スコーン


イギリス朝ごはんレポートがようやく終わったので
本日は「スコーンレポート」
たった8日くらいの旅の中
選択肢はいろいろあるはずなのに ついつい食べているスコーン

どうしてかな と思ったら
それはそのシチュエーション シチュエーションで
スコーンが毎回違う顔をして誘ってくるから

例えばアンティークフェア巡りでちょっぴりくたびれていると
チープなマーガリンとジャム添えの いかにも素朴なスコーンがいて
紙コップの紅茶と一緒に 「ちょっと休んだら~?」 と誘ってくる


a0107981_10161734.jpg

ティールームでは ほかのものを頼むつもりで入ったのに
隣のテーブルのおじさんが
いかにも美味しそうにクロテッドクリーム山盛りでスコーンを頬張っている

パン屋さんでは ホカホカのスコーンをのせた天板を持ったお兄さんが
焼き立てだよ〜とキッチンから出てくるし

道を歩けば
「クリームティーあります with ローカルクロテッドクリーム&ホームメイドジャム」
なんて看板がそこここにかかっている


a0107981_10162966.jpg
もう この国では目をつぶって歩く以外
スコーンの魔の手から逃れる方法はないに違いないと思う

アフタヌーンティーにも もちろんスコーンはつきもの

ここはポークパイで有名な Melton Mowbray の郊外
門をくぐり しばし車で走ると見えてくるお屋敷が
Stapleford Park

a0107981_10163555.jpg

広大な敷地の中にぽつんと佇むここには
偶然 通りがかって立ち寄る人などなく
いるのは ちらほら数人の宿泊客と 物好きな日本人ふたりだけ


a0107981_10165489.jpg
豪華すぎず
ちょっぴりカントリーっぽさも漂う内装は
皆がくつろいでいるせいもあるのか
初めてだけれど 落ち着く空間

a0107981_10165545.jpg

ここでいただいたクロテッドクリームとジャム そしてスコーンがまた美味しくて
(雰囲気のせいもあるのだと思うけれど)
ケーキが食べられなくなっちゃうから やめておこうと思うのに
止まらない(笑)
でも実際 都会のアフタヌーンティーのスコーンは
数をこなす分作り置きのところも多いし
見た目重視になりがちなので 案外はずれが多いのに比べ
田舎のアフタヌーンティーは
ある程度出る数も決まっているし
宿泊客のティータイム用と 一緒のせいか
サイズも変に気取らず普通サイズ
美味しいことが多いのは事実

a0107981_10165542.jpg

田舎のティールームのアフタヌーンティーが一番好き といいつつ
こういうちょっぴりカントリーサイドのマナーハウスのアフタヌーンティーの
妙にくつろげる贅沢な時間も捨てがたく~


a0107981_10165485.jpg
すっぽりソファーに寄りかかり
ぼんやりとシャンデリアが映った紅茶を眺めながら
もうちょっとだけ この時間を楽しんでも罰が当たりませんように と願うのでした




by lesgalettes | 2019-01-14 08:28 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧