お茶を飲みに 片道3時間半。。。


北イングランドは ヨークシャー地方 Harrogate という街に
「Bettys」 という とても有名な ティールームがあります

1919年から続くこのティールームの創業者は
スイスのお菓子職人フレデリック ベルモント氏
彼が ひょんなことから 訪れたハロゲイトは
当時 裕福な人々の温泉保養地として栄えていた 緑豊かな 美しい街
ここにティールームを作ったら すてきだろうな
そう彼が思ったのも納得の 落ち着いた趣きある街並みです
a0107981_122033.jpg

朝家を出て ハロゲイトに到着したのは お昼すぎ
ありました ありました☆
ティールームを取り囲む長蛇の列で すぐにそれと分かる 「ベティーズ」
確かに 込み合う時間帯ではありますが
それほど大きくはない街なのに すごい人気です

a0107981_1234597.jpga0107981_124234.jpga0107981_1242184.jpg











ヨークシャーの地の物を 大事にするベティーズらしく
メニューは とても地方色豊か
ヨーク産クロテッドクリームつきの スコーンに
チーズやからしなどでできたソースをのせて焼く「rarebit scone」
小さな穴が沢山開いた薄いパンケーキのような 「pikelet」
そしてベティーズ名物 「fat rascal」 (一番上の写真) に 「yorkshire curd tart」

a0107981_133103.jpga0107981_1302475.jpga0107981_126242.jpg











↑ 思わず買ってしまった かわいらしいケーキは
「Sarah Bernhardt」 に 「カリフラワーファンシー」
ピンクがキュートな このケーキは 1920年代の人気女優の名前
シャンパン漬けのチェリーと ホワイトチョコが あま~い甘いケーキです

落ち着いたインテリアに クラシックな制服の にこやかな店員さんたち
一度テーブルに落ち着くと 外の喧騒も忘れてしまいます
のんびり誰かのうちに招かれたような そんな雰囲気のせいか
お昼と夜 1日のうちに 2度も訪れていました(^^;


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-02-27 01:44 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(2)
Commented by SNOOPY at 2010-02-28 00:21 x
片道3時間半もかかったのですね。でも、念願のお店でのアフタヌーンティーは最高で、疲れも吹き飛んじゃいますネ。ピンクとグリーンの可愛らしいケーキ、何だか和菓子っぽくにも見えませんか?(笑)
Commented by lesgalettes at 2010-03-01 05:35
SNOOPYさん こんにちは
言われてみれば和菓子っぽいかも。。。サイズも小さめだったし、、これに黒文字でも添えてあったらまさに(^^)カリフラワー型の和菓子売れるかしら?


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

検索

記事ランキング

画像一覧