人気ブログランキング |

カテゴリ:アフタヌーンティー&ティー( 202 )

Bath


この一日中お風呂に浸かっているような気温の中にいると
時間の感覚が 少しおかしくなるのかな?
もうず~っと前のように感じるイギリス旅は
つい先月の事
早くも記憶が薄れつつあるけれど 、、、

泊まったB&Bから そう遠くないこともあり
久しぶりに Bath を訪れてみました



a0107981_14511225.jpg

最後に訪れてから かれこれ7年くらい
街ごと世界遺産のバースですから 基本的には外観は変わらないのですが
なんだか雰囲気が前と変わって見えたのは
とにかく世界中からの観光客が溢れかえっていることと
飲食店がやたらに増えているからなのか、、

何度となく歩いた街
大分曖昧になってしまった記憶をだどりながらお散歩


a0107981_14511200.jpg

懐かしの Sally Lunns のショップ
その地下の テイクアウェイコーナーと ミニミュージアム ↑

昔はなかったよね~などと思いながら Bath Buns のショップなどを眺めながら
石畳の道を行ったり来たり


a0107981_14511210.jpg
バースの2大名物パン「バースバン」と「サリーラン」↑

正確には両方ともバースバンではあるのだけれど
その辺の詳しいところは こちら を読んでもらうことにして~


毎日のように知り合いに会っていたこの旅
ここBathでは いつも「イギリスおかし百科」でお世話になっている
あぶそる~とロンドン編集長の まゆさんと待ち合わせ
場所は Jane Austine Museum の2階の Regency ティールーム



a0107981_14505584.jpg


場所柄 観光客はもちろん多いけれど
小さなミュージアムの中という事もあり
わりとゆっくりお茶や話しができる場所

限られた時間の中で お互い駆け足のキャッチアップ
相当時間は足りなかったけれど
やはり今回会った人が皆そうであったように
ぶれることなく 以前と変わらず 好きなことを楽しみながら
日々過ごしていることだけは よ~く分かりました(^^)




a0107981_14504890.jpg

今回の旅行
考えてみると 新しいティールーム(初めてのという意味)には全く行かず
どこも よく訪れていたところばかり
そのせいか あまり写真を撮っていなかったよう
撮っていても お茶やお菓子より
スコーンをねだりに来る ロビンとか そんなものばかり
~という事に 写真を見返して気づきました
つまり いつもより よりリラックスしていたのでしょう

ふだんはイギリス旅だと どうしてもあれもこれも記録に残しておいたほうがいいよね と
なんでもカメラにおさめようとしているから

いつか カメラを持たないで イギリス旅に出たいな
と毎回思います
他の国ならできるけれど どうしてもイギリスはね。。。


☆★ お知らせ ★☆

10月のレッスン日程UPは 8月25日(日)21:00頃の予定です




by lesgalettes | 2019-08-18 14:41 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

Aftenoon tea @ Barnsley house hotel



皆さん お盆休みいかがお過ごしですか?
のんびりしている方
「いつもと一緒よ~」 と変らずお仕事でお忙しい方 色々だと思いますが
先月に行ったイギリス話しの続きでも お付き合いください

今回のイギリスは基本 観光はなしで ただただ知り合いに会うことと
見慣れた懐かしい風景を眺めて
リフレッシュ&エネルギーチャージしよう というのが目的



a0107981_16463388.jpg

ここバーンズリーハウスも何度訪れたか分からないほど馴染みのある場所
今日はここで友人と待ち合わせ
彼女は
なぜか初めて会った時から 初めて会った気がしない
お互いの好きなモノや考え方が何故かよく理解できる そんな友人
国籍も違ければ 年齢もふた回りくらい違うのに
なんでかな
多分どこか 似ている部分があるのでしょう


a0107981_16463367.jpg

久しぶりのバーンズリーは
あの立派なキングサリのアーチはなくなってしまったけれど
それでも十分に いえ以前以上に艶やかな花が増え
目を楽しませてくれました

久しぶりに会った友人とは
お花を見ながらお散歩している上に お互い植物が好きなこともあり
ついつい植物の話しばかり


a0107981_16463378.jpg

アフタヌーンティーのテーブルについて
ようやくキャッチアップ スタート
結局わたしは相変わらずお菓子を焼いていて
彼女は紙と文字が好きで
お互い好きなことをし続けていることに変わりはなく
今もこれからも「Still learnig」だね、、という結論




a0107981_16463431.jpg


いくつになってもキュートでおちゃめなところがある彼女は
こういう風に年を取りたいな と会う度に思う女性
果たして20年後 自分がどうなっているか
こうなりたいと思っていたことを覚えているか
そもそも生きているか



a0107981_16475812.jpg

そんなことは考えても分からないから
とりあえず
今を楽しもう♪ と思います
この暑さも。。。








by lesgalettes | 2019-08-15 16:46 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

ジャミードジャー


1週間 過ぎるのは早いですか?遅いですか?

小学校の6年間が永遠のように長く感じたのは
毎日覚えること 感じること 脳への刺激が沢山あって 日々成長しているから
1日が充実していればいるほど 1日は短く感じるけれど 1年は長く感じる

反対に 大人になり 同じことの繰り返しの変化のない生活
とりあえず 早く週末来ないかなぁ~と過ごしていると
1日は長く感じても あれ?この1週間は何していたんだっけ?
記憶がないから 振り返るとあっという間に時が過ぎてしまったような気がしてしまう



a0107981_12224160.jpg


わたしはというと 充実してないわけではないのだけれど
やっぱり1週間過ぎるのが早く感じるのは なにか新しい刺激が少ないからなのかな?

なぜこんな話になったかというと
先週末遊びに来てくれた友人ファミリーとのお茶の様子をブログに書こうと思っているうちに
もう1週間も過ぎていたから

~週末 お茶をしました(^^)
リクエストに応えて バノフィーパイ
レモンを使ったお菓子
そして スティッキートフィープディング


a0107981_12224173.jpg


レモンを使ったお菓子は レモンスクエアとレモンメレンゲタルト
この梅雨シーズン
わたしも よく食べたくなるレモンがしっかり効いた
思わず目をつぶってしまうくらいに 酸っぱい そして爽やかなお菓子



a0107981_12224061.jpg


生まれたばかりだとばかり思っていたみおちゃんは もう5歳
大人にとってはあっという間の5年も
彼女にとってはきっと 小さな体に収まりきらないくらい色々なことを吸収した
長い長い5年間だったのだろうなぁ

この日一番気に入って食べてくれたのはビスケット
バターの代わりにクロテッドクリームで作ったひつじさんビスケットに
今月レッスンでも作っていた ハートのラベンダーショートブレッド
そして ハートの穴から真っ赤なジャムがのぞくジャミードジャー風の
ジャムサンドビスケット


a0107981_12224097.jpg
「ジャミードジャー風ビスケット」 我ながらなかなかいい出来(^ ^)
というか あんまりそれっぽく再現しちゃうと 手作り感がなくなってまるで市販品みたい
市販品ビスケットを作るときは
そっくりにじゃなくて
それっぽく だけど手作り感を残して それより美味しそうに作るのがミソなのですね
というか 頑張って市販品によせる意味があるのか(笑)


振り返って記憶に残っている美味しいお菓子の思い出は
その美味しさそのものというより
それを食べた時の幸せ感 充足感
だから 作りたいのは 単に味が美味しいお菓子というより
幸せな時間を作るのに 笑顔を作るのに 一役買えるような そんなお菓子
なのかな

皆さんもよい週末を
& ちょっぴり変化のあるウィークデイを☆


☆★ お知らせ★☆

8月のレッスンは夏休みなので 今月25日の募集はありません
8月30,31日に開催予定のチャリティーお茶会の参加者募集の日程はまた別途お知らしますが
7月後半になる予定です~










by lesgalettes | 2019-06-23 22:18 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

Pudding with apple


「何か一緒に作りたいね」

久しぶりにこの日うちに来てくれたのは
わたしがイギリスでお菓子教室をしていた頃 ロンドンから通ってくれたAyasan
今では立派なお菓子作りのプロ
ロンドンのいくつもの有名店でペストリーシェフとして経験を積み
もうわたしのほうがいろいろ教えてもらいたいくらい(笑)


a0107981_21090152.jpg

さて 何を作ろうか、、

ふだん仕事でさんざん作っているのだから せっかくオフで日本にいる時まで
ふつうのイギリス菓子を作っても面白くないだろうし~
なんて考えた結果
昔々のプディングでも作ろうか☆

で お茶もそこそこに
まずはわたしがここのところ気になっていた 「Apple snowball」の製作開始


a0107981_21090128.jpg

ヴィクトリア時代ごろのレシピ本にはよく登場する「アップルスノーボール」
りんごの芯をくりぬき お砂糖やスパイスを少量詰込み
軽く牛乳で茹でたお米で包んだら
それをさらに布で包んで茹でるというもの

詳しくはこちらに書いていますが
てるてる坊主のように縛ったそれを
お湯にドボンとつけて茹でるさまは とてもお菓子を作っているようには見えません~


a0107981_21092030.jpg


挿絵も何もない文字だけの昔のレシピ本
姿が見たければ 味を知りたければ 作ってみるしか方法はありません
出来上がってもそれが正解なのかは分からないけれど(笑)

いつもはこういうお菓子は一人でばかり作っているから
誰かと一緒にあ~でもないこ~でもないと 話しながら作れるのは非常に楽しい♪

さて このりんごおにぎりを茹でている間にもう一品
「Apple tansy」を作りました
これは17世紀ごろにはもうすでに食べられていたプディング

a0107981_21092111.jpg

りんごのオムレツのような パンケーキのような、、、
詳しくはこちらもそのうち あぶそる~とロンドンの「イギリスおかし百科」でご紹介する予定ですが
これは 卵にクリーム・ローズウォーターなどを加えて焼いたもの
色々なバリエーションがありますが
本来はハーブのタンジーが入っていたので タンジーの名がつけられています

りんごが続いたついでにもう一つ
「アップルダッピー」も作ります
レッスンでも以前作ったこれは
わたしの大好きなりんごのお菓子の一つ


a0107981_21092024.jpg

スコーン生地でりんごをたっぷり巻き込み
レモン風味のシロップをたっぷり注いで焼き上げるプディング
りんごの甘酸っぱさとレモンの香りが スコーン生地に染み込んだ
なんともジューシーな 粉もの好きもフルーツ好きも満足できる一品

昔々のお菓子を作りながら
ロンドンの今どきお菓子事情を聴き

a0107981_21093002.jpg


一体どんな味がするのだろうと
アップルスノーボールや アップルタンジーを 恐る恐る口に運び
「思ったよりは美味しい!」と顔を見合わせ


a0107981_21093073.jpg

お菓子がつないでくれた縁に
こんなマニアックなお菓子を一緒に楽しんでくれる菓子友がいることに感謝☆

次会える時は
さらにステップアップして 一番やりたいことに Lock on しているんだろうな^^



☆★お知らせ☆★

7月のレッスンの日程UP&募集は5月27日(月)21:00頃の予定です







by lesgalettes | 2019-05-20 09:25 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

Mothering Sunday

先月のレッスンの後 我が家の冷蔵庫に残された大量のレモン
(クイーンオブプディングにレモンの皮だけ使ったので)
それからというもの
レモンカードやら レモンのケーキをせっせせっせと食べています

そのまま食べれば体に良いレモンも
わたしにかかれば バターにお砂糖をたっぷり加えられ
ウエストラインにはよろしくないわね~美味しいけれど
というケーキたちに大変身☆

久しぶりに食べた
「レモンスクエア」 は 耳の脇がきゅんとするほど甘酸っぱく
ついもうひとつ と手が伸びてしまう爽やかさ

a0107981_09353268.jpg

お次はレモンメレンゲパイ? とも思ったけれど
最近似たようなお菓子 を作ったことを思い出し
レモンカードのパブロヴァに変更☆

でもいつものパヴロヴァではつまらないので
薄く焼いたメレンゲを重ねた レイヤードタイプのパヴロヴァに

a0107981_09355701.jpg

薄い長方形に 3枚焼いたメレンゲ
間にはたっぷりの生クリームと レモンカード
重ねるだけで 一見豪華なメレンゲケーキの完成です

a0107981_09355700.jpg

当日はさっくさくのメレンゲにふんわりクリームと
鮮烈に酸っぱいレモンカードの爽やかなコントラストを楽しみ
食べきれずに余った分は 翌日
粗く崩してイートンメス風にして楽しんでも◎


レモンと言えば 一番大好きな「レモンドリズルケーキ」は外せません


a0107981_09355865.jpg

ノンアルコールの人のためには ホームメイドのレモネードも準備

ここまでの写真をご覧になってお分かりかもしれませんが
この日のテーマは 黄色
この春 まだほとんど桜を目にしていないわたしの頭の中は
ピンク色よりまだまだ 水仙やイースターの黄色のほうが優位

そして折しも この日は レントのちょうど折り返し地点
Mothering Sunday つまりシムネルケーキを食べる日
という事で 上記のレモンシリーズの他に並んだのは
シムネルケーキ
チーズとマーマイトのスコーン

a0107981_09355892.jpg


近所で美味しそうなリークを見つけたので
レモンで酸っぱくなりすぎたお口の 休憩用に
新鮮リークたっぷりの「リーク&チキンパイ」
(これも黄色のひよこ柄にしたいところを ぐっと我慢)

a0107981_09355866.jpg


黄色のフリージアをテーブルに飾り
めったに登場しない 黄色のプレイスマットなどを引っ張り出し
わたしにしては珍しく明るい お茶のテーブルの出来上がり


a0107981_09355786.jpg

レモンの黄色に 卵の黄色
どれもお菓子にすると優しい春の色

春の日差しのように温かく ほのぼのした午後のひと時
ティーカップを準備していたものの 結局は紅茶の出番は最後の最後
正確には お茶のテーブル改め
黄色がテーマのワインの宴
おかげで頭の中までほんわか春の陽気(笑)
平和な週末の昼下がり








by lesgalettes | 2019-04-02 09:35 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

粉ものお茶会


前回 Quire of paperというパンケーキやトリークルタルトでお茶をしましたよ~
というお話をしましたが
その時のお茶菓子の わたしの中のざっくりとしたテーマが
「チャツネやチーズに合う粉もの」
甘いものも入るけれど セイボリー寄りで 半食事風な…

a0107981_07551390.jpg

ということで 久しぶりにポークパイの登場です
別名ピクニックパイというだけあり
温めなおさず冷たいまま食べるものなので どうも冬には登場しないというか
忘れてしまうポークパイ
ようやく春も来たことだし 久しぶりに~と腕まくり☆

とは言え 生地作りはとっても簡単
ホットウォータークラストペストリーと呼ばれるそれは
その名のとおり ラードとお水を沸かした熱々のものを
小麦粉に加えて混ぜるだけ
力も時間も全く必要ありません

a0107981_07551367.jpg
むしろ忙しい!
というのも 生地を作ってから多少寝かせたりする他のショートクラストペストリーやパフペストリーと違い
こちらは出来上がったら その生地がまだ温かいうちに作業を終えないといけないから
冷めると生地がもろく硬くなってしまって
型に詰めたり 成型したりできなくなってしまうのです
急げや急げ
かといって生地が温か過ぎるうちは ふにゃふにゃで扱いづらいので
ほんの少し冷めてきたらスタート

ポークパイは大きく作って切り分けるタイプもあれば
一人用に小さく作ってもよし サイズは自由
ケーキ型やマフィン型を使えばラクチンだし
メルトンモウブレイのように 外枠を使わずハンドレイズドタイプにしても☆

a0107981_07551474.jpg
上の写真の木の筒状の道具は 去年メルトンモウブレイで買ってきた
Dolly と呼ばれるポークパイ専用の木の型
これで生地を形作り そこにフィリングを詰めてあげます
もちろんこれがなくとも ジャム瓶か何かで代用できるのだけれど
専用の道具って楽しいですよね
時にはある道具を使いたいがために それを作る みたいなことも(笑)

こうしたハンドレイズドタイプのポークパイは 他の型に入れて焼くタイプと違い
メルトンモウブレイのポークパイのように
焼いている途中に側面がたわんでくるので
樽のようなふっくらした仕上がりになるのです

a0107981_07551467.jpg
そして仕上げ
ポークパイがしっかり冷めたら
お肉が焼き縮んでできた ペストリーとフィリングのすき間に
上の穴からジェリーを注ぎ 冷やし固めてあげます
これがポークパイを温めなおして食べてはいけない最大の理由
温めたら 折角のジェリーがまるで小籠包よろしく溶け出してしまいますから
もちろんジェリーは省略しても構わないけれど でもあるとないとでは
味のしまりが違うので できれば頑張りたいところ
ジェリーを流して一晩固めてあげると ようやくポークパイの完成です☆
難しくはないけれど ちょっと時間がかかるのが玉に瑕
でもある意味 前の日に作っておけるので ピクニックや来客用にはいいですね


a0107981_07551497.jpg

断面はこんな感じ↑
お肉とペストリーの間のジェリーの層が見えるかな?
(手前に添えてあるのは エルダーベリーのジェリー)

今回は 普通のポークパイのほかに クランベリーポークパイも作ってみました
メルトンモウブレイに行ったとき オリジナルのポークパイのほかに
クランベリーののったもの ブラムリーアップルのせや スティルトンチーズのせなど
色々あって美味しかったので~

a0107981_07551468.jpg

ポークとクランベリーは意外と好相性
クランベリーを入れたフィリングは甘みも加わりより食べやすく
上にのせたクランベリートッピングがあれば
チャツネ代わりにもなり より女子受けする味とルックスに(笑)

これにチーズがあれば さらに最高
問題はひとつ。。。
紅茶よりはワインが欲しくなること

これからはピクニックシーズン本番
ポークパイの出番も増えそうです~







by lesgalettes | 2019-03-15 07:54 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

おやきの後は~


たっぷりおやきを堪能し
満足するまでおやきを買い込んだその後は
安曇野で〆のデザート

和風の外観ですが
一歩入ると モダンな空間に バラやりんごをテーマにした
見目麗しいケーキが並ぶ洋菓子屋さん


a0107981_23202995.jpg

テイクアウトできるショップの奥はカウンターのみのティールーム
カウンターのみと言っても 開放感のあるつくりなので
ゆったりアフタヌーンティーを愉しめます
好きなティーセットと紅茶を選んだら

a0107981_23202946.jpg
あとは時間を忘れて楽しむのみ

大抵いつもお茶を淹れる側なので
こうやって誰かにおもてなししてもらえるのは とっても嬉しい^^

どんな香りの紅茶だろう
どんなお菓子がやってくるのかな とワクワク

a0107981_23202931.jpg

そして そんな風にワクワクしている自分を ちょっぴり離れたところから眺めて
この受ける側の気持ちをいつも忘れないようにしなくっちゃとも思います

「さぁ 召し上がれ」と やってきたお菓子は
思わず笑顔になる プレゼンテーション
a0107981_23202848.jpg


三段スタンドには サンドイッチやスコーン
タルトなどのプチフルールがたくさん並び
これだけでも 大満足☆
でも なんとこの後
フルーツたっぷりのトライフルや ブラマンジェ(だったかな?)
焼き菓子などが ガラスの大きなスタンドにのせられて やってくるのです

a0107981_23202984.jpg

ケーキがテーブルに到着した時の あの「わ~~♪」 という瞬間を
2度も楽しめる アフタヌーンティー
贅沢ですね(^^

お宿で美味しい朝食をたっぷりいただき
焼き立ておやきもいくつか食した直後のアフタヌーンティー
近頃さすがに年のせいか胃痛に悩まされいてる身なので
正直 大丈夫かしら。。と 若干自分の胃袋を心配していたのですが
杞憂に終わりました(笑)

ご馳走様でした
とってもくつろいだいい時間を過ごさせていただきました♪


☆★お知らせ★☆
4月のレッスンの日程UP&募集は2月25日(月)21:00頃の予定です




by lesgalettes | 2019-02-18 08:52 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

冬のティータイム


冬のいいところは 温かい部屋で 温かい紅茶を飲みながら
心おきなく ゆっくりできること
春や秋 お天気がいい日に 家でのんびりお茶していると
ついつい「お出掛したほうがいい? お掃除くらいするべき? 庭仕事は?」
などなどどうも貧乏症で 心からのんびりできないことが多いから~

その点 こう寒いと 出かける気にもならないし
庭仕事も掃除もやる気なし
心安らかに お茶を愉しめるのです(笑)


a0107981_08400480.jpg

この日は イギリスつながりの友人が
これまたイギリス帰りの友人を連れてお茶に来てくれるというので
ちょっとばかりイギリス色が濃くても大丈夫だろうと
ここぞとばかりに 自分の好きなイギリスものをチョイス(笑)

チーズとマーマイトのぐるぐるスコーンは
イギリスに住んでいたころ とある田舎のティールームで出会い
とっても感動した 懐かしの味

a0107981_08400478.jpg

チーズとマーマイトが溶け合って一体になり中からとろけ出てくるのですが
これが イングリッシュマースタード入りの生地と絶妙なバランス
チャツネがあればさらに最高☆

甘いものは わたしの好きなイギリス菓子トップ10 の中から
特に冬に食べたいものをチョイス
(シーズンごとに変動するトップ10だけれど…)

キャロットケーキに ジンジャーブレッド

a0107981_08400485.jpg


そして スティッキートフィープディング☆


a0107981_08400378.jpg

この日はランチも兼ねていたので
前菜がスープとマーマイトスコーン

メインがキャロットケーキで
デザートが ホカホカのスティッキートフィープディング

a0107981_08401440.jpg

冬らしい お腹の底から温まれるようなレッドベルベットなテーブル
今日の午後は 雑事は忘れ ゆっくりのんびり腰を落ち着け
おしゃべりを楽しもうね
そんなイメージ











by lesgalettes | 2019-02-07 14:39 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(2)

スコーン


イギリス朝ごはんレポートがようやく終わったので
本日は「スコーンレポート」
たった8日くらいの旅の中
選択肢はいろいろあるはずなのに ついつい食べているスコーン

どうしてかな と思ったら
それはそのシチュエーション シチュエーションで
スコーンが毎回違う顔をして誘ってくるから

例えばアンティークフェア巡りでちょっぴりくたびれていると
チープなマーガリンとジャム添えの いかにも素朴なスコーンがいて
紙コップの紅茶と一緒に 「ちょっと休んだら~?」 と誘ってくる


a0107981_10161734.jpg

ティールームでは ほかのものを頼むつもりで入ったのに
隣のテーブルのおじさんが
いかにも美味しそうにクロテッドクリーム山盛りでスコーンを頬張っている

パン屋さんでは ホカホカのスコーンをのせた天板を持ったお兄さんが
焼き立てだよ〜とキッチンから出てくるし

道を歩けば
「クリームティーあります with ローカルクロテッドクリーム&ホームメイドジャム」
なんて看板がそこここにかかっている


a0107981_10162966.jpg
もう この国では目をつぶって歩く以外
スコーンの魔の手から逃れる方法はないに違いないと思う

アフタヌーンティーにも もちろんスコーンはつきもの

ここはポークパイで有名な Melton Mowbray の郊外
門をくぐり しばし車で走ると見えてくるお屋敷が
Stapleford Park

a0107981_10163555.jpg

広大な敷地の中にぽつんと佇むここには
偶然 通りがかって立ち寄る人などなく
いるのは ちらほら数人の宿泊客と 物好きな日本人ふたりだけ


a0107981_10165489.jpg
豪華すぎず
ちょっぴりカントリーっぽさも漂う内装は
皆がくつろいでいるせいもあるのか
初めてだけれど 落ち着く空間

a0107981_10165545.jpg

ここでいただいたクロテッドクリームとジャム そしてスコーンがまた美味しくて
(雰囲気のせいもあるのだと思うけれど)
ケーキが食べられなくなっちゃうから やめておこうと思うのに
止まらない(笑)
でも実際 都会のアフタヌーンティーのスコーンは
数をこなす分作り置きのところも多いし
見た目重視になりがちなので 案外はずれが多いのに比べ
田舎のアフタヌーンティーは
ある程度出る数も決まっているし
宿泊客のティータイム用と 一緒のせいか
サイズも変に気取らず普通サイズ
美味しいことが多いのは事実

a0107981_10165542.jpg

田舎のティールームのアフタヌーンティーが一番好き といいつつ
こういうちょっぴりカントリーサイドのマナーハウスのアフタヌーンティーの
妙にくつろげる贅沢な時間も捨てがたく~


a0107981_10165485.jpg
すっぽりソファーに寄りかかり
ぼんやりとシャンデリアが映った紅茶を眺めながら
もうちょっとだけ この時間を楽しんでも罰が当たりませんように と願うのでした




by lesgalettes | 2019-01-14 08:28 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

ミスルトゥとクリスマスティー


クリスマスの軽井沢

a0107981_11205641.jpg

ミスルトゥ(ヤドリギ)を模したイルミネーション
辺りが暗くなると ふわっと光るミスルトゥがぼんぼりのように枝から下がるなんて
クリスマスらしい なかなか素敵なアイディア


a0107981_11214303.jpg

そんなクリスマスのイルミネーションもいいけれど
ここは自然がいっぱいの軽井沢
上のほうをぐるりと見回したら
思いの外 本物のヤドリギが あちらこちらで見つかりました
いつもののすご~く高いところにあるので
もっと近くで見たいなぁって 思うけれど、、
↓ 宿り木分かるかな?
a0107981_22564959.jpg
きりっと冷たい空気の中のお散歩の後は
クリスマスティー☆

お茶を淹れるのは好きだけれど
クリスマスくらいは
どこかクリスマスムード漂う落ち着く部屋で
誰かに淹れてもらったお茶が飲みたいなぁなんて(笑)
a0107981_10585270.jpg
天井まで届く大きなツリーに
ぱちぱち燃える暖炉の薪
予想を裏切らない落ち着いたでもフェスティブムードたっぷりの部屋

a0107981_10585244.jpg

アフタヌーンティーもクリスマス仕様でいつもよりちょっぴりリッチ
スパークリングワインから始まり
セイボリーはマッシュルームのスープや フォアグラのオードブル
スモークサーモンののったブリニや
きのこのキッシュetc...

a0107981_10590610.jpg

いつものスコーンの代わりには シュトーレン
ケーキ類もクリスマスっぽくおめかしを

a0107981_10590707.jpg

それほど長く休んでいたわけではないはずだけれど
なんだか今年分の労を ねぎらってもらったような
そんな静かで くつろげるクリスマスのティータイムでした

では皆さんも良いクリスマスを☆
Merry Christmas !






by lesgalettes | 2018-12-25 10:57 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
レッスン
アフタヌーンティー&ティー
ピクニック
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
フランス
未分類

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧