5月のレッスン

今月のレッスン テーマは「イギリスおやつ」
あまりにぱぱっと出来てしまうので 3種類作ってもまだ 「なんか いつもより早いね(笑)」
でも どれも 日本のお店では買えない イギリス家庭の味
焼きあがったお菓子がずらり並ぶと~ 「なんかイギリスにいるみたい☆」
確かに(^^)
テーブルの上と 部屋に充満する香りだけは まるでイギリス
a0107981_8283694.jpg

香りのもとは 「ロックケーキ」に入れる ミックススパイスと ナツメグ
「石のようにゴツゴツしているから」 というなんとも 素朴なネーミングのこのお菓子
ウエルッシュケーキと 配合も作り方も すごくよく似ているけれど 違うのは 加えるスパイスと 焼き方
型で抜いて 鉄板で焼くウエルッシュケーキとは異なり
わざとラフに 天板にのせて オーブンで焼き上げます
上に振りかけるのは デメララシュガー
これがまたいいアクセント
a0107981_8284655.jpg

イギリスのティールームでは お皿いっぱいサイズの巨大ロックケーキがでてくることもあるけれど
今回は他にもいろいろ食べたいので 少し小さめサイズです
このロックケーキにも ウエルッシュケーキにも
バターをたっぷり塗って食べましょう~が 定番だったので
一応バターも添えますが その辺はお好みで、、
お茶を飲んでいると ついついもうひとつ~と 手が伸びます
a0107981_8285652.jpg

もう一品は 「フラップジャック」
驚くほどたっぷりのオーツが入るフラップジャック
噛みしめるほどに ゴールデンシロップの甘みがじわっと伝わる素朴なおやつ
ちょっとお腹のすいた時や 時間がないときの朝ごはんにも最適
ワンボールどころか ワン鍋で出来てしまうので
「これなら作るかも~」 って これ以上簡単なお菓子ないですから(笑)
a0107981_829727.jpg

焼き加減は お好み次第
というのも イギリス人は 中ねっちりのやわらかい チューイーなタイプを好む人が多いし
日本人は かりっとしているのが好きな人が多いよう
レッスンでは その中間くらいでいきます
外側かりっと 中心は少し柔らかく~くらい 中庸中庸、、
a0107981_8291679.jpg

毎回 お茶タイムの時は
その日のお菓子のイメージの 食器を使うのですが
今回はあまりに お菓子が地味 素朴だったので
食器くらいいろいろな色があってもいいかな と
みんなバラバラ 好きなカップを選んでもらっています~
大して高価なカップはないけれど どれも1客ずつのお気に入り
ひとつひとつ どこのアンティークショップで買ったか なんてどうでもいいことは憶えているもので
古いものは120年以上前のもの
昔 イギリスで このカップを作った人 使った人たちは
まさかそのカップが100年以上の時を超え 海を超え 日本で使われているなんて
想像だにしなかったでしょうね (^^



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2013-05-15 09:37 | レッスン | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧