ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークが終わり 日常が戻ってきました
いつもどおりお仕事だった方 ひたすらのんびりした方
家族サービスに終始した方
旅行三昧だった方 いろいろだと思いますが~

わたしはと言うと~たっぷり9日間
もっぱら実家でガーデニングに家庭菜園
妹ファミリーや 体調万全とは決して言えない両親を無理やり引っ張り出しては
お花見に 釣り& ピクニックと お天気のよさも手伝って結構アウトドア
5月の爽やか日光をたっぷり浴びて光合成三昧
そしてたま~に インドアでお買い物やアフタヌーンティー
そんな日々

a0107981_12571424.jpg


あまりの気の抜きぶりに 人様にお見せできるような写真もないので
唯一許されそうな山形のワイナリーはしごの様子でも、、、

この日 いつもと違うルートで宮城を越え山形に入ろうと走っていると
県境辺りに偶然目に飛び込んできた 水芭蕉の群生地

徐々に迫ってくる山形のまだまだ雪化粧の白い山脈
何気に山形は久しぶり

a0107981_12572317.jpg


まずは 「高畠ワイナリー」 さんから~
広々として気持ちいい~
ワインの種類も豊富で 試飲だけでもほろ酔い加減
まだ午前中なのに (笑)

a0107981_12573240.jpg


お次はとっても可愛らしい店構えの
酒井ワイナリー」 さん
昭和な風情漂う酒屋さんのような店構えですが 実はここは東北最古のワイナリー
昭和ではなく創業なんと明治25年
もう125歳という 歴史あるワイナリーです
a0107981_12574163.jpg

ノンフィルターのしっかり辛口ワイン
表の看板と同じボトルのデザインに思わず笑顔(^^)
人気の品はすぐに売切れてしまいます

そして「タケダワイナリー」 さん
a0107981_12575018.jpg

こちらも創業100年近い老舗ワイナリー
目の前に広がる斜面一面のぶどう畑
樹齢70年を越すぶどうの木はかなり風格があります

自社農園産のぶどうだけで作るドメイヌタケダシリーズはほぼいつも完売状態
でも 子供の頃からあまりにも眼にしすぎていたせいか実は飲んだことがなかった
蔵王スターなどのタケダワイナリーシリーズも 全て山形産ぶどうから作られているなんて
まったく知らなかったのでした、、、
a0107981_12575828.jpg

どこもそうですが作られている現場を目にして 作り手さんの話しを聞いてから飲むワインは
特別な感情が入るのか 余計に美味しく感じて
また1本 「あ、 これも、、、」 と ついついお財布の紐が緩んでしまう危険な場
試飲でほろ酔いですしね
自分ではまりに行く罠のよう(笑)

で さんざん飲んだこの日の夜もまた山形の温泉でワイン三昧☆
基本 飲酒は週末&祝日としている我が家
ゴールデンウィークは危険です 毎日が祝日ですから~

そうそう せっかくの山形 ワインだけでは勿体ない
お蕎麦もちゃんと食べましたよ
小麦星人の私 普段はお蕎麦よりうどん派ですけれど
a0107981_1258776.jpg

~なぁんてえらそうに言いながら 実は頼んだのは
お蕎麦はおそばでも 「蕎麦がき」

つるつる麺類より もぐもぐ系がやっぱり好きなため
ふっくらもちもちの山形の「かいもづ(そばがき)」 は大好物なのでした ^^
そして 別腹デザートにもまた 「づんだかいもづ!」
まるで同じものですけれど 一応別腹(笑)



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by lesgalettes | 2017-05-09 15:38 | 日常 | Comments(0)

Fish and Chips ピクニック

先日 戸棚の中をごそごそしていたら出てきた 賞味期限切れのマッシーピー
まぁ 缶詰だし まだ食べられるかな~なんて思ったのはいいけれど
マッシーピーを見たら 無性に食べたくなった 「フィッシュ& チップス」

a0107981_13483029.jpg

おかげで迷うことなく 本日のピクニックのメニューは決定
揚げ物だから ちょっと面倒な気もするけれど
ボリュームたっぷりで これだけで完結するため
サンドイッチを色々作るより何気に楽チンだったりするのです

a0107981_1348387.jpg

サクサクふんわりのビアバッター(ビールで作る衣)のフィッシュは
そんじょそこらのchippy には負けません
あ フィッシュは上々だけど チップスはやっぱり全く敵わない、、、

揚げたてフィッシュの美味しそうなこと!
でも我慢☆ 今日はピクニック
よほど出かけないで お庭 フィッシュ&チップスにしようかと直前まで迷ったけれど(笑)
でも 抜けるように青い空を見て
今日は広いところがいい!
そう心を決め ほかほかフィッシュ&チップスを
近頃めっきり おべんとう箱と化しているビスケット缶に詰めたのでした

a0107981_13484824.jpg

あ〜ちょっとドライブしてきて 大正解!
なんてキレイな空
爽やかな空気

こんな所で食べれば
どれだけ揚げ物を食べても 胸焼けしなそう(笑)
a0107981_13485849.jpg

モルトビネガーにたっぷりタルタルソース
マッシーピーもお口直しに大活躍
自分で作ればそれはフレッシュで美味しいけれど
不思議とこの缶詰の味が懐かしくなるのです☆

a0107981_1349645.jpg


ちょっとオイリーな食事の後はミルクティー
デザートは レモンリキュールを染み込ませたスポンジとレモンカード
はちみつを混ぜたクレームフレッシュのトライフル
さっぱりテイストで大好きなコンビネーション☆
a0107981_13491676.jpg


それにしても 空が青すぎる!







にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by lesgalettes | 2017-05-06 13:47 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

お庭ティー

ようやく我が家のお庭にもやってきた春
冬に埋めておいたチューリップが今年も元気に咲いてくれています
毎年冬になると どれにしようかな~
一応 考えるチューリップの色

a0107981_12483296.jpg


グリーンフィンガーは持ち合わせていないわたしでも
チューリップの球根だけは 適当に植えても
春になると きれいな花を咲かせてくれる強い味方

a0107981_12484227.jpg


ちなみに今年のチューリップは 何色にしようか決められなかったので
咲き始めは白 そしてだんだんピンクになっていくというものをチョイス
でもそれほど長くないチューリップの開花期間
色が変るって言ったってね~なんて 内心思っていたら~

a0107981_1248514.jpg

あらあら びっくり☆
確かに白かったチューリップが 日に日に色づいていくではないですか
後半は好みよりだい~ぶ 明るいピンク色まで至りましたが
毎日の変化を眺めるのが楽しくて
短い時間でも 外に出てひとり マグカップを抱えてました(笑)
ほんとうはもっとゆっくりしたいのだけれど
なぜか気づくと毎日時間に追われる日々
おかしいな~

a0107981_1249217.jpg


今は我が家の狭い庭が 1年で一番フレッシュな季節
そして 蚊君が「今年もやって来たよ~」 と忘れずに登場する前の貴重な時期

土曜日のレッスンの後片付けを適当に済ませ
ちょっと遅めのランチも兼ねて お庭ティー
a0107981_12491237.jpg

残りもののヴィクトリアサンドや その辺のお菓子をお皿にのせ
超高速で スコーンをオーブンへ
この日はランチも兼ねていたのでセイボリータイプ
黒とグリーンのオリーブ そしてチーズや黒こしょうもたっぷりのスコーン生地を
トレイベイク風にど~んと焼いちゃいます
一応焼く前に切れ目は入れてあるので 焼きあがりはそこからちぎる感じ
サイドがくっついている分 フォカッチャのようなイメージで
しっとりふんわり部分が多く食べやすい

a0107981_12492152.jpg

ディルやガーリックなどを混ぜたサワークリームをつけてパクリ☆
オリーブとガーリックそしてチーズ、、、合わないはずがない

スコーンが主食で ケーキやタルトがおかず
デザートは トライフル
この日は チョコといちごのトライフル
カスタードは相変わらず手抜きで Bird's の何ちゃってですが

a0107981_12493246.jpg


それにしても写真だとなんだか広く見えますね
実際は猫の額サイズ
地方都市の普通~の住宅地ですから
レッスンに初めて来られる方は 期待は禁物です(笑)
でも
植物は植えたら最後 自然任せ 放任主義のわたしには 身の丈サイズ

時々パソコンや本などできゅ〜っとなってしまう目や気分を 優しく癒してくれる
心地いい空間なのです☆





にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by lesgalettes | 2017-05-03 12:47 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

ヴィクトリアサンドイッチ

パンケーキ+今月のもう一品は 初心に返り「ヴィクトリアサンドイッチ」

イギリスで イギリスの代表的なケーキを1つあげてと言われたら
きっと誰もが真っ先に挙げるであろう このヴィクトリアサンドイッチ
そんな日本のショートケーキ的存在のこのケーキだけれど
イギリス菓子好きじゃなかったら
きっと 「え なに? この素人ケーキ、、、」 と思うであろう シンプルさ
a0107981_923757.jpg

バター・卵・砂糖・小麦粉すべて同割りで作る いわゆるパウンドケーキのような生地で
ラズベリージャムだけをサンドしたケーキ
イギリスのティールームやカフェで よく見かけるのは バタークリーム&ジャム
たまに 生クリームやフレッシュのいちごをサンドしてあるものもあるけれど
それは ちょっとスペシャルバージョン
やっぱり王道は 潔くジャムだけかせいぜいバタークリームまで
これほど紅茶にあうケーキはきっとない
a0107981_924577.jpg

パウンドケーキのような生地とは言いつつも
イギリスケーキの特徴で クリームなどサンドするケーキの場合
生地を大抵二つの浅い型(サンドティン)に分けて 短時間で焼き上げるせいか
なぜかふんわり軽い仕上がり
軽いといっても日本のスポンジケーキの比ではありませんが
しっとり口の中でほどけていく ほどよい食感なのです

a0107981_92536.jpg

イギリスで「スポンジケーキ」と言ったらこの生地をさすので
イギリス菓子の基本の基本

去年夏に行ったイギリスでは
ちょうどこのヴィクトリアスポンジのCake Off (ケーキコンテスト)をやっていて
みんなの手作りヴィクトリアを 「あ~もう1年分のヴィクトリアを食べた~」
と思うほど食べたのを思い出しました(笑)

a0107981_93245.jpg

この日は セイボリーのパンケーキで使った クレームフレッシュ(クレームラフィネ)が余っていたので
贅沢にヴィクトリアに添えて~
ふわふわ生クリームでは このスポンジに負けてしまうところも
しっとりテクスチャー&軽い酸味のこのクリームだと ぴったりなのです☆
a0107981_931044.jpg


時として(いえ 結構な確率で) コアなイギリス菓子フリークが集まる我が家のレッスン
ヴィクトリアはやはり 不動の人気なのでした(^^

さて 4月のとある日 友人が集まる機会があった時
さぁ 何のケーキを持っていこう、、、
イギリス菓子好きの面々だったので
やっぱりヴィクトリアサンドかな

a0107981_931955.jpg


ヴィクトリアサンドイッチをヴィクトリアサンド風の缶に詰めて
「こんにちは~☆」

イギリス菓子は 持ち運びにもあまり気を使わなくていいし
いつでもおうちにある材料でできるし ほんとうに便利☆
バターと粉と お砂糖と卵
このいつもの4つを適当にぐるぐる混ぜて
オーブンに任せておけば
あっという間に 幸せな香りの美味しいものが出て来るのですから
ほんとう 魔法のようです(^^)




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by lesgalettes | 2017-04-30 10:01 | レッスン | Comments(0)

イギリスのパンケーキ

今月のレッスンは 「パンケーキ」 と「ヴィクトリアサンドイッチ」

ほんとうはもっとイースターっぽいものを~とも思ったけれど
しばらくイギリスのぺらぺらパンケーキをレッスンで作っていなかったので
一応イースター関連だし、、と
4月は少々遅ればせながら パンケーキレッスン
a0107981_19133682.jpg


春分の日の後の最初の満月の次に来る日曜日が毎年イースター
そしてそれに先立つレント期間の前日にやって来るのがShrove Tuesday
いわゆるパンケーキデイ
イギリスでは 毎年パンケーキレースその他で 国中にパンケーキの香りが漂う日

でもこれが 日本人の想像するパンケーキとは大分違います
日本人がパンケーキといって想像するのは
いわゆるアメリカ風のふんわりホットケーキタイプですが
イギリスでただ 「パンケーキ」と言われて みなが頭に浮かべるのは
ぺらぺらのクレープのようなもの

a0107981_15482158.jpg


クレープよりはちょっとだけ厚みがあって もっちりしたそれに
お砂糖をた~っぷりふりかけ レモンをぎゅ~っと絞って
端からくるくるくる~っと巻いて食べるのがお約束

クレープと違って 溶かしバターもお砂糖も何も入らない
ただ卵と牛乳と小麦粉だけで作るゆるゆるの生地
そのシンプルな生地に
ただお砂糖とレモンだけなんて シンプルすぎやしない?と思うところですが
ところがどっこい (~なんて今時言わないか、、、)
これがものすごく癖になる美味しさ
特にイギリス菓子好きに多い シンプル好み派ははまるはず
a0107981_1548178.jpg

より美味しく食べるポイントは
とにかく一度だまされたと思ってお砂糖とレモンの両方をとにかくたっぷりふる事
みんな最初は 「え~そんなに?」 とひくけれど
一度食べれば納得☆
パンケーキにシュガーシフタースプーンや クラシカルなシュガーシフターで
さらさらお砂糖をふりかけるのも楽しい瞬間ですし(^^

このパンケーキの魅力はシンプルさ
よってセイボリー風にして食べることもあります
フィリングはお好みですが
イギリス家庭でよく作られるのが ほうれん草とチーズの組み合わせ
a0107981_15483114.jpg

今回レッスンで作ったフィリングは
ほうれん草とマッシュルーム・ベーコンを炒めてそれをクレームフレッシュであえたもの
それをくるくるとパンケーキで巻いて チーズをのせてオーブンで軽く焼き上げます
パンケーキが水分をすって さらにモチモチ食感になり
たっぷりのほうれん草でボリュームも充分
ランチとして ワインのお供として かなり満足できる一品に大変身
a0107981_15484283.jpg

イギリスで人気のクレームフレッシュは
サワークリームとグリークヨーグルトと生クリームを足して割ったような
酸味が穏やかで ミルキーな発酵クリーム
加熱しても分離しないので お料理のソースに
あるいはフルーツとあえたり ケーキの脇にただ添えたりと
デザート系にも大活躍の乳製品
a0107981_15485263.jpg

今回のフィリングでも ただあえてオーブンで焼くだけで
まるで手の込んだホワイトソースでまとめたような仕上がりにしてくれる 陰の仕事人
日本にはなくて寂しいなぁ~と思っていたら
NAKAZAWA さんの 「クレームラフィネ」 が実はそれ☆
もちろんフィリングにするだけなら リコッタやサワークリーム
あるいは他のチーズでもいいのだけれど
こんなにお役立ちのクレームフレッシュ
一度みんなに食べてみてもらいたかったのでした(^^)

この他にもセイボリー風なら
スモークサーモンやハーブを混ぜたクリームチーズなどを巻いて前菜にしてもいいし
ただサラダや生ハムでも巻いて ラップ風に
チリビーンズを巻いてタコス風でも とにかくなんでも使える
イギリスペラペラパンケーキ
a0107981_1549181.jpg

もちろん甘いもののバリエーションもいくらでも浮かぶけれど~

まずはまずは 王道 レモン&シュガー
これほんとうに何枚でもいけちゃいますから (笑)





にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by lesgalettes | 2017-04-27 15:37 | レッスン | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧