アップルアフタヌーンティー

今年たっぷり堪能させてもらったブラムリーアップルも残り数個
また来年までおあづけだと思ったらなんだか一人で食べてしまうのも勿体無く
誰か来たときに一緒に食べよう~
そしてその 「誰か」 になったのは友人カップルプラス2歳の女の子

その週末の朝 まず作り始めたのは
「トフィーアップルプディング」
a0107981_8221497.jpg

こっくりトフィーをプディングベイスンの底に敷き そこに刻んだブラムリーをぱらぱら
茶色いお砂糖で作ったスポンジ生地に これまたブラムリーを混ぜ込んで
先程のトフィーの上にのせたら あとは蒸すこと2時間
a0107981_8222313.jpg

ひっくり返せばとろ~りトフィーが流れるふわふわのアップルスポンジプディング☆

お次は 「アップルダッピー」
スコーンのような生地を延ばし その上にこれでもかとのせるたっぷりのりんご
お砂糖とシナモンをパラリと振って
a0107981_8223242.jpg

溢れるりんごを押し込めながら むりやり巻き込み
ロールケーキのようにカット 器に並べたら~
その上からレモンとゴールデンシロップを加えた美味しいシロップをなみなみと注ぎます
ちゃぷちゃぷのシロップの中のなま生地が 果たして上手に焼けるのか
ちょっと心配になるけれど大丈夫☆
a0107981_8224110.jpg

オーブンに入れて30分ほど待てば
甘酸っぱいシロップをたっぷり吸って かつ狐色に焼けた「アップルダッピー」 の完成
そのままでも クロテッドクリームやカスタードを添えても◎
a0107981_8225081.jpg

何かもうちょっと作りたいなぁ~
そんな時 思い立ったらすぐできるのが 「クランブル」
特にブラムリーを使えば 下準備なしでも
香ばしくクランブルが焼けるのと同時に フィリングはとろり最高の加熱加減
a0107981_8225810.jpg

最強コンビのルバーブとブラムリーのクランブル
耳の脇がきゅ~っとすると程 酸っぱいけれど(笑)

ブラムリーは火通りの早さと酸味が魅力だけれど 真っ赤な皮もりんごの魅力のひとつ
紅玉なら お砂糖を加えて煮る時に 皮を少しだけ一緒にお鍋に入れておけば
なんともきれいなピンク色のりんごのコンポートができあがります
表面はさくっと中はフワっと焼けたメレンゲで 真っ白の生クリームと紅玉を巻いた
「紅玉りんごのメレンゲルーラード」
a0107981_8231299.jpg


さすがに甘いものだけというのも厳しそうなので
サンドイッチ代わりに作ったのはプチバーガー
アクセントには アップルチャツネ (^^
お子様ランチのように旗を立てて~

さぁ アップルアフタヌーンティーのはじまり始まり
a0107981_8231968.jpg

どれもりんごの素朴な味のお菓子ばかりだけれど
ブラムリーの酸味が利いたものも多いから mちゃん大丈夫かなぁ~
とちょっと心配していたら
酸っぱいもの大好きなんだって 大人顔負けにどれもいっぱい食べてくれました
a0107981_8232841.jpg

「おいしい☆」
そう言ってもらえて ほ~っ
小さい子に褒めてもらうと 大人に褒めてもらうより嬉しかったりします
味覚も繊細だし お世辞も何もないぶんシビアだから (^^;

12月だと言うのに まだ温かい日差しの中
おしゃべり&ブラムリー 存分に楽しみました☆




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2015-12-14 14:28 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(4)
Commented by nicecuppatea at 2015-12-15 08:06
嗚呼もう、lesgalettesさんのお宅は魅惑の館ですねー!本場イギリスでもこんなにいっぺんにたくさんの種類のリンゴのお菓子はでてこない…いや、絶対出てこないでしょう。東京にお店あったら、絶対入り浸っていると思います。酸っぱいリンゴ、万歳。
Commented by lesgalettes at 2015-12-16 18:51
nicecuppatea さん☆
イギリスの果物といえばやっぱりりんごですよね〜りんごを使ったお菓子はエンドレス。りんごものだけのティールームでもやりますか〜なんて、怠け者だから絶対無理だけど(笑)
Commented by マッケンジー at 2015-12-29 01:37 x
私、今年の夏、アメリカではリンゴのキャピタルと言われているウェナチというところに引っ越しました。lesgalettesさんは、いつもたくさんのリンゴのデザートを載せてくださって、ありがとうございます。楽しく拝見しております。ぜひ、リンゴのデザート本を出版してください。いや、もう出版されているのでしょうか。
Commented by lesgalettes at 2015-12-29 23:29
マッケンジーさん☆
アメリカのりんご~やっぱりイギリスのものみたいに小ぶりのものばかりなんでしょうか?アメリカもきっといろんなリンゴを使ったお菓子があるんでしょうね、食べてみたいなぁ。。。リンゴ本とか、リンゴカフェあったら楽しいですよね~(^^


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧