<   2010年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

シムネルケーキ


次の日曜日は イースター
クリスマスの次に大きなキリスト教の行事である このイースターは
キリストの復活を祝うお祭り
そして 本格的な春の訪れ も意味します

テーマカラーは この時期 咲く春の花の色
水仙やプリムローズと一緒 「黄色」です
なので 今巷は 黄色だらけ お菓子も もちろん黄色が主役

イースターを代表するお菓子 「シムネルケーキ」は
クリスマスケーキに代表されるイギリス特有のドライフルーツたっぷりの
どっしりケーキに黄色い 「マジパン」 をかぶせるのが特徴

a0107981_5554543.jpg

クリスマスケーキと違うのは
間にも 1層マジパンを挟んで焼く点と
その上にのせる11個の マジパンのボール
本来は イギリスの母の日
「マザリングサンデー」と
深くかかわっているのですが
そのあたりのお話しは こちらの
シムネルケーキ」の欄をどうぞ

← 今年のシムネルケーキは
小さく食べきりサイズに作りました が
この手のひらサイズでも 焼き時間は2時間弱
その どっしりさ加減がわかります(^^;

a0107981_5315563.jpg

ケーキが小さいので マジパンのボールが きゅうきゅう ...
表面に軽く焼き色をつけて
ひよこさんをのせたら完成です☆

一緒に作ったお友達の シムネルケーキはこちら →
ボールが ひよこに変身 (^^)
かなりラブリーです☆

そして
黄色の マジパンがあまったので
こんなカップケーキも作ってしまいました^^

a0107981_5462952.jpga0107981_547383.jpga0107981_5472270.jpg












イギリスのスーパーには どこでも 黄色と白の マジパンがおいてあります
普段 お菓子に使うのは 白のマジパンが多いのですが
この黄色のマジパン 実に 「ひよこ色」
この時ばかりは 黄色のマジパン 大活躍です☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-03-31 06:10 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

イースタービスケット


3月も もう最終週 もうすぐ イースターです
そこで 今回教えてもらったのは 「イースタービスケット」
イギリスでも 特に南西部のお菓子です
a0107981_1165480.jpg

「デジタルの量りもあったのよ、 でも娘が持っていってしまったの 」と言って登場したのは
とってもクラシカルな 重りをのせて使う量り
そして 混ぜる道具は 木のスプーン
「電動ミキサーもあるけれど そんなに急がなくてもいいものね」
ほんとうに そのとおりです。。。

さて この「イースタービスケット」
イースターシーズン限定にしておくには もったいないおいしさ
とっても 簡単なので ぜひお試しを☆

a0107981_1172247.jpg<ingredients>
無塩バター125g ・ カスターシュガー 75g ・ 卵 1個
薄力粉 200g ・ ミックススパイスとシナモン 各小さじ半分
カランツ50g ・ ミックスピール30g ・ 牛乳 大さじ1

※ カスターシュガー= 目の細かいグラニュー糖
ミックスピール=刻んだオレンジピールとレモンピール
のミックス
ミックススパイス=シナモン、オールスパイス、ナツメグ、コリアンダー、クローブなどのミックス
(この辺りはお好みで いろいろ代用してみてください☆)
a0107981_1173680.jpg
1. 室温で柔らかくしたバターに カスターシュガーを加え
ふわっとするまで ぐるぐる混ぜます
そこに 卵黄のみを加えて さらに混ぜます

2. 薄力粉にスパイスを加えて ふるいながら加え
ドライフルーツ類も加えて 混ぜます
ある程度粉っぽさがなくなったら
牛乳を加えて生地をひとつにまとめます

a0107981_118442.jpg
3. 小麦粉をふるった台の上で 5mm厚に 麺棒で伸ばし
直径5cm位の丸型で抜いていきます

これを 180℃位のオーブンで まずは10分ほど焼きます
1度とりだし とっておいた 卵白をビスケットに刷毛塗りし
カスターシュガー(分量外)をふりかけて 再度オーブンへ
さらに 5~10分ほど 焼いたら 出来上がりです☆
a0107981_1183249.jpg

昔は オレンジピールではなく 苦味の利いたハーブを入れ キリストの受難を象徴していたとか
今は 苦~いハーブではなく 入れるのは
ほんのり苦味の効いたオレンジピール
ドライフルーツとスパイスがあいまって
紅茶にぴったりのビスケットです




木のスプーン1本で作る さくさく軽いビスケット
簡単な割りに 奥行きのある味で なかなか手が止まりません(^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-03-29 02:43 | イギリスで学ぶ | Comments(0)

イギリスの製菓道具


まだまだ forced rhubarb の なんとも言えない 「赤色」に はまっています
そして まだまだ 試してみたいレシピが沢山あるので 急がないと 。。。
消費のほうも 大変です(^^;

a0107981_65656.jpga0107981_652883.jpg















a0107981_654284.jpga0107981_663059.jpg
















そういえば イギリスのパイウェイトは なぜか セラミック製が主流
(左下の写真の 白い丸い玉状のもの)
日本のような 金属製のものは 見かけません
こちらのほうが
タルトからはずす時 ぽろっと落ちてしまった 熱々のおもりを
間違って 素手で拾ってしまったとき
鉛のものほど やけどをしない気が。。。 (よくやるんです ^^;)

それはさておき イギリスと 日本
パイウェイトをはじめ 道具や型など 結構違います
日本では どちらかというと マトファーをはじめ フランスものが主流
イギリス物は あまりみかけません
そして イギリスでは
たまに カイザー(独)や ノルディック(米)などのものは見かけるものの
フランス物を見つけるのは ごくごく稀
こんなに近いのに どうして?と思うほど

今までは 便利なもの~ 効率的なもの~と 飛びついていましたが
機能的とは言いがたいけれど
イギリスらしい ちょっと古式ゆかしい道具で
お菓子作りを楽しむのも いいな と思う今日この頃です。。。。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-03-26 07:11 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

もうひといき☆


まだまだ 風は冷たいですが
日向を歩くと ぽかぽか 春の日差しが 感じられるようになってきました

道端の クロッカスが満開です☆
スノードロップの次に 顔を出すのが このクロッカス
春先の花は 地面から出てきた途端 茎を伸ばすのももどかしいかのように
地面すぐのところで にょきっと 花を咲かせるので
まるで 地面から 春が噴き出しているようです (^^

a0107981_52297.jpga0107981_6264928.jpg















a0107981_524761.jpga0107981_532012.jpg
















イギリスでは 今週末からは もう夏時間開始
本格的な春まで もうひといきです(^^


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-03-24 06:49 | 日常 | Comments(0)

ケーキデコレーション ショー


先日行われた ケーキデコレーションの エキシビション
大分 日本とは様子の違うケーキたちが 並んでいました☆

まずは ウェディングケーキの部屋 から
上の6枚の写真は 全てウェディングケーキ
すでにカットされてしまっている ウェディングケーキや
不思議の国のアリスにでてくる マッドハッターの 帽子型まで 実にさまざま☆
ご自分のウェディング用 だとしたら どれがいいですか(^^

a0107981_430738.jpga0107981_4295297.jpga0107981_4302855.jpg











a0107981_4304661.jpga0107981_431457.jpga0107981_4413449.jpg











a0107981_4342041.jpga0107981_443016.jpga0107981_4343339.jpg











そして ここでも人気の カップケーキ
秀逸だったのが ビーチリゾートのカップケーキ
思わず 眩しい日光が懐かしいなぁと思うほど (^^

そしてそして 一番なぞだったのが オオトカゲ?のケーキ
非常に迫力はありましたが あまり食欲がわく感じでは。。。(^^;

どれもこれも もはや ケーキの域は超えていますが
イギリスなら これが結婚式やお誕生会で登場しても おかしくはないのかも。。。
イギリス独特の このシュガーペーストのデコレーション
見た目もそうですが 恐ろしいことに 食べるほうにも大分慣れてきました
以前は必ずはがして食べていた ケーキの上の分厚い マジパンやシュガーペースト
今は しっかり食べている自分が ちょっと怖い 今日この頃です(^^;

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-03-20 05:19 | イギリスイベント | Comments(2)

マザリングサンデー


先週の日曜日は 「マザリングサンデー」(母の日)
イギリスの母の日は キリスト教のレントの第4日曜日 と決まっているので
毎年 日にちが大きく変わります

a0107981_22135397.jpg

この「マザリングサンデー」 日本の母の日とは 日にちは違えど
「日ごろの感謝の気持ちを お母さんに伝える日」という点は もちろん共通
子供たちは カードに添えて お花や チョコレートなどを贈ります


a0107981_2217401.jpga0107981_2217551.jpg








そして もう一つ人気のプレゼントが 「Breakfast in Bed」 ↑
お父さんと子供たちが 朝ごはんを準備 して トレーにのせ
お母さんのベッドまで 運んであげるのです
いつも早起きのお母さんも この日ばかりは 朝寝坊できるというわけです

a0107981_22145967.jpg



朝食だけでなく
ケーキを作ってプレゼント
というのも ポピュラー




間違いなく キッチンが 粉だらけ 卵だらけになりますが
一生懸命作ったケーキを プレゼントされたら
ママは 怒れませんよね。。。
a0107981_22151450.jpg



。。。さて
これらの写真 実はなんと 全て
「ケーキ」!
ちょうど母の日に 行われていた
シュガークラフトの エキシヴィション
でのひとこま
かわいい女の子も 朝食ののったトレーも
キッチン もぜ~んぶ
お砂糖で できています☆




他にも ウェディングケーキのコーナーや
流行の カップケーキの コンペティションなど様々
なかなか面白いケーキが沢山あったので そちらの様子も 次回ご紹介します(^^


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-03-18 00:42 | イギリスイベント | Comments(0)

おいしい色


3月も半ば ようやく日差しが春めいてきました
外にでると 目に付くのは おいしそうな 茶色のグラデーション☆
う~ん 。。。どれも実においしそうな いい焼き色です

a0107981_1194871.jpga0107981_120154.jpg















a0107981_120166.jpga0107981_1203399.jpg















a0107981_1205087.jpga0107981_121398.jpg
















おいしいサンドイッチや 焼き菓子を いっぱい詰め込んで
ぽかぽかの日差しの中
ピクニックできる日が 待ち遠しいです056.gif


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-03-14 02:01 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

洗う時は ちょっと大変。。。


さて 問題です
ここは 一体何を作っている所 でしょう?
a0107981_0233431.jpg
積み上げられた 白い箱状のもの
a0107981_0234535.jpg
この箱状のものは 実は ひとつひとつが 型
中には 小さなパーツなどが 型どられています
a0107981_0235870.jpg
それらを 組み合わせると。。。
。。。バスタブ??
a0107981_024129.jpg
答えは なんと バスタブ型の 「ティーポット」 ☆
かわいいアヒルさんは ポットの蓋になっています

イギリスの田舎の ティールームに行くと
面白い形のティーポットが 壁際にずら~りと並んでいることが よくあります
ここは そんなさまざまな形の ティーポット を手作りしている 作業場

a0107981_0243340.jpga0107981_0244614.jpg







AGAという イギリス人憧れのオーブンの 形をしたティーポットに
上にのったライトが蓋になっている ピアノ型 ティーポット

a0107981_025043.jpga0107981_0251137.jpga0107981_0252494.jpg











こちらの黒いAGAの上には サンデーロースト用の
お肉やヨークシャープディングがのっています
ティーポットだけど エスプレッソマシーン型だったり(^^
イギリスらしく パイやりんごののった ピクニックバスケット型まで

この他にも 思わず笑ってしまうようなポットが 沢山
これはひとつ買ったら 思わず 次々集めたくなる気持ちも分かります(^^
でも ひとつが意外と大きいので 置く場所が... なんて思ったりもしますが
そんなことは お構いなし
なんと 6150個も集めてしまった人もいるそう。。。

ここでは パーツ一つ一つから手作りされているので
同じ種類のポットでも 模様が違ったり のっている場所が違ったり
とっても味があり 見ていて飽きません(^^
なぜか 洗面台型とか トイレ型なんていうものまで。。。

イギリスのお菓子には欠かせない 紅茶周り事情も
まだまだ 面白いことが たくさん見つかりそうです(^^


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-03-11 01:15 | 日本&イギリス以外 | Comments(2)

ピンクのルバーブを作るには・・・

a0107981_056937.jpg
さて 予約の15分ほど前に 到着したにもかかわらず
もうすでにそこは 長靴を履いた人たちで いっぱい
ちょっとワクワクした雰囲気が 漂っています
というのも ここは 「forced rhubarb」 の出生の秘密が見れる場所だから

まずは 30分ほど ルバーブについてのお勉強
その歴史や 特性 ・ 成分に 調理法まで ...
みな かなりのルバーブ通になったところで ついに
「ルバーブシェッド」(ルバーブ小屋?) の見学です

a0107981_0134421.jpg
??
まっくらです。。。
真っ暗闇に ゆらゆら ゆらめくろうそくの灯
a0107981_0145553.jpg
徐々に 目が慣れてくると そこは 実に不思議な世界
真っ赤な茎の ルバーブが にょき にょき にょき 。。。
a0107981_0153155.jpg

よ~く目を凝らしてみると 小屋中びっしりと夥しい数のルバーブ
しかもごつごつした根っこが むき出しで地面においてあり そこから生えているのです

a0107981_0275771.jpga0107981_0291597.jpg















日光から遮断され ろうそくの灯だけで育てられたルバーブ
「forced rhubarb」の特徴の
あの鮮やかなピンクの茎と 「クラウン」と呼ばれる マスタード色の矢じり型の葉は
こうやって育てられていたのです
なんとも幻想的な世界に 「ほ~っ」 とため息☆
ここでも栽培法についてかなり 説明があり 小屋を出るころには
もう皆 しっかりルバーブ博士です☆

大満足の 「ルバーブシェッド」 見学の後は

a0107981_0345665.jpga0107981_0344133.jpg
冷えた体を
内から温めるべく
村のパブに 直行☆

さすが ルバーブの村
スターターからメイン
デザートまで
ルバーブ尽くし(!)が
いただけます



ルバーブ好きにはたまらない 本当に ルバーブにどっぷり浸かった 1日でした ☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-03-07 00:58 | イギリスイベント | Comments(4)

ルバーブ フェスティバル


Wakefield の町で行われた フードフェスティバル
主役ははなんと言っても 「ルバーブ」

まだまだ みぞれが降るほど冷えた 空気の中
「さむ~い」 などと言っていたのも束の間
メインストリートに立ち並んだ ストールにルバーブを見つけた途端
寒さなんてどこへやら(^^

a0107981_2164416.jpga0107981_2165927.jpg







鮮やかなピンクが眩しい 「Forced rhubarb」そのものはもちろん
ルバーブのプリザーブに ルバーブパイ
ルバーブクランブルに ルバーブのお酒まで 実にさまざまなものが売られています

このあたりはウエンズレイデイルチーズでも有名な土地なので
チーズ屋さんも たくさん出店
お店の人の一押しは なんと 「ルバーブ入りチーズ」
ルバーブの酸味が 意外とチーズと合うんですね ↓

a0107981_2174149.jpga0107981_2175698.jpga0107981_218132.jpg











あれもこれもと 試したくなるのは ルバーブのジャム類
ルバーブ&シャンパン ・ ルバーブ&ウィスキー
ルバーブ&ジンジャー&グレープフルーツ に
ルバーブ&トマトのチャツネ ルバーブ&チリ etc...
この土地で採れた「Forced rhubarb」を使っているので どれも色の美しいこと。。。

でも このたくさんのストールの中で
私が一番欲しかったものは
ルバーブの 「根っこ」 →a0107981_2125312.jpg
なんとも立派に成長したこの根っこがあれば 。。。


さて しっかり堪能した ルバーブフェスティバルですが
実は これ ちょっとした寄り道
今回のドライブの 本当の目的地は
Wakefield の隣の ちいさな村
一体 そこに 何があるのかと言うと。。。

さらに つづく。。。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-03-05 21:16 | イギリスイベント | Comments(4)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧