人気ブログランキング | 話題のタグを見る

初冬の粉もの会


誰もがそうでしょうが
お茶のテーブルは
来てくれるその人の顔を浮かべながら
何を喜んでくれるかな どんなものに興味を示してくれるかな
想像しながらメニューを考えます
手作りでも お店屋さんで買ってくるのでもきっとそこは変わらないはず

この日の客人は遠方からの粉もの好き
イギリスの粉モノへの興味と情熱は間違いなく今のわたし以上
ちょっと変っているもの
口にしたことのないものほど喜んでくれるのは分かっていたので
純粋に自分が普段 食べたいけれど ひとりで食べるには寂しい
だれかとこの味を分かち合いたいものたちをセレクト


初冬の粉もの会_a0107981_10121169.jpg

大好きな「クィンスのクランブルタルト」は前菜のイメージ
クィンスをスパイスを効かせたシロップで煮たものを
ピュレ状にしたフィリングと サクサクのクランブル
食感の楽しさと香りのよさが魅力
小さく上品サイズがお似合いのお菓子

メインディッシュは「ビーフアンドエールプディング」
牛肉とマッシュルームをビールでじっくり煮込んだものを
タイム入りのスエットペストリーで包みます
あとは2時間じっくり蒸しあげれば完成

初冬の粉もの会_a0107981_10121015.jpg

生のスエットペストリーは真っ白
それがお鍋で蒸しあげたはずなのに まるでオーブンで焼いたかのようなきつね色に
食感もとても蒸し物のそれではありません
サクサクの外側に ふんわりとしたパンのような内側
シチューと接している面も決してべチャっとすることもなく
味が染みて美味
型からひっくり返すとき
そしてナイフを入れる瞬間はいつもワクワク

初冬の粉もの会_a0107981_10121077.jpg

各家庭にオーブンがまだ無い頃から
バターが高価で滅多に使えなかった時代から作られてきた知恵のつまったイギリスプディング
バターも手に入りやすくなり
半分以下の時間で火を通すことが出来るオーブンも日常のものとなった現代
わざわざスエットペストリーのスチームプディングを作る人はイギリスでもまれ
でもこれにはこれでしか出せない良さが
温かさがあるので
冬になると思い出したように作りたくなります
そしてひとりでではなく
絶対に誰かと一緒に「美味しいね」と言い合いながら食べたい

メインディッシュその2は「ミンスミートとりんごのプディング」

初冬の粉もの会_a0107981_10121013.jpg
スエットペストリーには甘いフィリングを入れるとしても
生地自体に砂糖を入れることは滅多にないので
ほぼほぼ前者と生地は一緒
ただタイムは除いて お水の代わりに牛乳でまとめたくらい

こちらのフィリングはブラムリーとミンスミート
ただし 中に詰めるのではなく
伸ばしたスエットペストリーと段々に層にして重ねます
りんごの上にはデメララシュガーもたっぷりかけて。。
そうそう 一番底にはゴールデンシロップを入れておきました
こうしておくと表面にゴールデンシロップが染み込んで
艶と香りがUP
酸っぱいブラムリーと ジューシーなミンスミートと ゴールデンシロップ
もう美味しくならないはずがない!
初冬の粉もの会_a0107981_10121022.jpg

今回はセイボリーもこのりんごバージョンもお手軽なプラスチックのベイスンを使ったので
蓋もぱちんとはめるだけ
とってもラクチンで良かったのですが
フィリングを欲張り過ぎました(笑)
絶対こうなるとは思ったけれど
やっぱり蒸している間にパンパンになり
蓋は生地にもち上げられ かろうじでのっかっているだけ
まぁ 問題なし

これもいい色に蒸されているでしょ^^
こちらは蒸し時間約90分
この頃には 湯気で窓が曇り 部屋もあたたまり
甘酸っぱい香りでいっぱい
食べる前から幸せな初冬のプディング

初冬の粉もの会_a0107981_10121168.jpg

こちらも断面がそそられるプディング
どの層にも美味しいシロップが染み込んでいます
ここにかかせないのが あたたかなカスタード
濃厚な手作りカスタードより
これにはバーズのシンプルで懐かしい味わいがお似合い

さて ようやくデザートです
「チョコレート・ペア・プディング」
旬の柔らかな洋なしを チョコレート生地に埋め込んで焼いた簡単プディングです

初冬の粉もの会_a0107981_10121083.jpg

オーブンで焼いているなら 要は洋なしとチョコレートのケーキじゃないの?
と思われるでしょうが
イギリスだと型ではなくこういった耐熱の器に入れて焼き
かつ温かいうちにスプーンですくって食べる場合は呼び名は往々にして「プディング」
これは中央が柔らかくとろけるような状態(生焼けともいう?)に焼きあげます
そこにバニラアイスをのせたり
冷たい生クリームをたらっと流しかけていただくのが至福
この日はデザートのデザートに「ひと口クリスマスプディング」があったので
それ用に準備してあったブランデークリームを添えましたが
思った以上にそれが大人味でぴったり
これからはアイスクリームより こちらにしようと思ったくらい

さすがにお口直し(食後のプチフールかな)のジンジャーブレッドまでは辿り着きませんでしたが
初冬の粉ものフルコース 存分に堪能しました

いつも片道3時間も4時間もかけて 新幹線を乗り継いでただただお茶にやって来てくれる客人
プディングに感謝を込めて

**

急に冬がやってきたここ数日
皆さん 温かくしてどうぞ良い週末をお過ごしください☆


by lesgalettes | 2022-12-03 10:12 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科

「BRITISH HOME BAKING おうちでつくるイギリス菓子」「イギリスお菓子百科」「ジンジャーブレッド 英国伝統のレシピとヒストリー」「BRITISH SAVOURY BAKING イギリスの古くて新しいセイボリーベイキング」

※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします
※写真の無断転載はご遠慮ください

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
レッスン
アフタヌーンティー&ティー
ピクニック
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
フランス
未分類

以前の記事

2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
more...

フォロー中のブログ

検索

記事ランキング

画像一覧