<   2016年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ローズシーズン

ルバーブ&ジンジャーのケーキに ひつじ型のクロテッドクリームビスケット
ショートブレッドに 紅茶のビスケット
リクエストのコーヒー&ウォルナッツに
何かひとつローズものを入れたくて焼いた ローズショートブレッド
a0107981_745544.jpg

いそいそとお菓子をバスケットに詰め わくわくしながら向かったのは
「お庭のバラなの~」と よく素敵なバラのブーケを持ってレッスンにいらしてくださるマダムのお宅
この季節になる度に 「是非に~」 と言い続けて早数年 ようやくの実現☆
a0107981_7451418.jpg

初めて行く辺りでしたが もう遠くから目指すおうちは一目瞭然
薔薇が溢れんばかりに咲き乱れていましたから
a0107981_7454241.jpg

「ピンポ~ン」 とベルを鳴らす前に飛び出してきてくださったのは
お庭のバラと一緒ピンクのロングスカート姿の笑顔のマダム^^

a0107981_7455955.jpg

お庭のバラたちはどれも本当に見事!
せっかくの名前や特徴の説明も
その種類の多さや うつくしさに圧倒されて全然頭に入らない(ゴメンナサイ ^^;)

a0107981_7452347.jpg

おうちの中も バラが映えるインテリア
素敵なおもてなしに恐縮しながらも
おしゃべりもエンドレスで
幸せな時が流れます
a0107981_7453366.jpg


写真ではこの色も香りも全然伝えきれないので
せめてその形の色彩の多様さだけでも ご覧下さい~
a0107981_746714.jpg

a0107981_7455014.jpg

a0107981_7461552.jpg

もっともっと載せたいけれど キリがないのでこの辺で、、

「この季節は毎日4時起きでバラの棘の引っかき傷だらけなの~」 と
そんな苦労の結晶の一番いいところだけを 楽しませていただいて
ほんとうに申し訳ないような気になってしまうほど
お返しできるのはため息と賞賛の言葉のみという、、、

今が盛りと咲き乱れるバラの花
エネルギーと潤い成分 たっぷり分けてもらいました
素敵な午後のひととき 本当にありがとうございました

そしていつも素敵な縁をつないでくれるイギリスのお菓子にもみんなで感謝したのでした^^



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2016-05-30 09:31 | 日常 | Comments(4)

British Market Kitchen

先日 青山の BRITISH MADE さんで行われた British Market

a0107981_20553646.jpg

青空とカラッとした空気に恵まれたこの日
いつもはハイセンスかつベリーブリティッシュなアイテムを取り揃えたお洒落な店内と
お隣のフリースペースは マーケット独特の なんだかワクワクする雰囲気☆

a0107981_20554878.jpg

女王様もお買い物 (笑)
Tyrrells とかクリスプを召し上がる事はあるのかな?

さて イギリス好きなら一度は手にとった事があるであろうイギリス雑誌
RSVPさん企画のこのイベント
さすがにイギリス感満載です
a0107981_20555824.jpg

お店の外には サンデーローストを売るバンが停まり
リフレッシュメントコーナーには Yorkshire Tea はじめ
ギネスが飲めるバーカウンター
スープやサンドイッチに ファッジなどが並びます
a0107981_2056890.jpg

コーニッシュウエアも 暗い我が家には似合わないから買わないぞ~と決めているのに
こうして並ぶとやっぱり可愛くて 目を背けないと危険きけん (^^;)

わたしは今回お初でお邪魔しましたが これまでテーマを代えて数回開催していたそう
a0107981_20561762.jpg

今回のブリティッシュマーケットのテーマは 「キッチン」
イギリス料理の楽しさと美味しさをライブで感じてもらおうというこの企画
いろいろなジャンルのイギリスの味をデモンストレーションで楽しめるようになっています

a0107981_20562680.jpg

SWAN&LION さんのプラウマンズランチも
表参道のFRANZÈ & EVANS さんのサラダも
LIFE KITASANDO さんのファッジもどれもとっても美味しそう~

そしてなぜか わたしも「イギリスおやつ」 担当
a0107981_20563771.jpg

いつものレッスン同様 悪い癖で欲張っていろいろ紹介したくって
1時間弱しかないのに フラップジャックに ロックケーキ・ウエルッシュケーキというメニュー
可哀そうに見ていらっしゃる方々はきっと分かりづらかったと思うけれど
とりあえず イギリス菓子は簡単よ~ということだけは 伝わったかな (^^;
a0107981_2056457.jpg


バノフィーパイと同級生のわたし 老け込まないためにはたまには刺激も必要かなと
今回参加させていただきましたが
いつもひっそりのんびり暮らしている身には少々明るすぎるキッチンで
ちょっとクラクラ (笑)
ですが~
わたしのデモはさておき (ご参加いただいた皆さんゴメンナサイ☆)
いらしてる方たちもスタッフの方たちもみんな笑顔で
なんだかとっても楽しいイベントでした ^^





にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2016-05-26 08:54 | レッスン | Comments(4)

ショートブレッド

今月のレッスンのもう一品 「ショートブレッド」
日本ではいまだ知名度の低いイギリス菓子ですが
スコーンとショートブレッドだけは市民権を得ていますよね
バー状のいわゆるカロリーメイト型のものは ショートブレッドフィンガーズ
小さな丸いものは ショートブレッドラウンドと呼ばれ
日本でも イギリスのものが気軽に手に入るようになりました

a0107981_21491543.jpg

アイコニックな赤のタータンチェックと
スコットランドの国花アザミの柄が示すように(パイナップルではないですよ^^)
イギリス北部 スコットランド名物のこのショートブレッド

↓ 陶器製のものも木製のものも 全部あざみの模様のショートブレッドの型
a0107981_21492456.jpg

Short と名前につくとおり バターたっぷりのほろっと脆い食感が特徴です
クッキーよりなんだか一見難しそうだけれど 作り方は実はとっても簡単
材料も超シンプル 基本 粉とバターとお砂糖さえあれば出来てしまうのですから
ポイントはただ バターを溶かさないように作ることだけ
a0107981_21493391.jpg

ボールと一本の木のスプーンかゴムベラでもあれば あっという間に生地は出来上がり
あとはちょっと模様をつけてあげて焼くだけですから ^^

この基本のショートブレッドのバリエーションで
もう一品作ったのが 「ジンジャーショートブレッド」
しょうが入りのショートブレッド?と思われるかもしれませんが
イギリスではわりとメジャーな存在
a0107981_21494298.jpg

ジンジャーパウダーとクリスタライズドジンジャーを刻んで入れて
今回は一口サイズに
プレーンとは全く違う でもこれまた紅茶によく合う味
もうひとつだけ~とついつい手が伸びてしまいます^^

a0107981_21495390.jpg

そうそう 今回作ったプレーンタイプの形は ペチコートテイル型と呼ばれるもの
ペチコートのすそがふわりと広がったようなフリフリの模様が特徴です
(この名前の由来などはこちらをどうぞ)

a0107981_215016.jpg


紅茶の隣にあって欲しいのは やっぱりクッキーより ビスケットかショートブレッド
ですよね

・・・ところで ショートブレッドはさておき クッキーとビスケットって何が違うの?
これ よくある疑問ですが
ちょうど数日前 実際にあったお話し~
うちの旦那さんが会社でイギリス人とアメリカ人と3人で話している時
1枚の焼き菓子を手にした イギリス人の同僚: 「これなんて言う?」
アメリカ人: 「クッキー」
旦那さん(イギリス菓子漬けの日本人) : 「ビスケット」
イギリス人 : 「そうだよな~ビスケットだよ ほらクッキーじゃないんだ」
アメリカ人: 「どうみてもクッキーだけど・・・」

大きくて チャンクのチョコやコーンフレークたっぷり~なんていかにもアメリカっぽいクッキーはさておき
同じお菓子でも
イギリス人は「ビスケット」 アメリカ人は「クッキー」って呼ぶ
そんな感じで 実はあまり明確な違いはなかったりします
でも 「ビスケット」 って響き なんだか可愛らしいですよね
子供の頃から
ポケットを叩くとでてくるのは クッキーじゃなくてビスケットであって欲しいわたしなのでした ^^




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2016-05-23 08:49 | レッスン | Comments(0)

キャロットケーキ

今月のレッスンはイギリスお菓子の大定番
キャロットケーキとショートブレッド

a0107981_9114747.jpg


イギリスではカフェでもティールームでも スーパーのケーキ売り場でも絶対においてあるのが
このキャロットケーキ
数あるイギリス菓子の中でも トップ3に入るほど わたしはこのキャロットケーキの大ファン
見かけると 他に魅力的なケーキがあってもついついオーダーしてしまいます
そんなひたすらキャロットケーキを食べ続けているわたしが 他のお店のも美味しいけれど
でもとりあえず 一番美味しい☆と自負している我が家のキャロットケーキ
a0107981_945116.jpg

大量人参
大量スパイス
たくさんのサルタナやくるみ そしてオレンジ
美味しいものをた~くさん混ぜ込んで作るそれは 決して重くなく複雑で癖になる味わい
a0107981_945978.jpg

これでもかと入れる人参だけれど
人参嫌いの人でも きっと目をつぶって食べたら人参が入っているなんて気づかない
そんな味
そうそう 上にのせるクリームチーズのフロスティングも 絶対に欠かせない一要素
a0107981_95896.jpg

クリームチーズとレモンの酸味が キャロットケーキを爽やかにまとめてくれます
バターを使わない分 思い立ったらすぐに気楽に作れるこのケーキ
とっても簡単だけれど コツがあるとしたらそれは 人参のおろし方だけ
grate (=おろす)と言ったら 日本人は大根おろしを想像するけれど
イギリスに大根おろしはありません おろす=シュレッドチーズのような細長い状態にすること
細かい千切りのような状態にすることで その1本1本に人参のジュースをキープしたまま
ケーキに焼き込むことが出来 モイストかつソフトなケーキに仕上がります
水分と粉が直接結びついた ねっちりバナナケーキのようなキャロットケーキは食べたくないですものね
a0107981_951891.jpg

自画自賛のキャロットケーキ 今までのところ概ね好評☆

イギリスのキャロットケーキのちょっとした歴史などを知りたい方は
こちらもどうぞご覧下さいね☆

そして次回は 今月のもう一品 「ショートブレッド」について
思い起こせば わたしがイギリス菓子に開眼したのは
イギリスで毎日紅茶と共に出された小袋のWalkers のショートブレッドからかも、、、






にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2016-05-19 17:04 | レッスン | Comments(2)

エルダーフラワーコーディアル 2016

・ からりと晴れたお天気
・ ちょうど開いたばかりのエルダーフラワーが沢山
・ 自分の空き時間

この三つの条件がうまく重なった時が エルダーフラワーコーディアルを作れる日
ようやく昨日が今年初めてのその日^^

a0107981_1542086.jpg


咲いたばかりの花を摘んでしまうのはちょっぴり可愛そうだけれど
美味しい薫り高いコーディアルを作るには
「晴れた日に必ず開いたばかりの花を使うこと」 その教えを守り
一番きれいな花を摘んでいきます
a0107981_1542815.jpg

摘み終わったら
なんて可愛いらしい花なんだろうと
なんて優しいクリーミーホワイトなんだろうと しばし愛で
a0107981_1542167.jpg

気が済むまで愛でたら
シロップの煮立ったお鍋に投入(笑)
a0107981_15422542.jpg

そして蓋をして待つこと24時間・・・・・・・・
寝ている間に素敵な化学反応が起り
a0107981_15423329.jpg

蓋を開けると~
フレッシュのエルダーとは全く違う あのマスカットのような香りが漂います
a0107981_16285463.jpg


あとは漉して 煮沸消毒した瓶に入れれば完成☆

a0107981_15425125.jpg


ついさっき味見しましたが
今年も我が家のエルダーフラワーコーディアル 上出来です☆
bottle green や Belvoir より美味しい~ と自画自賛 w




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2016-05-16 16:40 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

GW明け

ゴールデンウィークの期間中 風も強く意外とぐずついたお天気続きの仙台でしたが
宇都宮はなかなかにいいお天気だったらしく
かえってきたら庭の様子は一変
春らしくチューリップが咲いていた庭は 一気に植物達が伸びて青々と~

クリーピングタイムの上のヘッジホッグたちは
a0107981_14211189.jpg

↓ タイムのピンクのじゅうたんにすっかり埋もれて行方知れず ~(もちろん本物じゃないですよ)

a0107981_14212154.jpg

冬の間 寂しいくらいに枯れ枝風だったエルダーフラワーもぐんぐん伸びて
あらまぁ もう花を咲かせ始めています
エルダーが咲き始めると いつコーディアルを作ろうか毎日上を見上げながら
ソワソワ落ち着かないんですよね、、、(^^;)

a0107981_14212869.jpg

ブラックベリーの花も咲き
グーズベリーやスグリはいつの間にか小さな実がついているし~

a0107981_14213662.jpg

バラやルピナス・ ジギタリスもちょっとずつ咲き始め
カラフルな春第一弾の球根ものたちが去り トーンダウンしていた庭も
あと2週間もしたら また大分賑やかになりそうです
a0107981_14214435.jpg


梅雨が来るまでの1年で一番爽やかな季節
うちの小さな庭にしろ ピクニックやハイキングにしろ 急いで楽しまないと~
と気が急いている自分に ふと笑ってしまいました
もっと他にしなくちゃいけないことはいくらでもあるだろうに

a0107981_14215470.jpg


友人がちゃちゃっと作ってくれた巨大サンドイッチでランチの図 ☆

それにしても今日はなんていいお天気なんでしょう~
Enjoy Sunshine !!






にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2016-05-12 15:14 | 日常 | Comments(0)

10連休

この10日たっぷり栄養と休養をとり なんだか体が妙に重い気がしますが~
皆さんはいかがお過ごしでしたか?

わたしはほぼ仙台でガーデニングの日々
合間に ときどきドライブや
気まぐれに山に登って筋肉痛に悩まされたり
さらに翌日お付き合いのパフュームライブで筋肉痛が悪化
そしてまたガーデニング そんな日々
のんびりしすぎて頭もまだぼ~っとしています(笑)
a0107981_1014533.jpg

紫玉ねぎにさやえんどう
じゃが芋に人参・ レタスにルバーブ
ここに来て 野菜もお花たちも驚きの成長ぶり
宇都宮の我が家と違って 日当たりのいいここのお庭は
植物達が妙に生き生きしています
a0107981_10154100.jpg

うちではひょろひょろのもやしっ子みたいなブルーベルも満開だし~
まぁ 日当たり以上に日々の手間のかけ方が違うので仕方がないけれど、、、

a0107981_102537.jpg

ガーデニングの合間にはずっと行きたかった三陸沿岸ドライブ
仙台から宮古までひたすら海沿いを走ります
海は穏やか
まだまだまだ爪あとは痛々しいけれど ちょっとずつ元気になってきた町々では
a0107981_1021434.jpg

海の幸も大復活
この季節は美味しいウニにホヤ
ぎりぎり牡蠣もまだ大丈夫(^^
志津川のうに丼はやっぱり最高☆
a0107981_1022242.jpg

お泊りした釜石で立ち寄ったのは 「ミッフィーカフェ」
ブルーナさんの元気なカラーとキャラクターで釜石に元気と希望を与えようと
オランダ大使館協力の下 昨年末オープンしたのだとか
a0107981_1023344.jpg

インテリアだけでなく ランチもデザート類もミッフィーだらけ
ミッフィーファンにはたまらないはず (^^
a0107981_1024164.jpg

宿泊した海沿いのお宿では朝 女将さんによる釜石のこの5年間
そしてこれからの釜石についての語りの時間があり みな熱心に耳を傾けていました
「三陸頑張れ~」 と言うのは簡単だけれど
どこももう200%以上頑張っているのがひしひしと伝わってきます
せめて観光に行くだけでも 地元の活気に繋がると信じ また美味しいもの食べに来ます^^

帰りは岩手内陸 盛岡や花巻を経由し
気になるお店や いつものお決まりのお店に寄り道しつつ帰途へ
その中でも今回一番衝撃だったのがもうすぐ閉店してしまう花巻の老舗マルカンデパート
~の大食堂
a0107981_1024953.jpg

噂には聞いていたけれど 想像以上の昭和感
まるで40年前にタイムトリップしたようなその食堂で繰り広げられていたのは
花巻市民のマルカンデパートソフトクリーム愛
ファミリーで訪れ ボリューム満天のランチの後に 高さ25cmという巨大ソフトをみな
嬉しそうに箸で食べるその姿はちょっとしたカルチャーショック
ソフトクリームが大きすぎるせいもあるけれど 全員が全員お箸でソフトを食べています
ものすごい熱気とその大盛況ぶりはとにかく圧巻
それにしても普通の3倍はゆうにあるのにこれで180円、、、

今回はいつもより粉ものネタが少ないですね
10日もあったので相当色々食べてはいるのですが 書ききれそうもないので
これもまた特に印象的だった粉ものをあげておくと~
a0107981_1025965.jpg

女川の海パンシリーズ ^^
さんまパンに なまこパン わかめパンなど
なかなかいい形をしたなまこパンはきな粉クリーム
さんまパンにはさんまパウダー入り(笑)
思わずネーミングで買ってしまったバウムクーヘン 「イギリス海岸」
こちらは花巻生まれの宮沢賢治が 白い岩肌をもった北上川の岸辺を
白亜のドーバーの海岸に似ていると「イギリス海岸」 と名付けたのに由来しているそう
ゴツゴツした白い肌と 年輪が地層をあらわしているのですね~なるほど

そんなこんなの平和な我が家のGW
また明日から教室も始まりますが この浮かれた気分から抜け出せるのか
ちょっぴり不安 (^^;




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2016-05-09 14:21 | 日常 | Comments(0)

Sunday Breakfast

基本面倒くさがりなので Derbyshire oatcake のような簡単イースト物はさておき
頑張って捏ねなくてはいけないようなパンは最近ちょっとサボり気味
バゲットやハード系のパンなどは ひっくり返ってもプロにはかないませんし、、、
でもたま~に食べたくなって焼くのは 誰も作ってくれないイギリスパン
Bath 名物 「 Bath buns 」なんかもそのひとつ
それすらも捏ねは キッチンエイドやクイジナート君に任せることも多いのですが
a0107981_1214793.jpg

シトラスピールの入ったソフトな生地のバースバンズはトップのあられ糖がアクセント
ティーケーキホットクロスバンズのように横半分にカットしてトーストし
バターをたっぷり塗ってお茶のお供にするのが定番ですが
日本ではやはりパンというと お茶のお供にというよりは朝食での出番が多くなります
a0107981_121587.jpg

ある日曜日の朝食
バースバンズと Devilled egg (デビルドエッグ)
デビルドエッグとは茹で卵の黄身をマヨネーズなどとあえて白身に詰め直したもの
冷蔵庫に入っていたビートルートのピュレも混ぜてみたら ショッキングピンクのデビルドエッグ(笑)
a0107981_122735.jpg


とある日曜の朝食のメインは
Edradour (スコットランドで一番小さなウイスキー醸造所)スコッチ入りマーマレード

a0107981_1221710.jpg

それと 「Beans on toast」
温めたベイクドビーンズをただトーストにのせるだけというビーンズオントーストは
その存在も知らないときに 初めてカフェで作り方を見せられ衝撃だった料理(?)のひとつ
見慣れてしまえば まぁ栄養もありそうだしねと思えるイギリス朝食の大定番

a0107981_1222842.jpg

いかにもトマト味がしそうな見かけに反して 酸味よりお砂糖的な甘さが勝っているベイクドビーンズ
個人的にはあまり積極的に選ばないメニューですが
気まぐれに1年に一度くらい食べたくなる代物
で 食後の感想は またあと1年はいらないな、、、そう思う(笑)
a0107981_1223721.jpg


イギリス朝食における 「ベイクドビーンズとマーマイト」は
和朝食の定番 「納豆と梅干」 的なイギリスソウルフード
どちらも独特な味だけど 日本人にとっての「ベイクドビーンズ&マーマイト」と
イギリス人にとっての「納豆&梅干」どちらがハードル高いのかな?

[PR]
by lesgalettes | 2016-05-06 11:56 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

English Breakfast with Derbyshire oatcake

ダービーシャーのBakewell と言えば やはりベイクウェルプディングですが
ベイクウエルプディングを一通り食べ終え ふ~っと一息ついたその時
目に飛び込んできたのが 「ダービーシャーオーツケーキ」
焼き立てを袋に入れて 5枚1£とか 10枚いくらとかそんな感じで売られていたそれは
一見 薄いパンケーキ
~でも 「オーツケーキ」って書いてあるし~と 買ってみたそれは
確かにオーツの香りのする もちもちの塩味パンケーキ
ラップやタコス・ トルティーヤや春餅など 粉ものの巻き物系大好きなわたしは大反応
ベイクウエルプディングより 断然こっちのほうが好き~(笑)

a0107981_11404223.jpg

そんなこんなでオーツケーキとの出会いから随分長い月日が経ちましたが
ようやく日本で みんなに食べてもらえることができた「ダービーシャーオーツケーキ」
ベイクウエルの町にあるカフェなどでは イングリッシュブレックファストのトーストの代わりにこのオーツケーキを選べたり
チーズに目玉焼き・トマトにマッシュルームなど好みのフィリングを選んでランチにしたりと
地元で人気のローカルフード

a0107981_11405393.jpg

基本的にはイングリッシュブレックファストの皿にのっているものを入れる事が多いので
やはり朝に食べたくなります
この前の週末 家飲みをして友人が泊まったので その時の朝食にもオーツケーキ
オーツケーキの上にチーズを少しのせて溶かしたら あとはいつものベーコンエッグをのせるだけ
ちょっと目先が変わって美味しそうに見えるから不思議(笑)
焼きトマトとマッシュルームソテーも いい付け合せになってくれます
a0107981_1141236.jpg

このパンケーキタイプのオーツケーキを食べる習慣があるのは
実はここダービーシャーだけでなくおとなりのスタッフォードシャーも
特に北の Stork on trent のものが有名
そちらでは 「Staffordshire oatcake」 と呼ばれていますが 配合はほぼ一緒
一般的に サイズがひとまわり小さめというのが違いのよう
昔はこのスタッフォードシャーオーツケーキを小さな窓越しに売るお店(Hole in the wall)がたくさん合ったらしいのですが その最後のお店が2012年にクローズしてしまったとかで
ちょっと残念
お店で食べられるところはあると思うのですが、、、

a0107981_11534653.jpg

味のほうはいたってシンプルなオーツ味で
プラス全粒粉も入ってファイバーたっぷりな上に 卵も油脂分も何も入らない超ヘルシーなこのオーツケーキ
朝食だけでは勿体ない
チリコンでメキシカンに カレーの時にはナン代わりに
アボカドシュリンプやサラダを巻いてラップサンドにと大活躍
焼きすぎたら冷凍保存も出来るという 非常に使えるイギリス粉ものなのでした~





にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2016-05-03 11:39 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧