ブルゴーニュ~コートデュローヌ ワインと甘いものの旅

さぁ フランス紀行 ワインメインの前半部分がようやく終わったので
これからはひたすら甘いものを巡る旅後半部
イギリスは好きだけれど フランスにもワインにも興味ないわ~という方 しつこく続いてすみません
でもきっと ここからは粉もの甘いもの話し中心なので
多少は興味をもって読んでいただけるところもあるかも?

ここはリヨン
フランス第二の都市
美しい街並み ローマ時代から続く歴史と有名な建造物
旧市街の歴史地区はそのあたり全体が世界遺産でもあるのですが~
a0107981_11405386.jpg

ここでご紹介するのは 「美食の都リヨン」 のみ

リヨンを訪れる前のわたしのイメージは ひたすら「ピンクのプラリネ」
でも リヨンのお菓子屋さんのピンク度は 予想をはるかに超えていました (^^;
ショッキングピンクのプラリネが大量に入ったブリオッシュで一躍有名になった
プラリューヌ」はご存知の方も多いでしょう
でもここでは ピンクのプラリネが入るのはブリオッシュだけではありません
a0107981_114141.jpg

ピンクのタルトに ピンクのメレンゲ ピンクのマドレーヌにアイスクリーム
ありとあらゆるものがあのショッキングピンク
色はともかく要はアーモンドのプラリネ味なので おいしいは美味しいけれど、、、
でもね タルトにしても何にしてもちょっと入れすぎ?
いつかパリで参加したアランデュカスのレッスンのピンクのプラリネ尽くしを思い出しました
ピンクプラリネのタルトに ピンクのシューケット
ピンクのイルフロッタント、、、

さて リヨンのもうひとつの色
それはやはり鮮やか過ぎる「緑」
ピンクのショーウインドーのお隣には 目に鮮やかな緑のウインドーが並びます
「Cousins de Lyon (クサンドリヨン)」
リヨンのクッションという名のとおり 小さなクッション型のコンフィズリー
リヨンの甘いものといえば これを置いて他にありません
a0107981_11411248.jpg

派手な緑色のマジパンでガナッシュを包んだ
見た目よりずっと美味しいお菓子
手が込んでいる分何気に高級品でもあります
ホワイトチョコのフィリングに 様々なフレイバーをつけた ピンクや紫マジパンバージョンもあるけれど
オリジナルが間違いなくベスト

もうひとつだけ リヨン銘菓を紹介するとすれば
「Cocon de Lyon」 こちらは 「リヨンの繭玉」の意味
絹織物で栄えたリヨンらしいお菓子
まぁ 味は見てのとおりクサンに似ています(笑)

甘いものに疲れたら
リヨン名物を堪能できるワイン居酒屋「ブション」へ
星の数ほどあるブション
どこに入ろうか迷ったら とりあえず 「ピエロマーク」 ↓ がおいしいブションの印だとか
a0107981_11411949.jpg


サラダリヨネーズに ふっわふわの巨大クネル
デザートは まるでイギリスのスポンジプディングのピンクのプラリネのせバージョンみたい
カスタードはバーズじゃなくて本物だったけれど(笑)

a0107981_1141289.jpg

夜遅くまで元気に飲み食いしたにもかかわらず
翌朝元気に向かったのは リヨンの胃袋 レ・アール・ド・リヨン
正確には「レアールドリヨン ポールボキューズ」
市の市場の名前に名が冠してあるとは さすがリヨンを美食の都にまで押し上げた立役者です

a0107981_11414043.jpg

市場とは言え 新しいビルの中に入った広い近代的な市場
そこにはありとあらゆる質の高い美味しい物が リヨン周辺のみならずヨーロッパ中から集まっています
お客さんもプロから一般客までさまざま

a0107981_11414885.jpg

こんなに一度にフランス中のチーズを見たのはきっと初めて☆
どれもこれも試してみたくて大変、、 もちろん試食もOK
スペインやイタリアの生ハム屋さんだけでも何軒も何軒も、、

a0107981_11415572.jpg

有名なブレス鳥はおかしら付き、、
さすがにそちらは買えないので
リヨン名物ソシソン Rosette de Lyon と
旦那さんの大好物コルシカのフィガテリ(豚の内臓入りソーセージ)を購入

もちろん ケーキ屋さんパン屋さんもいっぱい
新鮮な食材を ワインと共にその場で簡単に食べられるお店も沢山並んでいるのですが
今日は移動しなくてはいけないなので 沢山の試食とお買い物で我慢
その途中でピクニックでもしようと 食料を調達しに来たのですから、、

a0107981_1142362.jpg

それにしてもお惣菜もチーズもあまりにも全て魅力的で決められない!
どれかを選ぶということはどれかを諦めるということですから、、、

a0107981_1142131.jpg

この日はドライブしていても 早くピクニックスポットがないかそればかり(笑)
リエットやカニのパテサーモンのキッシュやソーセージ
バゲットetc...
チーズは結局最近のお気に入り系
中とろとろのエポワス系ウォッシュ(名前は忘れちゃった、、)に モチモチのモルビエ
初トライは Brillat aux truffes (ブリヤサバランのトリュフサンド)

a0107981_11422020.jpg

買ってきたものを広げただけなのに なんだか豊かなピクニック
お天気も最高☆
お店で食べるのもいいけれど フランスは買い食いも非常に楽しい、、、
このまま寝てしまいたいくらい 大満足(笑)

デザートにタルトも買っちゃったけれど
この日の目的地はチョコレート好きのパラダイスのような場所☆



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by lesgalettes | 2017-10-07 11:38 | フランス | Comments(0)

ミニアフタヌーンティーレッスン

今月はミニアフタヌーンティーレッスン
スコーンに ケーキ
そしてサンドイッチを作ります

a0107981_17345193.jpg


アフタヌーンティーには欠かすことの出来ないサンドイッチ
日本だとサンドイッチはもう食事
3時のお茶のお供という感じはしませんが
お茶のお供にバター付きパンなどを食べるのは イギリスでは紅茶文化と変わらないくらいなが~い歴史がある習慣
さすがに生活環境も変わった現代 イギリスでもサンドイッチといえばランチなどの食事ですが
いまだアフタヌーンティーのときだけはお茶のお供です
a0107981_17341584.jpg

それにしてもカントリーサイドのアフタヌーンティーに行って 圧倒されるのはそのボリューム
それだけで軽く1食分はありそうで いつも思わず笑ってしまいます^^
でもそれを期待している自分がいて お上品に出てくると 寂しくなったりして(笑)

定番は キューカンバーサンドに チェダーチーズもしくはハム&チャツネ
エッグ&クレスに スモークサーモン&クリームチーズ
そして 「コロネーションチキン」

a0107981_17334883.jpg

1953年 今のエリザベス女王の戴冠式のパーティーのため
お料理担当をおおせつかった当時のコルドンブルーロンドン校校長のRosemary Hume氏が考案したお料理です
1935年のジョージ5世のシルバージュビリーの時に供された Jubilee chicken をベースに考えられたといわれていますが
いずれこのお料理がイギリスの家庭料理として広まったのは彼女のおかげ
スパイシーすぎないカレー風味のマヨネーズ味は誰もが好む味
元のレシピはもうちょっと手が込んでいますが
今日はイギリス家庭でよく作られるお手軽バージョン
マヨネーズに カレー粉・マンゴーチャツネにレモンやグリークヨーグルトなどなどと
ゆでた鶏肉を合えるだけ
ディナーの一品ではなく サンドイッチにはこれで充分☆
a0107981_173357100.jpg

ちなみにお料理として出す時は ライスサラダが添えられるのが定番です
イギリスでは 日曜日のローストチキンが残ってしまった時など
月曜のランチのサンドイッチの具や夜ご飯として これまた定番(笑)

レッスンではスコーンにイングリッシュマドレーヌ・・・
今日はいつになくいっぱいやることがあるので
サンドイッチはこのコロネーションチキンサンドとキューカンバーサンドで手一杯
またいつか 時間をかけて美味しいサンドイッチを作りたいな、、、

a0107981_1734584.jpg

さぁ ようやく今日の3品出揃いました

お好きなアフタヌーンティースタンドを選んでもらって
楽しい盛り付けタイムです^^
と言っても これだけだからあっという間に終わっちゃうけれど
でも自分専用のアフタヌーンティースタンド なんか楽しいですよね

a0107981_17342356.jpg


サンドイッチが地味な分
イングリッシュマドレーヌのまっ赤なチェリーやスコーンのジャムの赤に助けてもらって
なんとか可愛らしく、、、

それにしても見た目より大分ボリューミーだったよう
(途中イングリッシュマドレーヌの切れ端や サンドイッチの耳をみんなでつまみ食いしているせいかもしれないけれど)
粉ものばかりですもんね
紅茶で膨れるし
a0107981_17344361.jpg

今回のミニアフタヌーンティーレッスン
それなりに楽しんでもらえたようで良かったのですが
一番要望が多かったのは アフタヌーティーのスタンドの作り方教室をして欲しいとのリクエスト
簡単だし 近頃は日本でもスタンド用の金具も手に入るし できなくはないのですが
何気に1枚穴を開けるのに時間がかかるので 皆めいめいのスタンドを作るのは
うちのキッチンでやるには結構大変

a0107981_17361341.jpg

作り方のデモと あとはみんなでちょっとずつ体験してもらい
各自おうちで好きなお皿でやってみましょう~的な感じでよければ いつか出来ると思いますが

もちろんその時はお茶付き イギリス菓子付きで (^^




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by lesgalettes | 2017-10-04 08:35 | レッスン | Comments(0)

9月恒例スコーンレッスン

我が家のレッスンは 毎回好きなときに都度都度来てもらうシステムなので
何月から何月でワンクール はい全部終わったのでディプロマを渡して終了です
というようなことはないのだけれど
イギリスから戻って また始めたのが9月からということもあり
わたしの中だけでいつも9月は新学期の気分☆
だから基本に戻って 毎年9月は決まってスコーンを作ります

でも毎回同じではつまらないので 基本のスコーンプラス 毎年ちょっとずつ違うもの
セイボリーのスコーンだったり
チェリーだったり りんごの大きなラウンドスコーンだったり
時には プレーンでイギリスの粉との比較をしてみたり、、
去年はクレソンのスコーン
a0107981_15184357.jpg


で 今年はスコーンといえば やっぱりアフタヌーンティーよね ということで
ひとりひとり ミニアフタヌーンティーのセットを作ることに~
スコーンとサンドイッチ
そして ケーキは1つでもわりとラブリーに主張してくれる「イングリッシュマドレーヌ」

基本のプレーンのスコーン
材料も作り方も本当に簡単なのだけれど
シンプルなだけに悩みを一番聞くのがこのスコーン
美味しく、、というかみな 好みの味 好みの型があるので納得がいかないのかもしれません

a0107981_15185659.jpg

とりあえずわたしは自分の一番好きなスコーンを伝授します(^^
とにかくシンプル いわゆる普通のイギリスの家庭のスコーン
先日 三越の英国展に来ていた湖水地方のティールームのスコーン作りのお手伝いをちょっとしていましたが
やっぱりシンプルイズベスト を再認識
美味しいスコーンに 何も特別なものや作り方はいらないな~と
あ でもたまにご褒美的に使ったら楽しい特別なものがあるとしたら
それは今回もレッスンで使った中沢乳業さんのバターミルク
他のもので代用も出来るけれど あったらより美味しい(^^)
これ イギリスで売っているバターミルクにそっくりなので

a0107981_1519468.jpg


イングリッシュマドレーヌは約3年ぶりに登場
相変わらずイギリスではめったに目にすることはありませんが
このレトロな風貌から ビンテージ風ティールームのブームにのり
雑誌やレシピ本などにはずいぶん登場するようになりました

a0107981_15191379.jpg

こちらの作り方もいたってイギリス的
ヴィクトリアスポンジのような生地が完成したら 最後に加える大さじ1杯のお湯
これがかる~く生地の中のバターを溶かし 全体をゆるくなめらかにしてくれるので
小さなダリオール型にも入れやすくなるという、、、
なんて大胆というか 雑な作り方(笑)
でもそこが楽しい ♪
a0107981_15192257.jpg

今時ドレンチェリーなんて日本のケーキ屋さんでは目にしないし
昭和なイメージだけれど
うちに来てくれる人はみなイギリス菓子に毒されている(?)ので
「可愛い~!!」 と言ってくれる
それもまた うれしい ^^
でもほんとうは イギリスでnatural colour glace cherry として売っている
もう少しダークな落ち着いた色のドレンチェリーが欲しい、、
だんぜんいい雰囲気になるので、、
a0107981_15193029.jpg


お次はおまけのサンドイッチ作り☆
そしてお楽しみの 盛り付けタイム ♪



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by lesgalettes | 2017-10-01 15:17 | レッスン | Comments(0)

ブルゴーニュ~コートデュローヌ ワインと甘いものの旅



ブルゴーニュのどこまでも続くぶどう畑
a0107981_1437438.jpg


本当に絵の様な どこもワインのエチケットのような景色ばかりで
ついついまた車を止めて写真をパチリ
似たような写真ばかりだと分っていつつも、、
そして毎回 「あ~なんてきれい」 と深呼吸

a0107981_14375679.jpg

そしてそして トイレ休憩なんて言い訳をしながら
気になるドメーヌがあるとUターン(笑)
次から次へと出て来るワイン 吐き出すなんて勿体ないとついつい飲んでいると
試飲とは言えほろ酔い加減(^^;)

こんないかにもウエルカムな雰囲気の所もあれば~
a0107981_1438162.jpg

一見ちょっぴり敷居の高そうな
クレマンブルゴーニュ(スパークリングワイン)だけ扱っているところがあったり、、、

a0107981_14382682.jpg

道すがら いろいろ飛び込んでみるととっても面白い☆
寄れば寄るほど トランクの中が瓶だらけになっていくのが恐ろしいけれど、、、

そろそろワイン話も飽きてきた頃だと思うので
旅の前半ワイン旅の〆をこの辺りで~
〆は やはりおいしいもの
美味しいワインに美味しいお料理はつき物ということで
ブルゴーニュはフランスでも美食の宝庫として有名です
ミシュランの星つきレストランも多数

a0107981_14385566.jpg


前述のピュリニーモンラッシェやボーヌにも程近いChagny の町にあるのは
「ラムロワーズ」 という三つ星レストラン
1979年以来ずっと星を維持し続けているという大御所中の大御所

a0107981_1439357.jpg

折角のブルゴーニュ
たまにはおしゃれでもして(?)美味しいものでも食べにいこう!と
この日のランチはここ ラムロワーズ

でも パリの三つ星レストランとは違い 敷居は低いので大丈夫
車までドアを開けにきてくれるのには ドキドキしちゃうけれど
中はかしこまり過ぎない雰囲気で 接客もとっても物腰柔らかで落ち着けます
a0107981_1439971.jpg


とは言えさすがに写真はね、、などと思っていたら
あちらから 「どうぞご遠慮なく~」 と言ってくれるほど

一品一品 見た目よりはるかに恐ろしく手の込んだアミューズ
口に入れたら一瞬で消えてしまうのが勿体なくて
せめて写真にだけでも残っていたら この味を思い出せるかと
ぱちり☆
構成を説明したいのですが あまりに複雑すぎて説明できない、、、
アミューズだけで一体何品出てきたのでしょう
スイカとブッラータのムースにしても フォアグラのホワイトチョコレートコーティングにしても
想像より10倍フレッシュで100倍美味。。

a0107981_14392029.jpg


中でもひっくり返りそうになったのは(笑)アントレにでてきたアーティチョークのひと品
中央にあるのは冷たいアーティチョークのソルベ
そしてアーティチョークハートにフォアグラのムースを詰めたもの
そこにアーティチョークのスープ
a0107981_14392850.jpg


アーティチョークってそんなに美味しい?なんてこれまで思っていたけれど
恐れ入りました。。。

a0107981_14393891.jpg

それにしてもこの齢になると 食べ物で驚くこと 新しい味に出会うことはそうそうないのですが
(近頃 冒険しないから?)
間違いなく 驚きました
美味しい、、ただそれだけではなく
口に入れたときに驚ける 思わず笑みがこぼれてしまう食べ物が作れるということに感動☆

a0107981_14394634.jpg


デザートもミニャルディーズまでも 。。
ランチでこれだったら ディナーに来たら たとえワインがなくても酔えそうな気が(笑)

ラムロワーズはホテルも兼ねています
その時はお泊りで来たいもの
朝ごはんもぜったい美味しいに違いないから、、、


次からは旅の後半 甘いもの編へ~




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by lesgalettes | 2017-09-28 14:36 | フランス | Comments(2)

ブルゴーニュ~コートデュローヌ ワインと甘いものの旅

ボーヌから車で20分ほど走ったところにあるのが
Puligny-Montrachet 村
ブルゴーニュ最高峰の白ワインのひとつと言われるワインの産地
a0107981_2152430.jpg


相変わらず 人は全く見かけず
ひたすらぶどう畑だけが続いています
この日の宿はやはりワイン好きなら一度は聞いたことのある
お隣の Chassagne-Montrachet 村
ちょっと不安になるほど ローカルな道を抜けた先に
ようやくシャサーニュモンラッシェの文字が見えてきます
a0107981_21521344.jpg

ここにあるドメーヌ Chateau de Chassagne-Montrachet が今日の目的地
ど~んと分りやすい看板(笑)

a0107981_21522188.jpg

とりあえず正面の入り口を入ると
前日のほのぼの系のドメーヌとはずいぶん異なる おしゃれでモダンな空間
カウンターでは説明を受けながら試飲を楽しむ人がちらほらいます

a0107981_21523037.jpg

ここは宿泊できる部屋が5つ
夜は宿泊者以外は誰もいなくなってしまうので 「なにかあったらここに電話してね」 と鍵を渡されます(笑)
実際には私たち以外に泊まっていたのはあと一組だけ
しかも夜も大分遅くに帰ってきたようで
広い屋敷でふたり と~っても静かな夜

夜ご飯は 歩いても行ける村内のビストロやレストランはじめ色々紹介してくれます
小さな村だけれど さすが場所柄ミシュランの1つ星ビストロなども
ほろ酔い加減でのんびり歩いてくるのにちょうどよい距離
a0107981_21523823.jpg


さて お部屋はどんな感じかというと~
建物は随分歴史がありそうですが インテリアはこちらもモダン
バスルームはじめ 贅沢な広い空間を満喫できます
窓からの眺めもいいし
a0107981_21524662.jpg

あとはもちろんカーブの見学やテイスティングも
こちらのカーブも迫力満点
なんと11世紀まで遡れるものまで、、、
11世紀って日本なら平安時代??
a0107981_21525748.jpg


朝食はこれまた広いダイニングでのんびり
ハラハラのクロワッサンにフレッシュなフルーツや乳製品
オムレツなどなど、、
a0107981_2153151.jpg


2泊にしておけばよかった、、
1泊で荷物をまたまとめなくてはいけないなんて 勿体ない、、、
今回の旅はゆっくりのんびり なんて思い予定はほぼ入れていないはずなのに
なぜかやっぱり欲張っちゃう(笑)




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by lesgalettes | 2017-09-25 21:50 | フランス | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧