2011年 ティールーム 書き残し つづき~

やはり書き終えられなかった 2011年ティールーム話し 続けます~

2011年の〆ティーは 北ウェールズは海沿いの観光地として知られる
Llandudno にあるSt. Tudno Hotel
おいしいウェルッシュアフタヌーンティーが食べられることでも知られているホテルですが
もうひとつ ルイスキャロルの 「不思議の国のアリス」 のモデルとなった
Alice Liddel が泊まったことでも有名
2011年は彼女が8歳のときに泊まった1861年から数えて
ちょうど150周年の記念すべき年なんだとか。。。

訪れたのは12月30日ということもあり
通常のアフタヌーンティーの代わりに ケーキ類はビュッフェ方式
a0107981_0593654.jpg

ウェールズらしく Welsh cake や Bara brith が並びます
ウェールズ語で「斑点のあるパン」を意味する 「バラブリス」は
レーズンやカランツいっぱいのパウンドケーキのような焼き菓子
ベーキングパウダーで膨らませるタイプの他に
イーストタイプのよりパンっぽいタイプのものも存在します
お決まりなのは 薄くスライスしてたっぷりバターを塗る点
ここではスコーンにもウェルッシュケーキにもすでに たっぷりバターが塗られていました
厳しい自然のウェールズ エネルギー補給が大事だったのかもしれません

(この時期は アフタヌーンティーといいつつ まるで夜のようにくらい写真ばかり
まだ4時前なんですけどね、、、あまりきれいに撮れていませんがご勘弁を。。)
a0107981_059532.jpg

ウェルッシュアフタヌーンティーといえばおととしこの辺りに来た際のそれも
ちょうどこんなプレートでした
寒い冬の紅茶にぴったりの ウェールズらしい素朴な焼き菓子たちが主役です☆

ルイス・キャロルがでてきたついでに もう一軒
イギリスの作家関連のティールームをご紹介☆

「高慢と偏見」 「エマ」などで知られるジェーン・オースティン
彼女が1801年から1806年までを過ごしたバースにある記念館の中に
そのティールームはあります
a0107981_101123.jpg

メニューも 小説の登場人物にちなんで
Tea with Mr. Darcy とか Mr.Benett's toasties ・・
紅茶も Jane Austen Blend などとネーミングされていたり
ジェーンオースティン時代の可愛らしいメイド服をまとった店員さんもまた
雰囲気を醸し出しています
そして壁には コリンファース似の Mr.Darcy らしき肖像画・・・
a0107981_103879.jpg

賑やかでおゃれなお店が並ぶバースの中心にあって
今時でない イギリスらしい素朴なお茶のできる 小さなティールーム
喧騒から離れてほっと息のつける 案外貴重な存在かもしれません




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2012-01-05 02:26 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧