<   2011年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

となりのお庭

イースターを過ぎると ガーデンシーズン本番☆
イギリスにはあまたのガーデンがありますが どれひとつとっても個性的
たとえ同じガーデンでも 1ヶ月違うと全く違う庭に様変わり 飽きることがありません

とは言え 人間もっと気になるのはとなりのお庭(一般の人たちのお庭)(^^)
ガーデニングに情熱を燃やす人が多いお国柄
みんなどんなお庭なんだろうと思いながらも
お庭は大抵 道路の反対側にあるので 外からはうかがい知ることが出来ません

そんな個人宅のお庭を見れるよい機会が NGSのガーデンオープンデー
「イエローブック」と呼ばれる NGSの発行している黄色い冊子をチェックすると
その時 見学できるガーデンが記載されています
The National Gardens Scheme は年に数回一番いい季節の個人宅のお庭を
一般に公開し その入園料をチャリティーに充てようという団体
そのガーデンのオープンデーに行けば
普段見ることの出来ない個人のお庭を 見学でき チャリティーにもなるというわけです


a0107981_23542619.jpg

この日訪れたStone House があるのは Wyck Ressington という小さな村
2エーカーもあるという敷地は
どこからがおうちで どこからが牧草地なのか分からないほど広々
クラブアップルの花が咲き乱れる小道を行くと
そこには 明るいコンサバトリーのある素敵なお宅
小川が流れていたり 色々なタイプのガーデンが角を曲がるたびに現れます
a0107981_23544565.jpg

そして ガーデン散策の後は お決まりのティータイム
手作りのケーキと紅茶で一休み
これがしたくてガーデンに行っているんじゃないかと 言われますが
確かにそのとおり(^^) ホームメイドの素朴なケーキと ティーバッグのお茶が
こんなにおいしく感じるシチュエーションは他にはないでしょう。。
a0107981_235555.jpg
このNGS
1927年に発足し 今では英国内に3500以上のガーデンが登録しているそう
お庭を公開してチャリティーに充てる
チャリティーが生活に自然に組み込まれている 実にイギリスらしい福祉活動です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-04-29 00:44 | イギリスの花 | Comments(2)

チューリップの国 つづき


サーニーハウスのチューリップ
一体何種類あるのか もう誰も分からないそうです。。。

a0107981_224428.jpg
a0107981_225126.jpg
久しぶりに浴びた大量の太陽光と あまりに美しい花たちに
そろそろも~っとしてきた頭を冷やしたくなってきた頃
たどり着くのは 小さな古い小屋
ひんやりした屋内に入ると そこには手作りのケーキと ケトルが...
自分でお湯を沸かして紅茶を淹れて
まるで自分の庭のように 外のテーブルへと運びます
a0107981_2252163.jpg

「ミルクはある?」「冷蔵庫に入っているんじゃない?」
そう言って 冷蔵庫の扉を開けると
ちょっと ドッキリ☆
そこにはど~んと真っ黒なサーニー村特産の山羊のチーズがありました(^^;
よく見たら 扉に大きく Cerney cheese の文字。。。
少々勇気のいる見た目だけど おいしいそうなので 今度チャレンジしてみようかな

このガーデンは 入園料も チーズもみんな
そこにおいてある箱にちゃりんとお金を入れるだけ
どこまでものんびり平和な空気が流れています☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-04-27 03:00 | イギリスの花 | Comments(2)

チューリップの国


今年の春は あまりにも元気すぎて
地底から一気に春のエネルギーが噴き出しているよう
せっかくのイギリスで一番いい季節
もったいないから もうちょっと小出しにして欲しいくらいです(^^;

ここは Cerney house garden
コッツウォルズのノースサーニー村にある 小さなシークレットガーデン
a0107981_1731469.jpg

毎年この季節 1万本を超えるチューリップが庭中 咲き乱れ
そこは まるでチューリップの国
a0107981_17321493.jpg

丘の斜面に広がるお庭を手入れするのは ここのお屋敷に住むファミリー
この日はハーフターム 子供たちも総出でお手伝い
「やってもやっても 終わらないのよ~」
これだけのガーデン そうでしょうとも。。。
a0107981_17322998.jpg
ここにいると
おとぎの国に迷い込んでしまったような錯覚に陥るのは
きっと 日本でよく見る整然と並んだチューリップではなく
緑の中にまぎれるように チューリップがとてもナチュラルに咲いているから
a0107981_1733595.jpg

一緒に行った友人は
「この光景を写真に残すのは無理・・・目にしっかり焼き付けておくわ」
と途中でカメラを置いていました
そう思わせるくらい 光と色のエネルギーに満ちた一瞬でした



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-04-26 18:19 | イギリスの花 | Comments(2)

イースターの甘いもの


明日はイースターの2日前 「Good Friday」
数少ないイギリスの貴重な連休の始まりの日
そして 「ホットクロスバンズ」 を食べる日です ☆
正確(?)には イエスが十字架に磔になったとされる日で
いろいろ長い歴史と 深い意味があるのですが
今日は 「イースターの甘いもの」 に焦点を。。。 (いつものことですが (^^;

イースターといって まず思い浮かぶのが
「ホットクロスバンズ」 スパイスやドライフルーツを入れた小型のパンで
表面につける 十字架の模様が特徴です
横半分にカットして バターをたっぷり塗っていただきます
a0107981_23501983.jpg
そして もうひとつが イースタービスケット
カランツを入れて 表面にお砂糖をまぶして焼いた素朴なお菓子で
イギリスでも特に西部で多く食べられているよう
これは イースターの次の日「イースターマンデー」に食べるのが慣わしとか

他にも よく登場するのが ひよこや子羊の形のビスケット
こひつじにアイシングをしたら 「動物ヨーチ みたいだね」 って。。。
言われてみれば 確かに。。。
昔なつかし 「動物ヨーチ」 分かるかな?
a0107981_234943100.jpg

下の写真は 先日した キッズお菓子教室での模様
ロールケーキの生地を冷ましている間
イースター用のビスケットを焼いて みんなでデコレーション
子供たちのセンスに脱帽です(^^
a0107981_2350176.jpg

イースターのお菓子で 忘れてはいけないのが
「シムネルケーキ」 と 「エッグネスト」
エッグネストは シリアルに溶かしたチョコレートを混ぜて固めるだけの
超簡単お菓子 子供たちに大人気です☆

シムネルケーキは マジパンをサンドして焼いたドライフルーツたっぷりのケーキ
上にのった11個のマジパンのボールが特徴的です
(シムネルケーキについて もうちょっと詳しく知りたい方はこちらのシムネルケーキの欄をどうぞ)
a0107981_23504020.jpg


イースターは移動祝日なので毎年日付が違うけれど
今年はきっと一番くらいに遅いイースター(3月22日から4月25日の間で動くらしいので)
みんな待ちに待ったお休みです
もう菜の花も満開☆ みんな色々な計画を立ててウキウキ楽しそうです

鮮やかな緑と元気がもらえそうな黄色いっぱいの景色を
日本のみんなにも見せてあげたいなぁ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-04-22 00:55 | イギリスで学ぶ | Comments(4)

アフタヌーンティーセレクション Part.4


今日ご紹介するアフタヌーンティースポットは 「The Athenaeum
ロンドンの日本大使館からそう遠くないところにあるこのホテル
壁から植物がたくさん生えている緑の壁が目印
ガーデンルームでいただける ここのアフタヌーンティーのテーマはグリーン
モダンなラウンジに落ち着くと。。。
紅茶より先に サンドイッチがやってきました^^
ここのサンドイッチは お店の人が持ってきたトレーから好きなものを選ぶシステム
そして 「おかわりはいかが~?」と まわってきます
a0107981_0363993.jpg

そう言えばアフタヌーンティー特集といいながら ケーキのほうに集中してしまって
これまでまったく紅茶に触れていなかったような、、、(^^;
ここの紅茶は マーガレットホープダージリンをはじめ
20種以上のセレクションから選ぶことができ
途中で紅茶の種類を変えることも出来るので 何種類も楽しめます☆

a0107981_0365883.jpg

次にやってくるのが プレーンと オレンジ風味の「オレンジブラッサムスコーン」
トーストしたクランペットもやってきます
温かいクランペットにバターとはちみつをたっぷり染みこませて、、、
ここまでの粉物で 結構お腹はずっしり(笑)

a0107981_0371585.jpg

そして最後に登場するのが ペストリーのワゴン
「エバーグリーンアフタヌーンティー」 と名付けられているだけあり
ワゴンはおろかケーキの上にもお花がいっぱい☆
お勧めのキャロットケーキ他 シャンパンのゼリーなどなど並ぶ中 ここから3種類選びます

そして ここのアフタヌーンティーでもうひとつ特筆すべきは時間帯
3時位から5時過ぎまでと時間が限られているホテルが多い中
ここは12時半から19時まで いただけるので
ランチにも ちょっと早い夕飯にもできてしまいます(粉物オンリーでよければですが)
カジュアルな雰囲気でのんびりおしゃべりを楽しむには とても便利なアドレスです☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-04-20 01:10 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(2)

アフタヌーンティーセレクション Part.3


アフタヌーンティー特集 第3弾は ロンドンにある ホテル「 Connaught

アフタヌーンティーを頂くのは 太陽の光が入るとても明るい空間
ここで朝食を食べたら気持ちよさそう^^
a0107981_0491738.jpg
CHIC & SHOCK AFTERNOON TEA と名づけられたアフタヌーンティーは
フランス人女性シェフが腕をふるっているというだけあって 実にエレガント
サンドイッチも フォカッチャあり
スモークサーモンにわさびクリームの 一見おすし風のものありと いろいろ楽しめます
a0107981_0493479.jpg

スコーンに添えられるのは フランスらしく クリスティーヌフェルベールのジャム
日本ではとっても流行っていたけど イギリスで見たのは初めてかも
スコーンもプレーンの他に カカオニブをのせたチョコレート味の2種
a0107981_0495233.jpg

ケーキは パリブレストならぬ 「パリロンドン」があったり
コーヒー味のフィナンシェにマスカルポーネクリームをのせた ティラミス風
レモンのスポンジでレモンカードとラズベリーを巻いてメレンゲで覆ったロールケーキ
ココナッツのスポンジにバナナとライムのクリームそしてマンゴーのゼリーを重ねたケーキ
などなど 他のアフタヌーンティーのケーキとは一味ちがって
どれもフランス風(?)のひねりが効いています

a0107981_050997.jpg

そして 最後にはフルーツと マーブルのパウンドケーキ2種まで登場
これも お腹いっぱいなのに食べられてしまう あなどれないおいしさ
一つ一つのケーキが こんな風に全部おいしいアフタヌーンティーは珍しい。。。

「ホテル コンノート」
ここは是非もう一度行きたいと思う アフタヌーンティースポットです☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-04-17 01:21 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(2)

アフタヌーンティーセレクション Part.2


今日ご紹介するアフタヌーンティーは ロンドンよりちょっと西のハンプシャーにある
Four seasons Hampshire
門をくぐってから 建物にたどり着くまでが 長い長い
a0107981_1181395.jpg

車でしばらく走ります (^^;
敷地内には湖あり 乗馬をする人の姿あり 一体この敷地何エーカーあるのやら。。。

アフタヌーンティーを頂くのは the library
真っ白なテーブルクロスに散らされたバラの花びら
明るい日差しの差し込む部屋に 3段トレーが美しく映えます
今見ても おいしそう~(^^
a0107981_111228.jpg

スコーンは プレーンにアプリコット&紅茶の2種類
それにいちごと ルバーブのジャム もちろんクロテッドクリームも
特筆すべきはサンドイッチ
トリフ入りエッグ&クレソン ・ フムス&ドライトマトのグリルドラップ・
スモークチキン&バニラ風味の洋なし&松の実 etc...
どれも一つ一つ凝っていて 「これは何?」と楽しみながらいただけます☆
「お代わりはいかがなさいますか?」の言葉にはとっても惹かれるけれど
ここでお腹いっぱいにしてしまっては 先が続かなくなるので我慢がまん
a0107981_1111939.jpg

抹茶のマカロンはしわしわだったけれど(笑)ケーキもサンドイッチも
季節ごとに代わるようなので 何度行っても楽しめそうです
こんな豪華なマナーに泊まって 日がな一日乗馬やお散歩
そして午後のお茶を楽しむ人たち
まるで夢のような世界ですね。。。

ここもとってもお奨めのアフタヌーンティーのひとつです



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-04-14 01:52 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

アフタヌーンティーセレクション Part.1


前回にひきつづき今日からひさびさに数回
イギリスのアフタヌーンティーについて お届けしようかと思います。。。

まずは ブリストルからそう遠くないところにある 「Thornbury Castle
キャッスルというだけあって まさにお城です☆
かつては ヘンリー8世とアン・ブーリンも滞在したことがあるという由緒正しいこのお城
今では 一般庶民でも(^^)泊まれる とても雰囲気のあるホテル
重~いドアを開けると そこには甲冑がお出迎え
a0107981_1205386.jpg

アフタヌーンティーは 豪華な応接室かライブラリーで
お天気のよい日はお庭でもいいかもしれません
a0107981_1213772.jpg

アフタヌーンティーは 3時から
フィンガーサンドイッチに 焼きたてのスコーン
ケーキは キャロットケーキに ベイクウェルスライス・ ブルーベリー&チョコのプチエクレア
チョコレート&ヘーゼルナッツケーキに プチタルト
どれもシンプルだけど 私の好きな味です
a0107981_121104.jpg

そして 何よりもこの雰囲気と接客の丁寧さ
お茶は選ぶものによってはティーバックの可能性もありますが
途中 ティーカップからティーストレイナーまですべて交換してくれるし
ほんとうにのんびりくつろげるアフタヌーンティーです☆

今 どこでもドアが欲しいです
一緒にお茶を飲みたい人達が遠すぎます。(><)。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-04-13 02:12 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(6)

春全開

イギリスでは 一気に春が来て
今年は水仙も桜もチューリップもぜ~んぶ一気に咲き
もうすでに 菜の花とブルーベルすらも咲き始めています
それにぱ~と広がるのは花だけではなく 人も然り
イギリス人はもうこの週末 老いも若きもサンドレスに サンダル姿
ここは南のリゾート地?という感じ(^^;
それだけ この日差しがうれしいのでしょう

そして 今頃から夏にかけて よく見かけるようになるのが 結婚式
こんなお天気のもと 結婚式を挙げられたらどんなに素敵でしょう
a0107981_1736471.jpg

コッツウォルズのマナーハウスやガーデンで よく行われている結婚式は
家族と親しい友人くらいを招いた アットホームなものが多いよう
おそろいの衣装を着たブライズメイドに
幸せそうなカップルと 彼らを祝福する家族
こちらも自然と笑顔になります^^
a0107981_17362356.jpg

この結婚式をしていたのは Chipping Camden そばの 「Charingworth Monor
「せいの!」で フラワーシャワー☆
近頃 歳のせいか
こんな幸せな光景や きれいな景色を見ただけで どうも泣けてきて仕方ありません(^^;

a0107981_17364520.jpg

お茶に訪れた先で こういったブライダルパーティーに当たると
ラウンジやお庭は貸切になっていることが多いので
お茶は ちょっと端のバーなどで頂くことになったりしますが
これは全然ウエルカム(^^ 幸せのおすそ分けをいただけますから

a0107981_1737025.jpg

↑ これは そのチャリングワースマナーの 「ラグジュアリー・クリームティー」
いちご柄のお皿が なかなかキュートです☆
涙腺が緩んでも 食欲はまったく衰えを知らないようです~(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-04-11 18:22 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

カップケーキ kawaii


イギリスでここ数年ず~っと はやり続けているカップケーキ
ロンドンはもちろん 私の住む田舎カントリーでも
イギリスらしい地味なケーキが並ぶ中 そのカラフルさで異彩を放っています
そして 大人も子供もみんな大好き
a0107981_015361.jpg

もともとイギリスでは 「フェアリーケーキ」(妖精のようにかわいいから?)とか
「バタフライケーキ」 (ケーキの上部を少し切り取り それを垂直にカットし
もう一度ちょうちょのように角度をつけて飾ったカップケーキ)
と呼ばれて 存在してはいたのですが
今流行っているのは本当に 驚くほどカラフル☆
大分慣れてきたとはいえ いざ作るとそこまでカラフルにできない自分がいます^^;

近くの子供たちが日本へのチャリティーとして 学校でケーキセールをするというので
週末 うちで一緒にカップケーキを作りました

a0107981_02942.jpg

女の子のセンスは 実にラブリー☆
でも かわいすぎると男の子たちは買いづらいから...など
ちゃんとその辺も考えてデコレーション
a0107981_02254.jpg

本当に売ってしまうのがもったいないくらいに(本末転倒^^;)
かわいいカップケーキが出来上がりました☆
a0107981_024447.jpg
子供たちが一生懸命 日本のことを思って作ったカップケーキ
そして それを少ないお小遣いから買ってくれる子供たち
たとえ金額的には大きくなくとも いっぱい優しい思いが詰まっています
そんな思いも 一緒に届くとうれしいな。。。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-04-08 00:32 | レッスン | Comments(8)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧