クレープパンと グリドル


皆さん GWいかがお過ごしですか?
ご旅行に行かれている方
普段と変わりなくお仕事されている方
はたまた おうちでくつろいでいらっしゃる方・・・
私は実家でのんびりしています~

私の場合 時間があって かつ家にいる時 作りたくなるのが ガレット
食べ物の中でTop10に入るのではないかと思うくらいに好きなガレット
大して手間のかかるものではないはずなのに
どうも余裕がないと作る気がしない
シードルと一緒に のんびり食べたいからかな。。
こういうのんびりした連休には うってつけ
そんな時だけ作るので さっぱり上達しないけど(笑)
a0107981_18191973.jpg

生地の配合は 一時はまって大分研究したので
ほぼ定まっているものの 問題は焼き
フライパン状のクレープパンで焼けば簡単だけれど
不器用なくせに どうしてもガレット用の平らな鉄板で焼きたい
これ 案外難しいんです
街のクレープ屋さんも
ブルターニュのクレープリーでもみんないとも簡単に焼いているのにね
(きっと私は コンロにたれた生地を掃除するのが嫌で
思い切り悪く伸ばしているから上手にならないんでしょう~)

へたなくせに あの熱い鉄板で焼いた時の
バリッと感がたまらなく好きなので
毎回 性懲りもなくクレープパンとトンボでチャレンジします

a0107981_18192860.jpg

ガレットが焼けたら 冷めないうちにと
大急ぎで冷蔵庫から取り出す シードル
「ボレ」(シードル用カップ)で飲んでいると
お茶のように ごくごく☆危険きけん

旅行に行くと 必ず行くのが 本屋さんと調理道具屋さん
その土地土地のレシピ本や 道具を探すのは本当に楽しい
a0107981_18193632.jpg

ブルターニュで買ってきたガレットのレシピ本
そして 買うのをためらったクレープパン
鉄製なので重いというのも ひとつの理由ではあるけれど
脇から聞こえる「似たようなのうちになかった?」の声・・・

a0107981_18194597.jpg

そう 確かに我が家に似たようなものがありました
イギリスの「グリドル」と呼ばれる鉄製のベイクストーン
素材も形も厚みも 実に酷似
違うのは 取っ手の位置くらい

考えてみれば アングロサクソンに追われてイギリスから逃げたケルト人が 住み着いたのが ブルターニュ(小さなブリテン島の意)
同じような道具が使われているのも当然のこと
イギリスでは 今もウエールズ地方やスコットランドで
この「グリドル」をたまに見かけます

来月のレッスンでは このグリドルを使って ウエールズ地方の名物
その名も「ウエルッシュケーキ」を作ります☆
とっても簡単で おいしい私も大好きなこのお菓子
定番おやつになること間違いなし
ウエールズにあったような ウエルッシュケーキ屋台が日本にあったら
絶対 売れると思うんだけど。。。
[PR]
by lesgalettes | 2013-04-28 22:30 | 日常 | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧