<   2017年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Meringue roulade with elderflower syllabub

せっせと作ったエルダーフラワーコーディアル
ただ飲むだけではなく いろいろなお菓子にも活用できます
これで何が作れるかな 考えるのも楽しいひと時
ジェリー
それとも いつかレッスンでも作ったシラバブ
a0107981_884553.jpg

う~ん でも今日は何かもうちょっと違うもの、、、
冷蔵庫をのぞくと 余った卵白を発見
そうだ メレンゲルーラードにしよう
エルダーフラワーのシラバブをたっぷり巻き込んだら絶対美味しそう~!
a0107981_885839.jpg

シラバブをフィリングにしたことはないけれど
きっとしっかりたてれば大丈夫なはず
まぁ 失敗してもおやつだし(笑)
Give it a go!

まずは卵白をフワフワに泡立ててメレンゲを作り
薄く延ばして オーブンに入れている間に シラバブ作り

a0107981_89938.jpg


薄いメレンゲは表面サクッと 中ふわふわに焼き上げます
まるでマシュマロのようなメレンゲはイギリス人の大好物☆
ここにさらエルダーの香高いふんわりシラバブを盛りに盛り
無理やり巻いていきます
さぁ 出来た ♪
断面を見るまで分らないけれど とりあえず大丈夫そう(笑)
a0107981_891963.jpg


大成功~☆
トーンの違う白と白が美しい
口の中でメレンゲとシラバブがシュワシュワ溶け合うなんとも楽しいメレンゲルーラードの完成
その日運よく(?)遊びに来たメレンゲ好きな友達と
「結構ありだね」 美味しくいただいたのでした(^^

a0107981_883027.jpg


さぁ 次は何を作ろうか






にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-06-28 08:07 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

Lemon & elderflower drizzle cake

ミルキーホワイトの小さなちいさな花が集まったエルダーフラワー
そっと両手で持つと ふっわふわの触り心地
まるで溶けない初雪のようで
とってもハッピーな気分になれるのですが~
a0107981_20574452.jpg


連日のコーディアル作りでそろそろ 感動も薄れてきたので(笑)
この日はエルダーフラワーの香りいっぱいのケーキでも焼くことに
何にしようかいろいろ考えたものの
結局一番簡単な 「レモン&エルダーフラワーのドリズルケーキ」 に決定

a0107981_20575637.jpg

手の込んだフランス菓子は美味しいけれど
イギリス菓子の場合は大抵 simple is best

スポンジにはレモンの皮とエルダーフラワーコーディアル
a0107981_2058791.jpg

たっぷり染み込ませるシロップにも やっぱりレモンとコーディアル
そして シロップには普段は粉砂糖を使うけれど この日はグラニュー糖に
そうすると いつものカシャッという繊細なレモンドリズルの糖衣より
もう少ししゃりっと しっかりした食感の
a0107981_20581976.jpg

エルダーフラワーの香りもしっかり感じられるグレーズになります

こんなケーキがテーブルにあったら お茶の時間が待ち遠しくて仕方ない☆

近頃よく思うこと
お菓子ってこんなに簡単で美味しくていいんだっけ?
それともわたしの味覚が相当 プリミティブに返っている??





にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-06-25 09:29 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

エルダーフラワー

先週先々週と重い腰をよいしょっと無理やり持ち上げ イギリスに行ってきました
その話しは後ほどするとして~

その前の週 晴れている日は毎日せっせせっせとコーディアル作り
きっと旅行から帰る頃にはエルダーのお花は終わってしまっているから

a0107981_1462926.jpg

帰国してから植えたので 5年も経っていないはずの我が家のエルダー
たいして栄養もなさそうな庭の端っこで やたらすくすくと育ってくれています
「伸びすぎだよ~」 としょっちゅう刈り込まれるのに負けじと
ぐんぐんぐんぐん空へ向かって お隣さんヘ向かって伸びていきます
「あれ摘みたい」~と思う大きな花の房は もう2階の窓からとったほうがよさそうなほど
a0107981_146441.jpg

なんだか今流行りのスティックカリフラワーでも茹でているような画ですが
一応 エルダーフラワーコーディアルを作成中の様子

a0107981_1465387.jpg

レモンとクエン酸を加えた熱々シロップに 大量のエルダーのお花を漬けて24時間
ただそれだけ
誰がどんな魔法をかけているのか分らないけれど
あまりいい香りとも言えなかったあの生のエルダーフラワーが
まるで上質なマスカットのような
なんとも言えない爽やかでフルーティーな香りに大変身☆
a0107981_147355.jpg


今年のコーディアルもかなり上出来
自画自賛!

a0107981_14352498.jpg


昔からヨーロッパで 万能薬として活用されてきたエルダー
抗アレルギー作用や 抗酸化・ 抗炎症に血液の循環促進 etc... さまざまな効用があるらしいけれど
今の時代なら 抗ストレスや安眠効果などのほうにより期待☆
このえも言われぬ花香
梅雨時期のちょっとブルーな気分も ぜ~んぶ吹き飛ばしてくれます

a0107981_1472512.jpg


炭酸で割った爽やかな エルダーフラワーのコーディアルは
イギリスでは アルコールがNGな人のための 夏のウエルカムドリンクによく登場します
他にも使い方は工夫次第でさまざま
ジントニックの香りと甘み付けにちょっぴり入れても美味しいし
かき氷のシロップにしても美味しい
ケーキやデザートの材料にももちろん使えるし
冬ならお湯で割ると 本当に風邪予防に良さそうなお味

そんなこんなで我が家の冷蔵庫(特に野菜室)は いつも季節のもので作った
コーディアルやチャツネでいっぱい☆
それにワインやら大量レモンなどが入るものだから
野菜の入る余地が、、、ほぼない状況(^^;)
イギリスみたいな気候なら チャツネだってクリスマスプディングだって
その辺の戸棚に入れておいても平気だけれど
ほぼほぼ亜熱帯のような昨今の日本の夏や梅雨時期を考えると
ついついなんでも冷蔵庫に入れたくなってしまいます

今欲しい物☆
ワインセラーならぬ チャツネやコーディアルセラー
よく瓶の裏に書いてある 「冷暗所にて保存」 っていうその冷暗所が欲しい~




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-06-22 10:04 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

お庭ティーwith ローズ

お天気のいい週末
エルダーフラワーと バラも満開なことだし
紅茶を淹れて お庭ティー

a0107981_1111567.jpg


ピンクのバラを飾ったら
なんかいつもより乙女チックで 少々気恥ずかしいテーブル(笑)

a0107981_1112520.jpg

ローズはローズでも 一応地味なティーセットにしたのだけれど~
古いバーレイの オールドローズ柄のティーカップ
デヴォンかどこか南のほうの小さな町のアンティーク屋さんで
埃をかぶっていたのを発掘してきたもの

a0107981_1113634.jpg

アンティーク
なんだかんだで沢山我が家にあるけれど ひとつひとつ
そうやって思い出が蘇るのも楽しいもの

そう言えばこのテーブルだって ウエールズのカーディガンという町のアンティーク屋さんで買ったもの
ミシンの脚に ウエルッシュスレートの天板
こんな重いもの、、、と思ったものの
これは まさに一目ぼれ

a0107981_1114674.jpg


これを作った人も まさか宇都宮のこんな庭で使われていようとは
夢にも思っていないことでしょう

物を作る仕事って言うのも
いいですね

わたしは作るといってもお菓子ばっかりだから 消えモノだけれど
「あの時のあれ 美味しかったね」 って思い出に残ってくれたら
ご褒美的に嬉しいかも^^


☆★お知らせ★☆
6月22日(木)10:00~のレッスンに1席空席できました






にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-06-19 11:00 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

ローズショートブレッド

「これお庭に咲いたバラなんです」
教室に来てくださる方から お花をいただくことがあります
わたしにとっては お庭のお花を摘んで 花束を差し上げられるって
夢のようなこと
うちの植物たちじゃ 「お料理に使ってね」 ってハーブの束をあげるのがせいぜいですから

それもこんなに綺麗なバラ
こういう時 「キレイ」 って言葉しかでてこない語彙の少なさに
いつもブログを書きながら もっと本を読まないとね、、反省、、

a0107981_1056781.jpg

そんなことはさておき

美しいものは
散る様も 実にアートで

しばらく花びらを片付けることができませんでした (^^;

a0107981_10561724.jpg


一方
我が家の茨のように生い茂った1本の(1本だったはずの)バラは~
まぁ それなりにおてんばは おてんばなりに 愛らしくはありますが
こんな感じ

a0107981_10563126.jpg

そしてバラを見ていたら やはり花より団子
やおら作り始めた ローズのショートブレッド


a0107981_1152078.jpg

ローズシュガーをたっぷり入れて
でも 安い石鹸みたいな味(香り)には ならないように

ローズ味のお菓子って 好みがあるけれど これならきっと大抵の人は大丈夫
そんな優しい 自然な味

さぁ 紅茶を淹れよう☆




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-06-16 10:55 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

雨上がりの薔薇

しとしと雨降りの日曜の朝
これから止みますよ~ という天気予報を信じ
群馬まで1時間ほどちょっとドライブ
近頃毎年恒例になっている バラを愛でに~

a0107981_10482795.jpg


イギリスに行くまではまったく興味のなかったバラ
さすがに彼の地では その風景に空気に見事に調和
いくら興味のないわたしでも
その美しさには驚嘆せざるを得ないものがあり~
帰国後はきれいにバラを育ててくれる人の恩恵をこうむるべく
こうして時折 お出掛けするように

a0107981_10522016.jpg


うちにも1本もないわけではないけれど どうも園芸への愛情が足りないようで
植えっぱなしで世話もなし
雑草のように逞しい ハーブとは違い
消えてしまうもの 細々と生き残っているもの
はたまた 妙にたくましく 茨のように生い茂ったもの そんな感じ

a0107981_1049858.jpg


ネームタグを付けられ 集団行動よろしく整然と植えられた
どこかの公園や園芸センターのような窮屈な感じのバラではなく

ここでは丹精込めてお世話された箱入り娘でありつつも
ナチュラルに育った元気なお嬢さん風のバラに会えます

a0107981_10483727.jpg


雨上がりのバラは どれも水滴がきらきら瑞々しく

a0107981_10484549.jpg


日々ダークな部屋に閉じこもりがちなせいか
こんなに色に溢れた場所は眩しい眩しい(笑)
今更ながら 目が見え 香りが嗅げ
こんな風に自分の脚でお散歩することができることに
あらためて感謝するのでした

a0107981_10491647.jpg


朝シャワーを浴びて 植物達も気持ちよさそう(^^)

a0107981_1049264.jpg


頭や身体の中の淀んだ物質が放出され
パワーがもらえる気がします
今日はまたどんな1日が待っているのか 楽しみになれるそんな1日のスタート☆





にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-06-13 08:47 | 日常 | Comments(0)

残ったビールで、、、

5月のレッスンの間
ウエルッシュレアビットを作るのにエールを毎日一瓶あけるものの
使うのは半分弱
みんなに「飲まない?」と聞いても意外と遠慮して あるいは車の人も多かったりで
結局残るエール
最初の数日はひとり夜に飲んでいたものの それもだんだん飽きてきて
次第にお肉やお魚のビールソースなどを作り始めます
でもエールは加熱して生クリームとあわせても意外と苦味が残るため
シンプルなソースにはあまり向かないよう

a0107981_1045526.jpg

そこで次に作り始めたのは 料理本の中に見つけたBeer bread
全粒粉と重曹とお塩を入れたボールに ビールを加えるだけという 超お手軽ソーダブレッド
まぁまぁ
うん
でもやっぱりエールじゃ苦すぎる、、、
a0107981_10451427.jpg

じゃあやっぱりこれかな
Fochabers gingerbread
スコットランドの小さな町の名がついたジンジャーブレッド

a0107981_10452563.jpg

エールとドライフルーツそしてブラックトリークルがたっぷり入った
ジンジャーブレッドフリークのわたしが本当に美味しい、、、といつもしみじみ思うケーキ
a0107981_10453562.jpg


これにはエールがぴったり
フルーツを漬け込むとかではなく
生地に直接しゅわしゅわしゅわ~っと混ぜてあげます

ジンジャーや他のスパイス類と合わさって
苦さは残らず 味の深みだけ残る感じ
他のジンジャーブレッド同様 すぐには食べられず数日おいてからが食べ頃

a0107981_10454522.jpg

Fochabers ・・・
未だに正確な発音が分らない
知り合いのイギリス人に聞いても スコットランド出身の人に聞いても分らない、、、
この町までおいでってことかな?
古いお菓子だからもう見つけることはできないかもしれないけれど~

a0107981_10455534.jpg

こんなマニアックなお菓子ではなく
ビールを使うイギリスケーキの代表と言えば 「ポーターケーキ」
ドライフルーツたっぷりのいわゆるフルーツケーキの一種
でも作り方は ボイルドケーキや バラブリス風に お鍋が登場するタイプ

a0107981_10461337.jpg

このケーキに使うのは その名のとおりエールではなく
ポーター(普通のエールよりもっと色や味の濃いビール)

スタウト(ギネス)を使うギネスケーキとあわせて
詳しくこちらに書きましたのでご覧下さい~

a0107981_10462593.jpg


これまたフルーツケーキ・ジンジャーケーキ同様のおあづけ系ケーキ
焼きあがりの素敵な香りをかぎながら 食べられるのは
数日後、、、




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-06-10 10:42 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

ウエールズのトースト と イギリスのトースト


先月のウエルッシュレアビットのレッスンの時に使ったのは
重すぎず軽すぎずのサワードウのパン
周りにシードがまぶされていて チーズともよく合いおいしかったのですが
これといってパンに決まりはなく~
食パンでも カンパーニュでも(穴が大きすぎると チーズが落ちちゃうけれど)
以前 ピクニックに持って行ったような バゲットの縦スライスでも

a0107981_10383188.jpg


日本の甘いふんわりパンはチーズに負けちゃいますが
そうでなければ 基本 なんでもOK
この日の朝は ブラウンのしっかり食パンがあったので
ウエルッシュレアビット
a0107981_10384382.jpg

朝ごはんらしく ポーチドエッグをのせたバージョンは Buck rarebit と呼ばれます
ふつうのウエルッシュレアビットは ウエールズ語で CAWS POB
卵をのせると 「Caws pob a wy」
う~む 難しい、、

a0107981_10385528.jpg

黄色に黄色
元気が出そうなウエールズのトースト

一方 イングランドのトーストといったら?
色々ありそうだけれど 最初に思いつくのは やっぱり「ビーンズオントースト」
缶詰のベイクドビーンズを温めて ただトーストにどば~っとのせて食べるという
摩訶不思議な というか 微妙な食べ物
a0107981_1039586.jpg

実はわたし ベイクドビーンズはあまり大好き~という食べ物ではないのですが
Waitroseのものは 比較的大丈夫なので ごくまれに気まぐれに食べます
でも食べて 思うのは う~ん なんてはっきりしない味、、、、
トーストは百歩譲っても ジャケットポテトのベイクドビーンズがけは絶対ないな、、
思うのです
一度チャレンジしてみたけれど やっぱり味がない上にのどが詰まって入っていかない
もちろんベイクドビーンズはイギリスの国民食のひとつですから
悪く言うつもりは毛頭ないけれど
毎回なんだかな~と思う食べ物のひとつ(^^;
じゃあ食べなきゃいいのにね
a0107981_10391512.jpg


でも次はもしかしたら美味しく感じるんじゃないかって、、、
子供の頃嫌いだったものが大人になって好きになるように

そう言えば 子供の頃は
生クリームもチーズケーキも
豆類全般(枝豆もお味噌も サヤエンドウもグリンピースも全部)も
カレーライスもみ~んな苦手だったなぁ
今は全部大好きだけれど
半熟卵もダメだったから ビーンズオントーストなんてもってのほか
レーズン類もダメだったから バラブリスもウエルッシュケーキもきっとNG

おとなになって良かった☆




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-06-07 17:37 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

ウエールズ特集~ウエルッシュレアビット~

5月のレッスンのウエールズ特集
甘いものをふたつ作るので もう1つはセイボリータイプの
「Welsh rarebit」 (ウエルッシュレアビット)
ウエールズのウサギという意味ですが ウサギ肉は入っていません
でも このちょっと手間をかけたチーズトーストは
まるでウサギ肉のステーキを食べているような満足感
とろけるスライスチーズをひらっとのせて焼いた日本のチーズトーストとはわけが違います
a0107981_10343998.jpg


一般にウエールズの名物とされていますが
基本はチーズトーストですから イギリス中どこでもお目にかかることができます
このレアビットの特徴はなんと言っても
チーズのほかに ビールとマスタード・ウースターシャーソースが入る点
特にエールやスタウトといった苦味の効いたビールを使うので
チーズの後ろにほのかに苦味が利いた大人っぽい味

a0107981_1035110.jpg

作り方は人それぞれ
今回レッスンでは一番まじめ(?)に ベシャメルソースを作る要領で作っていきます
牛乳の代わりにエールを使い イングリッシュマスタードとウースターソースを加え
しっかりしたベースができたら そこに削ったチェダーチーズを加えて溶かし込みます
あとは 軽くトーストしたパンにたっぷりのせて 焦げ目がつくまでグリルしたら出来上がり
もっと簡単にしようと思えばできるけれど
やっぱりこの作り方が一番美味しくできる気がします

a0107981_10351293.jpg

ちなみに簡単バージョンはと言うと~
全ての材料をお鍋に入れて 全部溶ければそれでOKというのもあるし
加熱もせずに 全部ボールに入れて 手でぐちゃぐちゃ混ぜるだけでOKなんていうものも
そう言えば以前 Betty's のクッカリースクールで教えてもらったレシピは
その手で混ぜるだけ方式

そして名前は ウエルッシュレアビットではなく Betty's らしく Yorkshire rarebit
ヨークシャーのビールとチーズを使うからですって(^^)
この時 授業で使うように言われたのは Theakstons Yorkshire Ale
ベティーズのティールームでも人気の一品ですが このエールを使っているのかもしれませんね

a0107981_10352249.jpg



今回のウエールズ特集レッスンは どれも簡単だけれど
出来上がりはそれなりにどれも手をかけたように見えるし
味はもちろんとっても美味しく かなりお役立ちのものばかり

「どれが一番好きだった?」
「う~ん どれもそれぞれ美味しいから選べない、、」
そんな声が嬉しい5月のレッスンなのでした~





にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-06-04 19:34 | レッスン | Comments(0)

ウエールズ特集~ウエルッシュケーキ~

5月のレッスンのもう1つの甘いもの
「Welsh cake (ウエールズのケーキ)」

なんてシンプルな名前でしょう
言ってみれば English cake (イギリスケーキ) Scotish cake (スコットランドケーキ)
Japanese cake (日本のケーキ) みたいなもの
1つのお菓子の名前と言うより 総称みたいですよね

むかしウエールズに行ってきたイングランド人が
「この前ウエールズに行ったら すっごい美味しいケーキがあったんだよ」
「なんていうケーキ?」
「なんか難しい名前だった」
「じゃあウエールズのケーキだから 『ウエルッシュケーキ』 でいいよ」
みたいな、、?(笑)

a0107981_11505248.jpg

ウエルッシュケーキのウエールズ語の名前は 「Picau ar y maen 」
意味は cake on the stone
その名のとおり ウエールズで伝統的に使われてきた調理器具
「ベイクストーン」 あるいは 「グリドル」 と呼ばれるものの上で焼かれるから
でも「Picau ar y maen」 なんて バラブリスと違ってそのまま使うには難しすぎる名前
「ウエルッシュケーキ」 になってしまったのも納得(笑)
a0107981_1151082.jpg

これはわたしも大好きなお菓子の1つ
バラブリスと同じく ハンドミキサーやフードプロセッサーのような賑やかな道具を使わず
基本 ボールと 手か木のスプーンがあればオッケーという
心穏やかに作れるお菓子
できることならこういうお菓子だけを作っていきたい と思うくらい(笑)
a0107981_11511492.jpg

バターとお砂糖を増やした ちょっとリッチなスコーンのような生地を
型で抜き あとはグリドルでのんびり焼きます
焦らずじっくり。。。
両面こんがり色づいて 中までしっかり火が通ったらグラニュー糖をまぶし
はい出来上がり☆

焼きたてはもちろん美味しいけれど
荒熱が取れ 余分な水分が飛んでからのほうが
独特のほろっとした食感が楽しめてわたしは好み
a0107981_126697.jpg


スコーンまでいらないけれど
ビスケットよりはちょっとケーキっぽいものが食べたい
でも手でつまめるようなもの、、、
そんな気分の時にぴったりのウエルッシュケーキ

ウエールズのマーケットにでも行けば
まるでお好み焼き屋さんのような大きな鉄板で焼きながら売っているけれど
そこまで行かずとも ロンドンでもスーパーなどで袋入りが売っていますから
もし お出掛けの予定があったら是非お試しを☆








にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-06-02 21:49 | レッスン | Comments(2)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧