作ってみよう(笑)

a0107981_9155216.jpg


いつもより ほんの少し頑張って作ったバッテンバーグケーキの仕上がりの可愛さに
みんなの写真撮影タイムも いつもよりほんの少し長め(^^

つい見た目ばかりに目の言ってしまうバッテンバーグですが
お味のほうもなかなかです
粉・砂糖・バター・卵 同割りのしっとり美味しいスポンジ生地
アプリコットのジャムと ビターアーモンドの香り漂うマジパンのバランスが絶妙

a0107981_916012.jpg


「今まで真面目に食べたことなかったけれど
バッテンバーグってこんなに美味しかったんだ~」 とは
毎日いやと言うほどイギリス菓子を食べさせられているうちの旦那さまのコメント
そう
それなりに手間のかける価値のあるケーキ
と言っても みんなで作っていると 関係のないお喋りをしているうちに出来ちゃうのですが(^^






.

[PR]
by lesgalettes | 2018-05-16 15:12 | レッスン | Comments(0)

Picnic brunch

ハーブの魅力はなんと言ってもその香り
シソやパセリ・バジルなんかは 大丈夫な人が多いけれど
ローズマリーやセージ・ コリアンダーなんかになってくると
「あんまり得意じゃないかな、、、」 というひとも

でもどんなハーブにも食べやすい組み合わせというか
お互いを引き立てつつ お互いの角をとる すてきなペアリングがあるので
そういうものに出会えたら 苦手なハーブも減るのかも

a0107981_8272210.jpg

セージと言えば 真っ先に思い浮かぶのが 豚肉やりんご
ラビオリは好きだけれど よくあるセージバターソースがあまり好きじゃなく
セージが好きじゃないと思い込んでいたわたし
でもある日 りんごやチーズと合わせたものを食べたら
「あら セージっていい香り☆」

a0107981_8273067.jpg

週末 庭に出てみたら 色鮮やかなセージが
「何かおいしいものに使ってよ~」 的な顔をしていたので
この日のメニューは
セージとりんご そしてチェダーチーズのソーダブレッド

そしてもう一つ目に入ったのは 赤いスイートピーのような可愛らしい花が咲くのを楽しみに植えた
赤花えんどう豆
GWで1週間ほど実家に帰っているうちに~

a0107981_8274028.jpg

あれ??サヤエンドウになっちゃってる~!
結局お花は見れずじまい、、、
まぁ 咲いて終りのお花と違い おいしそうなサヤエンドウは残ったから良しとするけれど、、

先ほどのソーダブレッドをオーブンに入れている間に
サヤエンドウと 卵を茹でて
何か甘いもの~と大急ぎで作り始めたのが
「イブズプディング」
a0107981_8282155.jpg


今日はスペシャルバージョンで りんご+ブラックベリーといちご入り

そう この日は 朝ごはんは我慢して(ほんとうはちょっぴり食べちゃったけれど、、、)
ピクニックブランチにしよう!と言うことになったのでした
あんまりにも お天気が良かったものですから

a0107981_8283531.jpg


爽やかな空気の中
「絞りたてのオレンジジュースは最高!」
なぁんて 言いたいところだけれど
そして オレンジも家にあったから絞ろうかと一瞬思ったのだけれど
なんでも完璧にすると疲れちゃうので~というか 面倒だったので
来る途中にコンビニで買った パックのオレンジジュース(笑)
でも このシチュエーションなら 何でも美味しい(^^

a0107981_8285028.jpg


あとは適当に洗ってビニールに詰め込んできた葉っぱと
生ハムに アボカド なんかをお皿に盛ったら
あらゴージャスなサラダプレートの完成☆
少々モリモリ過ぎるけど 、、
a0107981_829187.jpg


いつも茹で過ぎちゃうゆで卵も
この日はいい感じ
こんな小さなことが嬉しい ってことがうれしい(笑

そうそう 件のセージアップル・チーズソーダブレッドもご機嫌な焼き上がりです

a0107981_8291172.jpg


結構まんぷくとなったため
このあと しばしお昼寝。。。

大きな木の木陰だったので
毛虫がお腹の上を歩いていたり ちょっとした事件もありつつ~
a0107981_8292048.jpg


ようやくお楽しみのデザートタイム
温かいミルクティーと イブズプディング

ふわふわのスポンジにスプーンを入れると~
a0107981_8293023.jpg


底から溢れる甘酸っぱくジューシーなりんごとベリー
別添えのカスタードや アイスクリームがなくとも 充分にデザートになるこれは
ピクニックにぴったり

そう言えばイブズプディングを セルフソーシングプディングとは思っていなかったけれど
考えてみればこれも 下のフルーツはしっかりソースの役割
ある意味セルフソーシングプディングですね
a0107981_829402.jpg


いくらなんでも2人でこれは多すぎるよね なんて思っていたのに
結局 残りはほんのちょっぴり
おそろしい この開放感とフレッシュエア効果
そして
「ブランチ」 という 二食分食べていいような気分にさせるまやかしワード。。。




.
[PR]
by lesgalettes | 2018-05-12 08:24 | 日常 | Comments(0)

余ったカードチーズで、、

4月のヨークシャーカードタルトのレッスン
冷蔵庫に残っていた 大量のカードチーズ
さて さすがにカードタルトは見飽きたから 何か違うものを作ろうか

目に留まったのは 野菜室にあった立派なビーツ
実の部分より 葉っぱと茎があまりにも立派でフレッシュで
何にしようかな 思案していたビーツ

根っこの部分は ざくざくカットしてオリーブオイルとお塩をかけてオーブンでロースト
葉っぱは~
a0107981_15342096.jpg


半分は炒めて食べちゃったけれど それでもまだまだある半分で
ペストを作ることに
ガーリックと 松の実 パルミジャーノとちょっぴりのチリを入れ
あとはオリーブオイルを加えてが~っとミキサーするだけ
要はバジルペーストの ビーツ葉っぱバージョン
適当に作ったけれど 意外と美味☆
あ バジルの時もそうですが 葉っぱは一度本当に軽くですが 湯通ししてからペーストにすると
しばらく瓶で保存しても 退色せずにきれいなグリーンを保てます
(と 知り合いシェフに教えてもらってからは 忘れなければ そうすることに)
a0107981_1534455.jpg

これを半焼きしたショートクラストペストリーに 塗って
先ほどのローストしたビーツをのせて もう一度オーブンへ

仕上げにスライスした生のビーツや ベビーリーフ
カードチーズをのせたら
オリーブオイルをたらり たらして 「ビーツ&カードチーズのタルト」 完成☆

a0107981_1534533.jpg

真っ赤なビーツの茎はこれまたさっと湯通ししてから刻み
キノアや人参と一緒にサラダにします
これは我が家の定番
それに今日は カードチーズをトッピング

初夏のような日差しのこの日
昼間から 冷えた白ワインで 乾杯☆
小さな
でも 考えてみれば大きな贅沢
a0107981_1535231.jpg

去年の夏のブルゴーニュワイン旅で立ち寄った
田舎の小さなワイナリーのワインとグラス
楽しかったな
ブドウ畑がひたすら広がる景色を思い出しながら
a0107981_15351180.jpg


ボトルのワインの残りに反比例して 満たされてきたお腹

そろそろデザートタイムと参りましょう
デザートのない食事は
予想を超えない終り方をした ショートショートのようなもの
終わったはずだけれど なんか物足りない

a0107981_15351978.jpg


今日は最後まで 赤と白
白はもちろんカードチーズ
赤はビーツではなくベリーだけれど
「ベリーとカードチーズクリームのトライフル」

a0107981_15353570.jpg


手作りのカードチーズは 生クリームを加えて フードプロセッサーかハンドミキサーで混ぜると
なめらかで爽やかな風味のクリームに なります
硬すぎるようだったら牛乳を加えるなど ちょっと調節してもらっても
今日は スポンジを敷いた器に ベリーたっぷりのソースと そのクリームと重ねてトライフル風
休日に手間隙はかけたくなかったので カスタードは省略
余計にあっさり 爽やかな 夏向けデザートになりました

カードチーズもきれいになくなって
お腹も 気分も 大満足(笑)





.
[PR]
by lesgalettes | 2018-05-08 15:33 | 日常 | Comments(2)

春の庭

いつもはゴールデンウィーク頃に咲く我が家のチューリップ
植えたはいいけれど
いっつも肝心な時に出かけていて見れないのよね~とぼやいているのだけれど
今年は桜同様
さすがの我が家の庭にも 春が早めにやってきて
a0107981_1529676.jpg


4月中盤には チューリップが 珍しく咲き始めました
日当たりが悪いので
他所のお庭より 相当スロースターターの我が家の花たち
咲き始めはチューリップらしい 初々しいチューリップ姿

a0107981_15291767.jpg


それが4月の暑さで 日に日にチューリップ感が、、、
八重咲きを選んだせいもあるけれど
だんだん だんだん
まだ開く まだ開く?
a0107981_15292731.jpg


もう そろそろいいんじゃない?
それ以上開いちゃうと チューリップじゃなくなっちゃうよ

初々しく 可憐だったはずのチューリップ
気づくと 色づき(咲くにつれて 色が変っていく という品種)
ちょっとはすっぱ風の 妖艶な姿に、、、

a0107981_15293939.jpg

チューリップだよね
ピオニーだったっけ?

a0107981_15294866.jpg


毎年秋も深まった頃 今年はどんなチューリップを植えようかな
色や咲いた感じなど
球根を前に想像しながら選ぶので
こうして写真を撮っておくと また今年の秋の参考になってくれます
球根売り場の前で 自分のブログを見ればチェックできるという(笑)

a0107981_1530036.jpg


このブログはいろんなときに活躍するわたしの備忘録
日本のお店も イギリスのお店や町の名前も 近頃忘れやすくて
さっぱり思い出せないから
すぐ携帯で自分のブログを見てカンニング
あるいは「ブログ検索してみて~書いてあるから」 以上(笑)

a0107981_15301060.jpg


まるで初夏のような日差しの下
パラソルを開いて
チューリップだったはずの花を眺めながら
お庭ランチ




.
[PR]
by lesgalettes | 2018-05-05 15:26 | 日常 | Comments(0)

Leek & Wensleydale cheese で

前回の ~リークとウエンズレーデイルチーズでタルトを作りました~のつづき

翌日 まだ残っているその2つで作ったのが セイボリーのスコーン

a0107981_15461313.jpg

軽くしんなりする程度にソテーしたたっぷりのリーク
そして件のウエンズレーデイルチーズ
ポロポロに崩しやすい これはスコーンなどに入れるにはとっても楽チン
生地の中にもたっぷり
a0107981_15462457.jpg


上にもまた たっぷり☆
たくさん入れたわりには チェダーを使ったスコーンより気持ち軽い仕上がり
食感というより 風味の問題かな?

これにまた昨日の残りのリーク&ポテトのスープを添えてこの日のランチ
a0107981_15463779.jpg


このスコーンこそ お外ランチに持ち出すのに最高にぴったりなメニューなのに
やっぱりこの日も お天気悪し
窓越しに ようやく咲き始めたチューリップを眺めながら
家の中。。。
a0107981_15464993.jpg


たっぷりバターと プラムのチャツネを添えた Leek & Wensleydale cheese scone
この手のチーズを使ったセイボリースコーンは 焼きたてが一番
持って出かけると どうしても冷めてしまうけれど
今日はおうちで焼きたてが食べられてよかった

そう思うことにして~

でも このしっとりふんわり感は イメージしていたよりずっと絶妙だったので
誰かもっといてくれたら 「美味しいね!」 をシェアできたのになぁ~ なんて
仕方ない また作ろう☆



.
[PR]
by lesgalettes | 2018-05-02 14:39 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧