地方のジンジャーブレッド

今月のレッスンは秋満喫
ジンジャーブレッドレッスンです

これまでも一般的な moist treacle gingerbread や パーキン
ジンジャーブレッドマンや コーニッシュフェアリングなどなどたくさんのジンジャーブレッドを
レッスンでも作ってきましたが
今月は超マニアック☆
地方の珍しいジンジャーブレッドを作ります

a0107981_15241227.jpg

イギリスでのしょうがの使われ方は お料理の材料や薬味というよりは
お菓子や ジンジャービアなど飲みものの材料だったり
甘いものと組み合わせがメイン
特にジンジャーブレッドはしっとりケーキタイプから かりっとしたビスケットタイプまでさまざま

a0107981_15242193.jpg

昔から各地方のお祭りごとと深く関わってきたジンジャーブレッド
地方地方により異なる姿のジンジャーブレッドが 恐ろしく多数存在します
ジンジャーブレッドマニア(なんだろうな)のわたし
数あるご紹介したいジンジャーブレッドの中から お気に入りをセレクト

a0107981_15243066.jpg

まずはスコットランドから 「Fochabers gingerbread」
特徴はたっぷり入るビールとドライフルーツ
ビールはもちろんですが ドライフルーツが入るのも意外とジンジャーブレッドとしては珍しい
しっとりほろ苦く 大人の味
ジンジャー以外にもたくさんのスパイスが入った深い味わいで 秋冬にぴったり
ミルクティーがどんどんすすみます

a0107981_1525668.jpg

その名もスコットランド北東部 人口2000人弱の小さな町
Fochabers 生まれのジンジャーブレッド

お次はイギリス菓子ファンならご存知の方も多い
グラスミアジンジャーブレッド
どんなジンジャーブレッドなのかは この夏訪れた時に詳しく書いたのでこちらを読んでいただくとして~

a0107981_15244053.jpg

オリジナルのレシピはトップシークレットというこのジンジャーブレッド
巷に溢れているレシピを片っ端から試してみた結果
今の時点で味的には一番近いと思うレシピ
これはざっくりともしっとりともほろりとも違う噛み応えと はっきり効いたジンジャーがくせになる味
見た目は相当地味だけれど~

a0107981_15251330.jpg


そしてもうひとつ 「Grantham gingerbread

こちはらリンカーンシャーのGrantham という町に伝わるジンジャーブレッド
サッチャーさんが生まれた町としても有名です
このジンジャーブレッドは レシピを見つけて初めて作ったときからはまりました
これってまるで 「仙台まころん」!(仙台の郷土駄菓子です)
見た目&食感ともにそっくり
一見ふつうのビスケットですが カシャッと噛むと 中が空洞になっているのです

a0107981_15244767.jpg

ジンジャーブレッドといえば 大抵真っ黒だったりスパイシーだったり
そんな中これは味・見た目共に異色の存在
ちょっとイギリス菓子っぽくない軽さに
今回のレッスンの中では 食べてみな 一番驚いていたジンジャーブレッド

a0107981_15245839.jpg

日本と同じくフランスのマカロンだ~アメリカのウーピーパイだ~
なんだかんだ~とカラフルで人目を惹くお菓子が溢れる今のイギリス
地味~なジンジャーブレッドは日陰の存在
地方のお祭りごとも衰退し そのために作られてきたジンジャーブレッドも衰退の一途
このグランサムジンジャーブレッドも
1970年代から作る人がいなくなり 忘れられた存在でしたが
数年前にようやくグランサムの町でまた作るお店が現れて~
遠い日本からそんなことで一安心
おいしいお菓子が消えてしまうのは寂しいですから

a0107981_15252221.jpg


いつかジンジャーブレッド巡りの旅でもしてみようかな
ありすぎてきっと廻りきれないし 行っても出会えないものがほとんどだと思うけれど、、

日に日に寒くなる11月
ジンジャーブレッドと紅茶で胃袋から じんわり温まって欲しいな
そんな地方のジンジャーブレッドレッスンでした




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by lesgalettes | 2017-11-24 14:48 | レッスン | Comments(0)

アフタヌーンティーin 安曇野

久しぶりの長野
お焼きをたくさん食べ
紅葉を眺めた後は 帰る前に紅茶でゆっくりしよう~

a0107981_8554363.jpg

と 訪れたのは 安曇野アートヒルズミュージアムの敷地内にあるカフェ
ずっと行きたいな と思っていたので ようやくかないました
その名のとおりテーマは 「りんごとローズ」
和の造りの入り口を過ぎると ピンク色の可愛らしいケーキたちがお出迎え^^

a0107981_856782.jpg

席はカウンターのみ
写真だと一見和食屋さんのようですが ところどころにあしらわれたお花や小物選びのセンスのおかげで
和過ぎず 絶妙なバランス
いい雰囲気の落ち着ける空間になっています
a0107981_8555421.jpg

ローズのウエルカムドリンクとチョコレートで すでに幸せに浸っているとやってくるのが
3段のアフタヌーンティースタンド
嬉しいことに食器が選べ スポードのブルーイタリアンにするか相当悩みましたが
この日はグリーンのラインに魅かれ イギリスのビンテージのお皿
a0107981_8561552.jpg


おいしいサンドイッチにスコーン
丁寧に作られたプチフール
ちいさなちいさなタルトに ロリポップ状のタルトタタン

a0107981_8562344.jpg

あ~満足 今回もいい長野ドライブだったなと思っていたら
なんと第二のプレートが登場☆
ガラスの大きなスタンドの上にはりんごの焼き菓子やショートブレッド
シナモン風味のジェラートに トライフル
a0107981_8563387.jpg


直前にもおやきを食べたばかりのはずなのに
また目がキラキラ☆(笑)
だって自分じゃない 誰かが作ってくれたこんなにラブリーな色白お菓子たち
我が家では例のごとく どれも茶色の大雑把なイギリス菓子ばかりですから
a0107981_8564194.jpg


ごちそうさまでした
秋のひととき
とってもいい時間を過ごすことが出来ました

a0107981_8565377.jpg

おやきにアフタヌーンティー
シーズン柄 新そばも堪能
普段ならお蕎麦よりうどん派だけれど さすがに粉ものばかりだし 長野だし、、、
(お蕎麦も粉もの?)

a0107981_8571195.jpg


紅葉も 秋の景色も大満喫
さぁ これでいつ冬が来ても
秋が短かったなんて 文句は言いません






にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by lesgalettes | 2017-11-21 08:55 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(2)

おやき

めっきり朝冷え込むようになりました
このブログに長らくお付き合いくださっている方は あ~またかと思われるでしょうが
そう 「おやき」 の季節到来です(笑)

長野の生坂村は今年も偶然 村の商工会祭りの真っ最中
普段は各お店に予約しておかないといけないおやきも
この日はここの出店で買うことができます
↓ う~ん 平和な風景
a0107981_2254021.jpg


寒いのはそれほど好きではないので

紅茶が美味しい
お風呂が幸せ
温かいプディングがより美味しい などと無理やり楽しみを見つけて乗り切るわけですが
寒い季節に食べる「おやき」も そんな楽しみの一つ

a0107981_22541027.jpg

蒸し系・焼き系 その他地方により 長野でも さまざまなタイプがある中
辿り着いたのは 生坂村の 「灰焼きおやき」
近頃は落ち着き もう彷徨わなくなりました
年に一度のお楽しみの 焼きたておやきめぐりの旅
去年は残念ながらタイミングが合わず来れなかったので
このごつごつおやきと1年越しの再会
熱々おやきを手にとり思わず 「お久しぶり~」と挨拶したくらい(笑)
a0107981_22541957.jpg

ナスやキャベツなど これでもかとたくさんの具を詰めて
一度外側を焼付けた後 灰の中でじっくり蒸し焼きにし
またまわりを香ばしく焼き付ける 手間のかかる灰焼きおやき
生坂村にはこのタイプのおやき屋さんが4軒(うち1軒は灰焼きではないけれどほぼ似たしっかりタイプ)
なので そこをまわり食べるのがなによりの楽しみ^^
a0107981_22542639.jpg

ただ このゴツゴツのおやきは好みが分かれるところで
他のタイプに慣れ親しんでいる人にとっては 皮が硬すぎて食べれないとか
あごが疲れるとか 大きすぎるとか
これを読んで行った人にもいろいろ言われるけれど 好みは人それぞれ
粉好きにとっては このただ地粉と水を練っただけのようなおやきはもう堪らないのです

それでも長野を移動中 そこここで見つけるいわゆる一般的なおやきをつい買ってはみるのですが
灰焼きおやきの1/3ほどのサイズと まるで肉まんのようなふかふかした皮に
う~ん 全然物足りない。。。
a0107981_22544082.jpg

もう物産展に来るようなふつうのお上品なおやきには戻れません。。

この灰焼きおやきの他に必ず立ち寄るのが
安曇野にある石焼きおやきのお店
こちらは生坂村のおやきほど大きくはありませんが しっかりした皮の香ばしさでは負けておらず
でもずっと食べやすいタイプ
そのシーズンごとに大体1~2種類しかおいていない生坂のものに対して
こちらは具もバリエーション豊富
a0107981_22544843.jpg

ぴりりと辛いものや 角切りのチーズがこれでもかと入ったもの
黒砂糖入りのものまで
しっかり系おやき未体験の人には入門編としておすすめ
もちろん味もとっても美味しいですし
a0107981_22545770.jpg

皮がはじけて中身が飛び出しているのもまたご愛嬌☆

そしてもう一軒 松本にあったお気に入りのおやき屋さんが
気づくと安曇野にお引越ししていました
ここはいかにも観光地らしく 立派な店構え
a0107981_2255205.jpg

移転後も松本にあった時と変わらず 大人気であっという間に売切れてしまうよう
こちらも確実に買いたい時は予約がおすすめかも

ここはこれまでのゴツゴツタイプではありません
というか 対極にこれでもかと薄い皮
よくこの皮の薄さでこれだけの具を包めるかと本当に驚くほど
サイズは小ぶりで(標準サイズ)ですが 手にとってみるとその重量感に思わずニッコリしてしまいます

a0107981_22553086.jpg

種類は以前に比べ大分減ったものの
でもやっぱりここはここで美味しい☆
ぱくっと割ると こぼれんばかりのフィリングです

ここに至るまでに車はおやきとおやきの香りで充満しているけれど
また次来れるのは来年以降と思うと ついつい
「全種類3つずつください!」

a0107981_22554051.jpg

これで一冬分 足りるかな
足りないだろうな、、、

おやきとおやきの間に 紅茶と紅葉もちょっぴり楽しんだ長野ドライブ
書ききれなかったので そちらについてはまた次回に~




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by lesgalettes | 2017-11-18 14:25 | 日常 | Comments(0)

フィッシュアンドチップスとレモンメレンゲパイ

思いの他小春日和だった先週日曜
これは今年のラストピクニックチャンス! と思ったものの

冷蔵庫を眺めたらかなり空っぽ、、、なら冷凍庫?と
9割 お菓子の材料か お菓子しか入っていない我が家の冷凍庫を物色したら
端っこのほうにタラを発見
じゃが芋もあるし、、、ということで この日のメニューが決定
フィッシュ&チップス☆
a0107981_872629.jpg

主食とおかずを兼ねたフィッシュ&チップス
ポテトは不精して揚げずに オーブンでローストすることにしてしまえば
その間 お魚に衣をつけて揚げてしまえば出来上がり
なので 案外楽チンなのです

あとは前の日の残り物のサラダと
前の日のおやつの残りのレモンメレンゲパイ
紅茶とミルクを持って さぁ出発
a0107981_873575.jpg

たまに無性~に食べたくなるフィッシュアンドチップス
たっぷりタルタルソースに しゃばしゃばモルトビネガーをかけ
家で落ち着いて食べるそれは ビールも一緒に飲めて 揚げたてで最高
けれど頭をちらりとよぎるのは 「う~ん なんて危険な食事!」
それがなんでしょう
外で食べると一抹の罪悪感も 胃もたれもなしに食べられてしまうという
この開放感マジック(笑)
a0107981_874350.jpg

あと おうちでフィッシュ&チップスを食べる時 温かい紅茶は飲まないけれど
外で食べる時は いつもたっぷりの紅茶と一緒
これが案外胃もたれ防止に繋がっているのかも?

ビールで作るサクサク衣
我ながら今日もおいしく出来ました
チップスはイギリスのそれには負けるけれど

a0107981_875218.jpg

風もなく ほんとうに穏やかな日曜の午後
ごろり空を見上げ ただぼ~っと
結局今日も本は読まずじまい

レモンメレンゲパイ美味しかったな~
そのうちレッスンでもやりたいな なんて考えながら、、、
a0107981_88064.jpg


秋になり国産のレモンを見かけるようになると作りたくなる(食べたくなる)のが
レモンメレンゲパイ
わたしがよく作るのは プルプルのレモンフィリングがたっぷり入った
昔ながらのイギリスのレモンメレンゲパイ
近頃はイギリスでも お洒落なタルトオシトロン風や
レモンカードを入れるタイプも増えたけれど
a0107981_88869.jpg


やっぱりわたしが好きなのは この手作り感溢れるあっさりレモンメレンゲパイ

お外で空を眺めながら食べるレモンメレンゲパイは
そこに浮かぶ雲のように軽くって
これもきっとゼロカロリー(笑)



☆★ お知らせ ★☆


1月のレッスンの日程UPは11月25日(土)21:00頃の予定です



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by lesgalettes | 2017-11-15 08:06 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

秋のピクニック

これは先月のピクニック
どこに行こうか決めてなく なんとなくドライブで茨城方面に向かったら
ふと気づくと あら福島。。。

どこかよく分からない でも眺めのよいよころ
まだ緑が青々
日差しにもまだどこか夏の色が残っています
a0107981_1615574.jpg

そろそろお腹がすいてきたけれど どこでご飯にしよう、、
ぷらぷらさまよっていたら

ちょうどいいテーブルとイス 見~つけ!
バスケットから出てきたのは まるで今からワインでも開けますよ~的なお弁当
そう 前夜の残りそのまま(笑)

a0107981_162440.jpg

ソーセージロールにソーダブレッドとフムス
サラミにオリーブ そして洋なし

ここのところ大活躍のプラスチックのピクニックプレートにのせてあげたら
残り物でも 充分おいしそう^^
お皿もカップも 遠めには本物みたい よくできています

お次はつい最近のピクニック
たまには電車に乗ってみることに~
a0107981_16221624.jpg

折角の紅葉シーズンだからと この日乗ったのはトロッコ列車
日差しも 空気ももうすっかり秋
トロッコ列車=壁がない
気持ちいいけれど 寒~い!!
余計なガラスもないから 景色もクリアでいいけれど
a0107981_1621338.jpg

長いトンネルでは天井がきらきら
イルミネーション
近頃の電車はこんなことになっているんですね
a0107981_1622312.jpg

オレンジや黄色 茶色のグラデーションの木々に
透きとおった不思議なブルーグリーン色の渓流

黄色と赤のヴィクトリアに
茶色のマーマーレードティーブレッド
きつね色に焼けたセイボリーのパイたちに
同じく茶色のオーツとデーツの焼き菓子
a0107981_1623381.jpg

こちらは1年中紅葉カラーのイギリス菓子
それに紅茶とミルクティー
気づけばこの日はカップも茶色

温かい紅茶がやけに美味しいここ数日
お外でお茶もそろそろ終わりかな…




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村

[PR]
# by lesgalettes | 2017-11-12 16:01 | 日常 | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧