<   2015年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

これもまたオーツケーキ

前回 今月のレッスンで作っていたオーツケーキのお話しをしましたが
セイボリーのビスケットタイプのあれは
正確に言うとスコットランド生まれの「スコティッシュオーツケーキ」

実はイギリスでも 他の地方に行くと全く違う姿の 「オーツケーキ」に出会うことがあります
例えば陶器好きの方ならご存知の Stork on Trent がある Staffordshire
このスタッフォードシャーで 「オーツケーキ」 と言えば それはパンケーキ状のもの
サクサクのスコティッシュオーツケーキとは似てもにつきません
a0107981_1331199.jpg

表面にプツプツ大き目の穴の開いた ちょっと厚みのあるパンケーキ
茶色がかった色は細かく挽いたオーツで作るから
材料は極めてシンプル
細かく挽いたオーツと全粒粉・ 牛乳と水・ 一つまみほどの塩と砂糖
そしてイースト
このオーツケーキはイーストで膨らませる生地なのです
a0107981_13311072.jpg


これらをただ混ぜたら あとは温かい所に生地が発酵するまで放置
ぶくぶく膨らんできたら グリドル(鉄板)でパンケーキのように焼き上げます
熱されるとぷくぷく開く穴
何か思い出しませんか?
そうクランペットの穴みたいですね
a0107981_13312278.jpg


ふんわりというよりしっとりと言う表現のほうが合うこのオーツケーキ
バターも入らないし スコティッシュオーツケーキよりさらにヘルシーなくらい
こちらはチーズやチャツネと合わせて~的な使い方ではなく
もっと朝食的
よくあわせるのは卵やベーコン・ ベイクドビーンズやトマトやチーズ(シュレッドして)・ソーセージなど
それらを包んで あるいはのせていただきます
ね イングリッシュブレックファストみたいでしょう(^^
別にお昼に食べても夜に食べても全くいいのですが オールデイブレックファスト的な存在
a0107981_13313165.jpg

これも一度食べると あのざくざくのスコティッシュオーツケーキ同様
癖になる味です
あ~書いていたら食べたくなってきてしまいました
いつかレッスンでもやりますね

ちなみに他の地域 例えばDerbyshire の「ダービーシャーオーツケーキ」は
このスタッフォードシャーオーツケーキにとても似ています
ちょっとサイズが大きいくらい
ベイクウエルタルトで有名なベイクウェルの町などでも
その場で天板で焼き上げ 10枚いくらという風に売っているのを見かけました
他にも ランカシャーオーツケーキや ヨークシャーオーツケーキなんてものもありますけれど
「オーツケーキ」
考えてみれば オーツで作ったケーキという意味ですから
いくらでもその地方地方で違う姿であって当たり前かもしれませんね
小麦粉ケーキ ・ そばケーキ ・ コーンケーキ・・・・
そんな名前を聞いたら みんな違う姿を想像するように。。



☆★教室に関するお知らせ★☆

現在パソコンの調子が悪く、ホームページの更新が出来ておりません。
HP上で空席の表示の日も含めて、6月のレッスンは満席になっております。
申し訳ございません。

メールの返信も届いていない方がいらっしゃるようなので、
4月25日(土) 16:00までに6月レッスン予約のご連絡をくださった方で
まだ返信のメールを受け取っていない方は、お手数ですがもう一度メールくださいますようお願いいたします。

申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いいたします



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2015-04-29 13:30 | イギリスのおいしいもの | Comments(3)

オーツケーキとフムス



今月のレッスンのもう一品はやはりオーツを使った 「オーツケーキ」
ケーキといっても甘いケーキではなく チーズに添えたりディップをつけて食べたり
日本風に言えばクラッカー的存在

オーツに関しては以前にも幾度となく書いているので多くは語りませんが
とにかく栄養豊富☆
例えば 白米と比べると~鉄分5倍・ カルシウム9倍・ 繊維にいたっては22倍というから驚き☆
栄養はさておいても美味しいので是非試していただきたい穀物

a0107981_1142533.jpg

ですがレッスンしていても どうもみなさんオーツに対するイメージが悪い
特に牛乳で煮たオートミールにどうも苦い経験をしているようで、、、
確かにどろどろのおかゆ状に煮たオートミールは好き嫌いもあるかもしれません
でも オーツケーキならきっとみんな大丈夫
サクサク香ばしいセイボリーのビスケットですから(^^
レシピによっては小麦粉などを加える人もいますが
今回のレシピはオーツ100% だからグルテンをあまりとりたくない人にもおススメ
噛みしめるほどに味が出て本当に癖になります
わたしの場合は結局いっぱい食べちゃうからヘルシーかどうかは怪しいけれど、、、、
a0107981_11112518.jpg

イギリスではチーズやオードブルのプレートにだけではなく
朝食に ちょっとお腹のすいた時のおやつにと非常に一般的なもの
スーパーでいくらでも売っているので わざわざ作る人は少ないかもしれません
バリエーションも豊富
ザクザクオーツが粒のまま残った粗いものから 細かく挽いたオーツで作る薄い食べやすいもの
シードがのったものなどなど、、、
例えばショートブレッドでおなじみの Walkersのオーツケーキだけでも6種類以上はあります
もともとはオーツを主食としていたスコットランドの名物なので
スコットランド地方に行くと さらに沢山の種類に出会えます
a0107981_1111487.jpg

形は 直径6cmくらいの円形か扇形が多く 四角はあまり見かけません
他のセイボリーのビスケット類やフラットブレッド系は長方形が圧倒的に多いのですけれどね
だから今回は教室でも一番オーツケーキらしいサイズの丸型
食べやすいように細かめに挽いたオーツで作っていきます

慣れたらちょっと厚めや粒をある程度残したザクザクタイプも美味しいので
試してみるのも面白いかもしれません
下の写真は 少し小麦粉を加えた厚めタイプ
a0107981_11113848.jpg

でもやっぱりレッスンで作っている全部オーツタイプのほうがおいしいな、、、

さてせっかくオーツケーキを作るのだからと 今回は欲張ってそれに添える「フムス」も作っています
「フムス」 近頃は日本でも流行っているようですが
もともとはレバノンやイスラエルの食べ物
1980年ごろから流行りだした「フムス」 今ではすっかりイギリス食と化しています
ディップ系ではダントツの普及度で なんでもイギリスの40%以上の家庭の冷蔵庫に常備されているそうです

フムスフムス言っていますが 簡単に言えばひよこ豆のペースト
ひよこ豆にタヒニ(練りごま)・オリーブオイル・レモン果汁・ガーリックなどを加えて
ディップ状にすりつぶしたものです
a0107981_11115045.jpg

今回のレシピはBetty'sのクッカリースクールで習ったもの
(ちょっとガーリックなどは減らしていますけれど~)
それくらいベーシックなものなのです
スーパーでのラインナップはプレーンについで人気のサンドライトマトにレモン&コリアンダー
ローステッドペッパーフムスに スパイスの効いたモロカンテイストフムス などなど
それにローファットのものやオーガニックものなど 数え切れないほど並んでいます
でもいずれも フードプロセッサーでが~っと混ぜれば一瞬で出来てしまうので
本当に簡単☆
a0107981_1112381.jpg

クミンシードをトッピングしたオーツケーキや ピタパンに添えたり
野菜スティックをつけて食べたり サンドイッチにしたり
バリエーションもつけられるので 憶えておくと便利な存在

ガーリックの効いたフムスをみんなで食べながら
「これは紅茶じゃなくて ワインかビールだよね~」(笑)
確かに 冬ならワインに 夏ならトルティーヤにつけてビールでも美味しそう~☆



☆★教室に関するお知らせ★☆

現在パソコンの調子が悪く、ホームページの更新が出来ておりません。
HP上で空席の表示の日も含めて、6月のレッスンは満席になっております。
申し訳ございません。

メールの返信も届いていない方がいらっしゃるようなので、
4月25日(土) 16:00までに6月レッスン予約のご連絡をくださった方で
まだ返信のメールを受け取っていない方は、お手数ですがもう一度メールくださいますようお願いいたします。

申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いいたします


にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2015-04-26 18:08 | レッスン | Comments(3)

お知らせ

☆★教室に関するお知らせ☆★


現在パソコンの調子が悪く、ホームページの更新が出来ておりません。
HP上で空席の表示の日も含めて、6月のレッスンは満席になっております。
申し訳ございません。

メールの返信も届いていない方がいらっしゃるようなので、
4月25日(土) 16:00までに6月レッスン予約のご連絡をくださった方で
まだ返信のメールを受け取っていない方は、お手数ですがもう一度メールくださいますようお願いいたします。

a0107981_1640728.jpg



申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by lesgalettes | 2015-04-25 16:49 | レッスン | Comments(0)

ファイバーたっぷりレッスン

今月のレッスンはいつもよりは気持ちヘルシーメニュー
オーツを使った焼き菓子と オーツだけで作るセイボリーのビスケット
そしてそれに添えるフムス(ひよこ豆で作るディップ)ですから
とにかくファイバー・ 鉄分・ たんぱく質がたっぷり☆
a0107981_9275940.jpg

自分がオーツ(オートミール)好きなものだから レッスンで取り上げたいオーツものは数知れず
その中から今月は特におススメの
「Cherry and Oats traybake (チェリーとオーツのトレイベイク)」を作っています

イギリスでは 長方形のトレイで焼くお菓子全般を 「トレイベイク」 と呼びます
大きく作って好きなサイズに切り分けられるので おうちでのおやつにはもちろん
カフェなどでは コーヒー&ウォルナッツや レモンドリズルケーキなど
普段は丸型やローフ型で焼くようなお菓子もこのトレーで作ることも多々

a0107981_9281041.jpg

おうちで手軽に作るなら一番気楽なのがこのスタイル
ぐるぐる混ぜるだけのいつもワンボールのイギリス的スポンジ生地
アクセントに加えるのは刻んだドレンチェリー
最初の頃は 「ドレンチェリーっていつぶりだろう~」「あんまり美味しいイメージがないんだけど、、、」
みたいなコメントが多かったはずなのに 近頃はみんなイギリスナイズドされてきたようで
「チェリーの赤が入るとやっぱり可愛い~」「チェリー美味しいよね♪ 」
フフフ、、、 Welcome to my world ☆
とにかく古臭いという印象のドレンチェリーですが 見慣れるとこれ ほんとうに可愛く見えるから不思議
もちろん オールドファッション的なかわいさではありますけれど

a0107981_9282614.jpg

そんなレトロな外見から イメージするのは
エレガント系ではなく ミッドセンチュリーなティーセット
赤に白のドットが眩しい ミッドウィンターのReddominoや
スージークーパーのWedding ring にのせてあげたくなるお菓子
食器は古かろうが新しかろうが 高かろうが安かろうが使ってなんぼ主義
(そんなに高価なものは全然ないけれど~)
そのため古いものもあまりにがんがん使いすぎるので 貫入も日々進行
よく割っちゃうし、、、
でも使ってあげないとかわいそうですもんね
a0107981_928432.jpg

そうそう 忘れていました肝心のオーツ
オーツが登場するのはこの上にのせるトッピングの部分
オーツとココナッツ・ デメララシュガー(茶色の粗めのお砂糖)とバターでクランブルを作り
上にたっぷりのせて焼き上げます
焼いているうちから香ばしいおいしい香りが部屋中に充満
食べる前から幸せになれるお菓子です
そして焼きあがりはもっと幸せ☆
驚くほどフワフワ そしてホロホロのトッピングに紅茶が進みます(^^

書ききれなかった今月の残り2品 「オーツケーキ」 「フムス」 については次回にご紹介~



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2015-04-23 10:38 | レッスン | Comments(2)

粉好き


紅茶とお菓子の美味しい落ち着くティールームないかな~とよく思うのですが
見つけるのは なかなか難しいので
少し時間のあいた週末などは ドライブがてらカフェに行くことがあります

a0107981_23291378.jpg

茨城県の結城にあるこのカフェはいつも込んでいるけれど
テーブルが空くまで 敷地内にあるアンティーク屋さんをのぞいたり
お庭をプラプラしたり それはそれでのんびり
a0107981_23354828.jpg

だれかお誕生日の人がいると 突然アコーディオンとバイオリンの演奏が始まったり
雰囲気作りが上手で
パリパリのガレットもあります
a0107981_2329316.jpg

そば粉はおそばとして食べるより ガレットのほうが好きなため
そば粉は買うけれど ほぼガレット用
おそばを食べるのは 年に1度くらいかも
おそばとうどんなら断然うどん派だし、、、、
なんと言っても ほら小麦粉星人ですから(笑)

そうそう今日はずっと気になっていたうどんを食しに 群馬県は桐生に~
途中なぜか やたらと人懐っこいヤギに遭遇。。。
a0107981_23301420.jpg

ヤギさんは おいておき~
今日目指してきたのは 桐生名物 ひもかわうどん
粉好きモチモチ好きななせいか 粉は麺状よりdough状(生地状)のままのほうが好き
例えば おそばより 蕎麦がき
パスタより ラザニアやラビオリ ・ ニョッキ のほうが好き
そんな流れで想像してもらうと もしかしたら「ひもかわうどん」の姿が予想がつくかも?

a0107981_23302226.jpg

・・・・ラザニア? いえいえうどんです ^^;
ここのひもかわうどん 幅は15cmくらいありそうなシート状
これをつゆに浸して食べるのは至難の業だけれど つるつるもちもちで美味しい☆
もっと難しいのはカレーひもかわうどん
紙のエプロンを渡されますが これ必須
重くて箸から落ちてしまうので 確実にはねますから。。。
とにかく粉を食べている感に大満足のうどん(?)です

さて 満腹のお腹を抱えつつ 折角ここまで足を延ばしたのだからと
向かったのはやはり桐生のコーヒ屋さん 伊東屋珈琲
a0107981_23344026.jpg

今日はコーヒーだけにしようなんて お店に足を踏み入れるまでは思っていたはずなのに
結局 その誘惑に負けて頼んでしまうここの焼き菓子
松の実とリコッタのチーズケーキ それにしっかり焼きこんだガトーバスク
紅茶ではなく コーヒーに合うように作られたケーキ

パンにもスコーンにも
うどんにもケーキにもなる小麦粉
素晴らしい~☆



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2015-04-20 00:40 | 日常 | Comments(2)

イギリスの粉 日本の粉

「イギリスの粉で作ったスコーンは美味しい」 とはよく聞く話しですが
(個人的には日本の粉で作ったスコーンも充分においしいと思うのだけれど)
ヴィクトリアスポンジを イギリスの粉と日本の粉で作ったらどう違うのか
どちらが美味しいのか ちょっと気になりませんか?

a0107981_1455354.jpg
そこで
★ イギリスのプレーンフラワー+べイキングパウダー
★ イギリスのセルフレイジングフラワー(ベイキングパウダー入りの小麦粉)
★ 日本の国産薄力粉+ ベイキングパウダー
これら3種をいわゆるクリーミング法(バターに砂糖・卵・粉の順に混ぜていく作り方)で作ったものと
それともうひとつ
★ 日本の国産薄力粉でAll in one メソッド(全ての材料を一度にボールに入れてかき混ぜる作り方)
の4パターンを作ってみます

そうそう 今回はじめからベイキングパウダーの入っているセルフレイジングフラワー以外は
225gの粉に対して ベイキングパウダー小さじ2の割合で入れてあります
そして オールインワン方式以外は途中まではひとつのボールで作り
粉を入れる段階で生地を分けているので だいたい条件は一緒

さていかなるものか、、、
a0107981_146158.jpg

意外と 焼き上がりの見た目や高さはどれもほとんど一緒
ということは やはりセルフレイジングフラワーのふくらみ加減は
半パウンドの粉に対して 小さじ2のベイキングパウダーと同じくらいと考えていいようです
イギリスのレシピ本だと 「セルフレイジングフラワーを使いなさい」 とだけなっていることが多いので
日本で作る時どれくらいベイキングパウダー加えたらいいかなぁ~
なんて悩む方もいると思うのでご参考に☆

ちなみに粉の見た目はこんな感じ
イギリスの粉は日本のものと比べて明らかにベージュ色
そして粒子はとっても粗い
a0107981_146919.jpg

国産薄力粉はおしろいのようにしっとり
イギリスのプレーンフラワーは さらさら
セルフレイジングフラワーに関しては もう基本ふるわなくていいようになっているので
さらさらを通り越して ザラザラッというくらいの感触
ふるいに入れた瞬間に全くとどまることなく下に落ちていく感じです
写真でもそのサラサラ感分かりますよね

では次にカット面を見てみましょうか
膨らみ加減は一緒でも これだけ粉に違いがありますから
さすがに断面の気泡の大きさや 全体の弾力には違いがあります
イギリスのプレーンと セルフレイジングはほぼ似たテクスチャーでしたが
国産薄力と 比べてみると 違いは明らか
日本の粉はとってもきめ細やかでふわふわ 気泡も小さめ
口に入れると 水分をすぐに吸収してひとつにまとまる感じ
対してイギリス粉の方は両方とも気泡が大きく
口の中いれると 水分によって逆にさらさらほどけていく感じです
手でちぎるってみると 日本のものはふわっときれいに二つに割れ
イギリスのものは その際ポロポロと細かいくずが落ちます
見た目より 食感の違い(舌触り)が特に顕著かな

a0107981_1461843.jpg

そして これで大丈夫?的なオールインワン方式と
バターにお砂糖を加えて白っぽくなるまで混ぜて~
卵を分離しないように少しずつ加えて~のいつもの丁寧に作るタイプとの違いはというと~
気持ちオールインワンのほうが気泡が大きいかなとは思うけれど 食感の違いはそれほどなし
これくらいならヴィクトリアスポンジの時は
下手に卵を入れて分離させたりするよりは オールインワンでいいかなぁ~と思ってしまいます
Mary Berry(UK ベイキング界の大御所) もいつもそう言っていますし(^^)
(彼女の場合オールインワンの時はセルフレイジングフラワーに
さらにベイキングパウダーをプラスしますけれど。。。)

さてここで問題
下の写真の二つのスポンジ生地 どちらがイギリスの粉でどちらが日本の粉で作ったものでしょうか?
a0107981_1462654.jpg

もう簡単ですよね
どちらの写真も 上にのっているのがイギリスの粉
下が日本の粉です

さて では肝心のどちらが美味しいのか、、、ということですが
正直 好みの問題だと思います
日本のきめの細かくしっとりなスポンジは繊細で上品な感じで美味しいし
イギリスのざっくりほろっとした素朴な食感も 紅茶と一緒ならとても美味しく感じるし
a0107981_1463973.jpg


まぁ 結局どちらも美味しいという結果です
はじめからこの違いは分かっていたけれど たまにやりたくなるんですよね
この手の食べ比べ ^^

もちろん スポンジはヴィクトリアサンドにしてちゃ~んと美味しくいただきました ♪





にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2015-04-16 14:36 | イギリスのおいしいもの | Comments(12)

たまには、、、


今朝 朝起きて 朝ごはんをゆっくり食べ
で 改めて外を見たら あら久しぶりに青空ではないですか☆
出かけなきゃ!
慌ててポットに紅茶を詰めて ビスケットを持って飛び出したのはつくば市
そう 折角のお天気だから 筑波山にでも登ろうではないですかという
わたしにしては珍しくアウトドアな選択
a0107981_052126.jpg

でもまずは何はともあれお昼を仕入れないと~
はじめから出遅れてるのに さらに遅くなっちゃうけれど
お弁当がないとね 山には登れません
筑波山を通り越し向かったのはパン屋さん
何でも美味しいサンドイッチを作ってくれるお店があるというので、、、
到着したのは11時過ぎ もう売り切れ間際の繁盛店
でもどうにかこうにか サンドイッチを確保し これで一安心☆
ようやく山に登れます ^^
a0107981_053281.jpg

のんびり登り始めたのは 早起きのみんなが下り始めたお昼頃
桜は満開
新緑の中 紫・ ピンク・ 白と 色とりどりの花がそちらこちらに咲き乱れているものだから
「きれい~見て このお花かわいい~」
さっぱり前に進みません
a0107981_054443.jpg

基本的にスポーツや疲れることが嫌いなわたしが極まれに山に登ろうと思うのは
頂上でのお昼やお茶タイムが 幸せだから
それがなかったら多分絶対登りません(笑)
なので ご褒美タイムが終わった後の下りはもう無理
それが筑波山を選ぶ理由
帰りはロープウェイで す~っと降りちゃえますから(^^)
a0107981_06813.jpg

今日仕入れたサンドイッチは コンテチーズにトマトとレタス
そしてモッツァレラにルッコラ&トマト 確かにどちらも美味でした☆
そして食後の甘いもの
a0107981_062131.jpg

大好きなカスタードクリームジャミードジャー
別におうちで食べても美味しいけれど
お外で温かい紅茶と共に食べるビスケットは さらにもう一味美味しいのです☆

頂上付近ではカタクリの花がちょうど見頃
可愛らしい小鳥も発見
a0107981_055413.jpg

重いカメラと紅茶をぶら下げて 登った甲斐がありました^^

ひとしきり美味しい空気とお茶を楽しんだ後は
ロープウェーでス~ッと降下
あれ?たったの5分?
2時間かけて登ったはずなのに、、、
でも これくらいがいいのです 目的は美味しいお茶と景色であって
疲労感と達成感は求めていないので~

次はクリームティーハイキングにしようかな ♪
また気が向くのはいつのことか分からないけれど、、、



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2015-04-13 01:09 | 日常 | Comments(0)

Winter came again ! 4月の雪

いや~昨日はビックリしましたね
朝 カーテンを開けたら雪景色☆一瞬自分が寝ぼけているのかと思いました(笑)
今年は雪によるレッスンの中止が1度もなかったのに
まさか4月に入ってから、、、

a0107981_12222420.jpg

でも昨日は幸いにも雪には慣れている北国の皆さん
これくらい平気~とばかりに 元気にお越しいただけ一安心(^^;)
結局雪も元気に1日降り続けましたけど、、、やれやれ

ようやく出てきてくれた緑たちも凍りついてしまいました。。。
a0107981_12223589.jpg

満開の桜も凍り ま~ったくお花見どころではありません
ここのところ本当に毎日悪天候
春休み最後の日にせっかく来てくれた可愛いお子達とのお花見も家の中
まぁ それはそれで楽しいんですけれど~
a0107981_12225097.jpg

大人はペリー 子供たちはお子さまビール☆
今ってこんなものまであるんですね 結構それっぽい(笑)
この日のシェフが作ってくれたのは 海老と貝のパスタやナチョスetc...
腹ペコお子達にはホットドッグ(^^
適当に作っていたわりに 全部ちゃんとおいしいのはさすが(失礼)
a0107981_1223178.jpg

おやつ係のわたしは ルバーブといちごのパイに ルバーブのケーキ etc...
この子たちの目には我が家はきっとお菓子の家にうつっているに違いない(笑)
こうして遊んでくれるのも いつまでやら~

a0107981_1223930.jpg

外のムスカリは雪に埋もれかわいそうだったけれど
家の中のムスカリはぬくぬく
おかげでもうそろそろ花は終わってしまいそう

a0107981_12231886.jpg


そう言えば チューリップも水栽培できるのかな・・・?




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2015-04-09 12:51 | 日常 | Comments(0)

お花見アフタヌーンティー


せっかく桜が満開なのに 今日も雨がパラつきぱっとしないお天気が続いていますね~
でも こんな今一歩さえない空模様の中も 隙を見てはお花見を楽しんでいます
そんななかの一コマ~

ポットに熱い紅茶とバスケットには甘いものを沢山詰め込んで
友人カップルたちと近所の大学の構内へ
a0107981_1111639.jpg

ハッピーバースデーお花見 with シャンパンアフタヌーンティー
子供の頃よくやった雑誌についてくる付録を思い出しながら 紙製の3段スタンドを組み立てて~
おままごとのように ケーキやタルトやらクッキーやら たくさん並べ
桜の下のティータイム
a0107981_1112717.jpg

アルコールと温かい紅茶 そしてスコーンにクロテッド
少しずつ体は温まっていったけれど
このちょっと肌寒いピクニック 思わずイギリスを思い出しました
夏でも日差しが翳った途端に寒くなるイギリス
ピクニックしてても突然ふってくる雨 、、、
a0107981_111385.jpg

そう言えば今日はイースターサンデー
イギリスでは貴重な4連休の真っ最中☆ 家族でピクニックを楽しんでいる人も多いことでしょう
そう この日も実はイースターっぽいアフタヌーンティーにしようかなぁとも考えたのだけど
日本のお花見はやっぱり黄色より ピンクのイメージ

a0107981_1114633.jpg

イギリスのイースターのお菓子については 今年は こちらにいろいろ書いたので
ご興味のある方はどうぞ☆

1時間半くらいかな お茶していましたが
「う~ん やっぱりそろそろ避難する?」
歩いて3分の家に戻り 再開☆
紅茶とケーキに徹する組 ワインを飲を飲み直す組
a0107981_112549.jpg

お昼から始まったはずのお茶会も 気づくとキャンドルを灯すまでに陽もくれて~
そんなある日のお花見~






にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2015-04-05 11:53 | 日常 | Comments(4)

共通項

昔と違いアンテナが寝っぱなしのこの頃
雑誌も買わなければ テレビも観ない ネットで調べるのは必要に迫られてのことばかり
以前は新しいお店や美味しそうなお店の情報なんかも気になって
次はどこに行こうとか あそこに行かなきゃなんてことばかり思っていたのに
それが今ときたら いざ誰かと会おうとか ご飯を食べようかという段になると
どこに行きたいのかまったく思いつかないのだから困ったもの
美味しいお店情報に詳しいのじゃないかと よく思われるけれど
この頃はほんとうにサッパリ☆

で 当日になってもどうしようか~どこでもいいけど~などといいながら
結局いつも ガヤガヤうるさい駅やなんかから
「今ってテーブル空いていますか?」 なんて電話をするパターン
(人生の残り時間に比例して 計画性もどんどんなくなっていくよう、、)

そんな中のひとつ
a0107981_16235529.jpg

神楽坂にある リヨンの地方料理を食べさせてくれるお店

バジル風味のエスカルゴが入ったシューが美味しかったな、、、
ブーダンノワールとりんごのタタンや リヨン風サラダ
サリガニさんがソースから顔をのぞかせるクネルなど リヨン名物がいただけます
a0107981_1624446.jpg

ここを選んだのはこのクネルと ババがおいしいといつか聞いていたから
ババは自分で好きなだけラム酒をかけて。。。

もう一軒
数日前のこと、、、また駅から電話しての同じパターン
銀座の中央通り沿い
ここは無農薬野菜のオードブルが美味しいよと聞いていたから
a0107981_16241315.jpg

オードブルもメインも全てとても手が込んでいて美しい
そして当然美味しかったのですが 実はこの日のメインディッシュはおしゃべり
イギリスのこと イギリスのお菓子のこと 最近のこと etc etc....
a0107981_16242320.jpg

そうそう デザートはいくつかの取り合わせの素材がのったトレーをだされ
「この組み合わせからイマジネーションを働かせてください」 と言われます^^
わたしの選んだ組み合わせは 「レンズ豆&桜の花」 というもの
桜風味の求肥にレンティル入りクリームのフィリングが登場☆ 春らしいひねりの効いたデザートです

さてこの日のお相手はイギリスから一時帰国中の山口もも さん
この日の都内は桜も満開 そして暑い☆
わたしもももさんも冷え性だけれど それでも~の暑さにビックリ
そして人の波 「都会はたまにでいいね~(笑)」

あれもこれもと一気にしゃべりながら食べたせいか 満腹中枢が働かず
あれ なんかもっと食べれそう?
直後に向かったのは ローズベーカリー
a0107981_16243167.jpg

イギリスから来て早々 イギリス菓子でもないかもしれないけれど
未体験だったそうなので やっぱり気になるところ
ももさんのチョイスはローズベーカリー名物キャロットケーキ
「おいしい!」 合格点だったようです
わたしとももさんの共通点は イギリス菓子の中でキャロットケーキが一番くらいに好きだということ
そして 「自分のレシピのキャロットケーキが一番美味しいと思っているけれどね☆」
ここも一緒
それはそうですよね 自分好みのレシピになっているんですから☆

それにしてもイギリス菓子を通して知り合いになれた方の本当に多いこと
イギリスはもちろん 日本でもそう
「お菓子好き」 という共通項は ちょっとした言葉の壁や 初対面の気後れなんかをいつも軽く取り払ってくれました
いやいや お菓子好きで良かったです ^^

ももさんまたお会いできるのを楽しみにしています♪
Thank you for your precious time in Japan ☆ やっぱり Thank you 使っちゃいますね ;)

そしていつも読んでくださっている皆さんとの共通項も恐らく 「お菓子or 美味しいもの」
Thank you always for your time reading my blog ☆



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2015-04-02 12:52 | 日常 | Comments(4)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧