人気ブログランキング |

カテゴリ:ピクニック( 35 )

クレソンピクニック


いつもより時間があるのに どこにも出かけられないこの3月
これはチャンスと 溜まりに溜まっている本を読んだり
作ってみたかった 古い本に出てくる謎のお菓子を焼いてみたり
これからレッスンでやりたいケーキの試作をしたり
とにかく動かず食べてばかりいたら
お腹が大変なことに
これは困った
この調子では コロナにかからなくとも コロンコロンのハンプティダンプティになっちゃう


クレソンピクニック_a0107981_09324395.jpg
そんな運動不足&食べ過ぎ ~に悩んでいるのは わたしだけではないはず
だから今日は いつもの甘いものではなく
ちょっぴりヘルシーにお野菜にスポットを☆

Watercress (クレソン)
日本ではステーキの脇に1本ぴろっと寂し気に置いてある~
そんな 添え物感がぬぐえない印象のクレソンですが
イギリスではサラダにスープにと もっとわさっと食べるイメージ
久しぶりにクレソンスコーンが食べたいなぁ なんて思い出し
うちから車で20~30分程のところにあるクレソン屋さんに行ってきました

採れたてのクレソン
サラダやスープはもちろんですが
こう沢山あると 悪い癖 やっぱり粉ものにしたくなります



クレソンピクニック_a0107981_09324347.jpg


この日は クレソンのトルティーヤラップ
水の代わりに さっと湯通ししたクレソンを使うので
何とも鮮やかな生地が出来上がります
ね ヘルシーそうでしょう(笑)

これを伸ばしてフライパンで両面数分ずつ焼けば 出来上がり

クレソンピクニック_a0107981_09324416.jpg

あとはお好きなものを巻いて食べるだけ
チキンでも サラダでも
ミートボールでも
ファラフェルでも
アボカド&シュリンプでも なんでもOK



クレソンピクニック_a0107981_09324351.jpg

この日はビーツ入りのファラフェル(ひよこ豆にスパイスなどを入れたボール)
ガーリックやクミンなどのスパイスたっぷりのミートボール
カードチーズに ライムとミントを混ぜたもの
ビーツのチャツネに
我が家の常備菜の ブレイズドレッドキャベツ
などなど


クレソンピクニック_a0107981_09322162.jpg


でも もちろん主役はフレッシュのクレソン
このなんとも言えない苦みが 癖になります
身体にも良さそう(笑)


クレソンピクニック_a0107981_09325483.jpg

大きな口を開けて ガブリ
お外でなら多少ぽろぽろしても お行儀が悪くとも平気です(^^)

このラップ
単品で食べるとちょっと苦みがありますが それもまた大人の味
大量のクレソンが入るので 栄養もたっぷりだし 見た目もきれい
それに何といっても とっても簡単


クレソンピクニック_a0107981_09325533.jpg


さぁ レッツチャレンジ!
< watercress tortilla wraps>



クレソンピクニック_a0107981_09324435.jpg

6枚分で材料は 上記のとおり

STEP1
クレソンの色が変わる程度にさっと熱湯で湯通しします。
しっかり水気を絞り、ザクザクいくつかにカット。

STEP2
フードプロセッサーに①のクレソンと残りの材料全てを入れてガーっと回し、
ひと固まりになったら、もう生地の完成!
フードプロセッサーから取り出して軽く練り、
ビニールにでも入れて20分程室温で休ませます。

STEP3
生地を適当に6分割し、それぞれ直径20㎝位になるよう延ばします(必要なら打ち粉をして)。
フライパンを熱し、中火で片面2分位ずつ焼いたらもう出来上がり(油はひかなくてOK)。
食べるまで冷めないように布巾などで包んでおくと、蒸気でふんわり柔らかくなりますよ。


Tip: ステップ2で生地がべたつきすぎるようなら粉を、水分が足りなそうならお水をプラスしてみて

お試しあれ☆



by lesgalettes | 2020-03-28 08:32 | ピクニック | Comments(0)

Daffodil picnic


まだまだマフラーもヒートテックも手放せないぁ なんて思っている頃
真っ先に花を咲かせて 春の訪れを知らせてくれるのが 水仙
今年は例年以上に あの黄色の元気パワーを分けてもらわなくちゃと
3月初め頃に出かけました


Daffodil picnic_a0107981_11435390.jpg
お出掛け前の ランチづくり
今日はサンドイッチが食べたい気分
でもサンドイッチ作りって 実はわたし あまり得意じゃありません
薄くパンをスライスして
フィリングごとにいくつも作ってカットして
そしてそれをさらに液が出ないようにラッピング
でもお弁当を開くころには なんだかひしゃげて断面もぐずぐず、、
手間の割に 報われないような気が(笑)
わたしの場合 作るのよりおそらくラッピングが面倒なのかな
そこでこの日も手抜きバージョン

Daffodil picnic_a0107981_11435345.jpg

大きめのパンの中央をくりぬいて 具を全部詰めちゃう作戦
これならパンはスライスしなくていいし 一つ一つ包まなくてもOK

パンをくりぬいた穴には
バジルペーストでも タプナードでも バター&マスタードでも
なんでもいいので塗り広げておくと 味がまとまります

あとはお好きなものを地層のように 底から詰めていくだけ
ちなみにこの日は フィリングにも手をかけず
キャロットサラダやカッテージチーズ
アボカドにビーツ・チキンなどなど冷蔵庫にあったものを適当に~

他にもなんでもOK
茹で卵だろうと ローストしたパプリカやズッキーニだろうと
水分さえ多くなければ お好きなもので

でもこれってパンの中身がちょっともったいない~と思われたあなた
どうぞご安心を(^^)
パンの中味は直ぐにフードプロセッサーでパン粉にして
この日のデザートへ大変身☆
サンドイッチを作っている間にできちゃう クィーンオブプディングです


Daffodil picnic_a0107981_11435397.jpg

しかもこの12~3cm角のお2人様サイズなら
ジャムバタートースト1枚 &卵1個& 牛乳コップ一杯 という
まるで朝ごはんのような材料できちゃいます

さぁクィーンオブプディングを焼いている間に
パンにフィリングを詰め
紅茶を淹れて いざ出発☆

やはり例年に比べると 人出は少なめ
でもお散歩している人たちはみんな笑顔でとっても 楽しそう♪

Daffodil picnic_a0107981_11441200.jpg

思わず歓声が出てしまう 見事な光景

でも今は お腹がペコペコ
まずはピクニックスポットを探します
どこもかしこも良さげで迷っちゃう(笑)




Daffodil picnic_a0107981_11441318.jpg

この日は晴れたり曇ったり
鉄のテーブルが 冷えていて冷たかったので
ひざ掛けをテーブルクロス代わりにしてみたら
途端に居心地良さそうな テーブルに大変身(^^)

さぁ 食べよう!
ピクニックローフはその場でカットするので ナイフだけは忘れずに
これにかぶりついたら さすがに顎が外れちゃう、、
ケーキのようにウェッジにカットしていただきます

ふだんはカットしてあるけれど 大きなホールのままで
主食におかずが包み込まれていて えいっとかじりくこれは
イギリス版 恵方巻みたいなもの(?)
後はデザートくらいあれば ボリューム十分です


Daffodil picnic_a0107981_11442493.jpg

一見手間がかかっていそうで
実は普通のサンドイッチより お手軽にできてしまうので 是非一度お試しを♪
フィリングにもうちょっと工夫を凝らして
お友達が来る時のランチにしてもいいですね
そして
余力があったら クィーンオブプディングも~
下に このお2人様サイズのレシピをのせておきますね

黄色の水仙は 欧米では希望の象徴
明るく平和な話題でニュースが満たされる日が 一日も早くやってきますように


Daffodil picnic_a0107981_11441351.jpg

Queen of pudding お2人様サイズ(13㎝角の耐熱容器一つ分)

STEP1
牛乳200mlバター10gグラニュー糖小さじ2杯を小鍋に入れて温めます。
火から下ろし、生パン粉35gレモンの皮のすりおろし少々を混ぜましょう。


STEP2
①に 卵黄1個分を混ぜて、170℃のオーブンで20~25分程表面が固まるまで焼きます。
オーブンから出したら、ラズベリージャム大さじ1~2 をそっと表面に塗り広げます。


STEP3
卵白1個グラニュー糖大さじ2を泡立ててメレンゲを作ります。
②の上にラフにのせて、160℃のオーブンで12~13分、
ふんわりと膨らんで軽く色づくまで焼けたら出来上がり













by lesgalettes | 2020-03-25 10:43 | ピクニック | Comments(0)

ピクニック with モルトビネガー



週末
そろそろ残り少なくなってきたモルトビネガーを持って いつもの公園へ
さぁ 今日のメニューは何でしょう?


 ピクニック with モルトビネガー_a0107981_15350509.jpg

それを作るのに必要なのは ビールと小麦粉
じゃが芋も欠かせない

さぁ もうお分かり?



 ピクニック with モルトビネガー_a0107981_15425682.jpg

答えは「フィッシュアンドチップス」☆

スーパーで美味しそうなタラを発見した瞬間
お口がフィッシュアンドチップスを所望しました(笑)

おうちで揚げたてを食べるべきか
お外に持っていて食べるか 多数決の結果
2:0で ピクニックに決定☆
近くの公園なら まだ温かいうちにいけるはず

マッシーピーにタルタル
レモンにピクルス
お塩に モルトビネガー
よし 忘れ物 なし!

 ピクニック with モルトビネガー_a0107981_15350550.jpg


さぁ 到着
今日はセッティングが早い早い!
写真を撮る間も惜しんで 一刻も早く 「いただきます」をしたいものですから(笑)


 ピクニック with モルトビネガー_a0107981_15353049.jpg

だったらゆっくりおうちで揚げたてを食べればいいようなものだけれど
お外で食べる揚げ物はまた 格別の美味しさ
この爽やかさ
カロリーも半分になっているんじゃないかなと思う

デザートは わたしにしては 粉分少なめにしてみました

パフペストリーに マジパンを薄く敷いて
シンプルに その上に半割の洋なしをのせて焼いた
「Pear and marzipan tart」
冷凍してある生地さえあれば 揚げ物している間に 出来ちゃうおやつ

 ピクニック with モルトビネガー_a0107981_15353051.jpg
マジパンが 熱と洋なしからの水分で
アーモンドクリーム代わりになってくれます
仕上げには アプリコットジャム
シンプルイズベストな組み合わせ
フィッシュアンドチップスの後にもかかわらず
ペロリ
あっという間にお腹の中へ

あ~今日も美味しかった
ご馳走様でした♪


*************************

今日は珍しくお菓子ではなく お料理レシピ
我が家の「フィッシュアンドチップス」の秘伝?の衣の作り方を伝授
せっかくの週末 たとえお出掛けできなくとも 美味しいフィッシュ&チップス
(それにビールがあれば さらに)ご機嫌になれますよ(^^)
嘘みたいにサクサクな衣をお試しあれ~


<フィッシュ&チップス>
タラ(皮・骨取り除いたもの) できるだけ大きな切り身4枚分

1. じゃが芋は皮をむいて大きめの拍子切り、塩を少し入れたお湯で4~5分軽く茹でます。
ざるに広げ、表面が乾くまで冷ましておきます。(ジャガイモの量はお好みで)

2. タラに塩を振って少しおき、出てきた水分をふき取ります。塩こしょうで下味を。

3. 揚げ油を180度に熱し、①のじゃが芋をカリッとするまで揚げます。
(できれば、タラを揚げる間 170℃のオーブンに入れて温めておくとさらに良し)

4. 薄力粉225gベーキングパウダー大さじ1 を加えてボールにふるい入れます。
冷えたビール285ml を加えて、泡だて器で滑らかになるまでよく混ぜます。

5. ②のタラに薄力粉を薄くまぶし、④の衣をたっぷりとつけて、
180℃に熱した油で火が通るまでじっくりあげます。

熱いうちに、お塩とビネガー、タルタルソースなどを添えて召し上がれ♪

衣の分量は多めなので、タラがあまり大きくないのなら2/3量くらいでも間に合いますよ





by lesgalettes | 2020-03-13 08:34 | ピクニック | Comments(4)

残り物ピクニック


前の夜 お客さんがあった時のピクニックはとっても楽ちん
いちから用意するものは何もなく
残り物を寄せ集めて バスケットに詰めていけばいいだけだから
それに同じものでも
翌日おうちで食べればただの残り物だけれど
お外で食べれば また全然別のもののように 新鮮に食べられるから一石二鳥


残り物ピクニック_a0107981_08302917.jpg

しかもこの前日は
ピタパンに何でも詰め込んで食べよう~的なメニューだったので
まさにピクニック向き

去年の夏頃 友人にレシピを教わってから
これは買ってくるより100倍美味しいわと 気楽に作るようになったピタパン
オーブンに入れて ほんの3~4分でぷく~っとまるで風船のように膨れ上がって焼きあがる
これはほんとうに面白い☆

残り物ピクニック_a0107981_08305595.jpg

ずぼらメニューでフードプロセッサー大活躍
ピタパンもフープロでこね
スモーク鯖のパテもフープロ
レモン&コリアンダーのフムスもフープロで混ぜるだけ

究極の手抜きはポークのスローロースト


残り物ピクニック_a0107981_08305533.jpg

前の晩
スモークパプリカなどのスパイスとオリーブオイルで作ったペーストを
塗りこんでおいた豚肉の塊
翌日 低温のオーブンでじっくり焼くだけです
直火で1時間 アルミホイルで覆って4時間
オーブンにお任せするだけ
でも実はこの日は ちょっと失敗
ほんとうは肩肉で作らなくちゃいけないのに
お肉屋さんにお願いしておかなかったもので
手に入ったもも肉で作ったら いつもよりずいぶん硬い(汗)
本当はホロホロになるのに、、、
ごめんなさい~~

残り物ピクニック_a0107981_08305578.jpg

近頃はお肉屋さんがどんどん減って
スーパーばかり
大きな塊肉など欲しい時は ほんとうに困ってしまいます。。
なんでもネットで買える時代とは言え
お肉やお魚はね~
やっぱり見て買いたいですから

で その翌日
ほんのちょっぴり飲み過ぎた頭をすっきりさせるにちょうどいい
爽やかなお天気の日曜日

残り物ピクニック_a0107981_08305564.jpg

生野菜から何からぜ~んぶ一揃い
そのまま持って来て お昼ご飯

そうそう デザートの残りも もちろん持ってきましたよ
メレンゲルーラ―ドの レモンカードといちごバージョン☆

残り物ピクニック_a0107981_08305516.jpg


生クリームには クレームフレッシュを混ぜたので爽やかさ&保形性UP

クレームフレッシュは 発酵させた生クリーム
イギリスではサワークリームよりポピュラーで お菓子にお料理に大活躍
例えば この日のメニューのスモーク鯖のパテも
このクレームフレッシュがあれば
それに 鯖と レモンやハーブあるいはホースラディッシュなどを入れて混ぜるだけ
日本で手に入るのは NAKAZAWAさんの クレームラフィネ
近所では手に入らないのでネットでお取り寄せになりますが
冷蔵庫にあると本当に便利です☆

残り物ピクニック_a0107981_08305453.jpg

今回使った スモークの鯖に クレームフレッシュ
スモークパプリカに フレッシュのコリアンダーや ライム
それに ビーツやルバーブ・ パッションフルーツや バターナッツスクアッシュにしても
何でも気軽に手に入るようになった日本

こんな なんでも手に入る生活に慣れきってしまったせいかな
ちょっと何かが品薄になるというと 早く買っておかなきゃ!
という焦りと衝動に走るのは
ここ数年 色々な自然災害を見てきたというのもあるとは思いますが
ちょっと今回のは 日本人らしくないと言おうか
残念な面が沢山みられて ニュースを見るたび気分が落ちがち、、

残り物ピクニック_a0107981_08310555.jpg
そんなときの気分転換にはピクニックが一番(^^)

さぁ~メレンゲルーラード♪
お外で食べるのは 何気に初めてかも
つぶれちゃったら ぐちゃぐちゃにしてイートンメスにしてしまおうかと
苺も持ってきたけれど 無事でした

この3月はいつにも増して
ピクニック頻度が上がりそうです
こんな時こそ おうちの大掃除でもすればいいところですけれど~











by lesgalettes | 2020-03-07 08:30 | ピクニック | Comments(0)

セルフソーシングブルーベリープディング


先週末のピクニック
相変わらず誰もいない公園は貸し切り状態
まぁ2月に戸外でご飯を食べようと思うモノ好きがそう多くないのも分かりますが
今年はお日様が出て風のない日は 本当にポカポカ
全く気持ちよくピクニックができるんです


セルフソーシングブルーベリープディング_a0107981_15054495.jpg

この日のメニュー
まずは「ローステッドバターナッツスクアッシュ&チリ スコーン」

我が家は結構 夜ご飯にカレーが登場します
レモングラスやコブミカンの香る タイ風グリーンカレーだったり
モルジブフィッシュを入れたスリランカ風だったり
クミンたっぷりの中近東風?だったり とにかくさまざま
その日によってスパイスの量は適当なので 二度と同じ味が出ないのがなんですが
よく言えば 毎回違う味なので 飽きないと言えば飽きない(笑)
で このピクニックの前の晩がローストしたバターナッツスクアッシュと レンティル
そしてチリとコリアンダーのカレーだったので
冷蔵庫に余っていたロースト済みのバターナッツとチリとコリアンダーで
スコーンを作ろうと思い立ったわけです



セルフソーシングブルーベリープディング_a0107981_15054454.jpg

美味しそうに焼きあがりました
ガーリックとオリーブオイルとともにローストした 甘いバターナッツ
時々ピリッと辛いチリ
爽やかなコリアンダー
定番のコンビネーションだからスコーンにしてもきっと美味しいはず



セルフソーシングブルーベリープディング_a0107981_15054419.jpg

さて これに何かをあわせたい
バターでもない クリームチーズでもない
何かこうもっとソフトで酸味のあるもの…
クレームフレッシュ+チリ+刻んだコリアンダー+レモンの皮のすりおろし+ 塩・こしょう

お次はデザート
今月のレッスンの材料が余っているからセルフソーシングレモンプディング?
でもちょっと作り飽きた感もあるので
ふと目に留まったブルーベリーを投入して
レモン&ブルーベリーバージョンにしてみよう


セルフソーシングブルーベリープディング_a0107981_15223740.jpg

きれいなモーブピンク色の生地が出来上がりました
適当だから お味のほうの保証はありませんが~
ピクニックフードは何より 簡単・速いが最優先
お外で食べると 大抵のもの(失敗)は許されるので大丈夫 なはず(笑)


セルフソーシングブルーベリープディング_a0107981_15060206.jpg

バスケットに焼き立てのスコーンとプディング そして紅茶を詰めて
いざ 公園へ★
やはりまだ2月は 芝生にラグより ピクニックテーブルのほうが快適


セルフソーシングブルーベリープディング_a0107981_15061454.jpg

まだまだ温かいスコーンに チリとコリアンダーの効いたクレームフレッシュを添えて
いざ実食☆
これが近年まれにみるヒット作!
でも あまりに分量が適当すぎて
我が家のカレー同様 同じものをまた作れるかは怪しいもの。。

それにバターナッツスクアッシュをわざわざこのために1時間ローストするのはしないかなぁ
また次回料理で使う時に スコーン用に余分に焼くことにしよう


セルフソーシングブルーベリープディング_a0107981_15061462.jpg

プディングは まぶしい黄色だったレモンプディングと対照的に
シックなモーブのスポンジに 紫のソース
大人色でした
お味はそうですね~
悪くはないけれど より酸味の効いたレモンプディングに軍配かな
やはり オリジナル is ベスト

セルフソーシングブルーベリープディング_a0107981_15060259.jpg

たっぷり食べて たっぷりくつろいだ後は
お散歩


そして時々 深呼吸


セルフソーシングブルーベリープディング_a0107981_15060288.jpg


それにしてもこの新型ウィルス騒動
次から次と 予想もしなかったことが色々起こるものです
春の訪れとと共に 終息の方向へ向かってくれることを願うばかり


セルフソーシングブルーベリープディング_a0107981_15062224.jpg


「みなさん良い週末を♪」
と普通にためらいなく ここに書けることすらも
有難いことなんだなと 何かある度に気付きます
また喉元過ぎるとすぐに忘れてしまうけれど。。。

みなさん 気を付けつつもよい週末をお過ごしください(^^)










by lesgalettes | 2020-02-29 10:05 | ピクニック | Comments(0)

雪見お茶


それにしても今年の冬は異常気象
暖かいのは過ごしやすくていいけれど さすがにちょっと心配になります
ふだんは雪いっぱいの日光への道も
今年の道路は乾いたまま
山の上の中禅寺湖ですらも ほんの少し凍っているだけ

雪見お茶_a0107981_14152274.jpg


夏によくピクニックに行っていた戦場ヶ原は
軽く雪景色
ほんとうに2月あたまなのかしら?と思うほど穏やかな青空の下
ありきたりな表現ですがほんとうに絵ハガキのよう


雪見お茶_a0107981_14152265.jpg

紅葉シーズンは観光客でとても近づけない竜頭の滝も
この日はガラガラ
氷瀑とはいかないまでも 例年はパムッカレのように段々に白く凍りついている滝が
今年は一部 つららが下がるのみ


雪見お茶_a0107981_14152359.jpg


推して知るべし 奥日光の湯元まで行っても雪はわずか
毎年恒例の小さな沢山のかまくらがぼんぼりのように
数百個も灯るイベントは中止だそう

見事な氷の彫刻も 真冬とは思えない日差しの下
しずくがポタポタ、、、


雪見お茶_a0107981_14155272.jpg


「チュウ」♡と名付けられた
ラブラブなネズミのカップルの彫刻はとってもキュートで
思わず笑顔になってしまいます(^ ^)
少しでも長くもってくれるといいけれど、、


雪見お茶_a0107981_14155274.jpg
この日 日光の山の上はどんなに寒いだろうと
用心して持ってきた温かい紅茶
車の中ででも飲めればいいかな なんて思っていたら
なんの この陽気
氷点下にもならず 下界とそう変わらないではないですか
ここは湯ノ湖
見回せば ちょうどいいピクニックテーブルを発見☆
雪見ティーと相成りました

雪見お茶_a0107981_14155352.jpg

おやつもしっかり持って来ておいて良かった(^^)
ミルクティーにたまらなく合うパーキンに ダイジェスティブビスケット

それにしても 澄んだ空気の中
頭上から降り注ぐ いかにも紫外線の強そうなこの日差しに
下からは雪 脇からは湖面の照り返し
眩しくて目を開けていられないほどです


誰が作ったのかな?
湖をじっと眺める杭の上の雪だるま ↓

雪見お茶_a0107981_14155392.jpg


冬のドライブ
良さげなカフェが見つかるとも限らないところに行くときは
紅茶とおやつは必需品☆







by lesgalettes | 2020-02-05 14:13 | ピクニック | Comments(0)

Winter picnic


冷蔵庫の野菜室を覗いたら 端っこのほうに
ブラムリーアップルを発見☆
大分経ってるけれど どうにかまだ食べられそう
さて 何にしようか、、
あまり手間はかけたくないのでとにかく簡単なモノ、、、
そこで これまた残り物
12月にミンスパイ用に作った クランベリーミンスミートをのせて
「ブラムリーアップル&ミンスミートプディング」に

Winter picnic_a0107981_16244621.jpg

要はイヴズプディングのミンスミート入りのようなもの
ブラムリーだとあらかじめりんごに火を通さなくとも
生地をのせて一度焼くだけで りんごもくたくたになってくれるからとってもラクチン♪

1月の最後の週末
どうやらお天気も良さそうなので
今年二度目のピクニック
そこでこんな簡単おやつを焼いていたのでした
ピクニックの準備はできるだけ簡単に が肝要
準備でクタクタになってしまうのでは ピクニックの楽しみが半減
別にスーパーで買ったものを持って行くだけでもいいんです
とにかく 外の新鮮な空気を吸いながら
壁も天井もないのびのびとした空間で
リフレッシュするのが目的だから

Winter picnic_a0107981_16244764.jpg

それにしてもこの冬はこれまでにない暖冬
いくらピクニック好きだからって
1月にしようなんて 去年まで考えてもみませんでしたから
それが今年はまったく余裕
大して厚着しなくとも お日様はぽかぽか照っているし
風さえなければ 全然寒くない

だけど やはり冬は冬
地面は冷えているので 冬ピクニックの時はラグを広げるのではなく
ベンチ&テーブルがあるところ
Winter picnic_a0107981_16245566.jpg

そして荷物は最小限に☆
だからピクニックバスケットではなくエコバッグ
食器もカトラリーもミニマムに
春夏のように いつまでも寝そべっていたり読書したりなんて 長居もしないので
あれもこれもと持って行かずにコンパクト
でも 暖かいブランケットは必須
ベンチに敷いたり 膝にかけたり重宝します


Winter picnic_a0107981_16250282.jpg

食べ物も その場で切ったり作ったりするものではなく
すぐにつまめる簡単なモノ
出来れば温かいものがあれば なお良し

この日は焼き立てのスモークサーモンのキッシュに
ピー&ミントのフムスにパテ
先ほどの焼きたてりんごのプディング
そして何はなくとも あったか~い紅茶

Winter picnic_a0107981_16244765.jpg

当然のごとく誰もいない貸し切り状態の贅沢な空間で
思いの外のんびり過ごした後は ちょっぴりお散歩
ふかふかの枯葉の上を ブーツを履いてしゃわ~しゃわ~と歩くのは結構楽しい

Winter picnic_a0107981_16244705.jpg

するとちょっと小高くなったところに
なんだかまたよさげなピクニックスポット発見☆

次のピクニックはここもいいね
ちゃんとピクニックテーブルがある
周りに桜の木があるから 春は競争率が高そうだけれど
冬は貸し切り
虫もいない ~これ結構嬉しい
ピクニックは好きだけれど 蚊とか蜂とか刺す系の虫は結構苦手
がっつりアウトドアが好きなわけではなく
アルフレスコ(屋外)くらいが好きなのですね(笑)

冬ピクニック
もの好きね~なんて見られているのかもしれないけれど
気持ちいいものですよ♪
次は ホカホカの焼き芋と紅茶だけピクニックもいいかなぁなんて
冬ならでは ですからね(^^)
あ タイ焼きも♡(やっぱり粉ものはかかせない…)




by lesgalettes | 2020-02-02 16:11 | ピクニック | Comments(0)

ピクニック初め

1月初旬 真冬だというのにこの暖かさ
外を覗くと
曇り空だけれど 風もなく穏やかそう
年末年始の暴飲暴食でおなかも重いことだし
ちょっとお散歩にでも行ってみようか 、、

向かったのは大きな池のある広い公園

ピクニック初め_a0107981_22511424.jpg

深く積もった落ち葉の上を カサンカサン沈みながら歩いたり
池の上の杭や 倒木にお行儀よく並んでいるカモを眺めたり

ピクニック初め_a0107981_22511436.jpg

バズーカ砲のような巨大望遠カメラを覗くたくさんの野鳥ファンの後ろに立って
一体何を狙っているのかなぁ~なんて 目を凝らしたり(笑)

例年なら寒くてお散歩どころじゃないこの時分
やっぱりあまり寒くない
気付くとこの冬は 40云年間なり続けてきた しもやけになっていないではないですか
これはやはり異常気象

寒いと困ると思い 持ってきた紅茶ももしかしていらなかった?
まさか!
紅茶は暖かろうと 寒かろうと どちらでもいるに決まっています(笑)

ピクニック初め_a0107981_22513044.jpg

あんまり寒かったら外でお茶は厳しいから その時は車の中でお茶しようと
この日は紙コップに紙皿
紅茶に ビスケットにショートブレッドにミニポークパイ
全部 ただ詰め込んできた市販品ばかりだけれど
ベンチの上に広げたら なんだかこれはこれで
ほのぼの楽し気な真冬のピクニック

ピクニック初め_a0107981_22511479.jpg
年末年始食べ過ぎたからのお散歩のはずなのに なんでこんなにおやつを持って来てるのかって?
それは言いっこなし

紅茶を飲みながら のんびりしているうちに
おや ようやく日差しが出てきました

おやつタイムに仲間入りしたかったのか
鳥たちもあっちこっちから現れては わたしたちが何をしているのか眺めているよう
みんなが必死でベストショットを狙っている
オレンジのお腹に瑠璃色の背中
大きなくちばしのカワセミも向こうから見物に来てくれました☆

ピクニック初め_a0107981_22511475.jpg

今年も楽しいピクニックが沢山出来るかな


☆★お知らせ★☆

3月のレッスンのお申し込み開始は1月26日(日)21時の予定です






by lesgalettes | 2020-01-17 10:50 | ピクニック | Comments(0)

秋のピクニック


天高く 日々肥ゆる秋
私の場合 秋に限ったことではないと言われそうですが
この時期 粉ものがより美味しく感じられるのは事実
湿度が低く 気温も程よく下がり
のどを潤す紅茶も美味しく
粉ものもより滑らかに喉を通っていきます


秋のピクニック_a0107981_08574164.jpg

タンパク質系にはあまり興味がなく
炭水化物と糖質だけあれば満足のわたし
何でもバランスが大事よね と思いながらも
今日もせっせと粉ものばかり作り摂取します



秋のピクニック_a0107981_08574169.jpg

この日のピクニックは珍しく いつもよりはちょっと遠出して
なんとかかんとか?という名の栃木の山の上の公園
リュックをしょって杖を持ち いかにも今から山歩きに出ます~といういでたちの人ばかりの中
カーディガンにサンダル履きくらいの やけに軽装なわたしたち
だってここがハイキングスポットだなんて知らなかったものですから~



秋のピクニック_a0107981_08575744.jpg

この日の粉ものは
キャラメライズドオニオンマーマレードとチーズを入れたソーダブレッド
それに グリルしたナスや生野菜・ピクルスや チーズ
豚肉のパテや 冷蔵庫に入っているペースト類をなんやかんやと持って行って
お気軽オープンサンド
(サンドイッチを作るのは結構手間なので 最近このパターンばかり~)


秋のピクニック_a0107981_08575374.jpg

パンがない時 粉に重曹を混ぜてすぐに焼けるソーダブレッドは本当に便利です
さらに時間がない時は その生地を平たく延ばして
フライパンかグリルで焼いて フラットブレッドと称して
カレーの時や チーズやディップ系のお供として 我が家ではよく登場

この日ソーダブレッドと一緒にオーブンに放り込んだのは
ブラムリーアップルのクランブル
角切りにしたマジパンも加えたので
酸っぱいブラムリーの中で 時々当たる甘いマジパンがいいアクセントになります
クランブルにはオーツも加えて 食感と香ばしさをプラス

秋のピクニック_a0107981_08580708.jpg
さあて デザートまで済み
魔法瓶の紅茶もなくなったので ハイキングとはいかないまでも
せめて紅葉の季節だし お散歩くらいしてみようかと歩き出すと~

目に飛び込んできたのは ミスルトゥ(宿り木)
中でも飛び切り見事に真ん丸のそれは
まるで仙台七夕のくす玉のような 圧巻の大きさ!

秋のピクニック_a0107981_08574119.jpg

半透明の薄緑色の実をいっぱいにつけたミスルトゥを見上げ
「これ欲しい~~」
クリスマスに向けて ちょうどミスルトゥものが気になっているところだったので
しばし 去りがたく眺めていたのでした(笑)

そろそろ青い空に
葉を落とした枝が映える季節
カラフルな紅葉もいいけれど
地味好きなわたしは この枝越しに眺める空が同じくらい好きだったりします

秋のピクニック_a0107981_08574048.jpg

毎日 バタバタ同じように過ごしていると
「あらもう1週間経っちゃった」
「もう1か月経っちゃった」そんな風に時間が過ぎてしまいがちだけれど
枯れ枝だったような 枝に小さな芽がついて
緑の葉っぱが空が見えないくらいに生い茂り
黄色にオレンジにちょっとずつ色付いて
一枚一枚落ちていって~
そんな大きな変化が起こるくらい
季節はあっという間ではなくじっくりと過ぎている
それなのにわたしったら「夏だと思っていたらもうクリスマスよ~~」なんて
一体どれだけバタバタしているというのでしょう
このままじゃ 10年もきっとあっという間 (-"-)

あれもこれもと欲張りすぎている結果 何一つ成していないという
バタバタ損の典型です
さて どうしましょう。。。









by lesgalettes | 2019-11-19 08:57 | ピクニック | Comments(0)

秋のピクニック


この日は朝から青空
絶好のピクニック日和
でも確か午前中に病院か何処かに行く用事があって 帰ってきたらもうお昼
さぁて ピクニックの準備を今からすると遅くなっちゃうけれど
かと言って
このまま普通におうちでご飯もつまらない

また我が家のブラックホール的冷凍庫作戦
何か出てくる(笑)

さぁて今回見つけ出したのは
いつぞやイギリスで見つけて買ってきた
簡単に行ってしまえは Lincoln 名物のぶどうパンのようなものですが~

秋のピクニック_a0107981_11215740.jpg
これをまず持って行くことは決定☆
リンカンシャープラムブレッドといえば お店ではチーズやバターが添えられてくるのが定番
では先日フランスでゲットしてきた M&Sのマチュアチェダーは持って行こう
あとはそれに合わせてイチジクのチャツネか何か、、、

デザートは?
イチジクがある。。

秋のピクニック_a0107981_11215747.jpg

今回はイチジクの丸ごとパイにしよう~
イチジク+トフィー味
イチジクの真ん中にぐっとトフィーを二つくらい差し込んで
後はペストリーで包んで焼くだけ
(トフィーが食べきれなくて余っているときには こんな使い方も便利
同じように市販のキャラメルでもできるかな?)

残りのペストリーでついでにソーセージも包んで一緒に焼いちゃいます
さぁ これでデザートとおかずの完成☆

秋のピクニック_a0107981_11215772.jpg


焼いている間に 急いで紅茶を淹れて
オーブンからパイが出るや否や バスケットに詰め込んで さぁ出発☆

プラムブレッドにチーズとチャツネ
ピクルスになんちゃってソーセージロール
それだけだけど
どうせそんなにたくさん食べられないし これくらいの手抜きフードが気楽でいい
最近の我が家のピクニック
誰かお客さんでも一緒ならね もうちょっと頑張るかもしれないけれど(笑)


秋のピクニック_a0107981_11215885.jpg
あらま 全部市販品ですね(笑)↑

唯一手作りのデザート
イチジク&トフィーはどんな感じかな?

お~さすがに 焼き立てで飛び出してきただけあって
まだ温かい
ナイフを入れると とろけたトフィーと果汁がいい感じのソースになって溢れ出てきます


秋のピクニック_a0107981_11215709.jpg

おうちだったらバニラアイスが欲しくなりそうなデザート♪
ピクニックご飯はなにかひとつ ハイライト(お楽しみ)があれば
それで十分かも

曇り空ピクニックも悪くなかったけれど
やっぱり青空のもとラグを敷いて寝転ぶのは 気持ちいい!!


☆★ お知らせ ★☆

1月のレッスンのお申し込みは11月25日(月)21:00~です







by lesgalettes | 2019-11-16 11:20 | ピクニック | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします
※写真の無断転載はご遠慮ください

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
レッスン
アフタヌーンティー&ティー
ピクニック
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
フランス
未分類

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧