人気ブログランキング | 話題のタグを見る

長野おやき巡り



師走
暦どおり 律儀に寒さがやってきました
おやきの季節です
コロナが始まるまで
毎年晩秋の恒例行事のように 訪れていた長野
行けない間
何度通販をしようかと思ったことでしょう
でもやはり どうしても冷凍ではなく焼き立てが食べたくて
おやき断ちすること3年
とうとう先週 恋焦がれたおやきとの再会を果たしました

長野おやき巡り_a0107981_17362416.jpg
おやきはまるで イギリスのジンジャーブレッドのよう
地域地域 家庭家庭の作り方・味があります
膨らし粉入りでふんわり蒸してから焼いたもの
ねっちりもっちり蒸しあげたもの
カリッとほうろくで焼かれたもの
輪切りにした丸ナスとお味噌を生地で包んで蒸した平べったいものもあれば
笹の葉に包まれたものもある
どれもそれぞれ美味しいけれど
わたしがはまったのは 「灰焼きおやき」

それも生坂村や八坂で売られている
ほぼ球形の究極にしっかりしたおやき
これで雪合戦(おやき合戦?)をしたら大けがすると思う、、 それほど固い物体
生地で具を包んで一度軽く焼いてから
灰の中に埋めてじっくり蒸し焼きにされます
ここのお店のおやきは40分は灰の中にいるそう
だから大量生産は出来ないの、、と
予約は必須
一つ一つ丁寧に焼かれるおやき
最後にさっさっと灰を払って出来上がり

長野おやき巡り_a0107981_17362494.jpg
カリッというよりは がつっとした表面
むちっとした厚み1㎝はあろうかという生地
小麦粉食べています!というド直球の味
膨張剤などは入れずただシンプルに小麦粉と水を練った生地をこの厚さと固さに直火で焼いて食べる
世界中にありそうだけれど 日本ではそんな食べ物をわたしは他に知らなくて
初めて食べた時
驚きと感動を覚えたのでした
粉好きだから(笑)

長野おやき巡り_a0107981_17362414.jpg

具はお店とシーズンによりけり
おからの場合もあれば
刻んだ茄子だったり キャベツと茄子のミックスだったり
切干大根の時もある
皮がシンプルな分 フィリングの味はしっかり
ひとつ食べたらお腹がいっぱいになるくらいに大きいけれど(イメージはソフトボール大)
でも どのお店もそれぞれの味があるし
やっぱり焼き立てが一番なので はしごおやき

似たような食感だけれど
もう少し優しくて食べやすく 種類も多めなのが
安曇野インター近くにある石焼おやき
これまた皮が灰焼き同様にしっかり厚く 小麦粉感がたまらない美味しさ☆


長野おやき巡り_a0107981_17362462.jpg

この石焼おやきも早めに来ないと売り切れ必須
美味しいものはみんな知っているから
次から次へと売れていく
日曜日だから親戚でも集まるのかな?大量購入のおじいさん
お店の外で一人 美味しそうに熱々を頬張っているツーリングのお兄さん
どこから来たのかスーツケースを引っ張ってきた旅行風のおじさまは
やはり外で嬉しそうにおやきの写真撮影
わたしはと言えば 焼き上がりまであと20分ほどかかると言われた
激辛おやき(それほど辛くないですよ、ピリ辛くらい)を待ちながら
野沢菜おやきを頬張っている(笑)
だってほら3年ぶりの再会ですから

そしてこの後 安曇野で初めておそばを食べました
いつも梯子おやき
小麦粉でお腹いっぱいなのでそば粉まではとても胃がまわらないのですが
この日は頑張りました
だって3年ぶりですから^^

そして長野2日目 この日のお楽しみのクライマックスは
ずっと訪れたかった日曜限定のパン工房VRONYさん
むっちり美味しいベーグルが大人気

長野おやき巡り_a0107981_17362390.jpg

以前 ウクライナへのチャリティーレッスンをした際
寄付のお申し出をして下さった時から
安曇野で週末だけのパン工房をしていると聞いた時から
勝手に会える気がしていたんです☆
スパイスキャロットクリームチーズにブルーチーズポテト
野菜いっぱいのボロネーゼに…とにかく楽しんで作られているのが分かるフレーバーの数々
北アルプスを望むスイスのシャレ―のような素敵な空間
でも一番の魅力はやっぱりお人柄なのだと お会いして確信
わたしは性善説派
そして美味しいものを作る人に悪い人はいない
とも信じている^^

ベーグルやハード系のパンの他にずっしり大きなクグロフまでいただいて
(本当にありがとうございました!)
これまた超ご機嫌で帰途についたのでした


長野おやき巡り_a0107981_17362582.jpg
これは今回の粉ものドライブでゲットしたものの一部↑
右下の具沢山薄皮のおやきは唯一毎回購入するゴチゴチ系でないタイプ
うちの旦那さんのお気に入り さかた菓子舗さんのもの
これもまた美味☆
おやきも奥深い
きっとたどっていったらこの土地の食文化・歴史・気候・自然
色々な物語が手繰り寄せられるのかもしれない
イギリスのジンジャーブレッドのように

往きより確実に荷台がずっしり重くなった帰りの車(お腹もね)
パンにお焼き 香ばしい粉の香りと
人生楽しんでいらっしゃる素敵なVRONYさんご夫婦とのゆるやかな会話を思い起こしながら
充足感に満ちた車内はまるで天国



by lesgalettes | 2022-12-06 11:58 | 日常 | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科

「BRITISH HOME BAKING おうちでつくるイギリス菓子」「イギリスお菓子百科」「ジンジャーブレッド 英国伝統のレシピとヒストリー」「BRITISH SAVOURY BAKING イギリスの古くて新しいセイボリーベイキング」

※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします
※写真の無断転載はご遠慮ください

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
レッスン
アフタヌーンティー&ティー
ピクニック
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
フランス
未分類

以前の記事

2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
more...

フォロー中のブログ

検索

記事ランキング

画像一覧