ブラムリーアップル 200歳


イギリスのりんごは とっても小ぶり

これは特別小さいとしても→
a0107981_17223656.jpgどれも 日本のものの半分くらい

皮をむいたら 食べるところがなくなってしまう?と思うのか
はたまた ただ 面倒なだけなのか
皮をむいて食べている人を 見かけたことは ゼロ ☆
みな ズボンや手で キュキュキュッと磨き かぶりつきます




a0107981_17303246.jpg


ですが ひとつだけ 日本サイズのりんごが
それは 「ブラムリーアップル(Bramley)」
と呼ばれる クッキング用のりんご


そのままでは 酸っぱくて おいしくないのですが
加熱すると あっという間に 柔らかくなって
その酸味がお菓子にも お料理にも ぴったり
a0107981_17362199.jpg
このブラムリー 実は今年 生誕200年
1809年に Mary Ann Brailsford という少女が
その種を庭に植えたのが始まりといわれています
その後 その土地はBramley さんの手に渡り
沢山実がなり丈夫でおいしいこのりんごを売り出したい
という人が現れた時
彼は 自分の名をつけてくれるなら という条件で
許可したそう
今では イギリスではクッキングアップルといえば
ブラムリー をさすほどですから
彼もビックリしていることでしょう

a0107981_17283057.jpg
← これが 「ブラムリーアップル」

摘みに 行ってみると
日本のように摘果をしないので
枝が折れるのではないかと思うほど
たわわに実っていました


a0107981_1731436.jpg
イギリスでは スーパーでも 扱っている
りんごの種類が あまりに多いので
どのお菓子には どのりんごが合うのか
試すのが大変☆
選択肢が多いのも いいような悪いような。。。(^^;

小さな りんごは 半割にして そのまま一人用の
タルトタタンに すると キュート ^^
熱々に バニラアイスを添えれば。。。
寒い冬も 乗り切れる気がします ♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-12-07 17:59 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧