人気ブログランキング |

カテゴリ:イギリスイベント( 57 )

山梨夏のお茶会 2019


先週の土曜日 台風の予報にヒヤヒヤしながら 向かったのは山梨
桂川ウエルネスパーク
緑いっぱいのこの公園の会議室で開かれたのは
山口ももさんの 「夏の英国祭り 山梨のお茶会」

数日前に日本に着いたばかりと言うももさん
時差ボケも何のその テキパキ会の準備をすすめます


a0107981_15273570.jpg



このアットホームな雰囲気はももさんならでは
イギリスの地に足のついたカントリー暮らしの良さを伝えてくれる
ももさん本の愛読者なら納得の 妙にくつろげる空間(^^



a0107981_15213903.jpg

会場の周囲に並べられたテーブルの上には
今回ももさんが段ボールに詰め込んで運んできた アンティークたちや
これまでのご本が並びます

a0107981_15213930.jpg


それに沢山の種類のティーバッグ!
チリ&ベリーやビートルート&アップルなんて変わり種から Bettys まで
ここ山梨のお茶会恒例の
イギリスティーバッグ飲み比べ

a0107981_15213939.jpg


ここではぜ〜んぶセルフサービス
お好きな紅茶を大きなマグに入れ
これまたももさんがしょってきた いろんな種類のイギリスビスケットや
わたしがよっこら宇都宮から運んできた ケーキでティータイム☆



a0107981_15213996.jpg


時間は11時から15時の間
何時に来て何時に帰っても自由というこのおおらかなお茶会

ももさんファン・イギリス好きが集まってお茶をして
おしゃべりして
途中 わたしとももさんのトークがあったり
ゲームや クイズをしたり、、、


a0107981_15214095.jpg

今回みんなでやった Pass the parcel というゲームは
何重にもラッピングされたプレゼントを音楽と共にぐるぐる回しながら
音楽が止まったところで それを持っていた人が 1枚ラッピングペーパーを破る~
を繰り返し 最後の1枚を破った人がプレゼントをゲット!というゲーム
よく子供たちのお誕生会でやるゲームだけれど
これ シンプルで 何気に大人がやっても楽しい♪

a0107981_15213856.jpg

わたしはクイズ係★
イギリス菓子に関する問題を出していたら
いやぁ~お見それしました (^^;)
さすがに皆さん詳しくて なかなか勝負がつかない~

そんなこんなで
気づいたら なんだかあっという間に閉会の時間

参加されていた皆さんとも ももさんとも まだまだおしゃべりしたりなかったけれど
きっと また会えるかな
楽しい会にお誘いいただいて ほんとうにありがとうございました♪















by lesgalettes | 2019-07-31 13:28 | イギリスイベント | Comments(0)

CAKE OFF


さて 前話にひきつづきGreat British Food Festival のお話し~
このフードフェアにはいつもいくつかの定番催しがあります
その中の一つが 有名シェフや
GBBO(人気TVプログラム ブリティッシュベイクオフ)の参加者が見せてくれるデモンストレーション
今年登場していたのは
2018年のGBBOで人気だった Brionyと 2013年出場の Howard

この日 Briony が見せてくれたのは
何層にも重なったチョコレートケーキ


a0107981_23005273.jpg

明るく元気なキャラクターの Briony の軽妙なトークを聞いているうちに
チョコレートがたらりとたれる なんとも美味しそうなケーキが出来上がりました

そして~お待ちかねの試食タイム

Briony がカットを始めた途端に
四方八方から手が伸びて~



a0107981_23021122.jpg


きれいにデコレーションされたケーキの命短し あっという間にみんなのお腹の中へ
写真撮っている場合じゃない~なくなっちゃう!
少々焦りながらも わたしもしっかりお味見
美味しかったなぁ~♪

そしてもうひとつ楽しみなイベントが CAKE OFF
前もってエントリーをしておいた参加者が 自慢のケーキを持ち寄ってのコンペティション
ここでも先ほどの Briony とHoward が司会



a0107981_10263577.jpg


前回 見た時はお題が ヴィクトリアスポンジの日でしたが
この日のお題は Your Fabulous Favourite
つまりちょっぴり見た目豪華なケーキなら何でもいいという事

そそくさと前のほうの席に陣取って ワクワク眺めていると
あら~バリエーション豊かなケーキたちがずらり並びました☆
腕に自信ありの面々が 皆ご自慢のケーキを持ってくるわけですから
当然どれも美味しそう♪

簡単なケーキの説明の後
司会の二人と お客さんの中から立候補した4人の審査員が
見た目や味を審査し TOP3を選びます


a0107981_23005279.jpg


審査員は全部食べられていいなぁ~とお思いでしょうが
実はわざわざ審査員にならなくとも この場の観客 全員がお味見できるんです(^^
ずらり並んだ美しいケーキは 審査員が試食した後は
係の人によって瞬く間に 切り刻まれ お皿にのせられ
どんどんどん 観客席にまわされてきます~
食べるのが忙しいくらい(笑)




a0107981_23005190.jpg

前回は それが全部ヴィクトリアスポンジだったものだから
さすがに途中からもう満腹すぎて(飽きてしまって?)
だんだん後半は 訳が分からなくなってしまったのですが
今回はどれも全く違うケーキなので 実に楽しい
いっぱいお昼を食べた直後だから そこそこ満腹ではあったものの
近くに座った人と 「これ美味しい~!」などと言いあいながら 大満喫♪
さっき デザートまで食べなくて良かった・・



a0107981_23011006.jpg

結果発表タイム〜
TOP3の人の名前が呼ばれます
すると観客席に紛れて座っていた作り主が立ち上がり
みんなの拍手を受けるわけですが~
中には こんな可愛らしいケーキを作るなんてとても見えないしっかり系のおじ様(失礼!)が
恥ずかしげに でも嬉し気に立ち上がって手を振ったり〜
思わずこちらまで 嬉しくなって大笑顔(^^)

a0107981_23100572.jpg



いいですね〜
何かイベントをするのなら
こういう気負わず 老若男女 みんなが笑顔になれる素朴なイベントが理想だなぁ…






by lesgalettes | 2019-07-21 08:34 | イギリスイベント | Comments(0)

フードフェスティバル


スカンと晴れ渡ったこの日
イギリスの友人夫婦と向かったのは
Reading そばにある Englefield house

広々とした駐車場に車を停め
これまたひろびろ~とした芝生の上を 大人も子供もみな楽し気に歩いていきます
もうこれを見ているだけで なんだかほのぼの嬉しくなってしまうのですが~


a0107981_08175398.jpg

今日ここで行われているのは Great British Food Festival
夏になるとあちらこちらで催されるフードフェスティバルのひとつです
日本でも近頃は大分メジャーになってきたフードフェアですが
イギリスのそれとの違いはなんといっても その会場
狭い空間に行列だらけの息苦しい日本のフェアと違い
イギリスでは 都会はさておき
大抵は郊外の歴史あるお屋敷や公園など
お天気さえよければ もうこの場にいるだけで癒されてしまう
そんなところが多いので ついついタイミングが合うと訪れてしまいます



a0107981_08175360.jpg


数年前にも
ちょうど同じフードフェスティバル(場所は別のお屋敷でしたが)について書いたので
覚えている方もいらっしゃるかも?

フードフェスティバルと言いつつも家族で楽しめるように
子供たち向けのアクティヴィティもいっぱい
お子様向けのクッキングクラスや 乗り物にフェイスペインティング etc
もちろんそんなものがなくとも この広い空間があるだけで
こどもたちは飛んだり跳ねたりいくらでも楽しめると思いますが~

a0107981_08175281.jpg
そこかしこにカフェやバーの車やストールがあるので
適当に飲み物を買って 干し草の上で座ってくつろいでもいいし
ライブミュージックをのんびり聞くもよし

メインのテント内には
ローカルプロデュースのこだわりフードのお店がひしめいているので
お買い物を楽しむのももちろんだけれど
こうして家族みんなでのんびり休日を楽しむことが出来るのが
イギリスのフードフェアのいいところ

a0107981_08181120.jpg

すぐに食べられるケーキやパイ
パンやチーズに
お肉やお野菜
ジャムにチャツネにピクルス

a0107981_08181121.jpg

ローカルビールやリキュールなどを売るお店もよくありますが
ここ数年 とにかく人気なのがジン
これまでジンと言えば ウォッカ然り無色透明のスピリッツというイメージでしたが
昨今のイギリスのジンは とにかくカラフル
フレーバーも数限りなく
トニックウォーターを加えるだけで気軽に美味しいジントニックができるようになっています

a0107981_08181263.jpg


上の写真は全てジン
まるでかき氷シロップかと思うほどのカラフルさ
ルバーブジンやラズベリージン・ ダムソンジンやストロベリージンは当たり前
イングリッシュトフィージンに アップルパイフレーバー
ペアドロップや レモンシャーベットなんてキャンディー味のジンまで揃っています
これはもう重いけれど買わずにはいられない(笑)
でもさすがに何本も何本も買うわけにはいかないので
買うのを諦めた分は お外のジンドリンク専門のバーでいただくことに~
以前はこういったフェアのドリンク屋さんと言えば ビールがメインだったのに
今回はジン専門の車が何台も出ていました
まったくすごい人気です

a0107981_08181112.jpg


お外で飲む エルダーフラワージンやピンクのストロベリージンは
味も見た目もとっても爽やか
この景色と開放感も相まって なんとも幸せな気分にしてくれます
ホットフードコーナーには
ホグローストにバーガー屋さん フィッシュ&チップスはもちろんのこと
ギリシャ料理に ガレット屋さん・アジアンまでなんでも揃っているので
迷う迷う…
でも結局 揚げたての熱々チップスが食べたくなって
フィッシュ&チップス屋さんにフラフラ行ってしまうことが多いのです

つづく~


☆★ お知らせ★☆

9月のレッスンの募集は7月25日(木)21:00頃の予定です





by lesgalettes | 2019-07-18 08:17 | イギリスイベント | Comments(0)

Spring Bake Off 2019


5月12日(日)Mornington Crescent のステイシーさんと
この日会場となった Still Rooms さんと一緒に
Spring Bake Off を開催しました

今回のベイクオフのテーマの 春・そしてピクニックにお誂えの
真っ青な青空と
それに映える出来立てほやほやの素敵な会場が皆さんをお出迎え


a0107981_08152540.jpg


最近は日本でも放映されているので ご存知の方も多いと思いますが
イギリス中をベイキングブームの渦に巻き込んだ人気番組 British Bake Off は
毎週一人ずつ脱落していく 笑顔の後ろに緊張感もあるベイキングコンペティション
でも この日開催したベイキングオフはもっとずっと平和な
イギリス菓子好きが集まって 一緒に楽しもう~♪という
和やかなイベント(^^

春やピクニック というテーマからイメージした
手作りのイギリス菓子をもって参加してくださる方15名
審査員のゲスト35名 計50名の皆さん + わたしたちで
そのケーキを食べ比べて投票し Winner が選ばれます

a0107981_08154298.jpg

そうこうするうちに
力作のケーキが続々到着
審査は難航の予感(笑)

まずは 時間もお昼を過ぎたことだし 軽くセイボリー物と
ここStill Rooms のお庭で今が盛りと咲き誇る薔薇やエルダーフラワーから作ったばかりの
コーディアルで お腹を落ち着かせてもらいます


a0107981_08154247.jpg

セイボリーフードは ステイシーさんお手製の美味しいピクニックパイ
スエットとバターのペストリーに
ぎっしり詰められたポークにチキン・アプリコットetc
これにブラムリーのチャツネとピカリリ添え
それにわたしが作った スティルトン&ブロッコリー・くるみのタルト
タイム風味のチーズストロー

さぁて一息ついたところで
いよいよ審査(試食)の開始です

作り手の皆さんたちが ちょっと不安げに自信なげに持ってきてくれたケーキ
それがお世辞抜きにどれも見るからに美味しそうでまずはビックリ
飾りつけが美しいものももちろんあるけれど
シンプルなローフ系やスコーンでも ありますよね
いかにも美味しい顔をしたお菓子って

案の定 審査は難航
というかすべて美味しいので これはもう好みの問題
聞こえてくるのは
「全部美味しい~」の声ばかり(笑)

a0107981_08154260.jpg


1. スティッキーマーマレード&アーモンドケーキ (手作りのマーマレードの苦みが最高!大好きな味)
2. キャロットケーキ カップケーキ (バタフライの仕上げがキュートで優しい味にぴったり♪)
3. レモンドリズル with いちご (定番に春らしくイチゴを合わせたアイディアが素晴らしい~)
4. アイストバンズ (懐かしい味を可愛らしいデコレーションでバージョンアップ☆)
5. パヴロヴァホワイトチョコレートティフィン
(メレンゲとドライイチゴ・抹茶がホワイトチョコレートに絶妙に合い大人のティフィンに)


a0107981_08154232.jpg

6. コーニッシュパスティ (塩加減が最高☆すぐにピクニックに行きたくなるお味♪^^)
7. マチュアフルーツケーキ(芳醇なラム酒の香りに クリームチーズのフロスティングが新鮮!)
8. ジャファケーキ
(程よい固さのスポンジ+柔らかなオレンジジェリー+チョコレートにノックアウト(笑))
9. ホットクロスバンズ (クランベリーやチョコレート・スパイスのハーモニーが絶妙☆)
10. レモンヴィクトリアスポンジケーキ (口どけの良いスポンジにレモンカードの酸味がパーフェクトの仕上がり)

a0107981_08155492.jpg

11. デーツ&ウォルナッツローフ ( 定番の味と思いきや塩味の効いたフロスティングにビックリ!)
12. レモン・エルダーフラワー&ポピーシードドリズルローフ(間違いのない最高の組み合わせにポピーシードのぷちぷちが楽しい♪)
13. ハッピースプリングカスタードケーキ(カスタードやスポンジを何層にも重ねた 贅沢で食べた人にハッピーになって欲しいという思いが伝わるケーキ^^)
14. グーズナーミリオネアショートブレッド (キャラウェイシード・オレンジ・トフィー・チョコレートどれも特徴のある味を上手に一つにまとめた技術とセンスに脱帽☆)
15. スコーン (長年作り続けた安定感と安心の味にイギリス菓子の良さを改めて感じる一品)

以上の15品
その場でひとつひとつ感想を言う時間がなかったので ここで一言感想↑
そしてお礼を
どれもこれも ぜ~~~~んぶ 最高に美味しかったです♪
貴重なお天気の良い日曜日にお時間割いていらしてくださった審査員の皆さんも
ほんとうにありがとうございました
これからも British baking and eating 楽しんでくださいね


a0107981_08155479.jpg
さてちなみにこの日のプライズ
審査員賞は No.5のパヴロヴァホワイトチョコレートティフィン
ステイシーさん賞 No.4 アイストバンズ
Still Rooms賞 No.10 レモンヴィクトリアスポンジケーキ
わたし賞が No.8 ジャファケーキ

でも参加した皆さん言われていたとおり これはもうすべてに○○賞をあげたい感じでした
そんな美味しいものに囲まれた幸せな Spring Bake Off の1日でした








by lesgalettes | 2019-05-16 17:29 | イギリスイベント | Comments(0)

山口ももさん 夏のお茶会


さぁて ひと月の1/3 程もあった長~いゴールデンウィークもいよいよ今日が最終日
しっかり休んでしまった人は 日常を取り戻すのに一苦労しそうな長さですが
わたしもそのひとり
人ごみに分け入る勇気はなかったので
考えてみると ひたすらDIYの日々ではありましたが
まぁまぁ今日はサザエさん症候群と言おうか ブルーマンデー(笑)

そんなぐうたら気分を吹き飛ばすべく
先の楽しいことをまた考えて 元気を出すことにします☆


a0107981_09425589.jpg
↑ 我が家のGW中のお茶菓子ビスケット①


その中の一つ
イギリス好きの皆さんご存知 山口ももさん主催の 恒例のお茶会が
また山梨で開催されます

今年は題して
英国祭り 山梨のお茶会2019

日時:7月27日(土)11:00~15:00

詳しくはこちら をご覧になっていただきたいのですが~

内容はひたすらのんびりお茶をしながらおしゃべりなどして楽しもう♪
そんな イギリス好きのための交流会のようなお茶会
今回はわたしもゲスト(?)で参加しますので
みんなで のんびりおしゃべり出来たら嬉しいなぁと考えています(^^



a0107981_09425457.jpg
↑ 我が家のGW中のお茶菓子ビスケット②

ので 是非是非みなさん 先の楽しみを作るべく
ご参加のご予約お待ちしております☆

お問い合わせ・お申し込みはももさんのブログのメールフォーム
下記アドレス(ももさんのメールアドレスです)までよろしくお願いします
momochann0326★hotmail.com →★を@にしてください。

本当にのんびり広々した自然いっぱいの公園なので
遠足がてら ご家族やお友達といらしていただいても楽しめると思いますよ♪
時間内はいつ来ていただいても いつ出て頂いてもご自由ですから


a0107981_09425427.jpg
↑ 普通のカスタードクリームの4倍はありそうな 超巨大ジャイアントカスタードクリーム(笑)



ももさんがイギリスから運んできてくれるイギリスの紅茶やビスケットを楽しみながらのこのお茶会
私も何か作っていく予定ですが
皆さんおすすめのイギリスのお菓子(手作り市販品問わず)などの持ち寄りも
ベリーウエルカム♪だそう

他にも
ちょっとしたクイズやゲーム(賞品つき)
イギリスのヴィンテージ食器や紅茶の販売会
などもありますので
楽しみですね♪

お気軽にどうぞご参加してください
お待ちしております~♪

















by lesgalettes | 2019-05-06 10:53 | イギリスイベント | Comments(2)

Still Rooms


イースターサンデーの日曜日
ちょっぴり早起きをして大量ベイキング

この日 山ようなスコーンとイースターカップケーキを積んで
真っ青な空のもと向かったのは




a0107981_11361927.jpg


埼玉県新座市にあるここは
出来立てほやほやのまるでイギリスのカントリーハウスのような一軒家
そして
この日は このスティルルームス初お披露目のオープニングイベントデイ☆



a0107981_11361958.jpg
ちょっとご紹介すると~

明るい光がいっぱいに差し込むコンサバトリーのような
広いキッチン&ダイニング

暖炉のある落ち着いた空間のリビングに

a0107981_11361942.jpg

風格のあるライブラリー

ストーブのあるくつろぎのスペース



a0107981_11362070.jpg


一つの空間の中で 様々な顔を見せてくれるこの邸宅
毎回どこでお茶を飲もうかな そんな贅沢な悩みが生まれそう

イースタービスケットも
今月さんざんレッスンで焼いていたカップケーキも
いつものシンプルなスコーンでさえも
なんだか普段より余所行き顔に見えるから不思議です(笑)



a0107981_12151925.jpg

ここは 来月モーニングトンクレセントのStaceyさんと行うイベント
(ご参加される方はお楽しみに♪)


a0107981_11361997.jpg

そして今回はタイミングが合わなかったけれど~という方にも
これから Still Rooms では
紅茶教室や その他イギリス関係のレッスンやイベントなどなど
色々楽しい計画があるそうなので
楽しみに注目していきましょう♪









by lesgalettes | 2019-04-25 11:57 | イギリスイベント | Comments(0)

秋休み


少々くたびれた体と心を癒すべくイギリスへ脱出
毎度のことながら目的は
美味しいものと のんびりした景色
そしてアンティーク(ガラクタ)
a0107981_09461209.jpg
いつもはストール数1000以上の大きなアンティークフェアをはしごすることが多く
結構ハードなので
今回は行く先々の田舎の小さなアンティークフェアをちょろちょろ眺めながら移動する
のんびり旅
a0107981_09464152.jpg
地元のおじいちゃんおばあちゃんたちに混ざってのお宝さがし(^^)
今日は何に出会えるかな
何か欲しいターゲットが決まっていてそればかり探していると
他にいいものがあっても 見過ごしてしまいがち
心を無にして(欲の塊だけれど…笑)
まずはストールホルダーのおじ様おばさまに 笑顔でご挨拶

a0107981_09470587.jpg

小さなアンティークフェアのお楽しみは
必ずのように端っこにあるカフェコーナー
手作りのケーキやスコーンと 紙コップにぽとんと入れられたティーバッグ
こんな時のスコーンには クロテッドクリームよりバターがお似合い☆
あるとついつい選んじゃう大好きなチェリースコーン

買おうかどうしようか 悩んでいるものは
紅茶を一杯飲みながら 一度冷静に…(笑)

a0107981_09471406.jpg
大きなアンティークフェアも こういう小さなアンティークフェアも
会期が決まっているので 必ずしも旅行先で行けるとは限りません
そんな時助かるのは
アンティークセンターと呼ばれる アンティーク屋さん
キャビネット単位 テーブル単位で 持ち主がスペースを借りている
いわば常設のアンティークフェアのようなもの
これの小さなものは各町々にあるけれど
リンカーンのちょっと北の町 Hemswell にあるアンティークセンターは
ずば抜けたサイズ
a0107981_09473118.jpg
大きなアンティークセンターが
元空軍基地の敷地内に何棟も何棟も立ち並んでいるので
1日かけても見切れません…

a0107981_09474584.jpg
お宝から
私の好きなキッチンがらくたまで
品ぞろえも豊富☆

豊富すぎて
さすがに疲れちゃう…(笑)
a0107981_09480506.jpg
疲れたら またカフェで休憩
もう寒いイギリス
スティルトン&ブロッコリーのスープでひと休み…
胃を温め 頭を冷やします…
それは本当に必要なのか ちゃんと欲しいのか

a0107981_09483980.jpg

で これが アンティークセンターではなく 今の我が家
今回の旅のお持ち帰りの品々の一部
…一部…
だって 一か所で一つ二つずつ買っても
沢山めぐるので 結果的にこうなっちゃうのです
言い訳だけど、、、

大丈夫 うちには四次元ポケットが、、
ないない!
あるのはすでにパンパンの3次元引き出しだけ

**************************

by lesgalettes | 2018-10-13 16:34 | イギリスイベント | Comments(4)

Beating Retreat

ユニオンジャックはためく St.James公園わきのHorse Guards Paradeへと続く道

a0107981_2342012.jpg

ホースガーズパレードはホワイトホール宮殿焼失の後
1753年に建設されたパラディオ様式の建物とその広場のこと
今は王室騎兵隊の指令本部となっており
毎日ここで 馬に乗った制服姿もりりしい騎馬隊の交代式が見られるので
観光客に人気のスポット☆
普段は午前中にある交代式を見るために賑わうホースガーズですが
この日人が集まり始めたのは夕方6時過ぎ

a0107981_2343195.jpg

この日はここで年に一度のBeating Retreat が行われる日
やたらと厳しいセーフティーチェックを通過し 予約しておいた席へ

ここでは真っ赤な上着に熊の毛の帽子をかぶった例の近衛兵さんたちが席案内
普段はなかなか声を聞けないので
この時ばかりと 「この席はどこ?」なんて聞いてみたり(笑)

ビーティングリトリートは王室近衛兵音楽隊によるコンサート
毎年6月の女王様のバースデーパレード(Trooping the Colour)に先立つ水曜と木曜日に行われます
a0107981_2343938.jpg

正直あまり詳しくないのですが~
イギリスの近衛連隊にはそれぞれ音楽軍団があるそうで、、

今日は日頃の練習の成果をここぞとばかりに披露
キルトをはいたScots Guards(スコッツガーズ)や
Irish Gurads (アイリッシュガーズ)も登場
どちらもドラム隊の他にバグパイプ隊を擁しています

a0107981_2344837.jpg

他にも Grenadier Guards(グレナディアガーズ) や Welsh Guards (ウエルッシュガーズ)の演奏に
大砲を牽いた連隊の行進などなど
迫力のある演奏と演技が続きます

このビーティングリトリートのスタートは夜8時
夏のイギリス太陽はなかなか沈んでくれませんが
大分大音量にも耳が慣れ 空もようやく少し暗くなり始めた頃
ヘンリー王子が車で到着☆
a0107981_235023.jpg


観客席も含めて 一同起立でお出迎えです
ちなみに白いテントの中央で敬礼しているのが ヘンリー王子

a0107981_235897.jpg

夜9時を過ぎ
ちょっと飽きてきちゃったかな(失礼!)なんて思いながら
あ~なんてキレイな黄昏色~なんて空を眺めていたら
目を覚まさんとばかりに花火がスタート

a0107981_2351680.jpg


イギリス旅の最終日の夜を飾るに相応しい「これぞ英国」的なイベントを見ながら
そして 「夏なのになんでこんなに寒いの~」 と震えながら
今回もまた楽しかったイギリス旅をふり返るのでした、、




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
by lesgalettes | 2017-08-31 18:03 | イギリスイベント | Comments(0)

ベイクウエルのベイキングフェスティバル

イングランド中央部 グリーンに覆われたなだらかな起伏の連なる「Peak District」
その自然の美しさから 国立公園にも指定されているこの辺りは
小さな村々をヴィレッジホッピングしながら ウォーキングやドライブを楽しむ人たちで
夏は大賑わい
中でも南部に位置する Bakewell は大人気
可愛らしい街並みのよくある小さな村ですが とにかくこの村を有名にしているのは
ベイクウェルプディング」 の存在
a0107981_1515817.jpg


さて先月 この村の郊外で開かれたのが 「ベイキングフェスティバル」
昨今のイギリスのベイキングブームに乗り
ベイクウェルは 「The Spiritural Home of Baking」 を標榜し
こんな楽しそうなイベントを催しているのです

もう看板が見えただけでワクワク
フードフェスティバルというだけで大好物なのに
それがベイキングに特化しているときた日には もう大変です(笑)

チケットを買って会場に入ると カラフルなテントがいっぱい
とにかく敷地が広いので お客さんも沢山いるのですがとっても余裕があります
a0107981_152881.jpg

さぁ どこから見よう☆

会場はとにかく美味しそうなものと香りで溢れているので どこから始めたらいいのやら、、、
こちらは木箱をひっくり返したような ディスプレイに魅かれるスコーン専門店
a0107981_1521722.jpg

ほうれん草とリコッタチーズのスコーンや
キャラメライズドオニオンのスコーンなど セイボリー系がメイン

どれもこれも魅力的な70を超えるストールにもう 目移りして選べません(^^;
a0107981_1522596.jpg

今なお根強い人気のカラフルカップケーキ
そして 今回とにかくよく見かけたのが さまざまなブラウニー
a0107981_1523389.jpg

ベイキングブームと並んで ヴィンテージブームでもあるイギリス
このフェスティバルも 全体にヴィンテージを意識したしつらえがまたキュート☆
そこかしこに麦わらがベンチ代わりにおかれ
皆 そこに腰を下ろして 思い思いにお菓子をパクリ

a0107981_1524624.jpg

もちろんこういったフードフェアにはお決まりの デモンストレーションのステージもあります
通常はテレビで見かける有名シェフたちや 地元の売れっ子レストランのシェフなどが登場することが多いのですが 今回のテーマは 「ベイキング」
大人気テレビシリーズ British Bake Off の歴代の優勝者や 人気キャラが多数登場
去年のwinner のNadiya はじめ 初代winner のEdd などなど
ちょっと嬉しくなる 顔ぶれです(^^
↓ 下の写真は ベイキング本やテレビでも人気のStacie
a0107981_1525967.jpg

食べ物の屋台だけではありません
お茶やケーキ関係グッズ・ キッチン関連ものの屋台もあります
ヴィンテージのキッチン小物を売るお店や ケーキスタンドだけを売るお店など
どれもこれも見ているだけでも楽しいものたち
a0107981_1531671.jpg

そしてここはベイクウエル
もちろんベイクウエルプディング屋さんも出店しています
オリジナルのベイクウエルプディングに ベイクウェルタルトそしてチェリーベイクウエル
ダービーシャーならではのダービーシャーオーツケーキ
a0107981_153334.jpg

昨今の日本ではゆるきゃらが大ブームですが
イギリスのこういったイベントにも 結構な確率でその場を盛り上げてくれるキャラクター的な存在がいます
日本のように全身着ぐるみではなく ちょっとしたコスプレ&メイクくらいですが
下の写真のカップケーキドレスの彼女は Madam Bon Bon
日本から~というと お連れの彼が
「長崎は今日も雨だった」 をフルコーラス 完璧な発音で歌ってくれました(笑)
a0107981_1535646.jpg

会場には50’s 60’s の曲の生演奏が流れ 大道芸をする人がいたり
パイ投げ!が行われていたり
子供たちがジンジャーブレッドのデコレーションをしていたり とにかくのんびり
平和なムードに満ち溢れたこのお祭り
ほんとうに穏やかで幸せな気分に浸れます
a0107981_1541979.jpg


久しぶりに食べた 本場のベイクウエルプディング
前に食べた時より美味しい気がしたのは この雰囲気のせいなのか、、、
a0107981_1541039.jpg

↑ 室内テントには 子供たちが描いたエリザベス女王の90歳のお誕生日ケーキ (^^

日本でこういうイベントをすると とにかく狭い会場に人が溢れ
なにかひとつ買うにも行列 行列
座る所を探すにも一苦労 そんなイメージですが
イギリスの地方のイベントはその真逆
どこに座ろうか迷うほどにやたらに広くて
お店の人たちはあまり商売気がなくてフレンドリー
売ることより 自分達のティータイムやランチのほうが優先で
ちょっと雨が降ってくればすぐ店じまい

そんな平和な雰囲気が楽しくて 旅行に行く時はいつも
どこか立ち寄れそうなイベントないかなぁ~とチェックしてしまうのです ☆



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
by lesgalettes | 2016-09-07 20:06 | イギリスイベント | Comments(2)

あぶそる~とロンドン 東京オフ会

基本 年がら年中ケーキの匂いの絶えない我が家のキッチンですが
先週土曜日はいつもよりさらに多めのケーキたちが カウンターの上に並びました
a0107981_8434191.jpg

レモンドリズルケーキに コーヒー&ウォルナッツ
キャロットケーキに ラベンダーショートブレッド etc...
どれもこれもイギリス定番お菓子ばかり
a0107981_8435092.jpg

翌日曜日は 朝から大量のスコーンを焼き
それらを行商のおばさんよろしく抱えて電車に乗り込み
「重いよ~」 と弱音をはき 駅のホームまで迎えに来てもらい向かうは阿佐ヶ谷のとあるカフェ
作家さんものの和風の器やアクセサリーが並ぶ この空間で
この日行われたのは 「あぶそる~とロンドン」 の東京オフ会

a0107981_844090.jpg

あぶそる~とロンドンは ロンドン在住の江國まゆさん編集長の旬の情報満載のロンドン情報サイト
私も縁あって その中の一コラム「イギリスおかし百科」 を書かせてもらっているのですが
今回はその読者の方々との初の 東京オフ会というわけです
サイト参謀長のカルロス氏や 毎週素敵な絵を届けてくれるカオルさん もたまたま帰国中で
本番オフ会が始まる前に 「はじめまして~☆」と早くもプチオフ会の様相(笑)
絵を並べたり まゆさんがロンドンからしょってきてくれた チーズやビスケットを並べたり
ばたばた準備、、、初めての場所なのでどこに何があるのやら
何を使っていいものやら ウロウロ探し回る時間が多くて進まない(^^;
a0107981_844973.jpg

しかも和食器が主役のお店なので 素敵な器も多いのだけれど
土ものにイギリス菓子を並べると 本当にただのまっ茶色の地味~な感じが強調され
全然 美味しそうじゃな~い (笑)
まゆさんがロンドンから持ってきてくれたバンティングや 宇都宮からケーキを入れて運んできた缶などを使ってかなり苦肉のテーブルセッティング
ほんとうは器も持っていきたかったのですが 重さに負けて断念したのが悔やまれるビジュアル、、
まぁまぁ アレンジメント能力不足と言うことで仕方ないですね (^^;
a0107981_8441727.jpg

そんなことはさておき
みんなでバタバタ準備を何とか済ませ ロンドンオフ会は開場となったのでした~
まゆさんの 最新のロンドンダイニング事情トークはかなり盛りだくさん
いらしてくださった皆さん 相当ロンドン好きの方々ばかりで
近々訪英の予定のある方も多く 熱心に聞き入っていました
a0107981_8442642.jpg


だいたいお一人参加の方が多かったので どのテーブルもスタートは 「はじめまして」
でも 共通項たっぷりのメンバーですから
甘いものを囲みながら すぐにイギリス話しに花が咲いていたようで よかった良かった ^^
お集まりいただいた皆さん ありがとうございました☆

そしてまゆさん・カルロスさん・ あやさんお疲れ様でした~次回はロンドンで?お会いしましょう ♪




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
by lesgalettes | 2015-06-19 20:41 | イギリスイベント | Comments(4)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
レッスン
アフタヌーンティー&ティー
ピクニック
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
フランス
未分類

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧