<   2011年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

「ゆきちゃん」は 子ヤギだったかな?


先日訪れたTretower Court に早くもかわいい子ひつじが誕生していました
子ひつじを見ると あ~もう春だなぁと思います
(イギリス人のように スプリングラムだおいしそう~なんて思っていませんよ^^)

まだへその緒をぶらさげたままの こひつじ達
普段はお母さんともども警戒心たっぷりで 決して近づいてきてはくれないのですが
1匹だけ こちらに興味津々の こひつじが。。。
「べぇ~~」
a0107981_21111216.jpg

他の2匹は 「ねえ お母さん行っちゃうよ」
「早く行こうよ~ ねえったら~おいってっちゃうよ~」
「.....」 「あれっ ほんとうに行っちゃうんだ。。。」
a0107981_21114446.jpg

取り残された1匹に ゆきちゃんと勝手に名づけ
「ゆきちゃんおいで~」 と手を差し出すと。。。
あらあら ほんとうにトコトコ寄ってきました
どこまでも寄ってきて 今度は離れません
a0107981_2112068.jpg

抱っこしても このとおり☆
かわいすぎです
a0107981_2127657.jpg

しばらく遊んでいると。。。
お母さんが 向こうから「いいかげんにしなさい~」と呼んでいます
「ぼく もう 行かなきゃ。。。じゃあね。。。」
「なにやっているのよ もう~」
「あっちでみんなと一緒に遊んでなさい ほら」
a0107981_21122726.jpg

でもね まだ こちらに興味津々のゆきちゃん
本当におうちに連れて帰りたいくらいかわいい☆
a0107981_21124648.jpg

いつまでも 今のサイズのままのゆきちゃんでいてくれればの話ですが。。。
a0107981_2113341.jpg

。。。どか~んと 横座りしているパパヒツジ(?)を見ると
どうもそうはいかなそうです(^^;



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-02-27 21:39 | イギリス散歩 | Comments(12)

15世紀にタイムトリップ

ウェールズの緑豊かな自然の中に
Tretower court」 という中世のお屋敷が残っています
この土地に 屋敷の礎が築かれたのは11世紀
それから数百年 この辺りの領主の館としてあり続けたTretower castle
見るからに 重々し~い門をくぐると。。。
a0107981_23563927.jpg
そこには 詩人でもあった Sir Roger Vaughan が15世紀半ばに大改装したお屋敷と
堅牢なつくりのタワーがそびえています
a0107981_2357328.jpg

何世代にもわたって改装され続けた屋敷は
石造りの部分 木造の部分など 様々

表では 小さな木片を使って 木を裂いている人たちが。。。
昔は 板一枚作るのも大変なのに よくこんなに立派な 家具や家を作ったものです
a0107981_2357228.jpg

キッチンでは 薪を燃やし シチューを作っている娘さんとその父親らしき人物
ぐらぐら煮えたぎる鍋に
おいしそうな香り
まるで ほんとうに中世のお屋敷に迷い込んでしまったようです
a0107981_2357416.jpg


実はこの日 15世紀の生活の様子を再現しているというので訪れた訳なのですが
予想以上のナチュラルさに 少々ビックリです^^;
ふつうに食事を作り ふつうに会話をし ふつうに食べていますから。。。

a0107981_23582177.jpg

ダイニングには 城主とその家族のための席が 美しく整えられています

a0107981_23583913.jpg


彼らは 「The Marcher Stuarts」 という中世の生活様式を紹介しているグループ
HPでは
一人ひとりの役柄が紹介してあって 面白い☆
こんな団体があるのも
お城や古い建造物が多く残るイギリスらしいですよね
メンバー随時募集中だそうです(^^




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-02-24 01:27 | イギリスイベント | Comments(0)

スノードロップ さんぽ

毎年スノードロップの咲く今頃の季節 週末だけオープンするのが
Colesbourne park
6000エーカーもあるというその敷地には
お屋敷の他に 教会や湖などもあり とても個人所有のガーデンとは思えない広さです

今の季節はどこに行ってもドロドロなので
ウェリントンブーツ(長靴)は 車に常備
まずはみな 駐車場で靴を履き替えて いざお散歩へ☆
a0107981_65096.jpg
毎日曇りか雨ばかりで いい加減 嫌になってしまうけれど
真っ白なじゅうたんのように広がる スノードロップを見れば
春はもうそこ 寒さもどこかに吹き飛んでしまいます(^^
a0107981_652255.jpg
遠めにはどれも同じに見えるスノードロップ
でもよく見てみると 微妙に花びらや葉っぱの形が違っています
ここのガーデンはスノードロップの種類が多いことで有名
なんと200種以上もあるそうです
a0107981_653764.jpg

「雪には はじめ 色が無かった
そこで 雪は 花々に 色を分けてくれるよう 頼んだが
どの花にも断られ 唯一 スノードロップだけが その色を分けてくれた
そこで 雪は 春真っ先に咲く 栄誉をスノードロップ に与えた・・・」
そんな神話がぴったりくる 可憐なスノードロップ
a0107981_65543.jpg

。。。でも やっぱり寒いかも~(><)
足早に向かったのは 「TEAS」の文字
手作りのケーキと紅茶で £2.5!
心底温まりました
a0107981_661669.jpg

あたたかい紅茶とイギリスの素朴なケーキ
私の場合 これを楽しむためにお散歩しているような気もします(^^


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-02-21 06:40 | イギリスの花 | Comments(6)

1日パン屋さん


今日また一人 友人がヒースローから飛び立ちました
彼女は無類のパン好き☆
そんな彼女が 引越し前にキッチンに大量にある小麦粉を消費するため企画してくれた
パンをできるだけたくさん焼こうDAY

a0107981_2412722.jpg

この日は 次から次へと作りに作りました
なつかしの 「メロンパン」に「抹茶&さつま芋パン」
a0107981_2414623.jpg

「紅茶ブレッド」に 「全粒粉のチーズブレッド」
「ワイン付けのフルーツを入れたカンパーニュ」に 「ライブレッド」
彼女が前もって焼いておいてくれた 「サワードゥー」に「ソーセージパン」
他にもいっぱいありすぎてキッチンもダイニングもリビングも パン屋さん状態
真剣に これからラッピングして行商しようかと 話したくらい^^;
a0107981_24235.jpg

この日私が彼女と作りたかったのは
「brioche de Saint-Genix(ブリオッシュ・ド・サンジェニ)」あるいは
「gâteau de Saint-Genix」 と呼ばれるパン菓子

以前彼女と一緒にパリに行った時に買った ピンクのプラリネを使って
この日のフィナーレに焼いたパンは とりにふさわしく
最高においしく焼きあがりました☆
pralus のLa Praluline よりおいしいよね☆」とみんなで自画自賛(^^
a0107981_2581621.jpg
そういえば サロンドショコラでは Pralus が実演販売をしていましたが
驚いたのはそのプラリネの量!
思わず買うのをやめようかと思ったほど
ひとつのパンに この山盛りのプラリネって。。。。
今までこれをパクパク半分くらい一気に食べていたけれど
それってすごく怖いことをしていたのかも(^^; でも止まらないんですよね。。。
a0107981_3123991.jpg

またひとり友人が遠くに行ってしまったのは寂しいけれど
きっと会わない間に もっと腕を上げていて
次に会う時は さらにおいしいパンを食べさせてくれるんだろうな

期待しているね~ Keep baking~☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-02-18 03:37 | イギリスのおいしいもの | Comments(5)

Le Manoir aux Quat'Saisons


farewell party がつづいています。。。
湿っぽくばかりしていても仕方ないので
おいしいものをみんなでめいっぱい楽しむことに^^

今回は豪華なことに オックスフォード郊外にある 5つ星ホテル
Le Manoir aux Quat'Saisons
a0107981_23262285.jpg

ここのレストランは Raymond Blanc 率いる ミシュランの☆☆
ホテルに一歩足を踏み入れたとたん
他のコッツウォルズのマナーハウスとはちがう雰囲気、、、
かなりポッシュ感漂う空間です
まずは ラウンジでアペリティフ片手にメニューとにらめっこ。。。
うつくしいアミューズブーシュも運ばれてきます

a0107981_2326402.jpg
メニューが決まったら テーブルへ
パンひとつとっても ここがイギリスであることを忘れるよう。。。

オードブルは 「クラブとマンゴー そしてキャビアのサラダ」
キラキラしていて 食べるのがもったいないくらい
a0107981_23265687.jpg

そして 2皿め 「ワイルドマッシュルームのリゾット トリュフクリームのせ」
3皿めのお魚料理と続きます
お魚は しっとりしたコーニッシュコッドと牡蠣に きゅうりがさわやかな一品
a0107981_23271218.jpg

4皿目は 鴨のロティーに柑橘系のソース
お肉が苦手な人には お魚料理にも代えてくれます
a0107981_23272642.jpg

どれもこれも 手が込んでいて
おなかがいっぱいなはずなのにフォークが止まりません^^;
そして お料理もさることながら 感心したのがスタッフの人たちのサービス
スマートだけど 冷たくないジャストな距離感です☆

途中の会話で この食事が
フェアウェルパーティーと知り
a0107981_23273786.jpg彼女のデザートには
「Good luck」 のプレートが。。。
こんなちょっとした気遣いも
うれしいですよね (^^


いったい
どれだけゆっくりしていたのか
ラウンジで コーヒーとプチフールを頂く頃には
すっかり日も暮れ始めていました


I'm really happy to have met you in UK!
またいつか一緒においしいご飯を食べようね~



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-02-15 00:37 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

ノーウィッチ大聖堂


a0107981_1225955.jpg


ノーウィッチ大聖堂の門をくぐった瞬間
正面から歩いてきたご婦人が突然
「あなた達日本人? ここの大聖堂は ほんとうに本当にすばらしいのよ~」
「◎X△・・※・・・」
「じゃあ 楽しんでね~」 とひとしきり

そうか~ そんなに素晴らしいんだ。。。



。。。入ってみました

確かに 美しい
1096年から造られはじめ
1145年に完成したというNorwich Cathedral
高さ96メートルあるという尖塔もさることながら
その身廊の豪華なこと
a0107981_195982.jpg

そして ステンドグラスもまた色鮮やか
a0107981_1311345.jpg

実に荘厳な雰囲気です
a0107981_1324077.jpg

壁には 今ちょうどカリグラフィーで習っているゴシックの字体が刻まれており
そうそう この「フィッシュテイル」(文字の上に魚の尻尾のように割れている部分)
がうまく書けないのよね。。。と思ったり
a0107981_1121611.jpg

書くのにすごく時間がかかるゴシック ついつい億劫になりがちだけど
いつかこんな風にかける日が来るのかな。。。?
a0107981_1514784.jpg


初のノーフォーク周辺さんぽ
のんびりして なかなかいい所です☆
海も近いし 夏に行ったら また全然印象が違いそう~

やっぱり 太陽が恋しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-02-12 02:04 | イギリス散歩 | Comments(2)

Norfork さんぽ sanpo

先週末は これまであまり行っていなかったイギリスの東方面におさんぽへ
車で走ること4時間弱 向かうはNorfolk 方面
今回は確たる目的もなく のんびり旅
アンティーク屋さんをのぞいたり
ティールームでお茶したり。。。
必ず行かないといけないのは 予約しておいたB&Bくらい
a0107981_821593.jpg

これといって何もな~い(失礼) のんびりしたSculthorpeの村を流れる川
そしてその川をまたぐように建てられた その名もSculthorpe Mill という名のB&B
1700年代に建てられたという建物から見えるのは 川と緑のみ
田舎のおばあちゃんのおうちにでも お泊りに来たみたいです^^
a0107981_824198.jpg

おいしい朝ごはんを たっぷりゆっくり食べた後は Norwich へ

ここで見たいのは ノーウィッチの大聖堂と キャッスルミュージアム
キャッスルミュージアムというと ついつい甲冑や 当時の生活を再現した蝋人形とかが
おいてあるのかなと思いがちだけれど
意外とどこもバラエティーに飛んでいて面白いんです☆
ここは動物や鳥の剥製が 実に圧巻☆ よくぞここまで集めました。。。
(結構不気味なので写真は省略)

そして 「ティーポット」 のコレクション
時代ごとに並べられたティーポット いったいいくつあるのやら。。。
中には 注ぎ口が2つあるものとかも。。。
ひとつのカップにだけ注ぎたい時はどうするのかな?
a0107981_832180.jpg

思わず小躍りして喜んでしまったのは
「カスタードカップ」 のコレクション
ちょこんと帽子のように蓋がのった ぽってりキュートな姿がたまりません☆
こんなに並んでいるのを見たのは初めて
ケースごとコンプリートセットで欲しいくらいです(^^
a0107981_83216.jpg

私が集めているカスタードカップは ガラス製の足がついたタイプのもの
カスタードや 冷たいデザートを入れるのに使われていたそうで
古いものになればなるほど 傾いていたり気泡が入っていたり
そのいびつさがなんともいえなく
つい ひとつふたつと 増えてきています。。。
a0107981_833882.jpg
・・・さて
長くなってきたし 12時も過ぎことだし
つづきはまた明日^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-02-10 09:14 | イギリス散歩 | Comments(4)

春はもうすぐ


ここのところ毎日 つよ~い風&どんよりおも~い曇り空

でも 春はもうすぐそこまで来ているようです
ピンクの小さな花をいっぱいにつけた桜
a0107981_1312848.jpg

枯葉の間から 元気に顔を出した 水仙たち
a0107981_1394061.jpg

そして 昨日は スノードロップもたくさん見つけました☆
a0107981_1461615.jpg
強風にぶるんぶるん震えながらも 元気に咲いている姿を見たら
なんだか わたしも寒さを忘れて パチパチ写真撮影
a0107981_1324051.jpg

a0107981_137996.jpg

ティールームでいつも聞かれる
「パイに添えるのは カスタード?クりーム?
それともアイスにする?」 の質問には
まだまだ 温かいカスタードを
選んでしまうけれど
「アイスクリーム プリーズ!」 といえる日も
そう遠くなさそうです(^^


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-02-08 01:45 | イギリスの花 | Comments(2)

ピッツァ奉行

週末の出来事を書こうと思っているうちに 気づくともう金曜日
1週間が早いです そして今月は2月 これまたあっという間に過ぎてしまいそう。。。
ということで この前の週末のお話し

我が家のピッツァ奉行は いつの頃からかだんな様
ピッツァとうどんは完璧お任せです☆
この日は イタリア料理が大好きで イタリアまで何度も勉強に行っている友人に
ピッツァ講習会 もとい 一緒に食べよう会
だから いつもより さらにおいしく作らないとね。。。

小麦粉に イースト・お塩 ・水・オリーブオイルなどを加えて こねこね
発酵を待つ間に トッピングの準備
そして 生地が倍くらいに膨らんだらのばします うす~くうす~く
a0107981_08788.jpg
ソースとトッピング そして
イギリスでは とっても贅沢に使えるチーズをたっぷり
モッツァレラに マチュアチェダー・ スティルトンに パルミジャーノetc...
本場では このチーズはピッツァには使うとか使わないとかあるのかな?
その辺はよくわかりませんが
とにかく我が家では自分の好みのチーズをたっぷり
さぁ☆
おいしそう~に焼きあがりました(^^
a0107981_082681.jpg

「これだけは 熱いうちに食べないとね」 せっせせっせと食べていたら・・・
なんか焦げ臭くない??

a0107981_084274.jpg
あ~!忘れていました オーブンの中のカルツォーネ
膨れるだけ膨らんで なんだか 怪しい姿になっちゃいました
焦げ始めているし。。。
a0107981_085852.jpg
でも 大丈夫 なんとかセーフ
見かけは今一歩だけど 「今までで一番おいしいよ~♪」とほめられご満悦(^^

ここに来て チーズがおいしい分 さらにパワーアップ
けど ほんとうにおいしいので 我が家のピザパーティー
参加希望者 随時募集中です ♪
(私が楽できるパーティー大歓迎)^^



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-02-05 00:49 | イギリスのおいしいもの | Comments(4)

ティンターンアビー


ワイ川を越えると そこはもう ウェールズ
そのワイ川のほとりに
今はもう廃墟と化している 「Tintern Abbey」が凍ったように佇んでいます

1537年頃 ヘンリー8世によって解散させられて以降
さしもの堅硬な石造りの建物も 500年近くの風雨には勝てず
天井は落ち 今は柱と所々壁が残るのみ。。。
a0107981_8253884.jpg

ワーズワースが詠い ターナーが描いたこのアビー
廃墟になってなお 迫力があり
それゆえいっそう侘しさが感じられます(冬だから余計に...)
a0107981_8263818.jpg

ここのところ寒さが舞い戻ってきたイギリス
真冬の廃墟に 心底寒くなってきました。。。
「ティーにしようか。。。」
a0107981_8265617.jpg

逃げ込むように入ったティールーム
暖炉そばの椅子に座り ほっとひとごこち。。
温かい紅茶で 手を胃袋を温め生き返りました
そしてここはウェールズ
バター付きの「バラブリス」(レーズン入りケーキ)も欠かせません
a0107981_8331990.jpg

もちろんスコーンもね☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-02-02 09:50 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧