セイボリーパンケーキ

前回 イギリスのパンケーキは 「レモン&お砂糖」で食べるのが一番ポピュラーなんですよ~
と紹介しましたが
お砂糖が入らない分厚いクレープのような このパンケーキのこと
ガレットやトルティーヤ あるいは春餅のような感覚で
セイボリー系(お食事系)に もっていくことも よくあります
ハムやチーズをサンドしてもいいし
a0107981_22321781.jpg

トマトソースや クリームソースでまとめた
きのこや シーフード あるいは ひき肉などをフィリングにしてもOK
ランチや軽い夕食にもぴったりなお惣菜になります
フィリングを包んでから チーズをのせて オーブンで軽く焼いたりもするのですが
包み方は やはり「お砂糖&レモン」 の延長線上なのか くるくる端から丸めることが多いので
パッと見は まるで カネロニか エンチラーダのよう (^^
a0107981_22322746.jpg

前菜や おつまみにしたい時は ブリニのように 小さく小さく焼いて
上にチーズとチャツネや スモークサーモンのディップなどをのせてあげてもいい
トマトピュレを生地に混ぜれば 赤いパンケーキになるし
ピスタチオペーストを入れて 緑のパンケーキにしても楽しい
もちろんパセリやディルなどのハーブのみじん切りでも とってもいい香り
a0107981_22323648.jpg

同じ感覚でよく作るのが シュー
これまた甘くない生地なので
トマトペーストや ピスタチオペーストなどを入れて 小さく焼き
中に クリームチーズとドライトマトをあえたものや
サワークリームと生ハムを混ぜたものなど 何でもいいので適当に詰めてあげると
ワインのお供にぴったりな前菜に☆
a0107981_23215262.jpg

最近はチョコレートピザに行列が出来ていたり
ある日訪れた インド料理屋さんでは あんこ入りの 「ナン」 があったりと
この生地は甘いもの この生地はセイボリー用~という枠にとらわれない使い方が
日本でも だいぶ広がってきたよう
新しい食材 珍しい食材もいいけれど
いつもの食材や生地でも 固定概念を忘れて いろいろチャレンジしてみると 結構 楽しめます
(たま~に失敗もあるけれどw)
例えば お友達を おうちランチに誘って ちょっぴり驚かせたいのなら
「これ何かなぁ~?」 という 全くお初の珍しい食べ物をだすより
「え~あれが こんな風にも使えちゃうの~?」 のほうが インパクト大ですよ(^^



☆★ お知らせ ★☆
3月13日(木)10:00~ 空席できました




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2014-03-09 00:02 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧