イギリス一のフィッシュ&チップス

今回の イギリスの美味しいものを巡る旅
ポークパイ ・ スティルトンチーズ と来たら お次は何だと思いますか?
イギリス食と言って 真っ先に頭に浮かぶアレ・・・ そうです
「フィッシュ&チップス」 ^^

向かったのは ヨークからなら車で1時間半ほどのところにある Whitby という港町
荒涼とした大地に 羊だけが点在するノースヨークムーア国立公園をひたすら走り
海が見え始めると突然現れる 海沿いの町ウイットビー
第1印象は 〜人・ 人・人 とにかく人の多いこと!
観光地とは知っていたけれど 田舎ばかり回ってきていたところだったので あ然(^^;
a0107981_11404398.jpg

まぁ夏休みシーズンだからというのもあるけれど
こんな辺鄙な場所なのに 一体みんなどうやってやってきたのやらと
自分たちのことは棚に上げて ビックリ、、、(日本くんだりからやって来ているというのにね(笑)
落ち着いて周りを見回すと そこら中 フィッシュアンドチップスを頬張る老若男女
港近くの通りには フィッシュ&チップス屋さんが ずら~り並んでいます

日本で「海沿いの町に新鮮なお魚を食べに行こう~」 と言ったら
想像するのは ピチピチのお刺身やお寿司だったりするけれど
イギリス人は 「フィッシュ& チップス」
別にどこででも食べられるし 揚げてしまったら新鮮さもそう分からなくなると思うのだけれど
とにかく フィッシュ&チップスなのです
a0107981_11414532.jpg

さて この沢山のフィッシュ&チップス屋さんの中から一体どこを選びましょう
途中 立ち寄ったアンティーク屋さんのお勧めは 有名どころの Magpie cafe
見てみると お~さすがに長蛇の列
ここはイギリスのセレブリティシェフ Rick Steinが イギリスで最高に美味しいお店として
紹介したことでも有名なお店
シーフード系を得意とする彼自身もコーンウォールのPadstowに
これまた有名なフィッシュ&チップス屋さんを経営しています
でも今日のお目当ては Magpie Cafe ではなく その近くの行列の出来ているお店
Quayside
a0107981_1142028.jpg

ここは 2014年の「ナショナルフィッシュ&チップス アウォード」 の1位を獲得したお店
今年のイギリスナンバー1 フィッシュ&チップス屋さんなのです
ミーハーですね(^^)分かっています でも気になるではないですか
イギリス国民食の イギリス1のお味とやら、、
日本ならさしずめ ベスト天ぷら賞受賞の日本一の天ぷら屋さんと言ったところですから
ずら~り行列が出来ていますが 実はこれ テイクアウェイ用の列
お店の中に入ってゆっくり食べる側への列はほとんどなし
太陽が好きなんですね イギリスの人たちは
せっかく海と太陽のある町に来たのだから 室内で食べるなんてもったいないと言う訳
でもわたしはイギリス人じゃないので あの巨大なお魚フライを
あのちっさな木のフォークで食べるなんて器用な真似は出来ません
なので 喜んでテーブル席に~
a0107981_11421981.jpg

ここのお魚の選択肢は Cod かHaddock またはPlaice(カレイ)の3択
CodとHaddock は鱈の一種でもっともポピュラー
専門店だともっと沢山の選択肢があることもあるけれど こちらは少数精鋭
(スカンピ(尻尾なしエビフライのようなもの)やフィッシュケーキもありますが)
やってきました~☆
念願のフィッシュ&チップス
この日のために ここ数日はフィッシュ&チップスは我慢してきたので この旅初 F&C
衣はサクサクで 厚過ぎず程よいバランス
やって来た瞬間は大きい~と思ったものの 意外と余裕で完食☆
カレイの身もしっとりふわふわ
フィッシュアンドチップスにしたら 新鮮かどうかなんて分からないんじゃない~
なんて言ってゴメンナサイ☆
とっても美味しかったです
イギリス1 かって言われると 分からないけれど とにかく満足 (^^
a0107981_1142274.jpg

先の予定が詰まっているのであまり時間はないけれど
ウイットビーの町を ちょっと散策
イギリスの海沿いの町名物の Rock 屋さんもいっぱい
ロックは長~い棒キャンディーのことで 海沿いの定番お土産品
イメージは 日本でいうところの温泉まんじゅう かな。。
その町の名前や写真の入った紙がくるりと巻かれてて 味はどこで買っても大差ないみたいな、、、
でもつい買っちゃう
きっとものすごい美味しいロックがどこかにあるのかも、、、なんて

a0107981_11423973.jpg

ウィットビーには 見どころもたくさん
キャンプテンクックがエンデヴァー号に乗って大航海に出たのがこの町
キャプテンクックが見習い船乗りだった頃のゆかりの家は彼の記念館となっています
もう一人いる ウィットビーの有名人が 「ドラキュラ伯爵」
作者のブラム・ストーカーは 廃墟となったウイットビーアビーとセントメリー教会の墓地で
ドラキュラの着想を得たのだとか、、、
a0107981_11405680.jpg

ゆっくり廻ればかなり見どころいっぱいのウィットビー
今回はとっても急ぎ足だったので いつかまたゆっくり来れるかな~
次回は Jet も ひとつくらい欲しいし~ (^^)



☆★ お礼 ★☆
先週末行ったチャリティーお茶会
皆さんのご協力で121,400円 集まりました。
早速 宮城県石巻市の東日本大震災 復興政策課に寄付してまいりましたので
後日 改めてお茶会の様子と合わせてブログにて ご報告させていただきます。
ありがとうございました☆
楽しかったですね(^^



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2014-09-03 17:19 | イギリスのおいしいもの | Comments(6)
Commented by なお at 2014-09-05 10:57 x
フィッシュ&チップス、おいしそう。でも、甘党、おやつ党として気になるのは、ロック。まったくきいたこともなかったです。海沿い限定なんですか。でもイギリス人ならみんな知ってるのかな。けっこうおいしそうに見えます!
Commented by lesgalettes at 2014-09-06 08:57
なおさん☆
ロック、、たまに海沿いではない観光地のお土産屋さんでも見かけますが、基本的にはブラックプールとかブライトンとかいったような海沿いの観光地のお土産スイーツのイメージです。イギリス人なら大抵分かると思いますよ。どこそこ行って来たの〜と巨大なロックをお土産に貰ったことがあります(^-^)
Commented by 山口もも at 2014-09-08 06:06 x
ウィットビーですか~!私は、かなり前になりますが、丘を抜けて、バスに揺られていきました。私が行ったころと全然様子が変わってないのが、なんだか嬉しいです☆マグパイカフェは、長蛇の列だったため海沿いにあるテイクアウェイ専用の小さなお店で買ったのですが、それでもものすーーーーく魚が新鮮で、美味しかった覚えが。。ほんと、また行きたいけれど、あの僻地まで行くのは時間が必要ですよね。。

チャリティーお茶会。楽しく、美味しく、素敵なイベントですね!
Commented by lesgalettes at 2014-09-08 07:30
ももさん☆ が行かれた頃ときっと全然変わってないと思いますよ、ウィットビー(笑)ウィットビーに蒸気機関車が停まっていて、時間があればのんびり鉄道の旅もいいな~って思いました。
チャリティーお茶会~イギリスで子供達が自発的に自然にチャリティー活動していたのが当時、結構カルチャーショックでした。別に自分のやれる範囲でいいんだなって。。
Commented by 山口もも at 2014-09-11 06:38 x
そうそう、イギリスだと小さなチャリティー活動がいっぱいありますよね☆ちょっと前に、知り合いのお孫さん(15歳ぐらい)がアフリカへチャリティー活動に行くための資金集めとして、手作りマーマレードを作って販売してました。すごい行動力!ご両親&ご家族がそれを支援しているところが、さらにすごいなーと。
チャリティーお茶会って、なんだかいいですね。
私もチャリティー・ジャパニーズランチ会とか、こちらでやってみようかな?
Commented by lesgalettes at 2014-09-11 15:08
ももさん☆ ジャパニーズランチ会いいですね~チャリティーかつ、みんなも楽しめそうで(^^)日本だと慈善活動って重い響きがあるけれど、チャリティーっていうともっと気軽な感じでできていいなって思います☆


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧