<   2012年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

テューダー朝のケーキ


その昔 ヘンリー8世が住んでいたことで有名な ハンプトンコートパレス
a0107981_1241268.jpg

この日はあいにくのお天気のせいか 人影もまばら
おかげで静かに宮殿をお散歩(?)するヘンリー8世とも おしゃべりや記念撮影がし放題 (^^
a0107981_1242997.jpg

なかなか豪奢な宮殿なのですが
その中でも一番惹かれる部分は その巨大な テューダーキッチン☆
パンをこねる部屋 お肉をさばく部屋 巨大なオーブン
一体何人分の料理が 毎日ここで作られ どんなにか活気に満ちた空間だったことでしょう
勝手に想像してワクワクしてしまいます
a0107981_1244997.jpg

ふだんから わりと臨場感があるように ディスプレイされているキッチンですが
毎月1回 Live Tudor Cookery と称して
稼動するキッチンを見ることができるイベントがあります
この日は 暖炉に火が入れられ
キッチンの中を 当時の格好をした人々が動き回ります
a0107981_125876.jpg

手の中で火を熾そうとしている この人
ごくごくふつうの表情をしているけれど 熱くないの?!
素手で炎を持っているんですけど、、、
a0107981_1252286.jpg

なんだか キッチンにそぐわない金ピカの大砲が見えたので近寄ってみると、、、
1枚1枚慎重に 大砲に金箔を貼っている男性
「これはいったい何?」と聞いてみると
なんとこれ 大砲型のマジパンでできたケーキだそう
a0107981_1253796.jpg

イギリスのお祝い用のケーキが マジパン&シュガーペーストで覆われた
まるで食べ物に見えない飾り物のようなケーキになり始めたのが
一体いつ頃からなのかはわかりませんが
少なくとも この1500年代のテューダー朝時代には もうすでにあったようですね
あまり食欲をそそる感じでないのは 今も昔も一緒
そして テーブルの花となり 場を盛り上げる役目としては この上ない存在なのも一緒

それにしても斬新と言おうかなんと言おうか。。。(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2012-03-30 02:07 | イギリスイベント | Comments(0)

セントパトリックスデイと アイリッシュフード


3月17日は 「St.Patrick's Day」
アイルランドでは クリスマスより盛り上がるというこの祝日は
アイルランドにキリスト教を広めた 聖パトリックの命日
お隣のここイギリスでも 沢山のアイルランド人がこの日を祝い
各地で シンボルカラーの緑と シャムロック(クローバー)で埋め尽くされた
パレードやフェスティバルが行われます

この日のクッキングデイのテーマは セントパトリックスデイも近いということで
「アイルランド」

a0107981_03111.jpg

アイルランドと言えば 何をおいても 「じゃが芋」
そして 「アイリッシュバター」などの乳製品に 「アイリッシュウィスキー」
(緑とシャムロック柄の乳製品があったら それはきっとアイルランド産)

いろいろな種類のじゃが芋を その味やテクスチャーの違いを確かめようと
この日は シンプルにベイクしたり 茹でたり、、、

a0107981_032041.jpg

マッシュして 茹でたキャベツやバターなどとあえた伝統料理「コルカノン」 にしてみたり

a0107981_053729.jpg

面白いところでは じゃが芋をパイ代わりに敷いた キッシュも作りました
じゃが芋と玉ねぎの千切りに卵を混ぜ 型の底とサイドに敷き詰めます
あとはふつうのキッシュと同じ
粉なし バターなしで キッシュが出来てしまいます
a0107981_033378.jpg

メインディッシュは やはり「アイリッシュシチュー」
ラムは だし程度に少なめで あとは大量のお野菜
リークに 人参 ・ パースニップに スェッド
ことこと煮る事2~3時間 この時間がアイリッシュシチューをおいしくしてくれます
a0107981_034695.jpg

アイリッシュシチューに コルカノン そして じゃが芋のキッシュ
どれもアイルランドのイメージに合った 素朴で滋味溢れる味☆
a0107981_06152.jpg

デザートはアイリッシュウィスキーを使った 「ゲーリックコーヒートライフル」
ゲーリックコーヒーとは いわゆるアイリッシュコーヒー
(ゲーリックとは アイルランドなどで話される ケルト語派系の言葉のこと)

アイリッシュコーヒーをしみこませたスポンジに オレンジ そして
これまたアイリッシュコーヒーを加えたカスタードと 生クリームを重ねて完成
お酒好きにはたまらない なかなかティプシーな トライフルです。。
これお酒の弱い人は酔っちゃいますね。。私はもちろん大丈夫(^^
a0107981_055164.jpg

そして 〆は ゲーリックコーヒー
濃いコーヒーに たっぷりのお砂糖とアイリッシュウィスキーを加え
あとは沈まないようにそろそろと クリームを注ぎます
a0107981_062985.jpg
言われるまで気づかなかったのですが
アイリッシュウィスキーのつづりは 「Whiskey」 スコッチウィスキーは 「Whisky」
ちょっぴりつづりが違います
このウィスキーという言葉 は
ゲーリック語の 「uisgebeatha」 (「The water of life 命の水」の意)からきているとか
また アイリッシュウィスキーは 「Liffey Water」 とも呼ばれるそう
アイルランドを東から西へ横断する川 River Liffeyの水が
ウィスキーの醸造に使われるのと Liffey がやはり命を意味するからだそうです

おいしいものを作りながら
他にも沢山のアイルランドについての話を聞き
今日は近くて遠い国アイルランドについて よいお勉強になりました
Thank you Madeleine ☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2012-03-27 01:27 | イギリスで学ぶ | Comments(4)

ケーキデコレーションショー

イギリスのウェディングケーキと言えば
これでもかと言うほどドライフルーツぎっしりの重~いケーキ
軽く1年は持つであろうその保存性と 少量で満足できる重量感は
もうほとんど保存食の域、、、
でもそんな無骨なケーキも お砂糖のドレスをまとえば
ウェディングにふさわしい ケーキに大変身☆
a0107981_0564874.jpg

今年のケーキデコレーションショーは いつもより日本人好みの繊細な色とデザインが多く
これなら日本のおいしい生ウェディングケーキにも対抗できそう
いえいえ きっとそれ以上のインパクト
中にはこんなキッチュなケーキたちもいますが(^^
a0107981_057665.jpg

ロイヤルアイシングのまるでレースのようなケーキたち
作る段階もその根気は想像を絶しますが 会場に搬入するまでの道のりは
さらに考えただけでぞっとしてしまいます~イギリスの道路の舗装たるや、、
長時間運転した後は
降りてからも振動で手がしばらくブルブルしているような気がするほど(^^;
a0107981_0572111.jpg

さて ウェディングケーキの会場を後にすると
そこは 相変わらず流行り続けている
カップケーキのデモンストレーションコーナー
まるで 粘土細工のようなシュガーペースト
あまり食欲はそそりませんが ほんとうにかわいいカップケーキが出来上がっていきます
a0107981_0573622.jpg

カップケーキのコンペティション部門もあります
今年のテーマは「ベイビーシャワー」
なんともラブリ~なカップケーキたちが並びます
a0107981_0574844.jpg

お次は 「ミニチュアウェディングケーキ部門」
手のひらサイズのケーキには 恐ろしく細かいデコレーション
まばたきするのを忘れて見入ってしまいます
自分のウェディングケーキと一緒に 同じデザインのミニチュアケーキをオーダーして
ずっととっておけたら きっと楽しいでしょうね
a0107981_058286.jpg

そして奥には 王道シュガークラフト 本物と見まごうお砂糖で出来た植物が。。
この鉢植えのシクラメンなどは ちょうちょや蜂も よってきそうな出来栄え
a0107981_0581737.jpg

「シュガークラフト」
なかなか深遠な世界ですが
イギリスでは どこのスーパーでもふつうにシュガーペーストやマジパンが安く買えるので
わりとみな気楽に家庭でもチャレンジ
お誕生日ケーキや クリスマスケーキなどを 楽しく手作りしています
お菓子作りの材料や お手軽キットが何でも気軽に手に入るのは
ほんとうにうらやましい限り
日本も材料がもう少し安ければ お菓子作りに対するハードルももっと
低くなるのにな とついつい思ってしまいます~


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2012-03-23 01:42 | イギリスイベント | Comments(5)

チェダー村のチェダーチーズ


チーズ話しのついでに チェダー村がどんなところか簡単にご紹介~

イギリスの南西 サマセット州にある Cheddar 村
平坦なイギリスにしては珍しく 山あり谷ありのちょっと険しい地域
サマセットの潤沢な牛乳 そして
ここにある洞窟の湿度や温度が チーズの熟成に適していると言うことで
1170年ごろには もうチェダーチーズが作られていたそう

a0107981_2134514.jpg

今では世界中で 作られ 食べられているチェダーチーズですが
本当に伝統的な製法と原料で作られている 「West Country Farmhouse Cheddar」
と呼ばれるものを作っているのは 唯一この村にある
The Cheddar Gorge Cheese のみだとか
a0107981_214546.jpg

ここでもやはり ウエンズリーデイルチーズのファクトリー同様
小さなミュージアム & ファクトリー見学 ができるようになっています
チェダーチーズ作りのお勉強と 熟成度のちがうたくさんのチーズを試食した後は
村に並ぶ沢山のお店で チェダーチーズと サイダーを楽しむのが一番
チェダー村のプラウマンズランチには もちろん
大きなチェダーチーズの塊
見慣れたはずの チェダーチーズ&チャツネのサンドイッチも
ここで食べるとなぜかいつもよりおいしい気がします (^^
a0107981_2143173.jpg

小さい村の割りには 思いのほかティールームも沢山あります
ここではウエンズリーデイルのように チーズを使ったお菓子はあまり見かけませんが
やはり乳製品と りんごが自慢のサマセット州
りんごたっぷりの サマセットアップルケーキや
サマセット産のクロテッドクリームたっぷりの クリームティー
トライフルにも クロテッドクリームがぽんと のってやってきました
a0107981_214492.jpg

この時お茶をした 「Derricks Tea room」 では
クリームティーだけでも いちごと シャンパンストロベリージャムの付いた
The Original Derrick's cream tea のほかに
レモンカードつきの Queen Victoria's cream tea
チーズスコーンに チーズとチャツネつきの Gentlemen's cream tea
チェリースコーン& チェリージャムの Cherry Delight cream tea
チョコスコーン&チョコスプレッド の Chocolate Heaven cream tea などなど
すごい種類

子供たち向けのアトラクションが充実しているため
学校のスクールトリップや ファミリーに人気のチェダー村ですが
乳製品好きなら チーズとクロテッドクリームを楽しみに行くのも悪くないと思います~


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2012-03-20 03:00 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(2)

イギリスチーズ


先日 ウエンズリーデイルチーズの話をしましたが
イギリスのチーズと言えば なんと言ってもやっぱりチェダーチーズ
イギリスチーズ市場の50%を超えるシェアを誇っているだけあって
スーパーのチーズ売り場に並ぶその種類の多いこと!
他にも 世界3大ブルーチーズのひとつ スティルトン
その鮮やかなオレンジ色で目を引く レッドレスターやシュロプシャーブルーは
見た目よりずっとマイルドで 食べやすいイギリスチーズ
a0107981_6315147.jpg

パブの定番 プラウマンズランチには
ひとかたまりのチーズと サラダ ・ チャツネ・ パン
それに大抵 りんごが ぽんとついてきます

クリスマスシーズンになると登場するのが ジャーに入ったスティルトン
クランブリーなスティルトンには
細いスコップのような形をした専用のスプーンがあったりします
(写真のはそれではありません)

a0107981_632818.jpg
あまり日本では有名ではないけれど イギリスのチーズは安くて本当においしいんです
でも 買ってくると かなりワンポーションが大きいので
どうしても食べきれずに残ってしまうことがあります
そんな時我が家では チーズがよく セイボリーのビスケットに変身
チェダーでもエダムでも その他どんなチーズでも
ワインのお供にぴったりな おつまみになってくれます
a0107981_6322441.jpg

スティルトンもその独特のちょっと刺すような風味が なんとも大人なビスケットに☆
チェダーの時は ブラックペッパーもいいけれど
スティルトンになら 甘い香りのピンクペッパーがよく合います
このビスケット
焼いているときの匂いはかなり強烈なので 窓を開け放たないと辛いけれど。。。(笑)
a0107981_6324044.jpg

古いレシピ本を見ていたら 面白いレシピがあったので 作ってみたのが
「サマセット チーズ&アップルローフ」
サマセットの名物チェダーチーズとりんごの両方が入ったこのケーキ
おろしたチーズとりんご それにナッツが 合わさった
食事ともおやつともつかない なんともイギリスらしい
中途半端なケーキに仕上がりました^^
a0107981_6325733.jpg

イギリス人は ティーケーキやクランペットなどのバター付きパンを
午後の紅茶のお供にするのが好きだから
これにもきっと バターを塗って 紅茶のお供にするのでしょう

肉類には甘いフルーツソース
チーズにはあま~いチャツネを添え
食後には 塩分の強いスティルトンチーズに これまた甘~いポートワインを添える
イギリス人
イギリスでは 昔からしょっぱいものに甘いものを組み合わせるのがふつう
味覚の守備範囲は広そう だけど実際は
新しいものには飛びつかない 保守的な舌の持ち主が多くて
毎週末ローストでも 毎日チップス(フライドポテト)でも 決して飽きない
むしろ決まったものを食べるのを喜びとしている人が多いような。。。

あれっ?何を言わんとしていたのかわからなくなってきましたが
要は イギリスのチーズはおいしい~ということです(^^


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2012-03-18 07:53 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

B&B に泊まる


B&Bの話しが出たついでに・・・
B&B = ベッド&ブレックファスト というくらいだから
大事なのは ベッドと朝食


ちょっとモダンなタイプ
a0107981_2214453.jpg

クラシカルなタイプ
a0107981_222290.jpg

カントリーテイスト なタイプ
a0107981_22223100.jpg

そんな部屋の雰囲気はもちろん 大事だけれど
やっぱり一番重要なのは 朝ごはん☆
イングリッシュブレックファストなら どこも一緒でしょ と思いきや
ちゃんと作っている イングリッシュブレックファストと やっつけで作っているそれとは
天と地ほどの差がありますから(本当に!)
a0107981_2223634.jpg

それにたまには
キッパー(ニシンの燻製)のバターソースや ポリッジも おいしいから
フルブレックファスト以外の選択肢があると もっとうれしい ^^

「コーヒーがいい それとも紅茶?」 「卵は目玉焼き?スクランブル?それともポーチドエッグ?」
「パンはホワイト?それともブラウン?」

・・・ といいつつも 誰かに作ってもらう朝ごはん
それだけで充分 幸せだったりするのですが(^^


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2012-03-15 02:43 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

ティールームに泊まる


もう1軒 のティールームは
Aysgarth という Yorkshire Dales 国立公園入り口近くの小さな村の中
「Hamilton's Tearoom」
ティールームの2階は 可愛らしいB&Bになっています
a0107981_128382.jpg

ここにたどり着いたのは夕方 ティールームはもうクローズした後
でも せっかくなので 「ちょっとお店の中を覗いていい?」 と
お店の中を見せてもらっていると
「何か食べない? スコーンでもケーキでもなんでもいいよ」 との優しいお言葉!
ご馳走になったからと言うわけではなく 本当においしいスコーンです^^
a0107981_127481.jpg

そしてB&B のお楽しみと言えば 朝食
階段を降りる時から すでで漂う オーブンからの幸せな香り
ティールームに入ると シリアルやヨーグルト フルーツなどが用意されています
a0107981_1281973.jpg

そして メニューから フルイングリッシュブレックファストと
スクランブルエッグ&スモークサーモン をチョイス
どれも丁寧に作られていて きちんとおいしい ☆
a0107981_1284796.jpg

自分のティールームを持つのが子供の頃からの夢だったと言う 奥さんのサンドラさん
ベイキングが大好きな彼女は1日中キッチンにいるので
接客担当はもっぱら ご主人のスティーブさん
a0107981_129252.jpg

「こんなに美しくて静かな所に ティールームを持てて 僕たちは本当に幸せだよ」
と しみじみ語っていました
私たちも おかげで おいしい紅茶においしい朝食 ほんとうに幸せ
ありがとうございます(^^
a0107981_1292881.jpg

ウエンズリーデイルチーズに ルバーブ
ヨークシャーカードタルトに ファットラスカルに ヨークシャーパーキン・・・
おいしいものがいっぱいの ノースヨークシャー
「みんなこのへんは通過して湖水地方に行ってしまうけれど
本当はもっともっと静かで自然に溢れていて魅力的なんだけど、、、」
とのスティーブさんの弁

その言葉に わたしも大賛成 ☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2012-03-13 02:27 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(4)

ヨークシャーティー


ヨークといえば やっぱり「Betty’s」 と言いたいところですが
ここについては以前にも 何度か書いたので 今回は別のお茶所について。。。

まずは ルバーブを見に行った Wakefield からほど近い
Oulton hall hotel
敷地内にゴルフ場が広がる 実に広々とした緑豊かなホテル
a0107981_6302917.jpg

ここを選んだのは
このホテルの「Yorkshire afternoon tea」 という響きに惹かれたから^^
ヨークシャーハムを使ったサンドイッチに始まり
Oldroydes (見学に行ったルバーブ農家)のルバーブを使った ルバーブスコーン
ルバーブを使ったデザートに
a0107981_630485.jpg

ヨークシャーティーローフ&ウエンズリーデイルチーズ
そして紅茶はベティーズと同じグループの Taylor's of Harrogate による
Oulton brend とヨークシャー尽くしです
a0107981_631480.jpg

これにヨークシャーカードタルトや ファットラスカルなんかが入っていたら
もっと最高かも☆

お次は ノースヨークシャーのティールーム
そこは North York Moors 国立公園の入り口にある
Helmsley という可愛らしい町の中
ここは小さな町の中に 驚くほどティールームやカフェがいっぱい
めざしてきたみせは1軒だけだったはずなのに
あそこもそこもと 沢山入りたいお店があって大変☆

a0107981_6312573.jpg

だけど 今日は初心貫徹
2010年の UK Tea counsil による Top tea place に選ばれた
The Black Swan Tea room
1400年代から続く建物だという Helmsley のランドマーク的な
Black swan hotel に 併設のティールームです
a0107981_6314262.jpg

案外静かな店内では
紅茶を飲みながら のんびり朝の新聞を広げる人の姿が多く見受けられます
窓際にはさりげなく(?)Top tea place の証のステンドグラス

おススメの 紅茶はこだわりの Black swan blend だそうで
なんでも flowering Osmanthus ・white jasmine pearls・silver needle
gunpowder green ・ Rose congou などなどのブレンドなのだとか、、、

a0107981_6315634.jpg

さて 私たちは ここでもお決まりのクリームティーと
(ここではそういうセットはありませんでしたが)
フルーツケーキ& ウエンズリーデイルチーズの組み合わせ
a0107981_6321072.jpg

ここのフルーツケーキと ウエンズリーデイルチーズの組み合わせが
実に最高☆ これを最初に食べれば この組み合わせも きっと納得できるはず
チーズはこれくらい薄くスライスしたもののほうが ケーキには合います

久しぶりに会う友達とおしゃべりを楽しみに というよりは
もう 会話もなしで ボンヤリと あるいは
落ち着いてゆっくりと紅茶そのものを楽しみたい ティールームです


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2012-03-10 07:40 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(2)

ウエンズリーデイルチーズと 甘いものの関係


ルバーブを見にきた ヨークシャー
せっかくだから以前から気になっていたノースヨークシャー地方のお菓子も食べないと☆
と向かったのは Yorkshire Dales National Park
この緑豊かな広大なナショナルパークの中に
100年以上もウエンズリーデールチーズを作り続けている
Wensleydale Creamery があります

a0107981_1594858.jpg
ここでは実際のチーズの手作り現場を見学できる他に
昔ながらのチーズ作りの道具などを展示したミニミュージアム
試食や ウエンズリーチーズたっぷりの食事ができるカフェなどもあります
a0107981_202063.jpg

ほろほろとしたちょっとクランブリーな食感と 優しいミルク風味の穏やかな味のチーズは
プレーンよりむしろ クランベリーや アプリコットなどの入ったもののほうが
馴染みのある人も多いかも
ジンジャー入りや ラズベリーチーズケーキ入りなんてものもあります

a0107981_203822.jpg

さて お菓子といったのになぜ チーズ?と思われるかもしれませんが
ヨークシャーの中でも 特に北のこの地方ではドライフルーツたっぷりのフルーツケーキや
アップルパイに このウエンズリーデイルチーズを 添えて食べる習慣があるのです
ティールームのメニューで見かけるのが
「フルーツケーキwith ウエンズリーデイルチーズ」
市販のフルーツケーキにも 「 for cheese (チーズ用)」 なんて書いてあったりします
a0107981_205377.jpg
ふつうはプレーンのチーズを添えるようですが
クランベリーやジンジャー入りもまた 合わせるとおいしい (^^
最初は 「え~」 と思うけれど とてもあっさりしたチーズなので
重いフルーツケーキと合わせると とても食べやすくなるのです

アップルパイの場合は
「Wensleydale apple pie」 とメニューに見つけたら
それは いろんなタイプがありえます
ふつうのアップルパイの脇に チーズを添えるだけのものから
a0107981_21865.jpg

パイ生地の中に バターと共にチーズを一緒に練りこんだもの
フィリングの中に りんごと共にチーズのスライスを入れて焼いたものまで さまざま

どれが正解かは分かりませんが (多分どれも正解)
あとは好みの問題
この日泊まった 2階がB&Bになっているティールームのオーナーさんは
「りんごと共に焼きこんだタイプのものは 嫌~い
絶対脇に添えて一緒に食べるほうがおいしいよ!」 とのこと
確かに私も作ってみて
焼きこんでしまうと チーズが溶けてりんごが油っぽくなってしまうから
別添えのほうがおいしい☆ の意見に賛成

レーズンにせよ りんごにせよ チーズのプレートに一緒にのせたりするし
よく考えれば そう違和感のない組み合わせ
結構いけます

さて次回は ヨークシャーの甘いものが食べられるティー所のご紹介~



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2012-03-08 02:48 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

ルバーブ栽培のひみつ


さて ルバーブフェスティバルを後にし 向かうは Wakefield の町外れCartonという地域
ここでは 普段見ることの出来ないルバーブづくりのひみつを 覗くことができます。。。

予約しておいた時間になんとか到着すると
まもなくルバーブについての講義(?) 開始
歴史や品種・栽培方法・栄養成分・ 調理法
プラスここで作っているジャムなどの商品説明 etc.. これが長い!(^^;)
皆ルバーブ博士になったところで
ようやく Rhubarb Shed とよばれる くら~い部屋へ通されます

a0107981_19451837.jpg

そこは真っ暗 闇の世界
ゆらゆらと ろうそくの光だけが揺れています
徐々に目が闇に慣れてくると 見え始める ルバーブの姿
太陽の光から遮断して ホワイトアスパラガスやうどののように育てられる
forced rhubarb 作業する時は このろうそくの光だけでするそうです
a0107981_19453968.jpg

2年間太陽の光をたっぷり浴びて収穫を一度もせず しっかり栄養分をためた根っこを
このシェッドに運び入れ 適度の湿度と温度を与えると
にょきにょきと赤い茎を伸ばし始めるのです
a0107981_19455757.jpg

1年のうち 1月末からの2月末までの短い期間
ヨークシャーの 「ルバーブトライアングル」と呼ばれる
Wakefield ・ Leeds ・Bradford の3つの町で囲まれた地域で育てられる
貴重なルバーブ
a0107981_19461773.jpg
土に埋められているわけでもなく ただ床に載せられているだけの根っこの養分は
ここで全てを使い果たし 役目を終えるそう
手間ひまかけた真っ赤なルバーブは
夏のルバーブとは一味違う繊細さが魅力です
a0107981_19464168.jpg

ルバーブフェスティバルで買ってきた パイやタルトも
思いのほかおいしくて (見た目にだまされるときもあるんです)
あっという間にお腹におさまっていました
西洋大黄とも呼ばれるルバーブは 腸のお掃除にも一役買ってくれるそうなので
いっぱい食べても きっと大丈夫 大丈夫 (^^?


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2012-03-06 01:00 | イギリスイベント | Comments(2)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧