チャリティーお茶会2017 つづき&生クリームの日

今年はチャリティーお茶会の3日前まで夏休みでフランスに行っていたので
準備は大忙し☆
前日 前々日はひとりせっせせっせとケーキを焼き続けます
そのおかげか今回は時差ボケ知らず
いつもは2週間くらい 昼間眠~いと騒いでいるのですから
意外なケーキ作りの効能を発見
a0107981_1902289.jpg

ビーツを大量にシュレッドして加える Beetroot red velvet cake
レッドベルベットケーキというと赤のフードカラーを大量に入れたカップケーキが人気だけれど
もともとはビーツを入れたケーキが始まりなんだとか、、
ビーツ独特のちょっと土っぽい香りとココアの香り
そして仕上げはクリームチーズのフロスティング

今回は夏らしい野菜のケーキもいろいろ
Courgette chocolate cake
ズッキーニのチョコレートケーキは食べやすくトレイベイクに
これにも千切りにしたズッキーニがたっぷり☆
a0107981_1903051.jpg

ズッキーニの味はほぼしないけれど
この水分のおかげで1〜2日置いてもしっとり
前もってケーキを作らなくてはならない こういう時は本当にお役立ち

あとは クランベリーとゴールデンシロップをたっぷり入れたフラップジャックに
バラの花びら入りのシュガーで作るローズショートブレッド
ローズエッセンスなどより きつすぎず自然な香りでとっても美味しいショートブレッド
a0107981_1903878.jpg

少しずつたくさん食べて欲しいから
いつもは大きく丸い型で焼くケーキも お茶会の時はトレイベイクにして小さくカットしようという算段
たくさん焼く時は どんな順番で生地を作って オーブンに入れれば
一番効率よくケーキが作れるか このパズルのような作業が結構好きだったりするわたし
ノンストップでわ~っと一気に作るので 結構早いんです(^^)
a0107981_1904592.jpg

なんて言ったってイギリス菓子ですから 簡単ですし☆
チョコレートやフロスティングなどの仕上げは前日夜
ヴィクトリアのクリームや トライフルのクリームは当日朝
パヴロバは前日夜に焼いてそのままオーブンの中で冷ましておき
仕上げははじまる30分くらい前
そしてどんどん出来上がったお菓子を
いつもはみんなでお菓子を作っているアイランドに並べます

いつもあれもこれもと調子に乗って作るので
「あれ~テーブルにのりきらない~」騒ぐのは毎年のこと

a0107981_1905392.jpg

今年はそれでも 作る日が2日しかなかったので控えめにしたつもり
そしてラスト30分には みんなに 「頑張って食べてね~」 と半ば強引にそそのかしていたのですが(笑)
やはり少しは余ったケーキ
a0107981_192522.jpg

で これまた毎度のことながら 3回のお茶会を終えた翌日の日曜日
嵐の後の静けさのように 妙にがらんとした部屋で
ひとり、、、ではなくふたり 残ったケーキでティータイム
大量の洗いものを手伝ってくれた旦那さんは何気に影の功労者ですから(笑)
a0107981_193130.jpg

そして影の功労者 もうひとかたは
いつもこのチャリティーお茶会にフレッシュなクロテッドクリームを提供してくださるNAKAZAWA さん
今年も最高に美味しいクロテッドクリームや生クリームを提供してくださいました
心より感謝しております

今日9月6日は生クリームの日だそう
今日も感謝して美味しい乳製品をいただきます^^
イギリス菓子作りに 乳製品は欠かせませんから
a0107981_1931083.jpg

Nakazawaさんはじめ 貴重な時間を割いてお茶会にいらしてくださる皆さんのおかげで
お茶会も無事終了。。
・・・無事? いえ実はちょっとしたハプニングがありました
ラストの回が始まってすぐ 我が家の辺り一帯が1時間ちょっと停電に
暑い日で クーラーは止まるし 蒸し暑い部屋で皆さんにご迷惑をかけてしまいました
わたしもそろそろ限界~!
「もう冷たいビールかワインでも飲んじゃいましょうか~」 と ポンとワインを開けた瞬間
電気がパチン☆
思わずみんなで拍手(笑)
皆さん文句も言わず笑顔で過ごしてくださってありがとうございました<(_ _)>

a0107981_1931684.jpg


さて 先週用事があって石巻方面(宮城県)に行っていたのですが そこで感じたのは
大分少なくなったとはいえまだまだ仮設住宅は目に付くし あらゆるところが復興半ばということ
でも一度宇都宮に帰ってきてしまうと
日常のバタバタに追われ めったに思い出すこともなく、、
このチャリティーお茶会は なにより自分が大切なことを忘れないためにやっているのかな と思います

ほんとうは年に1度ではなくもっとやればいいのでしょうが
少なくとも きっと来年もやりますので (でも真夏じゃないほうがいい??)
また皆さんのご協力お待ちしております^^



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by lesgalettes | 2017-09-06 10:59 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

チャリティーお茶会2017

8月最後の金曜土曜日は恒例となったチャリティーお茶会
イギリスから帰って 毎年行っているので今年でもう5回目になります
教室も宇都宮で再開して丸5年ということ
早いような 長かったような
まぁ 『長い』 かな

a0107981_18561971.jpg

金曜日に1回 土曜日に2回の計3回
せっせとお菓子を並べます
「こんなに作るの大変じゃないですか?」 と言われるけれど
確かにそれは レンジでチン☆と30秒 とはいかないけれど
毎年楽しみに来てくれる皆さんの 喜ぶ顔を想像しながら作っていると
なんとなく出来ちゃう☆
a0107981_18562949.jpg

基本 ワンボールで出来ちゃうイギリス菓子
その中でもなるべく簡単に出来るものをセレクトして(笑)
かつ真夏なので なるべく重過ぎないもの
この日ばかりはキッチンエイドも大活躍
a0107981_18563751.jpg


調子に乗って一体何種作ったのやら
毎年人気の 「レモンカードとクロテッドクリームのヴィクトリアサンドイッチ」
(もはや全然ヴィクトリアサンドじゃないけれど~)
「エルダーフラワー&レモンのドリズルケーキ」
a0107981_18564612.jpg

レモンメレンゲパイを逆さまにしたような 「レモンメレンゲパイ パブロヴァ」 に
ちょっとは甘くないものもあったほうがいいかなというので
オーツケーキにチーズ&ハーブのソーダブレッドやチーズストロー
ビーツのフムスや チャツネを添えて
サンドイッチまで作る余裕はありませんから~

a0107981_1856562.jpg

夏の素材を使って「ルバーブのトライフル」や 「ズッキーニとチョコレートのケーキ」なども
もちろんスコーンもたくさん☆

狭い部屋の中なのだから 何度もとりに来ればいいだけなのに
何故かみんな そんなに無理やり載せなくってもって言うくらいお皿にケーキがてんこ盛り(笑)
でも確かに「山盛り!」っていうのも楽しいかも(^^

a0107981_1857218.jpg

他にも「ショートブレッド」や「トリークルタルト」
「キャロットトレイベイク」 etc
とにかく大量に作りました~
a0107981_1857922.jpg


毎年参加の人はいかに食べれば全種攻略出来るか作戦を練っての参加
同じテーブルの初めて参加の人にも しっかりコツを伝授してくれるようで
嬉しいことに 思ったより大分お皿の上は空に(^^

a0107981_18571730.jpg

イギリス菓子をこれでもかと食べて 紅茶を飲んで
いつもと違う顔ぶれの人たちともたくさんお喋りして
甘い香りに包まれた部屋で 嫌というほど甘い時間を過ごしてもらい
ちょっと東北のことも思い出してもらって、、

今年も宇都宮や県内 関東はもちろん
大阪や北陸 ほんとうに遠くからもたくさんの方が集まってくださって
またチャリティーお茶会をすることが出来ました^^
a0107981_1857264.jpg

お茶会に参加はできないけれど寄付だけでも~という方からお預かりした分も含め
集まったご寄付は 136,700円
皆さん本当にありがとうございました
今年も去年に引き続き 海のきれいな宮城県の小さな島
網地島に寄付する予定です
網地島の人たちが元気になって またたくさんの観光客が集まってくる島に戻るための
さまざまなプロジェクト中のひとつ 今回はイベントスペースに変身する予定

詳しくはまたアップデートしますが とりあえず、、

次回もこのチャリティーお茶会話しをもう少し~




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by lesgalettes | 2017-09-03 18:53 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

Beating Retreat

ユニオンジャックはためく St.James公園わきのHorse Guards Paradeへと続く道

a0107981_2342012.jpg

ホースガーズパレードはホワイトホール宮殿焼失の後
1753年に建設されたパラディオ様式の建物とその広場のこと
今は王室騎兵隊の指令本部となっており
毎日ここで 馬に乗った制服姿もりりしい騎馬隊の交代式が見られるので
観光客に人気のスポット☆
普段は午前中にある交代式を見るために賑わうホースガーズですが
この日人が集まり始めたのは夕方6時過ぎ

a0107981_2343195.jpg

この日はここで年に一度のBeating Retreat が行われる日
やたらと厳しいセーフティーチェックを通過し 予約しておいた席へ

ここでは真っ赤な上着に熊の毛の帽子をかぶった例の近衛兵さんたちが席案内
普段はなかなか声を聞けないので
この時ばかりと 「この席はどこ?」なんて聞いてみたり(笑)

ビーティングリトリートは王室近衛兵音楽隊によるコンサート
毎年6月の女王様のバースデーパレード(Trooping the Colour)に先立つ水曜と木曜日に行われます
a0107981_2343938.jpg

正直あまり詳しくないのですが~
イギリスの近衛連隊にはそれぞれ音楽軍団があるそうで、、

今日は日頃の練習の成果をここぞとばかりに披露
キルトをはいたScots Guards(スコッツガーズ)や
Irish Gurads (アイリッシュガーズ)も登場
どちらもドラム隊の他にバグパイプ隊を擁しています

a0107981_2344837.jpg

他にも Grenadier Guards(グレナディアガーズ) や Welsh Guards (ウエルッシュガーズ)の演奏に
大砲を牽いた連隊の行進などなど
迫力のある演奏と演技が続きます

このビーティングリトリートのスタートは夜8時
夏のイギリス太陽はなかなか沈んでくれませんが
大分大音量にも耳が慣れ 空もようやく少し暗くなり始めた頃
ヘンリー王子が車で到着☆
a0107981_235023.jpg


観客席も含めて 一同起立でお出迎えです
ちなみに白いテントの中央で敬礼しているのが ヘンリー王子

a0107981_235897.jpg

夜9時を過ぎ
ちょっと飽きてきちゃったかな(失礼!)なんて思いながら
あ~なんてキレイな黄昏色~なんて空を眺めていたら
目を覚まさんとばかりに花火がスタート

a0107981_2351680.jpg


イギリス旅の最終日の夜を飾るに相応しい「これぞ英国」的なイベントを見ながら
そして 「夏なのになんでこんなに寒いの~」 と震えながら
今回もまた楽しかったイギリス旅をふり返るのでした、、




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by lesgalettes | 2017-08-31 18:03 | イギリスイベント | Comments(0)

湖水地方の甘いもの 追加 Grasmereその2

もう1つ追加で Grasmere のティールームをご紹介☆

グラスミアは小さい町とは言え観光地
ですからイギリスにカントリーサイドには欠かせないティールームもいくつかあります
その中でも一際にぎわっているのが Baldry's
a0107981_182016.jpg

外から覗くと
シャンデリアの手前 窓際にぶら下がっているのは沢山のポットやカップたち
もうこれだけで ドアノブに手がかかってしまいます(笑)

一歩足を踏み入れれば いかにも女子好きしそうなラブリーな内装
そして なにより大ぶりのケーキが並んだカウンターが、、、
a0107981_1821019.jpg

セイボリー系も含めて メニューは色々あるので迷ってしまいますが
ここの一押しは 大きな大きなスコーンと レモンメレンゲパイ

a0107981_182189.jpg

そんなに大きそうに見えない?

そう写真だとこの大きさが伝えられていませんが
カップの直径よりは大分大きいのが分りますか?
ロンドンのホテルのアフタヌーンティーの4倍くらいありそう
でも夏でも涼しい湖水地方
トレッキングでもした後にこの大きなスコーンとミルクティーに出会えたらきっと感動すると思う(笑)
a0107981_1822850.jpg

そしてレモンメレンゲパイの大きさはさらにきっとびっくりすること間違いなし
このメレンゲのボリューム!
でも 大丈夫
綿雲のようにふわふわだからきっとカロリーゼロです(笑)
a0107981_1823745.jpg


この巨大スコーンのクリームティーに フワフワレモンメレンゲパイ
バルドリーズのもつカントリーサイドのゆるやかな雰囲気と共に
9月の日本橋三越英国展で味わえますよ ♪



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by lesgalettes | 2017-08-28 18:00 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

湖水地方の甘いもの 追加 Grasmere


湖水地方の甘いもの話しを前に書きましたが 大事なものを忘れていました
Grasmere 名物の 「グラスミアジンジャーブレッド」

ケンダルの街からバスに乗って1時間ほど
緑に囲まれた小さな小さな村グラスミア

a0107981_1731560.jpg

この村を有名にしているのは
ワーズワースが妹ドロシーと暮らした家 Dove cottage

a0107981_17313625.jpg

室内の写真は撮れませんが 外側から見るより中は広く
暮らしぶりが分る家具や生活雑貨が沢山残されています

a0107981_17314594.jpg

そしてワーズワースが詠った Daffodil Garden と

a0107981_17311720.jpg

ワーズワースファミリーが眠る St.Oswald's 教会
a0107981_17312542.jpg


そしてそのお隣にあるのが
グラスミアジンジャーブレッドを売る
Sarah nelsons のジンジャーブレッド屋さん

a0107981_17303446.jpg

お客さんが3人も入ったらもういっぱいになってしまうほど ほんとうに小さなお店
でもこの村を訪れた人はみんな買って行くほど有名なジンジャーブレッドです
詳しくは こちらに 書いたので読んでいただくとして~

a0107981_17304444.jpg

今日は写真メイン (^^
朝お店に入ると ジンジャーの香りでいっぱい!
焼き立ては格別の美味しさです

a0107981_17305438.jpg

小さな店内にはジンジャーブレッドのほかに ジンジャーシロップやラムバターにはじまり
よく見ると バッグやティータオル・鉛筆といった小物から
ジンジャーの香りのハンドソープやボディーローション・リップバームまで
意外といろんなものが売っています

普段は後ろに待っているお客さんの列が気になってゆっくり見ていられないのですが
この日はグラスミアにお泊りだったので 閉店間際と朝一番と 空いている時間に2度も訪れ
大満足☆

小さな村ながらお泊りできる小さなホテルなどがいくつかあるので
ジンジャーブレッド片手にお散歩したり
ワーズワースの愛した自然を 空気を心行くまで満喫
日がな一日のんびりなんていうのも贅沢でいいですね





にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by lesgalettes | 2017-08-25 10:25 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧