2018年 02月 26日 ( 1 )

ホットチョコレートスポンジプディング

寒い寒い2月のレッスン
胃袋から温まる3品を作りました
フランス菓子と違い あったかプディングが多いのがイギリス菓子の特徴のひとつ
先月のマーマレードプディングもそうですが
冬においしいお菓子が山ほどあります

今月はそんな中から 「ホットチョコレートスポンジプディング」
「セルフソーシングプディング」と呼ばれるジャンルのひとつで
その名のとおり ひとつの器の中に プディングとソースの両方が入っています

a0107981_1193150.jpg


とにかく簡単
そして 実にイギリスらしい大胆な作り方に
みんなが驚く顔を見るのが わたしの楽しみでもあるプディング(笑)

いつものグルグル混ぜるだけのスポンジケーキ生地を器に入れたら
そこに注ぐのは お砂糖とココアとお湯を混ぜた大量の液体

a0107981_119451.jpg


せっかく作った生地もドロドロに溶けだしてきますが
そんなことはお構いなし
とにかく 何も考えず そのちゃぷちゃぷの液体で満たされた器をオーブンに放り込めばいいのです

40分後、、、
オーブンから顔を出すのは
何事もなかったような顔をしたふつうのスポンジ
あのちゃぽちゃぽの液体はいったいどこへ??
a0107981_1191558.jpg

このプディングの別名は 「Chocolate puddle pudding(チョコレートパドルプディング)」
puddle = 水たまり
ふんわり焼けたスポンジ生地にスプーンを入れてみればその理由が分ります
そこからあふれ出してくるのは とろ~りチョコレートソース
まるで 「チャーリーのチョコレート工場」 の世界
つやつやのチョコレートでできた水たまり

何も知らなければ スプーンを入れてびっくり☆
作る過程もびっくり☆だから
もうひとつの別名は 「サプライズチョコレートプディング」
a0107981_1192350.jpg

今回は一応丁寧に お砂糖とココアをお湯で溶いてから生地の上に注ぎましたが
ほんとうは 生地に直接ココアとお砂糖をふりかけて
そこにドボドボ やかんからお湯を注いでも 同じようにできてしまうという
本当にサプライズなプディング

しかも ココアのみで チョコレートはまったく使っていないのに
このしっかりとしたチョコレート感
熱々プディングにバニラアイスを添えれば もう
フォンダンショコラなんて目じゃないおいしさ ♪
これを一度作ってしまうと
あの一分一秒の焼き加減に神経を使うフォンダンショコラはもう作れない(笑)

a0107981_1185613.jpg


いつだったか訪れたパブの「本日のプディング」 の黒板 ↑
こんなに悩ましい選択肢があるなんて、、、

* オレンジ&デーツスポンジ
*チョコレートパドルプディング
*ホームメイドパイナップルアップサイドダウン
*スポテッドディック
*チョコレートトルテ
*ブレッド&バタープディング
*ホームメイドフォレストフルーツ&シェリートライフル
*ホームメイドベイクウエルタルト

夢のようなセレクションではないですか。。。




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2018-02-26 08:06 | レッスン | Comments(2)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧