<   2015年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ブラムリーアップル7

こう寒くなってくると 温かいスープが嬉しい季節
日本人のくせにお味噌汁よりスープのほうが作るのも食べるのも好きなわたし
毎年冬になるとレッスンにも ベイキングレッスンと言いつつスープを登場させてしまいます^^
今月のレッスンでもスープを作っていましたが そちらについてはじきに書くとして~
今日作るのは「ブラムリーアップル&ローステッドバターナッツスープ」
a0107981_903468.jpg

近頃めっきり手に入りやすくなって嬉しいバターナッツスクオッシュ
イギリスでお料理に使うかぼちゃとしては きっとこれが一番一般的
日本のかぼちゃのようにホクホクはしていなくて 水っぽいので
煮るよりはローストしてあげると 水分が飛んで甘みが多少強くなり美味しくなります
だから スープにするときもそのまま煮るよりは ちょっと手間だけれど一度オーブンでローストしてあげたほうが断然美味
オリーブオイルとお塩 そして香り付けのローズマリーと共にじっくりロースト
a0107981_904473.jpg

あとは普通のスープの作り方と一緒
玉ねぎを炒めたら先程のバターナッツとタイムなどのハーブ類
そしてブラムリーアップルを加えてぐつぐつ
あとはガ~っとバーミックスか何かでポタージュ状にするだけ
a0107981_905310.jpg

バターナッツの中に爽やかなタイムの香りと ブラムリーの酸味、、、
酸味、、、う~ん スープはそんなに酸っぱくなくていいな~というのが正直な感想(笑)
まぁまぁ 食べられないほどではないですけれどね
a0107981_91342.jpg


本当は上手にお料理すれば ブラムリーは豚肉とも合うし セイボリー系にも色々使えるのですが
もっぱら我が家では甘いもの専用
先日お邪魔させていただいたステーションホテルでの「ブラムリーを楽しむ会」では
なんとも美しいお料理にブラムリーが華麗に変身していました
ブラムリーとズワイガニのマリネから始まり 魚介を詰めたナスのグラタンブラムリー風味
子牛のポワレブラムリー風味 はてはブラムリーとサーモンの押し寿司まで、、、
我が家の雑な扱いとはえらいちがいです (^^;

a0107981_911299.jpg

さて ブラムリーアップルものを書いていると どうやら全然キリがなさそうなので
この辺りでそろそろ一度ストップしておこうと思います~
今年は久しぶりにずいぶん楽しませていただきました ^^
ほかにも色々作ったので そのうちまた登場するかもしれませんが
とりあえず ブラムリー特集お付き合いありがとうございました~☆

にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2015-11-28 09:00 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

ブラムリーアップル6

しつこく続くブラムリーアップル攻め
アップルパイもそろそろ飽きたし 今日はプディングでも作ろうか、、、
以前レッスンでも作ったイブズプディングセルフソーシングプディングのちょうど中間のような
「トフィーアップルスポンジプディング」

果肉に火が通りやすいブラムリーなら 前もって加熱しておく必要もなく本当に楽チン
適当なサイズにスライスして器に入れたら お次はスポンジのような生地を作ってその上に~
ここまではイブズプディングと一緒
そして ここからはセルフソーシングプディングの作り方と同じ
ブラウンシュガーを熱湯で溶いたものを 上から ジャバ~っ☆
a0107981_1628250.jpg

当然ながらせっかく作ったスポンジ生地は溶け なんだか得体の知れないドロドロの物体に、、、
でも大丈夫
何も考えずとりあえずオーブンに放り込みます
すると~
あら不思議☆
a0107981_8531251.jpg

上はりんご入りのスポンジ生地
下にはとろ~りトフィーソースの2層に分かれた美味しいプディングに大変身☆
焼きたての熱々につめたいバニラアイスを添えて ふむ幸せ(^^
a0107981_16281084.jpg

ひとつの器の中でソースもプディング(ケーキ)も兼ねてしまうセルフソーシングプディング
手軽なおやつに 人が大勢集まる時のデザートに 大雑把さんの強い味方です

もうひとつお手軽な そしてかなりトラディッショナルなプディング(デザート)をご紹介
「アップルスノー」
もはやイギリスでもあまり見かけることのない昔のデザート
まずはりんごに少しのお砂糖とレモンの皮を加えて加熱します
a0107981_16283134.jpg

ブラムリーはあっという間に形が消え ぐずっとしたピュレに変身
りんごが柔らかくなるというより 「溶ける」 という表現のほうが似合います
さて この煮溶けりんごを冷ましている間に 「アップルスノー」ですから 雪のように白いものを準備
考えてみるとお菓子作りの材料は お砂糖や粉など白いものが多いかも、、、
でも今日は 雪のようにふわっと消える口解けを作り出す白いもの
「生クリーム」 そして 「卵白」
それぞれを泡立て ふわっとさせたら 先程のアップルピュレとミックス
a0107981_16284194.jpg

優しくそ~っと ふんわり感を消さないように、、、、
たったこれだけ
「アップルスノー」 完成です
a0107981_16285189.jpg

ブラムリーの酸味がお好きなら グラスの下にエクストラでピュレを敷いてもいいでしょう
そして ショートブレッドやビスケットを添えていただくのが このプディングの定番です

***雪のようにあっという間に消えてなくなってしまいました***





にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2015-11-25 08:48 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

ブラムリーアップル 5

型にはめるタイプのパイやタルト作っていると どうしても少しだけ残るペストリー生地
前回のようにチーズをふって 「チーズストロー」にしたり 「ジャムタルト」にしたりが定番ですが
もしりんごも余っているのなら 「アップルダンプリング」 というのも選択肢の一つ
芯をくり貫いたりんごにお砂糖とバターを詰め込んで
あとはペストリーで包むだけ

a0107981_8412588.jpg

アップルパイを焼くときに 一緒にオーブンの端っこに入れてあげます☆
ブラムリーでこのダンプリングを作ると りんごがパイの中で蒸され ほわっとした不思議な食感
普通のりんごとは全くの別物、、そして酸っぱ~い
まぁ これもまた楽し(笑)

a0107981_8413380.jpg

さて 丸ごとのりんごを使ったアップルダンプリングを作ったら
お次はさらにシンプルに 「ベイクドアップル」 ブラムリーアップルの焼きりんごです

イギリスではじめてブラムリーを使ったお菓子を教わったのが このベイクドアップル
「なに このりんご??」 その食感と酸っぱさに驚いたものです
a0107981_8414293.jpg

まずはブラムリーの真ん中くらいのところにす~っと横に浅くナイフを入れておきます
これがブラムリーで焼きりんごを作る時の鉄則☆
底まで抜かないように注意しながら芯をくり抜いたら ナッツやバターを詰めて
上からとろ〜り 蜂蜜
後はオーブンへ入れるだけ
美味しくな〜れ
a0107981_8415269.jpg

さぁ そろそろオーブンから いい香りがしてきました ^ ^
鮮やかだった黄緑色の皮が黄色になって
さっき入れておいた切り込みからふわっと持ち上がっていたらそろそろ完成☆
まるでりんご型の蓋つき器のように上下分かれた姿に焼き上がるブラムリーの焼きりんご
a0107981_8415934.jpg

加熱すると果肉が一瞬ボワっと膨らむブラムリー
ナイフを入れておかないと変なところに亀裂が入ってしまったりするので お約束なのです
下の写真のベイクドアップルの絵もちゃんと横に線が入っていますよね
a0107981_8502914.jpg

ふわふわに焼けたブラムリー
美味しそうでしょ? でもこれがものすご〜く酸っぱいのです
「甘酸っぱい」じゃなく 「酸っぱい」んです^^;
わたしも酸っぱいものは相当好きなほうですが 甘酸っぱい物はさらに好きなので
エクストラでハニーをたらり〜
他のりんごとの違いを一番感じるブラムリーの食べ方です



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2015-11-22 16:56 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

ブラムリーアップル 4

「チーズのないアップルパイなんて・・・」 のつづき
前回 はウエンズリーデイルチーズ入りのアップルパイについて書きましたが
もうひとつ 今日はイギリスの代表的チーズでもあるチェダーを使ったアップルパイをご紹介☆

Cheddar crusted apple pie
今度はフィリングにではなく パイ生地のほうにチーズが入ります
美味しいイギリスのマチュアーチェダーが冷蔵庫にあったので ちょっともったいないけれど
でも入れちゃう☆
a0107981_11142298.jpg

チーズおろしで削ったチェダーをバターと共にパイ生地に練りこみます
フィリングはいつもどおり 生のりんごにお砂糖とコーンスターチ少々を混ぜるだけ
今回は生地のチェダーの風味を楽しみたいので シナモンなど余計なものは加えません
a0107981_11143129.jpg

その代わり(?)なんとなく気分で 今日はパイバード君も入れちゃいます
いっぱいりんごを入れるから 加熱してりんごのカサが減ってからもちゃんとパイを支えててね(笑)

a0107981_11144133.jpg

お~お仕事全う!
しっかり蓋を支えてくれましたね^^ エライえらい

熱々のパイをカットすると ふわ~っと広がる熟成の効いたチェダーチーズの香り
おやつというより 白ワインに合わせて軽い食事にしたくなるようなそんなアップルパイ
チーズをそのまま味わうのもいいけれど こんな1歩踏み込んだチーズの楽しみ方もまた乙なものです
a0107981_11145135.jpg

余ってしまったチェダーチーズたっぷりの美味しいパイ生地は
薄く延ばしてパルミジャーノをふりかけて 細長く焼けば イギリス人の大好きなスナック
「チーズストロー」の完成 ☆

a0107981_1115087.jpg


2度美味しいチェダーチーズ入りクラスト
ブラムリーアップルじゃなくとも美味しくできるので 思い出したらまたそのうち作ってみよう☆


☆★☆ お知らせ ☆★☆

11月23日(祝)11:00〜のクリスマスプディングレッスンに空席できました。



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2015-11-19 11:44 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

ブラムリーアップル 3

ヨークシャーにはこんなことわざがあります
An apple pie without cheese is like a kiss without squeeze
「チーズのないアップルパイなんて ハグのないキスのようなものだ」

自然がいっぱい牧草地いっぱいのヨークシャーの名物のひとつは乳製品
時にはドライフルーツたっぷりのフルーツケーキやアップルパイにもチーズが添えられます
そして添えるだけではなく アップルパイの中にチーズを一緒に焼きこむことも~
a0107981_1561799.jpg

チーズ好きの方ならもしかして耳にしたことがあるかも?
ノースヨークシャーのWensleydale の特産品 「ウエンズリーデイルチーズ
色白でちょっとクランブリー そしてクセのない食べやすいチーズ
クランベリーやアプリコット入りなどなら 日本でもチーズ屋さんに行くとお目にかかることがあります
a0107981_1562910.jpg

今回はちょうどクランベリー入りのウエンズリーデイルチーズがあったので
「ウエンズリーデイルアップルパイ」とまいります
本来はプレーンなウエンズリーデイルチーズを使うことが多いのだけれど
クランベリー入りも美味しそうではないですか?
作り方は普通のアップルパイと同様 ただチーズををたっぷりブラムリーの上にプラスするだけです
パイで蓋をして いざオーブンへ☆
a0107981_1563739.jpg

もともと塩分控えめで 加熱すると とろほろっとした食感になるこのチーズ
クランベリーの甘酸っぱさも加わって なかなか美味しいアップルパイになりました
ウエンズリーデイルではなくチェダーチーズなどを入れるレシピもあるのですが
それはどうも 油っぽくくどくなりがちなので やっぱりこのアップルパイにはこのチーズが合うようです

チェダーチーズを使うなら フィリングにではなく クラストに入れるタイプのほうがおススメ

ではそちらについてはまた次回~



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2015-11-17 15:45 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

ブラムリーアップル2

ブラムリーがやってきたので いろいろ作っては遊んでいますが
りんごのお菓子と言えば やっぱり最初に頭に浮かぶのは 「アップルパイ」
アップルパイと言うとどうもアメリカンなイメージですが
イギリスではもっと古くから親しまれている 立派なイギリス菓子

ブラムリーを使うと下ごしらえがいらないので とにかく気軽
あ~食べたいなと思ったら すぐに作る気になれます(^^
パイ皿にショートクラストペストリーを敷いたら
あとはりんごの皮を剝いて 適当にカットして お砂糖をまぶしてその中に詰めるだけ
詰めるというか 盛るというか、、、とにかくてんこ盛りにします
フィリングはタップリのほうが嬉しいですからね
a0107981_11554870.jpg

今回はイギリスのポピュラーな組み合わせ 「アップル&ブラックベリー」
基本気を使わないお菓子だけれど 唯一気をつけたいのは 底の生焼け
だからわたしは 忘れなければ
りんごをのせる前に生パン粉か あればケーキクラムなんかを薄くしいておきます
あとはフィリングに大さじ1 程度のコーンスターチもプラス
これで soggy bottom (パイの底がびしゃっとすること)の心配もなし☆
a0107981_11555671.jpg

どうせあのカスタードをタプタプにかけるのなら 少しくらい底が生焼けだって分からなそうなものだけれど
やっぱり違うんです (イギリスでは底生焼けアップルパイによく遭遇するけれど)

でも今回はさすがに欲張ってフィリング詰めすぎました~
アップルマウンテンから マグマがドクドク ・・・ボルケイノーアップルパイ完成(笑)

お次はブラムリーの味をしっかり味わうべく 一番シンプルなアップルパイを作成することに~

a0107981_11583328.jpg

りんごをスライスしたら 加えるのはたっぷりのお砂糖とちょっぴりのコーンスターチのみ
シナモンも何も加えません
あとはパイ生地でサンドして焼くだけ
それで このとろ~りととろける食感と 耳のわきがキュッとするほどの酸味
a0107981_11584211.jpg

焼き立てにバニラアイスがあればもう最高☆
パイの中でりんごの味と香りがぎゅ~っと濃縮されて その食感のコントラストも含めて
焼きりんご以上に りんごを満喫出来る食べ方だと思うのです
しかもパイはバターたっぷりハラハラの折りパイではなく イギリス風にショートクラストのほうが
素朴でしっくりきます 強すぎるバターの香りに負けることもないし

この後もいろいろなアップルパイを焼いたけれど これがきっとベストのアップルパイ☆
ベストと先に言っちゃったけれど 次は他のアップルパイたちも一応ご紹介しますね~





にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2015-11-15 17:02 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

ブラムリーアップル

ブラムリーアップルはイギリスのクッキングアップル(料理用りんご)
とにかく酸味が強くて 加熱するとあっという間に煮溶けるのが特徴
使いやすいような~そうでもないような~でも慣れてくると アップルパイその他
下煮いらず下ごしらえいらずで出来てしまうので大雑把イギリス菓子にはやっぱり欠かせない存在

長野の小布施町で早めに注文しておくと買えるんですよ~とは教えてもらったものの
レッスンではなるべく手に入りやすい材料を使いたいので ブラムリーで作っちゃうとな、、、と
日本に帰ってからは手を出さずにいたのでした
でも~今年はあの酸味もそろそろ懐かしくなってきたし 自分のおやつを作ればいいかと初購入☆

さぁ届きましたよ~日本のブラムリー
箱を開けてみると~
a0107981_10244658.jpg

そうそうこの黄緑色のずんぐり平べったい形 (^^
イギリスのりんごは本当に種類が多く 料理用だったり サイダー(お酒)用だったり
生食用のスーパーに並んでいるものだけでも どれを買おうか目移りしてしまうほど
でも大抵は子供の手のひらに乗るほどの小さなサイズ
その中で唯一日本サイズなのが このブラムリーアップルなのでした
a0107981_1025637.jpg

その辺のお庭にもよくなっていたのですが 枝から可愛らしくぶら下がる他のりんごと違って
軸が短いせいかボテボテっと固まって枝にくっ付いている様子が印象的なブラムリー
ごろごろ転がっているじゃが芋のようなイメージのブラムリーが
お肌もピカピカ ひとつひとつネットにくるまれている姿はなんだか新鮮(笑)

さあて何を作ろうか~
まずはすぐに食べたいから あっと言う間に出来ちゃうアップルスコーンから(^^
a0107981_10262431.jpg

考えたら今年はお初のアップルスコーン
チーズおろしで千切りにしたりんごをた~っぷり入れて
上にはデメララシュガー(細かいざらめ糖のようなもの)のトッピング
このカリカリのクラストと内側のしっとり生地のコントラストが大好き☆

お次は角切りりんごを山のように詰め込んで焼くドーセットアップルケーキ
そう言えばこれもデメララシュガーをたっぷり表面にふってオーブンへ
ほんのり温かいところにクロテッドクリームを添えれば最高☆
a0107981_10263270.jpg

さぁ 作り始めたら止まらない
もうひとつ イギリスのレシピ本をパラパラ眺めていたら目に付いた
「アイリッシュアップルケーキ」
a0107981_1026543.jpg

こちらはちょっと作り方が変っていて
ふつうのケーキのようなぽってりへらから落ちるような固さの生地ではなく
バター多めの柔らかめのスコーン生地のようなものを2つに分け
スライスした生のブラムリーをサンドするようにして型に入れたら
これまたこれまた上にたっぷりのデメララシュガーをふりかけて焼くというもの
a0107981_1027388.jpg

表面はお砂糖の膜ができサクッと その下は意外とふんわりしっとりした生地
そしてブラムリーの強烈な酸味
甘み控えめながら 「あら結構美味しい」 ^^
簡単にとろけてくれるブラムリーは生地と一体化してくれるので こういうお菓子には本当に向いています
普通の日本のりんごで作ったら きっとりんごが主張する状態のままで残っていて
この一体感はないんだろうなぁ、、、

それにしても今回のお菓子は全部 生地の仕上げはたっぷりのデメララシュガー
りんごの素朴なお菓子には 真っ白なお砂糖よりちょっと茶色がかった優しい甘さのお砂糖が好相性
それにりんごのしっとり感と酸味には カシャッと薄いお砂糖の膜の食感と甘みが実によく合う
ついつい上にふりたくなるのも分かります

あ~久しぶりにブラムリーの使い勝手と 味を思い出したら
なんだかあれもこれも作りたくなってきました~

つづく。。。



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2015-11-12 08:28 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

秋のお茶 つづき

ここ数回登場したアフタヌーンティーとは大分趣を異にする やたらとカラフルなこのテーブルは
東京マリオットの 「フローラルジュエルアフタヌーンティーwith アナスイ」
アナスイとのコラボということで それはもうピンクと紫一色の世界
ナプキンから置いてあるお水までピンク
ちょっときつめの色合いでアナスイらしくまとまっています

a0107981_1057050.jpg

ケーキ類はともかく セイボリー類まで ピンク&紫なのが面白い☆
カニと紫芋のパイや スモークサーモンにはダシで作ったというジュレ
ミニカネロニもピンク色
くるりと巻かれたサンドイッチのパンまでピンクと紫のマーブルになっています
a0107981_1057923.jpg

スイーツのプレートは言わずもがなのピンクの嵐
ピンク色のスポンジのショートケーキに ピンクのローズマカロン
ピンクのムースはチョコレートにジャスミンフレーバーで トンボの羽を模した飴細工
ちいさなファーブルトンにはお花の飾り
楽しい驚きは
まるで香水のようにディフューザーでエルダーフワラー(のコーディアルかな)をシュッとひと吹きしていただくショッキングピンクのスパークリングゼリーと
口紅のようにクルクルまわしあげると出てくる 「カシスとラズベリームースのリップ仕立て」

a0107981_10571790.jpg

~と おじ様方がさり気なく食べるには少々厳しい 超ラブリーなスイーツセレクション(笑)
しかもお土産にはアナスイの香水の小さなボトルと 真っ赤なバラが一輪
ふと見回してみれば ゴスロリ系ファッションのお嬢さん方がチラホラ。。。

この年齢になると 前回 前々回のような落ち着いたお茶がベストですが
おしゃべりが相当たまっているときなら
こんなキュートなアフターヌーンティーも悪くないですね ^^
思う存分おしゃべりに花を咲かすことが出来ました~




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2015-11-09 10:56 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

秋のアフタヌーンティー つづき

秋のアフタヌーンティーお次は 宮城県は岩出山の 「英国茶房 森栖(もりす)」
森の中 細い道を走っていくと
一瞬通り過ぎてしまいそうなほど景色に溶け込んでいるティールーム
HPによると 紅茶に理想の水を求めた結果ここに辿りついたのだとか
a0107981_1095852.jpg

落ち着いた色合いの腰壁に家具
カップも好みのものを自分でカップボードから選びます
自分のカップボードにはきっとこれからも並ばなそうなティーカップをチョイス
(こういう時こそ自分好みを選んで心から寛ぐべきなのかも~貧乏性なんですね)
a0107981_1010739.jpg

店内にはのんびり~とした時間が流れています
サービスものんびりですが かえってそれも 急かされていない空気を助長してくれ
心置きなくゆっくりできます(^^
a0107981_10101531.jpg

プレミアムティーセットという名のアフタヌーンのティーセットは
3段スタンドにサンドイッチやキャロットサラダ
スコーンにクロテッドクリーム&ジャム
タルトやケーキ・ 紅茶のゼリーなどが並びます
どれも手作りの優しい味
a0107981_10102318.jpg

そうそうこだわりの紅茶も種類がとっても豊富
ミルクティーを選ぶと 一杯目ははじめからミルク入りで注いでくれます
きれいな色ですね
a0107981_10103796.jpg

日常のわしゃわしゃを一瞬忘れて ぼ~っとしに来たくなるティールーム
席に着いたときより 大分ろうそくが短くなったのを見て
あ~そろそろ帰らなくちゃ、、、 気づきました(笑)




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2015-11-06 10:07 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

秋のアフタヌーンティー

とある週末
秋バラでも見に行こうかと前から気になっていた軽井沢のレイクガーデン

a0107981_11215513.jpg

その名のとおり 広い敷地に湖に囲まれるような形のガーデン
とっても気持ちのよいお天気の日だったので
お散歩が本当に気持ちいい ^^
a0107981_1122448.jpg

秋バラも色々咲いていましたが
他にもかなりナチュラルに シュウメイギクやルリダマアザミなどが咲き乱れ
なんとものどか
a0107981_11221226.jpg

なぜか大好きな 「がまの穂」
いつだったかこれを部屋に飾っていたら 留守の間に爆発してススキ状態に!
部屋に入ったら 一瞬床が靄がかかって見えたので目をこすったら ほわほわした綿毛だらけになっていたのでした~ (^^;
そう言えばわたし 「アザミ」の花も好きなのですが
これもまた爆発して綿毛になるんですよね、、、これはつい最近あざみを飾っていたら起ってビックリ☆
そんな話しはさておき、、、
湖の奥に建物が見えるでしょうか ↓
a0107981_11223154.jpg

このレイクガーデンの入り口付近にある5室だけの贅沢なホテルなのですが
入ってくる時 ふとのぞいてみると 「アフタヌーンティー」 の文字が、、、
聞いてみると当日でも予約OKとのことで しっかりお散歩前にお願いしてきたのでした
a0107981_11224066.jpg

室内は思っていた以上に全て豪華なアンティーク家具で埋め尽くされ
お庭を眺めながらのティータイムは 静かでくつろぎのひととき
食器やカトラリーもきちんとイギリスアンティーク

a0107981_11225038.jpg

パランゴンのティーセットにローズティー
ばらの花びらたっぷりのジャムを入れていただきます

紅茶の後にやってきたのは 可愛らしいカップにいれられたミネストローネ
ミネストローネ??そうミネストローネです (^^
a0107981_11225737.jpg

こちらのアフタヌーンティー
お昼の時間帯もやっているせいか サンドイッチやキッシュなどセイボリー類が充実
どれも美味しく 結構お腹もいっぱいになるのでランチにおススメです
a0107981_1123610.jpg

その分甘いものは控えめ
スコーンは2人でひとつ
あとは焼き菓子やフルーツなど
甘いもの中心にお茶をいただきたい~という時よりは
お庭をお散歩した後 たっぷり紅茶とサンドイッチをいただきながら
この空間でゆっくりくつろぎたい~という時に是非☆

ぽかぽかの日差しを浴びながら たっぷり秋のガーデンをお散歩し
ゆっくりお茶までいただいて 今日もまた幸せな休日
a0107981_11231490.jpg


軽井沢 それほど遠くないのでついつい日帰りしてしまうけれど
アンティークの家具に囲まれたまるでイギリスの古いお屋敷のようにしつらえられた お部屋にも
一度お泊りしてみたいものです





にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2015-11-03 19:12 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧