今年のベリー

「まだ寒いけれど 頑張って出てきたよ~」 と
チューリップやムスカリたちが初々しく咲いていた春の庭とはうって変わり
「さぁ~今年も伸びるぞ~」とばかりに
1年で一番 植物に生気がみなぎっている初夏
みな 我先にとこぞって天を目指し
あるものはその戦いに敗れ消えて行き
あるものは勝ち誇り 狭いながらもこの庭はわが天下とばかり
ぐんぐん成長を続けています

a0107981_7265998.jpg

我が家のベリー類ではブラックベリーがひとり勝ち状態
他のベリーたちは 庭の片側の一大勢力 エルダーフラワーの下で
日陰に耐えながら 細々と実をつけている状態
それでも毎年 何度か季節の味を楽しめる程度にはがんばってくれています^^

a0107981_727889.jpg

ビー玉のような半透明グリーンのグーズベリーに 真っ赤なラズベリー
まるでイヤリングのように揺れている きらきらのレッドカラント
どれも摘んでしまうのが惜しいほどにきれいだけれど
小鳥さんたちにばかりご馳走しているのもしゃくなので
1cmはあろうかという鋭いグーズベリーの棘で引っかき傷を作りながら
時おり収穫
この日はカフェオレボール2つ分
a0107981_7271784.jpg


さて何を作ろうか?
今日のおやつになる何か簡単なもの。。

グーズベリーにラズベリー・ レッドカラント
食べたいのは クリーム系ではなく シンプルに甘酸っぱいベリーを全部焼き込んだベリーのケーキ
でもせっかくの可愛らしい姿が全く消えてしまうのも勿体ない
ということで~
ケーキをオーブンに入れている間に飾り作り

グーズベリーとスグリに 薄く卵白を塗ってグラニュー糖をふりかけ
乾くまでおいておくと まるで砂糖菓子のような クリスタライズドフルーツの出来上がり
同じように セージやミントの葉っぱも 作っておくと 彩りがきれいなのでおススメ

a0107981_7272552.jpg


これ 見た目だけでなく 実は食べてもすっぱ美味しいのです
そのままでは酸っぱすぎてとても食べられない グーズベリーとすぐりも
カシャッと割れるお砂糖のコーティングのおかげで
あらフレッシュな砂糖菓子みたい~
それでも まぁかなり酸っぱいですが(笑)

焼きあがったケーキには 卵白に粉砂糖とレモン果汁を加えたフロスティングをかけて
あと数分だけ オーブンへ
カシャッと割れる真っ白な糖衣をまとわせます

あとは お楽しみのデコレーションタイム
これはもうどうのせても かわいいので あまり気にせずのせるだけ

a0107981_7273786.jpg


そして~

どこからどうみても クリスマスな仕上がりのケーキが完成しました(笑)
でもクリスマスの時期には決して作れない
自家製フレッシュなベリーやハーブたっぷりのベリーのケーキ
冷えたスパークリングワインと合わせて お庭で食べたくなる
そんなフレッシュな初夏の焼き菓子☆





[PR]
by lesgalettes | 2018-06-20 07:21 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧