Stir Up Sunday & Pudding tasting


イギリスの伝統で クリスマスの5週間前の日曜日は
クリスマスプディングを作る日ということになっています
Stir Up Sunday と呼ばれるその日は 今年の場合11月22日(日)
例年どおり今年も我が家では クリスマスプディングレッスンをしていました

Stir Up Sunday についてはこの時季いつも書いているのでそちらをご覧になっていただくとして~

a0107981_1929220.jpg
** ↑ 上の写真の中にいくつか見える茶色と白の球形のものは
イギリス人にとってのクリスマスプディングのイメージ
クリスマスのモチーフとしてよく登場します☆
その昔 プディングはガーゼに包み つるした状態で蒸し煮にしたのでまん丸だったのです**

レッスンでは クリスマスプディングを作りはじめる前に
材料の説明をするわけですが その中に見慣れない 「Suet (スエット)」なるものが登場します
実際には日本では手に入らないため 代用としてバターを使いますが
クリスマスプディングのみならず イギリス菓子にどっぷり浸かっていくと
きっとどこかでぶつかる素材
日本語だと 「ケンネ脂」 と呼ばれる 牛の腎臓周りの脂のことで
(こちらも詳しくは 以前の記事をご覧下さい)
下の写真のツブツブした白いものがそれ ↓
a0107981_19291290.jpg

毎回 プディングを作る際に説明だけはしていたのですが
どんなテクスチャーなのか どんな風味なのかは きっと謎のままだったはず
やはり実際に扱って 味わってもらいたいなと思い
今年のStir Up Sunday レッスンは
クリスマスプディング作り体験+プディングテイスティングとして
普段はなかなかお目にかかることの出来ない トラディッショナルなプディングも体験してもらうことに~
味わうだけでなく 作るところから(^^

まずは スエットを使ったペストリー作りから~
この生地を使って 「ローリーポーリー」を作ります
ピーターラビットのお話しにも登場するので 聞いたことがあるという方もいらっしゃるはず
スエット生地で作るお菓子の代表選手です
a0107981_19292280.jpg

生地の違いを比べて欲しいので 同時に同じ分量でバターを使った生地も作っていきます
スエットは融点が高いので バターのように溶けたりなじんだりせず
生地の中にお米のように粒々散っているのが見えますね

この生地でジャムを巻くと 「ジャムローリーポーリー」
レモンカードを巻けば 「レモンカードローリーポーリー」
今日はレモンカードにし
3種ある加熱方法~蒸す・ 茹で蒸し・ オーブン焼き~ の中からは
一番早くておいしいオーブン焼きに

もう一方のバターを使ったペストリーでのローリーポーリーは
同じではつまらないので (本当は違いを比べるのなら同じほうがいいのだろうけれど
どうせ食べるのなら違うものも食べたいかなぁ なんて思い、、、)
ローリーポーリーの変化バージョン
Hollygog pudding というオックスフォードシャーに伝わるお菓子にします
a0107981_19293163.jpg

生地を同じくのばしたら 巻くのはゴールデンシロップ
そして オーブンで焼くのも一緒なのですが
こちらは器に入れて 生地の周りになんと たっぶりの牛乳を注いで焼くのです
オーブンに入れる前は「これでちゃんと焼けるの~」 と不安の声が上がるほど
かなり珍妙な見てくれですが オーブンから出してみると~
さらに 不思議な姿に変身☆
ミルクは煮詰まりキャラメル化して ぶぁ~っと膨れ
ペストリーのほうは別に水っぽくなるわけでもなく ふつうにサクッとしたまま
なので 一応スエット生地との食べ比べも問題なくできる状態に焼きあがります☆

さぁ お楽しみのテイスティングタイムです(^^
この日は他に スパイスたっぷりの 「ブレッドプディング」
「マーマレードのスチームプディング」 なども用意
それともちろん 前もって1ヶ月前に作って熟成しておいたクリスマスプディングとともに
テイスティング開始☆
a0107981_1929444.jpg

ローリーポーリーの生地の違い 食べ比べてみると とっても良く分かります
スエットのほうはバターより しっかりした食べ応えのある ザクザクした食感
バターのほうは 香りもあるわりとさっくりとした軽い食感
今回はもちろん生ではなく 市販されている乾燥タイプのスエットを使ったので
スエットの香りが特にあるわけでもないし 食べやすかったと思います
(以前フレッシュなスエットで作ったときは ちょっとラード臭かったので、、、^^;)
a0107981_19295620.jpg


古式ゆかしいローリーポーリーに バーズの温かいカスタードをたっぷりかけて。。。
スエット生地の方は冷めると堅くなって大分味も落ちるけれど
焼きたてはなかなか美味しいのです
寒い冬 あたたかい紅茶と イギリス人の言うところの
オールドファッションでstodgy なプディングも乙なものです^^

さて次回は肝心のクリスマスプディング作りの様子について~


にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2014-11-27 20:24 | レッスン | Comments(2)
Commented by Tomo at 2014-11-29 12:04 x
プディング三昧!楽しそう〜〜
冬はやっぱプディングですね。
スエットのプディング、焼きたて、蒸したてはなかなか美味しいんですよね〜
私も作らないと♪
Commented by lesgalettes at 2014-12-01 10:07
tomo さん☆
そうそう冬は寒いのは嫌だけれど、プディングが美味しく食べれられるのはうれしい季節。美味しいのがあったら教えてください^^私もスエット系プディングもっと作りたいけれど、すぐに食べきりたいから人が集まる時じゃないと作れないのがね~それと、やっぱり万人受けではないし(笑)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧