伝統的なプディングを作るには。。。


今日はちょっと 「うっ。。」 という写真から スタート
この1番めの写真 何かというと 羊の腎臓(キドニー)
その周りを覆っている 白い脂肪が いわゆる 「スエット」と呼ばれる部分で
(* 牛のキドニーから 採る場合も多いそうです)
先日 (11/25のブログ)
クリスマスプディングの材料の一つとして 紹介したものの正体

a0107981_2023317.jpga0107981_20234795.jpga0107981_20241133.jpg











イギリスの伝統的なプディングは この「スエット」をバター代わりに使います
これを 細かくしたものが 真ん中の写真の オレンジのボールに入ったもの
あとは 普通のペストリーのように 小麦粉と水を加えて練れば 生地の完成

a0107981_2022431.jpga0107981_2024268.jpga0107981_20243940.jpg











でも この忙しい世の中 キドニーの脂肪から作る人など いるはずもなく
もっぱら使われるのは すでに お米状に加工された 箱入りのもの
しかも ミラクルなことに べジタリアン用の 「植物性(!)スエット」なるものも存在します

このスエット入りペストリーを使って 様々なプディングを作るのですが
調理の仕方により
「スチームドプディング」「ボイルドプディング」「ベイクドプディング」 に大別されます

a0107981_202513.jpga0107981_20251455.jpga0107981_20252976.jpg











今回作ったのは ベーコンやパセリを巻いて 数時間蒸すもの
お野菜を入れた お皿にぺスリーをかぶせて オーブンで焼いたもの
プディング型に 生地を敷き詰め そこにビーフシチューのようなものを入れて蒸す(or 焼く)
パブの定番メニュー 「ステーキ&キドニーパイ」 etc ・・・

昔は パンや ジャガイモの代わりに この スエットを使ったペストリーが
大事な 炭水化物源として食べられていたそう
そこで 特に伝統的なプディングやパイ を作るときは
今でも このスエットが 登場するわけです
クリスマスプディングは 伝統的という意味では その最たるものなのでしょう

食は人間が生きていく上で どうしても欠かせないもの
実に見事に その国の 文化や歴史が ぎゅうぎゅうに詰まっているので
本当に 面白い (^^) その上 おいしければ 言うことなし
ちなみに このスエット入りプディングの お味は ・・・
・・・可もなく不可もなく と言ったところ です(^^;


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-12-10 21:22 | イギリスで学ぶ | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧