イギリスビスケット つづき~

さて 今日のビスケットは~ 何にしましょう。。。

今日はまずは ビスケットの中でも一番くらい存在感の薄いあれ
ビスケットの詰め合わせを見ると 必ず入っている
名前があるのかないの分からない脇役ビスケットから始めましょうか

「ショーティーズビスケット」
四角だったり丸だったり~でも大抵
ショートブレッドのペチコートテイルスタイル的な 縁取りと中心に穴のあるのが「ショーティー」
お味はまぁ 普通のビスケット お安いショートブレッドといったところです

a0107981_14525316.jpg

あまりに普通すぎて 説明も思いつかない、、、
やっぱりかわいそうな ショーティー(^^;

じゃあ 次は 最高に有名な 「ショートブレッド」
まあ これもビスケットの一種
(※今更ですが イギリスでは日本でいうところのクッキーもビスケットも
ぜ~んぶ 「ビスケット」 と言います)
他のビスケットたちに比べると バターの風味がリッチ過ぎて
ビスケットとはもう別ジャンルにしたいくらいですが
さらにこれをリッチにしてしまったのが
「Millionaire's shortbread (億万長者のショートブレッド)」
ショートブレッドの上に 柔らかめのキャラメルの層 そしてその上にチョコレート
というリッチ極まりないこちらは 頭にガツンと来る甘さ☆
これを食べきるのには 相当の勇気と紅茶を要します
a0107981_14301778.jpg

さあ次に プレーン路線で思い出すのは
「Abernethy」 有名なのは 赤いパッケージの Shimmers社のもの
これは 19世紀にスコットランドのお医者さん John Abernethyによって考えられたビスケット
なんでも 彼は病気の主な元凶は消化不良と考えていたようで
消化を促すビスケットを考え出したとか、、、、
実にプレーンな チーズにぴったりのビスケット
a0107981_14302939.jpg

「Thin Arrowroot」は 訳すと 「薄いクズウコン」
クズウコンという植物のでんぷんを使ったこれは 固めのマリービスケット と言った感じ
そうこれも 実にプレーンなお味
日本で「ビスケット」と言った時に おそらく想像するタイプのビスケットが
イギリスのものなら この「シン アロウルート」と 「リッチティー」

「リッチティー」は まさに 日本のマリービスケットの味
もともと「MARIE」という名前でビスケットを売り出したのは
前に出てきたガリバルディーを作った会社 Peek Freans
1874年に ロシア大公女 Maria Alexandrovna と
エディンバラ公の結婚を記念して作ったビスケットだったとか
たま~に Marie の名前で売っている メーカーもあるけれど
もっぱら イギリスなら 「リッチティー」
他所の国 例えばオーストラリアや インド・ 北欧なんかでは
このタイプのビスケットは 「マリー」 で売られているみたいですよ


、、、ここまで書いてきて 「マリー」の 別の出生説浮上です、、、
森永のHPによると~
「マリー」は マリーアントワネットに由来していて
周りの模様は「家紋」 ~だそうです
ということは イギリスの元祖マリーと 日本のマリーは別物??
まぁまぁ 諸説ある、、ということでしょうかね ^^

あ~そろそろ他の話題に移りたいところですが
まだ書いてないビスケットがあるので もう少し ご辛抱くださいませ☆


お知らせ 6月15日(土)のレッスンお一人空席できました


にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2013-06-01 03:46 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)
Commented by なお at 2013-06-03 10:15 x
わたしはお菓子のなかでビスケットがいちばん好きかも、というくらいなので、楽しいです~。いろんなビスケットが盛られた写真、テンションが上がります。
ビスケットつくるときの「型抜き」は売っていますが、模様もつくような型抜きってないような? あればほしいです。
Commented by lesgalettes at 2013-06-03 18:05
なおさん
ビスケット話しにお付き合い下さってありがとうございます(^^)
ドイツ製やイギリス製で簡単なラインで模様が入ったりする抜き型はあるけれど、ビスケットの枠の模様とかはないですよね。私も欲しいです☆


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧