人気ブログランキング |

2019年 09月 03日 ( 1 )

エルダーベリー


短くも か~~っと暑かった今年の夏も終盤
イギリスではすでに爽やかな秋の風が吹いている頃ですね
我が家のエルダーベリーも大分紫に色づき そろそろ収穫時

イギリスではイチゴやラズベリーが夏のベリーなら
秋のべリーはブラックベリーやエルダーベリー・スローなど
どれもお店で買うというよりは headgerow(道端の茂み?)で摘んでくるもの



a0107981_08232338.jpg

そして どれもそのまま食べるよりは 加熱してジャムやパイにしたり
ジェリーやコーディアル
果実酒などにして楽しみます



a0107981_08233512.jpg

道端にあるものだと 美味しそうに実って色づいた時しか目に入らないけれど
家にあると その変化がみられて面白い
あの可憐に咲いていた小さなエルダーフラワー一つ一つの花が
小さな緑の粒になり
大きくなって ピンクから赤へ
赤から濃紫に日に日に変化していきます



a0107981_08233592.jpg


早く房全部が濃紫にならないかなぁと楽しみに待っていると
ちょうど真っ黒になったところから 鳥たちがおやつについばんでいくので
上の写真みたいに歯抜け状態になったりして (^^;



a0107981_08232239.jpg

成長の早いエルダーの木は 枝の先は木というより半分草のような柔らかさ
ふわふわの軽いお花の時はいいけれど
実が大きくなるにつれて 枝はしなり まるでブドウのように房がぶら下がってきます
それにしても たった3か月で
あのエルダーフラワーがこんなにベリーになるのだから自然って面白い

今年もまたエルダーベリーのコーディアルを作りましたよ


a0107981_08234213.jpg

エルダーフラワーと比べて 沢山の実から少ししか作れないベリーのコーディアルは
のどの痛みや風邪の薬として昔からイギリスで重宝されてきました
エルダーフラワーの爽やかさとは全く違う
深い深い香りと味わい
アントシアニンやビタミンAがたっぷりなので 抗酸化作用や老化防止の効果もあるそう

そんな効用はおいておいても
魅力的なその深い桑の実のような紫色
炭酸水で割るだけでなく
冬はお湯で割ってホットにしても美味しいし
白ワインに加えたり シャンパンで割ってカクテルにしたり
ジントニックに加えても その美しい色と香りが楽しめます
わたしはヨーグルトに入れて食べるのも好き

ビーツ然り 濃紫色の食べ物にめっぽう弱いわたしは
「もう~エルダーベリーの枝から実をとるのほんとうに面倒!」とかぶつくさ言いながらも
今年もまた地味な作業を続けるのでした









by lesgalettes | 2019-09-03 08:25 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
レッスン
アフタヌーンティー&ティー
ピクニック
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
フランス
未分類

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧