<   2010年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ポルトガルでも甘いもの 3


リスボンから電車で40分
世界遺産にも指定されている緑美しい街 Sintra(シントラ)
7~8世紀にムーア人によって築かれたという城壁
かな~り疲れますが 頂上からの眺めは最高☆
へとへとになった体が求めるのは そう 甘いもの^^

実は シントラに来た真の理由は 甘いもの
ここには 2つの有名な地方菓子があるのです
まずは 「Queijada(ケイジャーダ)」
リスボンで売っているものとは違い ちょっと日持ちのするチーズのタルト
硬くて薄い皮の上にフィリングを詰めて 焼いてあります
フィリングには塩蔵チーズを水抜きしたものを使うそう

a0107981_2353415.jpg

2つめが 「Trabeseiro (トラベセイロ)」
街の中央にある Piriquita (ピリキータ) のものが有名です
ハラハラの生地の中には 卵とアーモンドのクリーム
Trabeseiro とは 「枕」の意味だそう そう言われればそんな形...

リスボンに戻ると もう夕暮れ
。。。この頃には 暑さもひと段落して 眺めを楽しむ余裕が(^^
a0107981_0125159.jpg

さて きれいな景色にひとしきり感動した後は
a0107981_0214022.jpgケーブルカーに乗って
夜ご飯 スポットへ☆


a0107981_0171675.jpg

















う~ん
どこも美味しそうです


ポルトガルといえば 周りから聞いていたのが
「タコがおいしいよ~」「いわしの塩焼きが~」 との声
イギリスにいると それらがとっても魅力的☆
日本にいたら ここまで来て いわしの塩焼き食べなかったろうなぁ。。。(^^;

a0107981_0251864.jpg


もっともっと食べましたが きりがないのでこの辺で。。。
しかし たった3日(!)でよく食べたものです。。。


a0107981_0343971.jpga0107981_034569.jpga0107981_0351399.jpga0107981_046732.jpg








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-10-30 00:39 | 日本&イギリス以外 | Comments(4)

ポルトガルでも甘いもの 2


「ポルトガル」 といって思い出すのは 私の場合 「カステラ」 (^^
日本のお菓子のなかで ダントツ黄色いあのお菓子
あの黄色の正体は いわずもがなの卵黄ですが
やっぱりポルトガルのお菓子は 驚くほどに まっ黄色!黄色一色の世界です。。。

「Pasteraria」 (パステラリア)と呼ばれる お菓子さん兼カフェにいくと
素朴な黄色いお菓子たちが ずら~り
卵黄ベースの黄身餡のようなフィリングが詰まったものが一番多く
一見これは 白い?と思っても 割ると中はやっぱりまっ黄色(^^;

パステラリアでよく見かけるのが 「Queijada de Laraja」 (オレンジのケイジャーダ)
ケイジャーダとは チーズタルトのようなお菓子のこと
どんなチーズを使っているのか あまりチーズの風味はしません
a0107981_16384574.jpg

そして スポンジ類も もちろん イエロ~☆
黄色い生地で 黄色の黄身餡を巻いているから どこまでいっても黄色いのです

この際 コレステロールのことはすっぱり忘れて
黄色い甘いもの食べつくしました(笑)

a0107981_16402422.jpg
1.2.3.
4.5.6.
7.8.9.


1. 「Pasteis de Tentugal」
リスボンの北200km位の所にあるコインブラという街の名物 フィロのような皮がパリパリ
2. 「Torta」 ロールケーキや伊達巻の元祖とも言われている 「トルタ」
見た目は まさに伊達巻そのもの
3. 「Tibia」 骨に見たてたシュー菓子
4. 「Disco」 こちらはレコード型にみたてたパイ菓子「ディシュコ」
5. 「Paõ-de-ló」 元祖カステラ「パオンデロー」
中はとろりと半熟 他に中までしっかり焼きのものもあります
6. 「Bolo」
日本の「ボーロ」の元祖 大きなもの小さなもの 形も様々
7.「Noz」 黄身餡を飴でコーティングし クルミをのせてある「ノーシュ」
後ろに見えるのは「Queque de Noz」 クルミのケーキ
8. 「Mini torta」&「Guardanap」
三角形はナプキンの形だとか フィリングはやっぱりどちらも卵黄クリーム
9. 「Ovos Moles」 アヴェイロ名物 「オボス モレス」
貝や樽の形をした最中のような皮に どこまでも鮮やかな黄身餡☆

う~ん 見るだけでも コレステロールが上がりそうですよね(^^)
a0107981_17472843.jpg
そして
食後のデザートには ポルトガル版 「ウフアラネージュ」 →
ゆでたメレンゲに卵黄ソース・・・もう笑うしかありません

でも まだまだ食べます
。。。つづく。。。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-10-28 17:51 | 日本&イギリス以外 | Comments(3)

ポルトガルでも甘いもの


イギリスはここ数日めっきり冷え込みが厳しくなってきました
秋を通り越して いっきに冬がやってきたよう。。。

せめて本格的な冬がやって来る前に 今頃ですが 夏に行ったポルトガル話しを。。。
すでに ちょっと記憶が曖昧になってきていますが しばしお付き合いを(^^;

***************************

どこまでもどこまでも 青い空 青い空 青い空。。。
倒れそうに暑い夏の リスボン
でも
そんなに暑くとも 衰えを知らないこの食欲
今まで夏バテなるものを経験したことのないのが 自慢(?)です(^^
a0107981_894985.jpg

まずはポルトガルといえば はずせないのが
「Pastel de nata (パステル・デ・ナタ)」 いわゆる 「エッグタルト」
ポルトガル1 の老舗 「Pastéis de Belém」 へ向かいます
ありました ありました☆ お店の前の人だかりですぐに分かります
a0107981_8142786.jpg

400度の高温で焼かれるという パイ生地は薄くてパリパリ
お店の中の工房からどんどん焼きたてが運ばれてくるので 温かいうちにいただけます^^
熱々に シナモンと粉砂糖を振りかけて パクリ☆
夏でもおいしい でもきっと 冬ならもっと美味しい^^かな。。。

お次は リスボンの街中に戻り
まずは 乾いたのどを潤そうと 道端のGinja屋さんへ
「Ginja (ジンジャ)」 はさくらんぼから作られる 甘くて強いお酒
道路に面した 小さな販売カウンターだけのこのお店
みんな道端で クイッと 一杯 ひっかけていきます
いまどき 一杯 0.9€ !
通りがかるたびに飲みたくなってしまうので
ここの前はあまり通らないほうがいいかも。。。なんて思ったり(^^;

そしてもう1軒 究極に庶民派な 立ち食いバー
「Flor dos Douradores」
a0107981_8295524.jpg
見過ごしそうな狭い入り口
中に入っても 5人くらいできっと満員なこのお店
名物は 「Dobrada (ドブラーダ)」 牛もつと白いんげん豆の煮込み
優しいおじさんが お皿一杯に 「はい ど~ぞ」

テーブルクロスにキャンドルの レストランもいいけれど
こういうお店に入ると あ~なんだか旅しているなぁ という気分になれます。。。


つづく。。。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-10-26 09:03 | 日本&イギリス以外 | Comments(2)

ドーセットアップルケーキ


「アップルケーキ」 について書きながら思い出しました
りんごのシーズンでもないのに
夏頃 せっせと アップルケーキを作っていたことを。。。
きっかけは 日帰りコーチツアーで行った Dorchester と Waymouth
ドーチェスターは Dorset の州都でもある 歴史あるマーケットタウン
ウェイマスは 夏には沢山の人でにぎわう 海沿いの町です

この日はドーチェスターのマーケットデイ
市場には沢山のお店が並びます
お目当ては やっぱり甘いもの
ドーセットは りんごの産地 そして有名なのが 「ドーセットアップルケーキ」
ありました ありました☆
でも それぞれのお店が 自慢のレシピを持っているので
形も色もさまざま

ランチのデザートにも もちろん 「ドーセットアップルケーキ」 をチョイス☆
デボンやこの辺りは クロテッドクリームの産地でもあります
ケーキに添えられるのは 生クリームではなく 濃厚なクロテッドクリーム
幸せです (^^
a0107981_2503987.jpg

この日から お気に入りの 「ドーセットアップルケーキ」を作るべく
試行錯誤の日々
サイダー(りんごのお酒)を入れるもの ドライフルーツやナッツを 入れるもの入れないもの
スパイスは? お砂糖はダークブラウンがいいかな それともゴールデンカスター?
どれもおいしくて
結局 どんなレシピに落ち着いたんだったかしら。。。(^^;
a0107981_2511535.jpg

下のケーキは ドーセットのコンペティションで優勝したレシピで作ってみたもの
これもなかなか美味しかったので
興味のある方は ちょっと字が小さいですが レシピものせたので
解読してチャレンジしてみて下さい ^^




a0107981_2505720.jpg



ようやくりんごのおいしいシーズン
またそろそろ りんごのケーキが作りたくなってきました^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-10-23 03:34 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

りんごの日

明日10月21日は National Apple Day 「りんごの日」
イギリス各地でりんごにまつわる さまざまなイベントが行われています

その内容はさまざま
数百とも数千とも言われる りんごの品種の展示や
りんごを使ったお菓子や チャツネなどのテイスティングや販売
昔ながらのサイダー(りんごのお酒)メイキングの実演
りんごの皮むき競争
自家製チャツネの交換会 などなど・・・

そこで今日は 先生のおうちで 「ミニアップルデー」
地元の果樹園やご近所のお庭からの りんごが並べられ
イギリスりんごのお勉強です
a0107981_21163.jpg
まずはそのままテイスティング
お次はぎゅ~っと絞ってジュースに
りんごによって それぞれ個性があるものです
a0107981_14938100.jpg
ポークはスタッフィングをくるくる巻いてオーブンへ
ブラムリーアップルのソースでいただきます☆
a0107981_1501522.jpg
りんごを角切りして生のまま焼きこむケーキはとっても簡単 でもしっとり

他にも 「ベイクドアップル」や 「Heaven & earth」 という
りんごとじゃが芋とベーコンのソテーを作ったり
「ブラックバター」 というジャージー島独特の 真っ黒なりんごジャムについてもお勉強
今日はまさに アップルデー☆
いかにりんごが イギリスの生活に結びついているかを再認識した1日なのでした☆



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-10-21 02:38 | イギリスで学ぶ | Comments(2)

仙台さんぽ


とうとうイギリスに帰ってきてしまいました~

秋の日本(主に食)を大満喫してまいりましたが
特に意識したわけでもないのに 実に和っぽいものばかりに魅かれていたのに気づきます

ちょっとひと休みの コーヒーを飲むのには
カフェでなく 喫茶店
ちょっぴりお腹がすいた?のひと休みには
なぜか おとうふ屋さんで 竹豆腐と おいなりさん。。。といった具合

お豆腐屋さんのおいしいあぶら揚げで作られた おいなりさんは
こんな優しい味に 自分でもおいしく煮含められたらいいな・・・のおいしさ☆

a0107981_23113188.jpg

そして 上の写真の 和風のカップに淹れられたコーヒー
まずは
石臼で コーヒー豆を ご~りご~り 自分で挽くのですが
コーヒーのアロマに包まれて
なんともいえない まったりした時間がすごせます 063.gif
a0107981_2259086.jpg


パンを ひとつ買うのですらも
気づくと 和っぽいパン屋さんに。。。
150年前の馬小屋を改装したという こちらのパン屋さん
入り口はどこ~?というくらい お店のまわりは石窯用の薪でいっぱい(^^
しぶい店内には いい色に焼けたパンが並んでいます
a0107981_22584074.jpg



この3週間 他にも大分うろからしましたが
きりがないので この辺で日本話しはひとまず終結

日本滞在中お世話になった皆様
ほんとうにありがとうございました ^^
とても楽しいひと時を 過ごすことができました


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-10-19 00:07 | 日常 | Comments(2)

盛岡さんぽ2


盛岡のおさんぽコースにはずせないのが 「光原社」
思わず手に取りたくなるような 素敵な器や漆器がずらりと並ぶ店内
和とも洋ともつかない雰囲気の中庭
2階には やはり和洋折衷 異国情緒たっぷりな 雑貨たち
なんとも宙に浮いたような 不思議な感じにとらわれるお店です☆

a0107981_2018373.jpg


中庭を奥に進むと
「イーハトーブ童話 注文の多い料理店 出生の地」 の碑があります
ここ光原社は 大正13年に宮沢賢治の童話集 「注文の多い料理店」を発刊した会社
今のお店も 賢治の不思議な浮遊感のある童話のイメージなのかな。。。と思ったりします

そんな雰囲気あるお庭にたつ「可否館」の看板
レトロな扉を開けると そこはどこか懐かしいような喫茶店
a0107981_2022887.jpg


挽きたてのコーヒー豆の香り
カップの中に映る外の景色
おいしいくるみのクッキー
ここでは静かに流れていく時間を楽しむことができます063.gif

またいつかコーヒーを飲みに来る日まで 変わらずにいて欲しいな。。。^^


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-10-15 21:13 | 日常 | Comments(2)

盛岡さんぽ



パリで食べるバゲットやクロワッサンも大好きだけど
昔なつかしのコッペパンや おいしい角食パンも大好き(^^

a0107981_20214942.jpg
岩手県は盛岡市にある「福田パン」 は大きなコッペパンで有名な老舗パン屋さん
一番人気の「あんバター」
「ジャムパター」や「ピーナッツクリーム」などの定番から
「クッキー&バニラ」などの変り種
お惣菜系の 「ポテトサラダ」「しめじレンコン」
季節ものの「プリンクリーム」などなど
組み合わせも自由自在なので そのバリエーションは100種を越えるとか
a0107981_2022445.jpg

大きな大きなコッペパンに たっぷりのフィリング
手にすると パンの重さとは思えないずっしり感に 思わずにっこり^^
こういうパンはお外で食べるのが一番
青空の下食べるコッペパンは最高です☆
ナポリタンの入ったコッペパンは もう和食の域ですね。。。
a0107981_20303320.jpg

盛岡散歩の楽しみは 懐かしい景色に出会えること
一抱えほどもある亀の子たわしがぶら下がるこのお店には
中に入ると本当に亀の形をした大きなたわし☆
昭和11年創業の「白沢せんべい」の店内には ふる~いレジスター
盛岡に数ある南部煎餅屋さんの中でも 私はここのものが一番お気に入り☆
くるみや かぼちゃ味 がおいしいのですが
「にんにく」味や 「盛岡冷麺」味(!) なんていうものも
それに 「せんべい汁」用の南部せんべいもあります
(せんべい汁は 鶏肉やゴボウなどが入ったしょうゆ味のだし汁に
南部せんべいを入れて煮込む郷土料理)

盛岡は和の雰囲気がとてもいい感じに残っているので
ここに外国からのお客さんを連れてきたら喜ぶだろうなぁ。。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-10-14 21:36 | 日常 | Comments(7)

からからせんべい


「からからせんべい」 の元祖のお店があると聞いて向かったのは
鶴岡市の「梅津菓子舗」
探しに探して ようやく辿り着いた路地裏のそのお店は
ほんとうに こじんまり
ですが 江戸元禄から300年あまりの歴史を誇るという立派な駄菓子の老舗です
a0107981_22483481.jpg

小豆粉やお砂糖などでできたもろこしのような 「きつね面」
その形から「かつおぶし」(!) と名づけられた きなこ味のもっちり食感のお菓子など
おいしい駄菓子が なつかしい木枠のケースや ガラスの瓶に並んでいます
一つ一つ説明を聞いていると 愛情込めて丁寧に手作りしているのが伝わってくるので
思わず全部買いたくなってしまいます(^^
a0107981_22235718.jpg


さて 肝心の「からからせんべい」 とは
3角形の瓦せんべいのような食感のおせんべい
振ると カラカラと音がするので その名がついたそう
子供の頃 これをお土産にもらうと うれしくて しかたありませんでした
というのも そのカラカラと鳴る音の正体は おもちゃだから
ほのかに甘い そのおせんべいを食べる終えるより先に
次のおせんべいを割りたくて割りたくて (^^

a0107981_22241424.jpg


お土産品として有名なのは 別メーカーの からからせんべいですが
明治初年から作り続けているこのお店が元祖だそう
この店舗で作り ここでだけ買える逸品です

a0107981_22505828.jpg

さて
気になる「からからせんべい」のおもちゃですが
有名メーカーのものは 鞠やコマなど民芸風のものが多いのですが
こちらのものは 思わず笑ってしまうものがいっぱい☆
思わず
「次は何?次は?」 と大人食いしてしまいました^^;


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-10-11 23:32 | 日常 | Comments(0)

クラネタリウム


a0107981_15334265.jpg
こちらは今回 湯の浜温泉に来たかった理由のひとつ
「加茂水族館」
本当に通り過ぎてしまいそうな小さな小さな
ふる~い水族館ですが
水族館の魅力は その規模や新しさだけではないなぁ
とここを訪れると きっと思うはず
魅力的な展示が山盛りなのです☆

さて問題 これはなんでしょう?

a0107981_1546494.jpg

答え
透明に光る 「あおりいか」の正面顔
いかってこうやって泳ぐんですね。。。
a0107981_15471722.jpg
ではこちらは?

a0107981_15494610.jpg
ちょっと(?)昔に話題になった
これを持っていると幸せになれるという
「ケサランパサラン」
(分かる人は同年代かな・・・^^;)
おしろいを食べて 桐箱の中で育てると
増えたりするという生き物(?)



前回訪れたときは
お客さんもほとんどいなかったのですが
今日は朝早い時間にもかかわらず 大盛況☆

みなの目的は
そう 「クラネタリウム」☆


a0107981_20383944.jpg

日本一のくらげの展示数を誇る ここ「クラネタリウム」は
実に癒しの空間
のんびりゆらゆら。。。
幻想的な世界です
a0107981_20272668.jpg
a0107981_20273699.jpg


そんなクラゲさん達に 癒してもらった後は。。。

a0107981_20283495.jpga0107981_20284640.jpg








クラゲジュースに クラゲアイス
「クラゲレストラン」では
クラゲラーメンに クラゲ春巻き
クラゲ羊羹に クラゲウィンナーコーヒーで
コラーゲンをたっぷり補給 内側からも癒してもらえちゃいます。。。(^^;


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-10-09 21:01 | 日常 | Comments(4)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧