7月のレッスン

今月のレッスンは 「レモンドリズルケーキ」と 「クランペット」

もともと 「簡単&おいしい」が 基本のイギリス菓子ですが
今回作るレモンドリズルケーキは その最たるもの
「材料ボールに全部入れちゃって下さ~い」
「え、 粉も卵も 牛乳もバターも全部??」 「そうそう で混ぜるだけ」
「ほんとうに? ぐりとぐらみた~い 」
「回を追うごとに 簡単度が増していってるような。。。」
いえいえ イギリス度が増していっているだけです(笑)
a0107981_17574928.jpg

とはいえ わたしも最初にこのケーキをイギリスで教わった時はひっくり返りました (^^;
もちろん 違うやり方で教えてくれた人もいたので
今回 レッスンで作るにあたり 一通り
バターから順に混ぜる所謂セオリーどおりの作り方のものやら いろいろ
さんざん食べ比べてみたものの
やっぱりこのやり方で作る生地が一番 「イギリスらしい」
All in one method 採用!!
簡単だから美味しくないなんて 思い込んではいけないですね ^^
今回は せっかくなので 道具もイギリス的にいきます
a0107981_17581792.jpg

イギリスで200年以上も愛され続けている Mason Cash のミキシングボールは
どっしりした陶器製なので重いけれど安定感が◎
木のスプーンは ゴムペラに慣れていると あ~痒い所に手が届かない みたいな部分も(笑)
ケーキが焼けたら レモンとお砂糖を混ぜたものを ドリズル=雨のように染みこませて
完成☆ 表面がグラスのように固まった 甘酸っぱい爽やかケーキです

お次は 「クランペット」
a0107981_17584029.jpg
クランペットはイーストで膨らませるパンのようなもの
甘くないもちもちした食感のパンで イギリスの昔ながらの お茶のお供
全く甘くないので 日本人にすると お茶菓子というより むしろ朝食に合うパンのよう
でも イギリス人(特にご年配の方)は これや ティーケーキ(レーズンの入ったパン)を
トーストして バターをた~っぷりつけて ティールームでよく召し上がっていました ^^
(若い人は 朝食に食べる人が多いみたいですが。。)

a0107981_17583032.jpg

これも作り方は~ はい 混ぜるだけです ^^
そしてイースト君が働いてくれるのを待つだけ
パンケーキよりも さらにゆるいくらいの生地を
グリドル(またはフライパン)に リングをのせて流し入れて 焼き上げます

クランペットの特徴は 無数に開いた表面の穴
生地の濃度と どのくらいの厚さに焼くかが 穴開き具合に影響します
この穴に バターやゴールデンシロップをたっぷり染みこませて食べるのが
お約束なので 穴は開いてて欲しい かな
a0107981_17585318.jpg

イギリスのスーパーでは 大抵6枚くらい入ったものが
パンコーナーに売られています
トーストするだけでいいので 楽ですね^^
似たような でも ちょっと薄めタイプのものは Pikelets と呼ばれるもの
こちらは型を使わず グリドルやフラインパンに 直接落として焼いたものです

夏でも作る気になれる お手軽ケーキとパン
余った時間は 冷たいアイスティーでも作りましょうか
a0107981_18263183.jpg

憶えておくと便利な グレープフルーツのセパレートティー
日本の夏は やっぱりアイスティーが必要なようです
さわやかにクールダウンしたら お次は
我が家での登場回数がやたらに多いHigginsの紅茶から Summer
毎月 紅茶は何にしようかな。。 一応考えます
でも 結局 わたしがその時期 飲みたいものの中で迷うだけ(笑)

そうそう まだまだ募集中です
8月のお茶会

★チャリ TEA PARTY 開催します★おいしいお茶とお菓子とおしゃべりを 楽しみましょう♪
8月30日(金)31日(土)両日 10:00~13:00/ 14:30~17:30
参加費: お一人様 2500円 (全額 東日本大震災復興支援に寄付)

※ お越しいただける方 ご希望日時&人数をメールください
お待ちしております






にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2013-07-10 21:43 | レッスン | Comments(10)
Commented by なお at 2013-07-12 12:22 x
クランペットは名前は知っているものの食べたことないんですが、おいしそうですね~。このあいだ、はじめてゴールデンシロップを見つけて喜んで買ってみました。おいしいです! ただクオカの通販サイトで開封後は賞味期限2週間とか書かれていたのですが、そんなにもたないものなのでしょうか? 
Commented by lesgalettes at 2013-07-12 18:05
なおさん バターとゴールデンシロップがあっさりとしたクランペットにまたよく合うんです^^
ゴールデンシロップの賞味期限、、、うちでは消費ペースが早いせいか考えたこともなかったのですが、よく見てみたら、ボトルのオリジナルの表示には「開けたら3ヶ月以内に食べたほうがいいよ~」と書いてあります。まぁ日本のこの暑さですし、念のため冷蔵庫にでも入れておけば実際には相当もつと思いますよ。
Commented by お道具大好き at 2013-07-13 18:18 x
いつも楽しく拝見しております。毎回素敵なお菓子にお話しでのめり込むでしまいます。今回気になりましたお道具、Maison Cashさんのミキシングボウル!早速取り寄せを企んでおります。形から入るタイプ。そこでアドバイスをお願いいたします。ふだん16-20cm位の型でケーキを焼きます。どのサイズのボウルが使いやすいでしょうか?またお写真にあるとって付きはどの商品、サイズ、になりますか?さいごにこちらのボウルはサラダボウルなどにも使えるのでしょうか?沢山聞いてしまいすみませんがよろしくお願いします。
Commented by lesgalettes at 2013-07-13 19:13
お道具大好きさん こんにちは
わたしが今回使っているボールは直径29cmくらいのものです。これだとちょっと大きいかもしれませんね。一つ下の26cm24cm位でどうでしょうか。キレイなのでサラダボウルとしてテーブルに出してもいいと思います。とって付きのものは直径19cm位のBatter bowl なのですが、Maison Cashのサイトに載っていないようですね。。。
ミキシングボールのほうはサイズは憶えていませんが、東京のコンランショップで売っているのを見かけましたよ。
Commented by お道具大好き at 2013-07-14 15:31 x
早々にわかりやすいご説明ありがとうございました。さてどれにしようか楽しいお悩みタイム。コンランショップも要チェキラですね。そう言えば以前ご紹介頂いていたパイバード、パリのコンランショップにあって、使いこなせないのに可愛いから買ってしまいました。キッチンの飾りになっています(#^.^#)。これからも記事、楽しみにしていますね。暑さに負けず頑張って下さいね。
Commented by もりなが at 2013-07-16 09:39 x
今まで何度かコメントさせていただいているものです。クランペットさすがのできばえですね。イギリスで料理学校に通い、習って再現するもののこんなに上手くできず、いつも落ち込みます。。。高知に住んでいますが、いつかlegalettesさんのお教室にお邪魔したいです、本当に。

私のクランペットいつも出てくるはずのあの無数の穴がイマイチで膨らみもイマイチ・・・イーストも粉(国産)も新しいのに何ででしょう。絶対私みたいに遠いところに住んでいるけど、お教室に行きたい人がいっぱいいると思います!!
Commented by lesgalettes at 2013-07-17 08:55
お道具大好きさん
うちでもパイバードはもっぱら飾りです^^
はい、夏も作って食べて、暑さに負けないよう頑張ります☆
Commented by lesgalettes at 2013-07-17 09:00
もりなが さん
イギリスで上手に出来ていても、日本で作ると同じように行かないこと、多いですよね。私もそんなことばっかりです^^
クランペットは生地の濃度が濃いと穴が開きづらいので少し水分増やしてみてはいかがでしょうか?
遠くから教室に来てくれる方は大抵、東京での用事などに引っ掛けてきてくださいますので、もりながさんもいつか何かのついでにタイミングがあったら是非!
Commented by もりなが at 2013-07-21 22:33 x
生徒でもないのにご指導ありがとうございます!!懲りずに理想のクランペットができるように頑張ります。日本でもどこかメーカーさん作ってスーパーに卸してくれないかなぁと思ったりもしますが(笑)

東京には妹が住んでいるので、行く機会もあるといえばありますが、子供がまだ三歳。もう少し大きくなって東京行く機会があればぜひ参加させてください。楽しみにしてます!!
Commented by lesgalettes at 2013-08-01 08:37
もりながさん
私もいつかお会いできるのを楽しみにしています♪


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧