<   2012年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

クリスマスプディング体験

日本に帰ったら Stir up Sunday なんて そうそうしないかなぁ~などと思っていたのに
気づいたら よほど去年以上に まじめにしてしまいました(笑)
やっぱり クリスマスプディングはみんなで作ると楽しいですね^^

この日は レッスンというより クリスマスプディング体験会☆
話しには聞いたことがあるけれど 見たことも食べたこともないという人がほとんど
まずは ずらりと並んだ材料や 簡単な由来の説明
レシピはもう ただただ混ぜるだけなので 説明するまでもありません
なにはともあれ Let's get started!

a0107981_14271467.jpg

大量のドライフルーツに パン粉やスパイス
ギネスに ブランデーに卵や りんご
スエットの代わりには 凍らせたバターを削って代用
材料は最低でも13種 (キリスト+12人の弟子)必要だといわれます

全てボールに入ったら 東から西へ向かって(あるいは時計回りに)混ぜます
これはキリストの誕生にかけつけた 東方三博士になぞらえてのこと
家族一人ひとりが お願い事をしながら 順番に混ぜていきます
a0107981_14272378.jpg

生地ができたら プディングベイスンに詰めて
ひだを取った オーブンペーパーとホイルでしっかりふた
蒸している間 水が入らないよう たこ紐でぎゅっと結びます
今年は運よく イギリスのプディングベイスンが手に入ったので みなさんラッキー♪
専用のプディングベイスンは 植木鉢のようにリムがついているので
タコ糸がすべらず しっかり結べます
a0107981_1427327.jpg

熱いお鍋から取り出しやすいよう「持ち手」をつけておくのも 昔からの知恵
蒸すというより お鍋の底に ソーサーか何かを置いてお湯をはり
そこにプディングを半分お湯に浸かったような状態でのせて
茹で蒸し(?)にすることが多いので

さてさて 今日はここまで
あとは4時間ほど おうちでのんびり蒸してもらうことにして
お楽しみのアフタヌーンティータイム ♪
テーマは密かに クリスマスの緑と赤
スコーンも ピンクのチェリースコーンと 緑のクレソンスコーン☆

a0107981_14274275.jpg

遠い所から来てくださった方が多かったので
あとはひたすら 食べておしゃべりして。。。
~ そして真打ち登場☆
ちょっとフライングして クリスマスプディング食べちゃいました (^^;
だって 食べ方もきちんと説明したかったものですから。。

a0107981_14275127.jpg


写真ではよく分からないですね...
熱したブランデーに炎をつけてプディングに注いでいます
暗闇で青く燃えるクリスマスプディングはちょっと幻想的
クリスマスプディング初体験のみなさん そのお味の程は~?

「わたしこれ好きかも~」 「美味しい~」 という声が聞こえ
クリスマスプディング擁護派のわたしは ちょっとうれしい(^^
プランデークリームなんかを添えると 思いの他おいしくいただけるんですよ

「お砂糖はふるわなくていいの?小麦粉も?」
「りんごの皮はむかないの?」「パン粉ちょっと粗いところもあるけれど・・・」
「いいのいいの~気にしないで~」
本当に気楽なイギリスベイキングや クッキング
今回のように 普段のレッスンよりさらにお気楽に
単発イベント的にやるのって楽しいなぁ~と味をしめたので
そのうちまた何か お遊び企画立てたいと思います
ぜひ 遊びに来てくださいませ~☆
[PR]
by lesgalettes | 2012-11-29 14:25 | イギリスのおいしいもの | Comments(4)

Stir up Sunday


おとといの日曜日 11月25日は Stir up Sunday (クリスマスプディングを作る日)
毎年 アドヴェントが始まる一つ前の日曜日は
イギリスでは 「ステアアップサンデー」と呼ばれ
クリスマスプディングを作るのが 昔からの慣わし

これでもかというくらい ドライフルーツたっぷりの クリスマスプディング
例えば直径18cmほどなら 蒸すのに約5時間はかかります
レシピ本によっては 「10時間蒸してください~」 なんてさらりと書いてあったり、、、(^^;
しかも 約1ヵ月後のクリスマス当日に もう一度数時間蒸しなおしていただくという
なんとも聞くだけでは 摩訶不思議な食べ物☆
a0107981_1940408.jpg


イギリスでは 何度かその作り方を教わる機会がありましたが
日本のお雑煮のように その家庭 家庭に伝わる味 ・ 作り方があるので
毎回 「ほ~」 と思うことがいっぱい

a0107981_19413949.jpg

ドライフルーツの組み合わせのちがい
りんごを入れるか 人参を入れるか
ビールにするのか ブランデーとラム酒にするのか
スパイスは何をいれる?

a0107981_19415277.jpg
だけど 絶対にみな入れるのが 「スエット」 と呼ばれる 牛のケンネ脂
牛の腎臓の周りについている脂肪で
昔から バターより安価な油脂分として プディングの材料に使われていたのですが
実際 これを自分で プディングに使える状態にするのは かなり大変
(ちょっと「うへっ」 と思われるであろう写真が下にのっていますので ご注意。。)
なので 今では サラサラの顆粒状になった スエットが箱入りになって
スーパーのベイキング材料コーナーに売っています
このご時世なので ベジタリアン用のスエット なるものまで~
a0107981_19421850.jpg

私もイギリスでは このスエットで クリスマスプディングを作っていたので
今回 日本で作るにあたり 知り合いにいろいろ聞いてみました
「クリスマスプディングを スエット抜きで作りたいんだけど~」
みなの最初の答えは・・・
想像通り 「スエット以外では作ったことがないのよね~」
それはそうです 一番適したものがあるのに 代替の品なんて考えるはずもない
でも そこから料理自慢の知り合いに聞いたり 調べたりしてくれたようで
集まってきた答えは・・・

・バターと砂糖をクリーム状にしてから他の材料と混ぜる
・ラードあるいは Trex (ショートニングのようなもの)を使う
・冷凍したバターをチーズおろしでおろして使う
スエットは融点がラードやバターより高く プディングの周りをシーリングするように覆い
保存性を高めてくれ その香りと風味が独特のコクを作るので
他のもので完璧な代用は無理なのよ~という答えもありましたが・・・

a0107981_1942327.jpg


「家族が集まり 順番にぐるぐる混ぜる」 が しきたりの クリスマスプディング作り
我が家のふたりでグルグルしても 寂しいので 今年の我が家のステアアップサンデーは
特別レッスン(?)を兼ね 参加者を募集
楽しい1日となりました ^^

その様子は 次回に~☆
[PR]
by lesgalettes | 2012-11-27 23:39 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

1月のレッスン


いよいよ寒くなってきました
ちらほら雪の便りも聞こえてきますし、、、

寒い冬はあまり得意ではないけれど
ホットプディングを 美味しく食べられる季節と思えば ちょっとは我慢できるかも (^^
ということで
1月のレッスンでは わたしの大好きな(かなり) イギリスプディング
「スティッキートフィープディング」 をご紹介☆

a0107981_16433723.jpg

焼きたてのふわふわしっとりしたプディングに 温かいトフィーソースをたっぷり
そして 冷たいバニラアイスを添えれば もうこれは至福の時 (笑)
おもての寒さなんて 忘れてしまいます


a0107981_16434677.jpg

しっとりモイストな生地と どこか懐かしい風味は
たっぷりと入れたデーツのおかげ
ドライデーツはあまり馴染みのない素材ですが
口にしてみると 干し柿のような 和っぽい甘みが特徴的なフルーツ
大きく焼いて 好きなサイズに切り分けてよし
お一人サイズに小さなプディング型で焼いても よし
a0107981_16435418.jpg

大人から子供までみな大好きな ちょっと幸せになれるイギリスプディングです♪

そして幸せに~といえば
「とろける瞬間」 という なんともいい名前を持つビスケット
「メルティングモメント」 もまた 冬のティータイムをほっこりさせてくれる存在
a0107981_1644214.jpg

丸めた生地に 繊維たっぷりのオーツ(オートミール)をまぶし
チェリーでおめかし

ちょっとレトロな風貌は お茶のテーブルを一気にイギリス風にしてくれます

a0107981_16441156.jpg


2013年(!)1月は 寒い冬を温かい気持ちにしてくれる この2品です

HP 1月の日程をUPしましたので ご希望の方は メール
あるいは 12月のレッスンにいらっしゃる方は その際にでも
ご希望日お知らせくださいませ☆

みなさん 風邪などひかないよう 暖かくしてお過ごしください
[PR]
by lesgalettes | 2012-11-24 12:00 | レッスン | Comments(4)

ほろ酔い遠足


秋晴れの週末
電車で 女ふたり とことこ出かけた ココファームワイナリー
足利にあるこのワイナリーで 毎年今の季節
今年も美味しいワインが出来ることを祝って 「収穫祭」 が行われます
ちまたはボジョレーヌーボーで 賑わっていますが
こちらは ココヌーボーで 大盛り上がり
いつもは静かなワイナリーも この日ばかりは
ブドウ畑の恐ろしく急な斜面まで 大パーティー会場と化しています☆

a0107981_20582539.jpg

この日だけ飲める 出来立てワインは 醸造タンクから出されたばかり
ろ過前の本当にフレッシュなワイン
酵母特有のしゅわっとした感じと 爽やかなぶどうの香りで ついつい ゴクゴク(^^*
調子にのって 飲んでいると
平均斜度が38度もあるというこのブドウ畑 転がり落ちかねません。。。

a0107981_20583560.jpg

出来立てワインの他にも ココファームご自慢のワインに 美味しいお料理
コンサートや フラメンコ
それになにより 北風にも負けない みんなのご機嫌な笑顔
それもそうですよね
ほとんど全員がほろ酔い状態ですから。。。(^^
a0107981_20584468.jpg

1950年代に特殊学級の中学生によりブドウ畑として開墾され
80年代に 知的障害を持つこころみ学園の園生たちにより作られ始めたワイン
今では沖縄や洞爺湖のサミットで用いられるほどに
素晴らしいワインが造られる 立派なワイナリー
a0107981_20585468.jpg

ついつい毎日 先のこと先のこと とばかり考えているけれど
もっと1日1日を大切に 目の前にあることをきちんと丁寧にこなしていく積み重ねが
大きな実を結ぶんだと 美味しいワインを飲みながら 思ったりした次第です
石ころ拾いや 草むしり カラス追いなどの ほんとうに小さく見える一歩が
こんなに多くの人を笑顔に出来るパワーにつながるんですから~



。。。。そんなことを書きつつ お知らせです (^^;
11月25日(日)11:00~の Stir-up Sunday クリスマスプディング作り
あと 1~2名程追加募集です☆
ご興味のある方どうぞ~
[PR]
by lesgalettes | 2012-11-20 21:53 | 日常 | Comments(0)

ナツメグ~ カスタードタルト~そして 卵

先日 「ブレッド&バタープディングには ナツメグ~」 と 書いたけれど
まぁ 気分により それはシナモンでも バニラでも代替可能
でも
絶対にナツメグでなくちゃ~というものがあります
それは 「カスタードタルト」
見た目は 昔日本でも流行ったエッグタルトに似ているけれど
結構 別物
もっとなめらかで カスタードプリンがタルトの中に入ったような そんなテクスチャー
イギリスお菓子にしては珍しく やけに甘み控えめ
そして 表面にふられた たっぷりのナツメグが 大事なアクセントです
a0107981_2134292.jpg

危険なものも多いイギリススーパーのデザートコーナーの中でも
一番はずさないのがこれだと思うくらい 大抵 やさしい味

白っぽく見えますが 作ってみるとこれが結構 卵黄多め
でも イギリスの卵の黄身は妙に白いので(白身よりは黄色いけれど。。。)
とっても白く仕上がります

a0107981_22125928.jpg

でも 同じ配合で日本で作ると~
。。。まっ黄色 (^^;)
a0107981_21342235.jpg

近頃の日本の卵黄は 黄色を通り越して まったくのオレンジ色
スポンジを焼くと あまりの黄色さにまるで カステラのよう
日本に帰ったばかりの頃は 自分で作った卵焼きのあまりのオレンジさに
ちょっぴり黄身(?)悪く 感じたりしたものです。。。

とは言え そんな事にはあっという間に慣れましたが
「レモンメレンゲパイ」 を焼いた時には~
a0107981_21351475.jpg

フィリングのあまりのオレンジ色さに ビックリ ☆
やさしいレモンイエローが 頭にあったので
オレンジ色になったフィリングに 苦笑いしてしまいました(笑)

黄身の色が濃いほうが美味しく見えて売れるのかもしれないけれど
今日日の日本のたまご
ちょっとオレンジ過ぎでしょう~
[PR]
by lesgalettes | 2012-11-18 12:31 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

パンと卵と牛乳と。。。


時折食べたくなるおやつ 「プレッド&バタープディング」
バターを塗った食パンに 卵とミルクを浸して焼いただけの素朴なおやつ
マーマレードを塗ってみたり
チョコレート味にしてみたり シンプルな分 アレンジは自由自在
イギリスでも 本当にさまざまな プレッド&バタープディングに出会いました

a0107981_21312912.jpg

でも 最後に食べたくなるのは やっぱり定番
カレンズかサルタナに オレンジピール
そして アクセントに ちょっぴりのナツメグ というもの
a0107981_21313732.jpg

硬くなったパンが リッチな美容液を吸った肌のように ふっくら美味しく大変身^^

同じものをフライパンで焼いたら きっと「フレンチトースト」 朝食メニューだけれど
まとめてオーブンで焼くと おやつになるんですよね。。

昨日の我が家の朝ごはんは 久しぶりのフレンチトースト
というのも
遊びに来ていた 0.8歳のお姫さまのお食事(離乳食)のあまりもの
食パンとバナナを譲り受け
臣下(わたし達)の朝ごはんを作ったから

a0107981_2225298.jpg

フレンチトースト バナナ&シナモン
ほんとうは はちみつかメイプルシロップをかけたいところだけれど
(もっと言ったらバニラアイスも☆)
朝だし ここは 我慢がまん。。。

でも我慢したせいか
食べながら これをブレッド&バタープディングにしたら美味しいだろうな~
卵液にはゴールデンシロップも入れて~
なんて 想像がムクムク
完璧 甘いものホリックです(笑)
[PR]
by lesgalettes | 2012-11-15 18:30 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

11月のレッスン

イギリスと海を隔てたお隣 フランス
泳いで渡れる人がいるほど 近いのに
お菓子はずいぶん違う顔
焼き菓子ですらも イギリスのものよりちょっぴりスマートに見える気が、、、(笑)

でも 作ってみると 意外と簡単なものも いっぱいあります
そんな中から
今月のお菓子は 「ガトーバスク」 と 「フィナンシェ」

ブラックチェリーのコンフィチュールをたっぷり詰めた ガトーバスクも
a0107981_23502055.jpg

焦がしバターとアーモンドの香りいっぱいの フィナンシェも
a0107981_2350417.jpg

ビックリするほど簡単で 美味しい☆

a0107981_23503174.jpg

一つ一つ美しく 脱酸素剤と共に個別包装された焼き菓子も 便利で悪くはないけれど
本来 焼き菓子って 毎日のおやつのような存在だったはず

お茶のテーブルに
お皿山盛りの焼きたてフィナンシェや ホールのままのガトーバスクがある贅沢!
ちょっとくらいいびつだって 焦げすぎてたって いいんです
それでも充分においしいですから ^^

紅茶の美味しい季節ですね~
[PR]
by lesgalettes | 2012-11-13 00:54 | レッスン | Comments(2)

紅葉を見に行きました
上を見上げたら
まるで 自分が万華鏡の中にいるような錯覚
くらくらするほどの 色の氾濫

a0107981_20404838.jpg

「もみじの錦」 とはよく言ったもので
小さな一枚一枚が錦を紡ぎ
息をのむほど見事な一反の反物に仕上がっています
a0107981_2041039.jpg


美しい秋
・・・そして 美味しいものの秋 (^^

素敵なお店を教えていただきました

ATELIER n°18 TRAVAIL」の軒先に 木曜から土曜だけオープンする
「Le Poulailler」
a0107981_2041122.jpg


フランス人だけど 日本語ぺらぺらのブノワさんの作る 空間とお料理は
ここが宇都宮だということを 一瞬忘れてしまいそうになります

a0107981_20412296.jpg

おいしいお料理と楽しい会話
ゆったりと流れる時間

きれいな物と
美味しいものは
a0107981_20413245.jpg

忘れてもいい (たぶん)
いろいろな雑多なものを 一瞬忘れさせてくれます


そうそう 忘れてはいけないこれ

*Stir-up Sunday これぞイギリスの味 ずっしりヘビーなクリスマスプディング☆
体験希望者 募集中です(^^
[PR]
by lesgalettes | 2012-11-09 08:00 | 日常 | Comments(0)

Stir up Sunday 参加者募集~☆


日本にクリスマスケーキがあるように
イギリスには 「クリスマスプディング」 なるものがあります

伝統的に このクリスマスプディングを作る日は アドヴェント直前の日曜日
今年は 11月25日(日)にあたります
この日は家族みんなで プディングを ぐるぐる混ぜて(Stir up して)作るので
Stir up Sunday」 と呼ばれているのです

この イギリスをぎゅ~っと凝縮したようなお味のプディング 一緒に作ってみませんか?

内容は~

11月25日(日)11:00~ 2時間ほど
クリスマスプディング作り 体験
(材料を混ぜて器に詰めるところまで
プディングの蒸し時間は大きさにより 2時間から5時間!なので各自ご自宅で)

<参加費>
約4人分サイズお持ち帰りの場合 4500円
約2人分サイズ の場合 3500円
お持ち帰りはいらないわ~という場合 2500円

a0107981_139194.jpg

プディング作りは1時間ほどで終わりますので
その後は 軽いアフタヌーンティーを ご用意しますのでティータイムを(^^

もちろんクリスマスプディングの蒸し方・その独特の食べ方などもご紹介します

ご希望の方は 教室HPのコンタクトのページをご覧の上 ご連絡下さい☆
[PR]
by lesgalettes | 2012-11-06 02:03 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

タイトル変更~


9月から心機一転
教室を Les galettes から 「Galettes and Biscuits」 に模様替えしたので
なんとなく気になっていた
ブログの名前も代えることにします ^^
Les galettes diary 改め 「Galettes and Biscuits」
そのままですが~(笑)

a0107981_2335727.jpg
a0107981_23351651.jpg


で。。。他は何も代わりません
ひたすら甘いもの中心のこのブログ
今後とも 引き続きお付き合いくださいませ☆
[PR]
by lesgalettes | 2012-11-04 00:01 | 日常 | Comments(2)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧