<   2011年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

オーツケーキ


先日 チャツネと共に食べるとおいしいです~と書いた「オーツケーキ」
スーパーに行けば クラッカーの隣に必ず並んでいるけれど
作っても意外と簡単なので レシピを ちょっとご紹介☆
ちなみに 「オーツケーキ」といっても ケーキではなく クラッカーの仲間です

a0107981_738830.jpg
オーツ(カラス麦)は 白米に比べると 鉄分は約5倍・カルシウムは約9倍
食物繊維は約22倍もあるそう
和食と比べて 「これは体によさそう~」 と思う食材が少ないイギリスでは貴重な存在です(^^
一番一般的な食べ方は 「ポリッジ」
牛乳を加えて煮るおかゆのようなもので
ゴールデンシロップをかけたり 人によっては お塩を入れたり
寒い冬の朝には シリアルより ずっと体を温めてくれるので 私は好きです☆
粉状に挽いてある オーツなら ソーダブレッドにして食べても
オーツではありませんが 「パールバーリー」 という麦の一種もまた栄養たっぷり
こちらはスープや煮込み料理などに入れるのが 一番☆
a0107981_7391653.jpg

お菓子の材料としても オーツは大活躍☆
1番人気は何といっても 「フラップジャック」
大きなトレーで焼いたまま売っているものもよく見かけます
これは 割りながら食べていると エンドレス。。。(^^;
a0107981_7471551.jpg

焼き菓子だけではありません
スコットランドのデザート 「cranachan (クラナハン)」 は
泡立てた生クリームとスコッチウィスキー
そこににオーツを混ぜた合わせたデザート
オーツの食感が いいアクセントになります

オーツを使ったお菓子は
おいしいのはもちろん
体によさそうなので多少罪悪感が軽減されるのもね いい点です(^^


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-01-31 09:04 | イギリスのおいしいもの | Comments(4)

チャツネ & ジェリー


せっかく 大きな銅鍋が 我が家にやってきたので
うどんを茹でるだけではもったいない
洋なしがたくさんあったので チャツネを作ってみました

チャツネ作りは意外と簡単
洋なし・りんご・クルミ・サルタナ・たまねぎ などに
大量のサイダービネガーとお砂糖などを加えて ことこと煮詰めていくだけ
あとは好みのスパイスを加えて完成
うち中 酢の香りで微妙な空気になったけど 結構おいしく出来ました(^^

a0107981_2311776.jpg
イギリスに来てはまったもののひとつ 「チャツネ」
チャツネはいわば 野菜や果物の酢入りジャム
最初は野菜のジャムなんて~と思ったけれど これが案外癖になります☆
日本ではカレーに添えるマンゴーチャツネくらしかお目にかからりませんが
スーパーやデリには ジャムより多いくらい たくさんの種類のチャツネがずらり
そして お肉屋さんやチーズ屋さんにも

a0107981_225560.jpg
キャラメライズドオニオン ・ サンドライドトマト&ガーリック といった野菜ものから
フィグ&ウォルナッツ ・ プラム・ クランベリー そして一番ポピュラーなアップルまで
その種類は星の数ほど(ちょっとオーバー?)
どうしてお肉屋さんやチーズ屋さんに チャツネが置いてあるかというと
チャツネは ローストしたお肉や コールドミート チーズなどと一緒に食べるから
ある時 チャツネ作りが得意な知り合いに 「日本にチャツネはないよ」と言ったら
「え~?じゃぁ ハムにはなにをつけて食べるの??」と驚かれたことが。。
「えっと 日本だとせいぜいマヨネーズとか。。。?あとは何もつけないかなぁ」

いま家にあるのは 「Eve's Revenge Chutuney」
面白い名前につられて買ったけど りんご&チリ ?予想では。。。
濃いピンク色は 「ビートルート&ホースラディッシュ」
ダークブラウンは 「プラム&ナッツ」
そして 透き通る淡いグリーンの セージジェリーやタラゴンジェリーは
やはりお肉類に添えるジェリー
ミントやローズマリーなら ラムに レッドカラントやクランベリーならターキーやガモンに
セージやアップルならポークになどなど
a0107981_3493458.jpg

他にも お肉のパイなどに添えたり
チーズと共にサンドイッチにしたり 色々楽しめます
私が好きなのは オーツケーキ(オーツで作るクラッカーのようなもの)に
チーズと一緒にのせて食べる食べ方
これはワインがすすみます(^^

我が家の一角に積み重なる大量のジャムを上回る勢いで 増殖するチャツネ瓶
これ以上お砂糖を摂取してはいけないと思いつつも
お店に入ると またチャツネコーナーに吸い寄せられていくのでした。。。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-01-29 03:50 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

アンティークフェア sanpo


冬の週末ということで 例のごとく向かったのはアンティークフェア
今回は バースから少し南に下った Shepton mallet で行われた
アンティーク&コレクターズフェア

広いショーグラウンドの中は お店ごとに小さなブースに分かれ
シルバーウェアから 家具 絵画まで アンティークなら何でも売っています
a0107981_18503549.jpg

100年を超えてもなお 美しいシルバー類にも魅かれるけれど
見ていておもしろいのは コレクターズグッズや
おもちゃなどの いわゆる欲しい人にとっては宝物
興味のない人にすればただのガラクタ というものたち

いつか目が合い 家に連れて帰ってくれる人を待って
たくさんの不思議グッズたちが 並んでいます

a0107981_1851957.jpg

手に入れた宝物を大切そうに抱えて歩く人たち
好みは人それぞれ。。。
a0107981_1850505.jpg

イギリスでは毎週末必ずどこかで開かれているアンティークフェア
それは村の小さな集会場だったり 大きなショーグラウンドだったり 規模は様々
チャリティーショップや リサイクルが当たり前のイギリス
古いものを大切にする文化は とてもいい事です☆
a0107981_18513227.jpg

。。。とはいいつつも 週末ごとに出掛けてはガラクタが増えつつある我が家
そろそろ別の 冬のお散歩コースも 探さないといけないかも?


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-01-26 19:21 | イギリスイベント | Comments(6)

ティーマスタークラス


すっかり紅茶話が続いていますが
今日のテーマも 「紅茶」

ずらりと並んだ 紅茶は
どれも 少しずつ色や香り 味が違います
こうやって比べてはじめて分かることの 実に多いこと☆
a0107981_64087.jpg
UK ティーカウンシルが主催する 「ティーマスタークラス」は
紅茶ってどんな植物?
どこでどうやって作られているの?
ダージリンとセイロン ・ ホワイトティーとウーロンティーはどう違うの?
そういったことから
おいしい淹れ方まで 教えてくれる1Dayクラス
講師は UKティーカウンシルの理事でもあるティーテイスターのTim Clifton氏
先日のアフタヌーンティーパーティーで楽しいお話を聞かせてくれた
Jane Pettigrew 氏 のおふたり
ともに 紅茶を知り尽くした紅茶マスター
実に明快で分かりやすい講義です
a0107981_642027.jpg
まずは 植物としての「茶」 について
イギリスにおける茶の歴史
「茶」から作られる沢山の種類のお茶について
紅茶の作り方 などなどについての講義
基本的な知識を得たところで 次は 紅茶のテイスティング
茶葉の色形 ・ 水色・ 香り・ 味 ・茶がらのかたち ・ 香りをそれぞれチェックしていきます
a0107981_643972.jpg

自分の記憶に残るような表現で色や味の違いを記すことの難しいこと
比べれば 違いは分かるけど どれかひとつを出された時でも
きちんと分かるように記憶しないとね。。。まだまだ難しいです(^^;
テイスティングしながら
「紅茶はまるでワインのようだね」 と誰かが言ったら
「ワインは1年単位の味の違いだけど 紅茶は同じ年の中でも摘んだ時期で
また味が変わるから もっと難しいんだよ」
。。。いったい紅茶と何年向き合ったらそこまで分かるようになるのやら。。。
a0107981_645742.jpg

午後は ホワイトティー・ グリーンティー・ イエローティー・ ウーロン茶・プーアル茶について
最近イギリスで流行っている ホワイトティーにはみんな興味津々☆
この日の参加者は ティールームを営んでいるご夫婦・ これから開きたいという人
やはりカフェを開きたいのというシンガポールからの女性などなど
仕事に役立てたい~と思っている人が多いらしく 意外と男性の姿も多くみられます

面白かったのは緑茶の話しの時にでてきた「茶せん」
「これって竹一本から手作り?!」とみなビックリ☆
そう言われれば 私たちは当たり前に見ていましたが
竹をあんなに細く削るってすごい技術ですよね。。。
でも煎茶の香りは 「海草の香り」とか 「セイボリーのにおいがする」とか
ちょっと微妙なコメント多し(^^;
a0107981_621466.jpg

最後は フレーバーティーや変わった形のお茶の紹介
パーフェクトな紅茶の淹れ方 などなど
上記13種が この日 テイスティングしたお茶の種類
このクラスでまたお茶が 身近なものになったような
深淵をのぞき その奥深さにため息 のような。。。
a0107981_665920.jpg

さてさて 楽しかった講義も終わり
サーティフィケイトを手渡された後は
アフタヌーンティータイム ☆
今日一日さんざん飲んだはずなのに
スコーンののった3段トレーがでてくると
またいくらでも飲めてしまうんですね
これが。。。

最後の紅茶が一番おいしかったです(笑)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-01-24 09:16 | イギリスで学ぶ | Comments(4)

アフタヌーンティー パーティー


日本にいるときは
食後には必ずコーヒーを飲まないと落ち着かないコーヒー党だったわたしも
さすがに イギリスに来てからは めっきり紅茶をいただく回数が 増えました
そして せっかく飲むのなら もっときちんと知りたいと 通い始めた紅茶教室
アフタヌーンティーでも ケーキやスコーンにばかり気を取られ
メインであるはずの 紅茶をないがしろにすることも
少しは減ってきた はず。。。


a0107981_738624.jpg



先日 Hotel The Langham で行われた
アフタヌーンパーティーは
お世話になっている 紅茶教室の先生であるスチュワード麻子先生 主催のイベント

メインダイニングである
「The Landau」 を借り切って
優雅なでも和やかなひとときでした
(写真を撮っている姿は 決して
優雅と言えなかったけれど。。。^^;)

2010年の 「トップ・ロンドン・アフタヌーンティー・プレイス」に選ばれたこのホテル
ふつうのアフタヌーンティーでも充分豪華ですが
この日は
さらに 1ランク上の 「BIJOUX Afternoon Tea」

a0107981_738292.jpg
まずはシャンパン
カシスのデザート
ローズ色の華やかなフレーバーティー
そして 豪華なサンドイッチ とつづきます
サンドイッチは
フォアグラとトリュフのパルフェ・ スモークサーモンや ダッグエッグといったフィリングが
薄切りのベーグルや ラップ・ シューなどと組み合わされ
まるでオードブルのよう☆ これは楽しいです
a0107981_739117.jpg

この日のゲストスピーカーは
UK ティーカウンシルで講師も勤める紅茶研究家の Jane Pettigrew 氏と
紅茶専門店「ポストカード・ティーズ」オーナーの Timothy d'Offay 氏
おふたりとも 紅茶と共に歩んできた人生が 実によく伝わってくるスピーチに
色々な生き方があるものだと 感心しきり。。。

a0107981_7391971.jpg

さて
サンドイッチに続くのは スコーンです
プレーンの他に シャンパンに浸したレーズン入りと
マリネされたオレンジとチョコレート入りスコーンの3種
ケーキは ビジューアフタヌーンティーと名付けられているだけあって
それぞれ高級ブランドの名前がつけられています
• Asprey diamonds • Baccarat eclipse
• Chanel pearl • Délices de Cartier • Bulgari B.zero

a0107981_7405079.jpg

この日は珍しく 旦那様もアフタヌーンティーに参戦 参加
ふだんはあまり一緒に連れてきてもらえない アフタヌーンティーに
「いつもこんなおいしいことしているんだ~」
「いえ、 たまにです。。。(^^;」
とりあえず楽しんでくれたようでよかったです。。。

コーヒーは一人で静かにもいいけれど
やっぱり紅茶は誰かと一緒に飲むほうがおいしいな



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-01-21 09:44 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(4)

イギリス一かわいい村


「The Prettiest Village in England 」と称される Castle Combe
15分で歩けてしまうほど 小さな村だけど
14世紀頃から残る街並みは いかにもイギリス
a0107981_1721225.jpg

この街並みを求めて 夏にはたくさんの人が訪れますが
この季節は通りを歩くの人の姿もまばら
静かに浸るには 冬がおすすめ
冷た~い風や雨のない お天気の日限定ですが・・

a0107981_17204454.jpg

煙突からのぼる煙
窓辺で外を眺める 猫
どこを切り取っても 絵ハガキのような光景
いつも置いてある 手作りケーキの無人販売は
レモンドリズルケーキにパンプディング そしてバナナケーキ
a0107981_17195749.jpg

そして この村で有名なのが 「The Monor House Hotel
まるで 公園のように広大に広がる敷地には
600年以上前の領主のお屋敷を改装したマナーハウス
モダンに改装された マナーハウスが多い中
ここは昔の風格ある内装がそのまま生かされていて とても重厚な雰囲気です

a0107981_17201298.jpg

ティーギルド(英国紅茶協会)による
"Top City & Country Hotel Tea Award 2010"
にも選ばれている このマナーハウスですが
今回は アフタヌーンティーではなく ランチです
ミシュランの☆をもつ 「Bybrook Restaurant」では
ランチコースなら アミューズ+3コースが£30でいただけます
右下のオードブルは
ダックエッグのポーチドエッグに エルサレムアーティチョークをピュレにしたソース
エルサレムアーティチョークはお芋のような野菜)
a0107981_17202658.jpg
食後は場所を移して 薪のぱちぱち燃える暖炉の前でのんびりティータイム
紅茶のラインナップはさすがの15種類
テーブルに茶葉を運んできてくれるので 自分で香りを試してからオーダーできます
で この日選んだのは アロエにローズペタルなどが入った紅茶
不思議な組み合わせだけれど 合うものなんですね。。

スタッフの人たちもみな親切で とても楽しく過ごすことができました
でもこれが フェアウェルパーティーでなければもっと 良かったのに。。。
異動の多いこの季節 出会いはいいけれど
お別れはいつも寂しいです~(><)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-01-19 18:32 | イギリス散歩 | Comments(2)

バランス感覚

先日 階段から落ちました
バランス感覚がちょっぴりおかしいらしく よく落ちたりぶつけたりします
おかげで 湿布を大量消費の日々

で 出来るだけ体を動かさず
家で 焼き菓子を焼いては せっせと食べていたら
当然のことながら 体がめっきり重くなりました☆
a0107981_8315638.jpg


洋服もなんだかきついけど
a0107981_832994.jpg


お菓子を焼くのも 食べるのも
我慢するのは
まばたきをしちゃだめと 言われるのと同じくらい
無理なんです 。。。 (^^;

a0107981_8322784.jpg




でも今年は もう少し いろいろな意味でバランス感覚 養わないといけませんね
2011年の抱負です☆




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-01-18 09:07 | イギリスのおいしいもの | Comments(4)

ドロドロ仲間


12月の異常な大雪や寒さと比べて 1月に入ってからは比較的マイルドな日々
でも 最高気温が10℃越えの日が続くと
そろそろドカンと来そうだよね。。。と ちょっとみんな警戒気味(^^;

そんな感じで気温は高めだけれど お天気は相変わらず 曇り or 雨
靴の裏も 車もいつもドロドロ

ドロドロついでに お馬さんが見えたので 柵まで近づいてみると
白と黒の2頭は はるか向こう
これでは写真は撮れないと 「お~い」 呼んでみました
あれっ ちょっと反応した?
「お~い お~い☆」
a0107981_2394150.jpg

「お~い☆」
変な人間2人が 足元どろどろにして 呼んでいるのを かわいそうに思ったのか
2頭とも 近づいてきてくれました(^^
a0107981_240112.jpg

「何か用~?」
a0107981_2401952.jpg

いや 特に用と言う訳ではないんだけど
もっと近くで見たいなぁと思って。。。
a0107981_2403477.jpg

あんまり近すぎて写真が撮れない(^^;
(うちのレンズはちょっと望遠が利いているのよね。。。)
それにしても 「かわいいね~君」 すごく優しい目
お洋服はドロドロだけど。。。

「用事がないなら僕達もう行くよ」

a0107981_2405125.jpg

はい お呼びたてして
すみませんでした(^^;

でも 来てくれてありがとう♪



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-01-16 03:13 | イギリス散歩 | Comments(2)

冬の過ごし方


クリスマスが終わってしまうと ほんとうに イギリスの暗~い冬を実感
昇ったと思うと あっという間に暮れてしまう太陽
というか ほとんど毎日どんより曇り空
だから ちょっとでも青空が見えていると
どこかに出かけないといけない気がしてちょっと焦ったり。。。(^^;

我が家の 冬の週末の過ごし方は
予定がないと 大抵 アンティークフェア&ティールーム の組み合わせ

先週末は久々の冬晴れ☆
どこかに出かけないともったいな~いというので 向かったのは
Worcestershire のMalvern という町で行われていた
アンティークフェア
a0107981_2110189.jpg


冬のイギリスらしい どろどろの駐車場に車を停め
芝生を横切った先にある ショーグラウンド(イベント会場) に入ると
あるわあるは 古いものが山積みに
これをお宝とみるか ガラクタとみるか それはその人次第^^

a0107981_21101886.jpg

みな真剣なまなざしで 品定めです
ここで自分の欲しいものを探すのも もちろん楽しいのですが
それ以上に
他の人が手に取っているものを見るのが面白い!
え~そんなガラクタ(失礼!でもそうとしか見えない)ものが欲しいんだ
とビックリすることしきり☆
まぁ 私が悩んでいるものを見ても みなそう思っているんでしょうけど。。。
a0107981_21103398.jpg

例えば 今回悩みつつも買ったのは 「クリームメーカー」
この緑のところに バターとミルクを溶かしたものを入れてシュパシュパすると
クリームが出来るそうです。。。
「市販のクリームより安くクリームが作れるから 昔は人気だったのよ」 とお店の人
実験したさに 思わず購入。。。
あとは コッパーの100年以上前のもの(ちょっと怪しい)だという大きな鍋
これは うちの旦那様が うどんを茹でたいというので購入
私はジャムを煮ようかな
それに HOVIS のパン型トーストラック
HOVISは イギリスの 大きなパン&製粉メーカー
ここが昔出していた パン型のノベルティーシリーズがかわいくて☆
a0107981_21105036.jpg

パン型の ポットやカップ・ ソルト&ペッパー ・ バターディッシュに お皿などなど
大分揃ってきました☆
こんな感じで アンティークというよりはおもちゃが 我が家にまた到着。。。
この日は 他にもたくさん目に留まるものがあって大変
家の中が ガラクタ屋敷にならないよう 気をつけないと(^^;

山のような品物の中を あっちに行ったりこっちに行ったり
悩んだり 値切ったり(^^;) 楽しいけれどやっぱりちょっと疲れます

そこで ティールーム目指して移動~
会場から 車で30分くらいのところにある Ross on Wye という町に到着
ところがあれ??お目当てのティールームがなんか違うお店に代わっている。。。
(よくあることです・・・)
a0107981_2111457.jpg
仕方ないので キョロキョロ
ありました ありました(^^) クリームティーの看板が
イギリスのカントリーサイドのいいところは
どんなに小さな町にでも アンティーク屋さんと 雑貨屋兼郵便局
そして パブorティールームがあるところ
この日 ランチ後に頼んだのは 「ルバーブクランブル」
熱々のクランブルの周りには カスタードの海
クランブルを頼むと 大抵聞かれるのは 「クリームと アイス・カスタードどれをつける?」
夏場はアイスもおいしいけれど 冬は温かいカスタードも結構あり
この甘みのない どろどろのカスタード
最初は え~っと思ったけれど 今では時々食べたいなぁと思うほど
慣れって恐ろしいですね。。。
日本人好みの繊細なケーキの味も 忘れないようにしないとね(^^;


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-01-14 05:25 | イギリスイベント | Comments(2)

ジンジャー


イギリスでは 今風邪が流行っています
今日会った知人も 大分復活してきたというものの かなり辛そう。。。
子供の頃 風邪をひくと 生姜湯などを飲まされたけれど
イギリス人も わりと 「生姜(ジンジャー)」好きだから
風邪の時に ジンジャーものを食べたりしないのかな?

ここではしょうがは もちろん生でも売っていますが
お料理よりお菓子に使うことが多いのでa0107981_1033958.jpg
シロップ付けや
クリスタライズされたもの
ジャム状や パウダーなどのほうが
人気なよう

風邪から復活しつつある彼女に
以前習ったジンジャーを使ったお菓子
UPするのを忘れていたので
ちょっと遅くなってしまったけれど
今頃 UP☆


ちょっぴり太っちょの
ジンジャーブレッド ビスケット
a0107981_9302418.jpg

ゴールデンシロップや ブラックトリークル そして ジンジャーパウダーを入れて
お鍋ひとつで作るのは 「パーキン」と呼ばれる
ヨークシャー地方のジンジャーブレッド
オーツが入るのが特徴的
a0107981_930428.jpg

ジンジャースナップを砕いてベースにし
クリスタライズドのジンジャーをたっぷり入れたフィリングを重ねたのは
「ジンジャーシフォン」 というお菓子
a0107981_9305984.jpg

他にも子供の頃よく食べさせられたという ジンジャー入りの「ブランマンジェ」などなど
たくさんのジンジャーお菓子が並びました☆
a0107981_9311522.jpg

どれもとってもイギリス的で 素朴だけど 癖になる味のものばかり
a0107981_10233310.jpg

風邪よ早くどこかに飛んで行け~
そして 早く 春よ来~い056.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2011-01-11 10:39 | イギリスで学ぶ | Comments(2)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧