湖水地方の甘いもの Kendal

湖水地方のゲイトウェイ Oxenholme で電車を乗り換えたら
そこからわずか4~5分で到着するのが Kendal の街
緑の丘に囲まれる ケント川沿いの古いマーケットタウンです

a0107981_15172236.jpg

ケンダルといえば イギリス菓子ファンならご存知の方も多い
ケンダルミントケーキの故郷
ケンダルミントケーキの説明はこちらを読んでいただくとして~
a0107981_15173243.jpg

ケンダルは小さい街ながら見どころもいろいろ
街からケント川を挟んだ丘の上に残るケンダル城は12世紀末に建てられ
ヘンリー8世の6人目の妻 キャサリン・パーの一族も住んでいたとか
今は廃墟となり静かに佇んでいますが 街の歴史の古さを物語っています

中世の石造りの街並みの中にも見所が点在
現在Abbot hall 美術館として公開されている古典様式の建物には
ケンダルミントケーキメーカーのひとつRomney's の名の元となる
18世紀を代表する肖像画家George Romney の作品などが展示されています
a0107981_15174199.jpg


そしてその向かいにあるのが湖水地方の生活と産業についてのミュージアム
Museum of Lakeland life & industry
伝統的な湖水地方の暮らしぶりを寝室や書斎その他を再現して見せてくれています
もちろん滞在時間がダントツに長いのが キッチン(笑)
オープンファイアの炉にかけられた 大小さまざまなグリドルや調理道具
アンティーク屋さんで見かけ 使い方が分らなかった道具も
こういうところでその謎が解けることも多々

a0107981_15175335.jpg

他にもケンダル城と同じくらい古い歴史を持つ教会や広場など
歩いて回れる範囲だけでも いろいろありますが
ついつい足が向くのは賑やかなハイストリート
そして 歩きつかれた足を休ませるための ティールーム

ケンダルの街で一番有名なティールームは なんと言っても 1819年創業のFarrers

a0107981_151822.jpg

1640年まで遡れるという建物は もともと
The old wagon & horses inn という酒屋兼宿屋だったとか
一歩店内に足を踏み込むと
見るからに古い紅茶とコーヒーの容器が並び 漂ういい香り
ビスケットやケンダルミントケーキなど ついついかごに入れたくなるようなお菓子も並んでいます(^^

a0107981_15181378.jpg

奥に進むとそこがティールーム
夏とは言え 思わずウインドブレーカーを買ってしまうほど寒い日だったので
温かい紅茶が身に染みます(笑)
ファラーズは湖水地方を代表する紅茶&コーヒーメーカー
オリジナルのLakeland special は湖水地方一帯のティールームなどでも使われています
a0107981_15182446.jpg


お茶菓子は~
お二人様29ポンドというお得なアフタヌーンティーも捨て難いけれど
ここは湖水地方 そしてOur own special recipe という一文に心を持っていかれた
スティッキートフィープディングに決定☆
a0107981_15183421.jpg

そしていつもなら絶対にバニラアイスを選ぶところを
この日はよほど凍えていたのでしょう 口が勝手に 「カスタードで、、、」 (^^;

黒光りするほど黒くしっとりとしたスティッキートフィープディング
この舌に絡みつくような甘さを 時折紅茶で流しながら
たっぷりのトフィーに浸る至福の時
あ~甘いもの好きでよかった(笑)

次回はもう一皿の至福のスティッキートフィープディングについて~



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2017-08-05 07:10 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧