<   2013年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ウエルッシュケーキ

なかなか雄々しい旗がはためくウエールズのマーケット
そこには グリドル
(bake stone または baking stone とも呼ばれることも)
で焼かれた ウェルッシュケーキや パンが山と積まれており
オーブンだけではだせない 香ばしい焼き色が食欲をそそります^^
a0107981_2172928.jpg

お店では 家庭用の小さなグリドルとは違い
大きな鉄板のようなタイプで大量焼き
焼き立てアツアツは 本当においしい~
a0107981_2173946.jpg

お茶のテーブルでは たっぷりバターがついてくるけれど
周りにお砂糖がまぶしてあるので なくても充分
でもバターなしで食べていると 軽い分
ついついもう1つ~と手が伸びてしまうので危険(笑)
a0107981_2174898.jpg

ウエルッシュケーキは バター多め 水分少なめの
スコーンのような配合で
それを オーブンではなく 鉄板(グリドル)で焼いたもの
家庭のグリドルには 上にアーチのように持ち手がついたものと
持ち手なしで 平たいタイプの2種があります
ウエルッシュケーキや パンのほかにも
ドロップスコーンと呼ばれる パンケーキのようなものを焼いたり
その用途はさまざま
a0107981_2175933.jpg

もちろん フライパンやホットプレートでもおいしく焼けるのですが
その土地土地の道具を体感するのも楽しいかな と思うので
レッスンではグリドルを使います☆

グリドルのほかに ウエールズで見つけた道具といえば
ウエールズの竜のクッキー型
(クッキー型も もう買わないと心に決めているのに・・・)

a0107981_218734.jpg

使うかどうか 使いやすいかどうかは別として
見たことのない道具に出会える
キッチン道具屋めぐりは やっぱり楽しい ♪
国籍不明の道具屋のようになりつつある 我が家のキッチン戸棚です☆
[PR]
by lesgalettes | 2013-04-30 10:06 | イギリスのおいしいもの | Comments(4)

クレープパンと グリドル


皆さん GWいかがお過ごしですか?
ご旅行に行かれている方
普段と変わりなくお仕事されている方
はたまた おうちでくつろいでいらっしゃる方・・・
私は実家でのんびりしています~

私の場合 時間があって かつ家にいる時 作りたくなるのが ガレット
食べ物の中でTop10に入るのではないかと思うくらいに好きなガレット
大して手間のかかるものではないはずなのに
どうも余裕がないと作る気がしない
シードルと一緒に のんびり食べたいからかな。。
こういうのんびりした連休には うってつけ
そんな時だけ作るので さっぱり上達しないけど(笑)
a0107981_18191973.jpg

生地の配合は 一時はまって大分研究したので
ほぼ定まっているものの 問題は焼き
フライパン状のクレープパンで焼けば簡単だけれど
不器用なくせに どうしてもガレット用の平らな鉄板で焼きたい
これ 案外難しいんです
街のクレープ屋さんも
ブルターニュのクレープリーでもみんないとも簡単に焼いているのにね
(きっと私は コンロにたれた生地を掃除するのが嫌で
思い切り悪く伸ばしているから上手にならないんでしょう~)

へたなくせに あの熱い鉄板で焼いた時の
バリッと感がたまらなく好きなので
毎回 性懲りもなくクレープパンとトンボでチャレンジします

a0107981_18192860.jpg

ガレットが焼けたら 冷めないうちにと
大急ぎで冷蔵庫から取り出す シードル
「ボレ」(シードル用カップ)で飲んでいると
お茶のように ごくごく☆危険きけん

旅行に行くと 必ず行くのが 本屋さんと調理道具屋さん
その土地土地のレシピ本や 道具を探すのは本当に楽しい
a0107981_18193632.jpg

ブルターニュで買ってきたガレットのレシピ本
そして 買うのをためらったクレープパン
鉄製なので重いというのも ひとつの理由ではあるけれど
脇から聞こえる「似たようなのうちになかった?」の声・・・

a0107981_18194597.jpg

そう 確かに我が家に似たようなものがありました
イギリスの「グリドル」と呼ばれる鉄製のベイクストーン
素材も形も厚みも 実に酷似
違うのは 取っ手の位置くらい

考えてみれば アングロサクソンに追われてイギリスから逃げたケルト人が 住み着いたのが ブルターニュ(小さなブリテン島の意)
同じような道具が使われているのも当然のこと
イギリスでは 今もウエールズ地方やスコットランドで
この「グリドル」をたまに見かけます

来月のレッスンでは このグリドルを使って ウエールズ地方の名物
その名も「ウエルッシュケーキ」を作ります☆
とっても簡単で おいしい私も大好きなこのお菓子
定番おやつになること間違いなし
ウエールズにあったような ウエルッシュケーキ屋台が日本にあったら
絶対 売れると思うんだけど。。。
[PR]
by lesgalettes | 2013-04-28 22:30 | 日常 | Comments(0)

ルバーブプディング 2

前回のつづきになります~
フォーストルバーブのオレンジ煮を使って 作ったもう1品
「ライスプディング with poached rhubarb」

ライスプディングの基本的な材料は
お米・ お砂糖・ 牛乳・生クリーム という白づくめ
今日は ここに香り付けの バニラとオレンジ
ライスプディングには オーブンで じっくりゆっくり加熱する方法と
お鍋で煮ていく方法の 2タイプがあるのですが
早くできるのは 後者
生クリーム以外の材料を全てお鍋に入れて 焦げないよう注意しながら
30分強程 煮てあげて 仕上げに生クリーム(or クロテッドクリーム) を加えるだけ

a0107981_8335921.jpg

でも 「ライスプディング」 って聞いただけで 「わたし無理・・・」 という人がいるほど
日本人の苦手なデザートワースト1 (^^;
「お米+牛乳」 というイメージが ダメなのかな
「豆+砂糖」 という組み合わせに違和感を感じる外国人が多いのと一緒かもしれませんね
でも 先入観を捨てて (トライしてまずかった記憶も含めて)
一度試してみて欲しい~
結構いけるライスプディングもあるんですよ
温かいのが無理でも 冷やしてルバーブのコンポートと食べると
ふつうにやさしい味のデザートです
a0107981_8341040.jpg

ライスプディングは イギリスでは 昔からの人気のプディングのひとつ
普段は長粒米が主流のイギリスですが
わざわざ 「pudding rice」 という名で短粒米が売られています
その点 日本のお米は 長粒米ではだせない ねっとり感と くせのない香り
最適ではないですか(^^
これほど身近な材料で出来るデザートはないかも
ちょっと怠け者時間のないイギリス人たちが好むのは
パカッとふたを開ければ食べられるタイプ
いろいろなフルーツが入ったタイプは ヨーグルトと並んで
買い置きしたい向きには 缶詰や
牛乳を加えてレンジでチンする インスタントタイプなどなど
種類豊富に揃っています
a0107981_8342374.jpg

今時のというよりは ちょっと懐かしい系のプディングという
位置づけではありますが、、、

さて ルバーブのコンポートを使い尽くしたため
残ったフォーストルバーブを使って 作ったのが 定番 「ルバーブクランブル」
「ルバーブを使ったプディングといえば?」 とイギリスで聞いたら
間違いなくこれがナンバー1☆
a0107981_8343166.jpg

50~60代以上の人に聞くと スクールディナー(給食)でこれがやたらに出て
あまり良い思い出がない人もちらほら。。。
戦中戦後イギリスで食料が不足している頃 政府が容易に育つルバーブの栽培を推奨したため
いっぱい食べさせられたよう
「子供の頃は よくおやつに 生のルバーブにお砂糖つけてかじっていたのよ」
なんて話しも聞きました

a0107981_8344120.jpg

今日のルバーブクランブルは
ルバーブと相性のいい いちごとジンジャーの砂糖漬けをプラス
焼き上がりには 冷たいアイスクリームもいいけれど
イギリス風に 温かいカスタードでいただきます~

フォーストルバーブは 繊細な味を生かして冷たいプディングが向いているけれど
普通のルバーブならば これが シンプル is ベストかな とやはり思います
いやぁ~ルバーブフルコースいただきました(笑)



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2013-04-25 09:33 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

ルバーブプディング

いやいや寒~い週末でしたね
あまりの寒さに 出かける気にもなれず 昨日は一日ひきこもり
ぽっかり時間が空いたので
例のピンクのルバーブを収穫することに ♪

太陽から遮断され 箱入り娘に育てられたフォーストルバーブは
イギリスでは ルバーブのシャンパンと呼ばれる程 繊細な味
えぐみも酸味も穏やかで
収穫する時も その茎はぽきっと軽く折れてしまうほど柔らか
現地で聞いたルバーブのレクチャー 一番のお勧めの食べ方は
砂糖も何も加えず オレンジの果汁だけで軽くポーチして(煮て)食べるという方法
これが一番 その繊細な味を生かしてくれるんだとか

あっという間に柔らかなくなってしまうので 気をつけながら
軽くオレンジの果汁と皮と共に煮てみます
おいしい~けれど私はちょっぴりお砂糖プラスしよう~(笑)
a0107981_11104227.jpg

さあ このポーチトルバーブさえあれば
イギリスプディング(デザート)は お手のもの (^^

まずはイギリスプディングといえば これ
「トライフル」
ゆる~い気分の日曜日
カスタードはバーズで手抜き~いやいや イギリス風 ~
フィンガースポンジを器にしいたら ルバーブを果汁ごとたっぷりのせ
あとは カスタードと生クリームを重ねたら完成 ☆
a0107981_1110516.jpg

ルバーブのおかげで いつもより軽いトライフル

お次は フォーストルバーブといえばこれ
きれいな色を生かした 「ルバーブのフール」
フールとは ホイップした生クリームと フルーツをあわせたデザートのこと
要は先程のルバーブと 生クリームを合わせるだけです
簡単でしょ (^^
a0107981_11112217.jpg

あとは このルバーブの色を見た瞬間作りた~いと思っていた 「パブロバ」
これは簡単に言ってしまえば
今月のレッスンで作り続けているイートンメスを ぐちゃぐちゃにしないバージョン
a0107981_11112100.jpg

メレンゲに ホイップした生クリームをのせて
やはり先程のルバーブをのせてあげたものです

a0107981_11111352.jpg

ね 軽く煮たルバーブがあれば いろいろできますよね☆

他にも もっと作ったのですが 長くなってきたので
続きは 次回に~

しかし 。。。動かず食べ続ける日曜日、、、おそろしや~
ケーキと違ってどれもすぐ食べないといけないものばかりなんだもの



お知らせ: 6月レッスン日程UPしました


にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2013-04-22 11:51 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

イギリスから引っ越してくる時 あれもこれもと買い込んだ食料品
でもよくよく考えてみれば 美味しいものの溢れる日本
目に魅力的に映るのは 久しぶりの日本の食べ物
そうそう帰ってすぐに イギリスのものが食べたくなるはずもなく・・・
イギリス食の賞味期限切れに追われている今日この頃 (笑)

そんな中に埋もれていたのが このサラダ用 「シードミックス」
中には ひよこ豆にレンズマメ・ ひまわりの種に小豆などなどが入っています
これをお水につけて 毎日きれいな水に替えていると 数日で芽が出てきて~
さあ サラダに入れて食べましょう~という代物
a0107981_8452637.jpg

イギリスにいる頃 食べるのが好きというより
この芽が出てくる様子が好きで よく買っていたのでした
だって いつものあの からからのひよこ豆や 小豆から芽が出てくるなんて。。。
しかも 生で食べられるんですよ (軽く茹でたほうがおいしいですけど)

芽がてでてくるといえば
我が家の箱庭も ようやく球根やらハーブやらが芽を出し 緑色になってきました
a0107981_8453690.jpg

そして 一足お先に芽を出していたルバーブには
去年からお預けだった ルバーブフォーサーをかぶせていたのです
ふと気づくと
何もかぶせていないほうのルバーブが 青々
ちょっとのぞいてみようかな なんて ふたを開けてみると~
あらあら もう蓋のところまで 黄緑色の葉が伸びているではないですか☆
明らかに 外のみどり緑したルバーブとは違う 薄い色
どうかな? 肝心の茎はピンクになっている??
・・・中が真っ暗で見えな~い
a0107981_8454922.jpg
「え~い とってしまえ」
「がぼっ」 フォーサーを取り外してみると~

「きゃぁ~」
真っ暗な ルバーブフォーサー中には
ピンク色のルバーブが ニョキニョキ
りっぱな フォーストルバーブではないですか!
a0107981_846136.jpg

ガーデニングの才能ゼロの私ですが
「芽が出てくる」 これは 本当に楽しい^^

ある寒い冬の日イギリスで
以前 仕事で植物学を研究していたという知り合いの庭にいました
そこで 彼女は まだまだ固く締まっている木の芽や 球根を半割りにして見せてくれたんです
その小さな芽の中には
葉も花びららしきものも ビックリするくらい全部ぎゅ~っと詰まっていました
(。。。ちょっと感動)
「この芽の中でね もう全部できあがっているのよ」
凍っているように見える庭だけど 彼女にはいろいろ見えていたんでしょうね


さ このルバーブ どう美味しくいただきましょうか^^




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2013-04-18 09:40 | 日常 | Comments(6)

4月のレッスン


毎日たいしたことはしていないのに 時間がどうにも足りなくて
あっちでバタバタ こっちでバタバタ・・・
気づくと4月も すでに半ばではないですか
ということで 慌てて今月のレッスンの様子のご紹介です

今月のお菓子は 「イートンメス」 と 「ベイクウェルタルト」
a0107981_1352026.jpg

イートンメスは 夏にいちごが出回るイギリスでは もう少し先のデザートですが
日本なら 「今でしょ!」 (← これ 日本にいる人にしか分からないフレーズですね(笑)失礼しました)

ホイップした生クリームと メレンゲ そしていちごを合わせた
シンプルかつ 美味しいデザート
でも みんな どうも味の想像がつかないようで
「どんなことになっているんだろう、、、」 という顔で 口に入れる様子が楽しい ^^
a0107981_13512475.jpg
イギリスの有名パブリックスクール イートン校生まれの イートンメス
メス(Mess= ぐちゃぐちゃ)なんて 名前のとおり
メレンゲさえ出来ていれば ぐちゃっと混ぜれば はい 出来上がり☆
「これなら作れそう~」
もちろん!
a0107981_13513122.jpg

「ベイクウエルタルト」 は ショートクラストペストリーにラズベリージャム
そして アーモンドクリームを詰めて焼き上げたお菓子
イギリス中どこでも見かける とってもポピュラーな存在です
a0107981_13514378.jpg
その親とも言うべき ベイクウエルプディングは 正直「どうなの。。。?」というお味ですが
こちらは 美味しいのでご安心を(笑)
レッスンでは 余ったペストリーで 「チェリーベイクウエル」も 作っちゃいます♪
チェリーベイクウエルは ほぼ同じ構成で小さく焼き上げ
グレーズとチェリーでおしゃれしたもの
本来は 表面をた~っぷりのグレーズでコーティングしますが ちょっと甘すぎるので
今回は控えめにライン状に垂らす程度で~
いかにもイギリス的な レトロな風貌が かわいいですよね^^
a0107981_13515133.jpg

メレンゲも少しの卵白から 結構沢山出来上がるので
半分には はじめからココアを振って焼き上げておくと
生クリームをサンドして かわいいプチフールにも 変身☆
a0107981_1352847.jpg

一つの生地で2度美味しい今月のイギリス菓子です~


にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2013-04-15 15:00 | レッスン | Comments(0)

SAKURA アフタヌーンティー


イギリスにいる間
アフタヌーンティーはもう 一生分したかな なんて思っていたけれど
やはりそろそろ恋しくなってきたようで。。。

とうとう所要ついでに してしまいました(本当は どっちがついでなんだか(笑)
せっかく日本なので 日本らしいものを ということで
「サクラアフタヌーンティー」 をしている シャングリラ
28階でのティー というのも これまたイギリスにはない オプション
シングルエステイトのアッサムやダージリンを含め
25種類以上の紅茶や アイスティー コーヒーまで全て
何度でも種類を代えてオーダーできるのも いいところ

a0107981_7392795.jpg

ティーフーズの内容も イギリスにはない細やかさ (^^
サンドイッチにいたっては

チキンと菜の花をサクラの葉とトルティーヤで巻いたもの
サクラでスモークしたサーモンは ほうれん草のパンでサンド
サフランのパンには 春キャベツとトマト
ミニキッシュ の中には ぎっしりと桜海老、、、といった具合

a0107981_7393548.jpg

スコーンは プレーンの他に
サクラスコーンと パンデピス&オレンジのスコーン の全3種
そこに添えられるのは クロテッドクリーム といちごジャム プラス
はちみつと チェリーカード
小ぶりながらも 決して焼きすぎていないスコーン
a0107981_7394412.jpg

ケーキは これまた 桜を意識した ラブリーなセレクション
・ 桜エッセンス入りの桜エクレア
・ 桜とココナッツのムース
・ いちごとピスタチオクリームのタルト
・ オレンジのフィナンシェ

ラストに プチフールまでついてきます
a0107981_7395292.jpg

どれも小さいので 余裕だわ~ と思いながらも
ゆっくり食べていると お腹がいっぱいに・・・
そんな時に パッションや マンゴー 桜の風味などから選べる アイスティーが
いい感じに 胃をクールダウンしてくれます

日本のアフタヌーンティー
全くロンドンのホテルのそれと遜色ないです
というか 内容だけで言ったら こちらのほうが美味しいくらい ^^
一緒に行った友人も イギリスに住んでいた組ですが 満足した様子☆

そうそう このシャングリラホテル GWは なんと
「プディングアフタヌーンティー」 を開催します☆
ちゃんと プディングクラブ協賛で 英国政府観光庁も後援というくらいですから
期待できそうですね ^^

誰かレポートお願いします~
あんまり美味しそうだったら。。。また行っちゃうかも??



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2013-04-12 08:26 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(4)

模様替え~


春だし
お部屋の模様替えでもしたいなぁ なんて思っているこの頃ですが
考えてみると ブログを始めて 5~6年
一度たりともスキンを変えた事がない。。。

a0107981_20421668.jpg


ちょっと気分転換に スキン変えてみました☆

a0107981_204157100.jpg


配置は変わらず 上の写真部分だけですが~(^^



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2013-04-10 20:52 | 日常 | Comments(0)

益子さんぽ


前回 うちがティールーム化しつつある~と書いたけれど
日々生徒さんたちから いろいろ情報を聞き出し(笑)
(さすがにみなさん 甘いものやお茶情報には めっぽう詳しい☆)
ぼちぼち出かけています~

休日にふと思い立って行けるのが 隣町の益子
ここは焼き物で有名な町 そして自然も豊かなので
その両方を生かした のんびりできるカフェがたくさん

a0107981_10424616.jpg

陶器屋さん併設のこのカフェには
ある日 無性に カヌレが食べたくていきました
このお店 カヌレがあるのも珍しいけれど
甘いものがカヌレしかないのは もっと珍しい(笑)
a0107981_10425481.jpg

ボルドーでカヌレ型は買ってきたものの
カヌレの難点は 食べたくとも すぐに作れないこと
生地を作って一晩寝かせなくてはいけないし
焼き時間もあんなに小さな型なのに 約1時間
しかもできたらできたで おいしく食べられる時間はほんのわずか。。。
ということで 作るより他所で食べようか、、、ついそう思ってしまうお菓子のひとつ
( もちろん作れば 出来立ては本当に美味しいのですけれどね )

のんびりした空気の流れる 益子
カフェと同じ敷地にあるギャラリーには 巨大なティーポットのオブジェ
もう一軒 ランチを食べに行った 益子のカフェには
ゆらゆら揺れる ほおずきのティーポットモビール (^^
a0107981_1043595.jpg

前述のお店と同様 こっちでいいのかな?
。。。ちょっと不安になる細い山道を登っていくと 現れる一軒家

靴を脱いで 「お邪魔しま~す」
a0107981_10431492.jpg

こちらも陶芸家のファミリーが営むカフェ
なので 食事は当然のことながら 器まで手作り
雰囲気はいいけれど 肝心の食べ物がね、、、
なんて カフェも少なくない中
ちゃんと美味しいご飯が食べられて ちょっとうれしい(^^
a0107981_10432311.jpg


レストランやお店の食事というより
お料理上手のお友達のおうちで ごちそうになっているような
いい意味で 温かい感じのするごはん(^^




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2013-04-08 11:37 | 日常 | Comments(2)

スコーン & ビスケットホリック?

お菓子やスコーンを焼くのはもちろん大好きだけれど
ティールームで 誰かが作ってくれたお菓子とお茶でのんびりするのは
同じくらい好き ♪
でも 近くにそう都合のよいティールームが沢山ある環境でもない今
うちがティールームと化しつつあります

a0107981_18434399.jpg

スコーンも いつもの自分の味ではつまらないので
最近は いろいろ遊んじゃう
いつもと違うタイプのスコーンを食べていると
ちょっと他所で食べているような気にもなるし~

a0107981_18435395.jpg

大きく膨らんだパンのような食感のスコーン
イギリスのティールームによくあるチェリー入り
ロンドンのホテルのような
てっぺんピカピカの 小さな栗饅頭のようなスタイルとか(笑)
a0107981_18441278.jpg

クロテッドクリームを買ってくるのが面倒な時は
チーズを入れて セイボリータイプ
おろしたチェダーチーズに イングリッシュマスタードとカイエンペッパーのアクセント
ハーブを入れたり クレソンを入れたり
スコーンはシンプルな分 アレンジ自在
a0107981_18442197.jpg

お菓子を焼くのが面倒な時でも スコーンなら
作成に10分(thanks to food processor ☆)
そして オーブンに入れている間に
紅茶の準備
温めるだけの イギリスのティールームより早いかも?

でも別に ほんとうはスコーンじゃなくともいいんです
焼いてあったお菓子や 市販のビスケットでもあれば充分
でも 甘いものはマスト(笑)
a0107981_18443319.jpg

さぁ ティータイム☆
ミルクティーの色って なんとも言えない癒しカラー
あ でも スコーンの時はストレートティー派です
たっぷりのクロテッドクリームと もごもごの粉を すっきり洗い流してくれるから


。。。今の心配事~ ビスケット依存症ってあるのかしら
I might be a biscuit-holic ~ ビスケットが止まらない(^^;



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2013-04-05 04:33 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(4)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

検索

記事ランキング

画像一覧