人気ブログランキング |

イギリスのベイキンググッズ


たっぷり一か月間 賑やかなクリスマスデコレーションの中で過ごしたため
今はなんとなくガランと感じる我が家
それでも 他所の人から見れば
きっと相当ごちゃごちゃと 訳の分からないモノにあふれているはず


イギリスのベイキンググッズ_a0107981_22401716.jpg

散らかっているのが好きなわけではないけれど
サッパリしすぎているのも落ち着かない
理想はイギリスのおばあちゃんの家のような
たくさんの愛着あるモノにあふれているけれど
それでいて それらが馴染んで部屋の一部となっているような
住んでいる人のカラーにまとまった うるさくない部屋

我が家はうるさい部屋の一歩手前 ( もう 片足つっこんでいるかな)
なので もうモノは増やさないようにしよう~と思っているのですが
どうしてもちょっとずつ増えてしまうのが
イギリスの古いベイキンググッズ
オリジナルの箱に入っていると さらに弱く。。。
見る人によっては ただのオンボロ紙箱ですが
わたしにとっては ノスタルジーと情報がぎっしり


イギリスのベイキンググッズ_a0107981_22402404.jpg

その型や道具が昔は何と呼ばれていたのか
レシピや 使用法
関連グッズの広告や 値段など 色々なことを教えてくれます

<上の写真>
現在はダリオールモールド呼ばれる縦長のプリン型のようなものは
以前はキャッスルプディングと呼ばれるスポンジプディングを焼く(蒸す)のに使われたので
Castle pudding mould の文字が

右上の可愛らしい形の小さな型たちは
Princess patty pans
小さなタルトレット型がパティパンと呼ばれていたのですが
これはフリフリラブリーな形だから きっと「プリンセス パティパン」と名付けられたのでしょう

下の写真は今で言うバッテンバーグ型ですが
Russian cake tin となっています
箱裏のレシピを見てみると~

イギリスのベイキンググッズ_a0107981_22401696.jpg

2色のスポンジを作って市松模様に組み合わせ
マジパンで巻くよう書いてあります
面白いのは スポンジを色付けるのがココアあるいはコチニールと書いてある点
カイガラムシ(コチニール)色素でピンクか ココアで茶色にしたケーキのマジパン巻き
バッテンバーグが
「Russian cake (ロシアケーキ)」と呼ばれている時代もあったのですね
ドイツではなくロシアなのが面白い
日本でロシアケーキというと あのレトロなビスケットをイメージしますが~

下の写真のタルトレット天板(Bun tin)は
その可愛らしい茶色の天板と
黄色のスリーブに描かれた美味しそうなイラストに魅かれて買ってしまったもの

これもそうですが ヴィンテージのキッチンツールで多いのが
Skyline と Tala というメーカーのもの
Tala は今でもちょっとレトロなデザインの商品で人気です

イギリスのベイキンググッズ_a0107981_22404211.jpg

これは ジャムやフルーツのシロップ煮などの瓶詰を真空に保つためのゴムパッキンや金具
瓶のラベルなどがセットになったもの

下の写真の 「クリームホーンケース」 と書かれているのは
パイ生地をチョココロネ的な円錐型に焼き そこにクリームを詰めるお菓子を作るためのもの


イギリスのベイキンググッズ_a0107981_22404219.jpg

箱の裏を見るとクリームホーンに詰めるための 「mock whipped ceam」の作り方が~
マーガリンとお砂糖をよく混ぜたところに
牛乳にコーンスターチを加えて加熱し とろみをつけて冷ましたものを少しずつ加えてホイップ
バニラエッセンスを加えて冷やせば
mock whipped ceam(なんちゃってホイップクリーム)の出来上がり☆


そうそう Nutbrownも ヴィンテージキッチングッズ好きにはおなじみのメーカー
イギリスのベイキンググッズ_a0107981_22404350.jpg
ペストリーカッターとビスケットスタンプ ↑

ペストリーカッターと言えば
コロコロ転がすと円形に生地をカットできる こんな便利グッズも

イギリスのベイキンググッズ_a0107981_22404294.jpg


「カクテルビスケットカッター」と名付けられた上のものは
ミニミニのクッキー型のようなもの
カクテルパーティー用の小さなフィンガーフーズを作るための抜型です
ペストリーや食パンなどを抜いて カナッペのベースを作ったりするのに便利

今の時代はもっぱらカラー写真入りのパッケージですが
昔の箱は製品がイラストで描かれているので
古くなるといい味わいに☆
眺めていると 想像が膨らみ 軽くトリップできます(^^)
アンティークの一客数万円するカップより
こんなガラクタのほうが好きだというのだから
良かったですね うちの旦那さまは(笑)
だから多少モノが増えても 見逃してくれているのかな?







by lesgalettes | 2020-01-10 14:45 | 日常 | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
レッスン
アフタヌーンティー&ティー
ピクニック
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
フランス
未分類

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧