<   2014年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

春のアフタヌーンティー

ようやく春の日差しが宇都宮にも降り注ぐようになったものの
そう日当たりのよいほうでもない我が家の庭は まだまだ冬のまま
未だにスノードロップが咲き
数日前に チューリップなどの球根たちが 芽を覚まし
ルバーブが落ち葉の下から 「そろそろ出ようかなぁ~どうしようかなぁ~」 と
赤い頭をのぞかせ始めたばかりで
とても春が来たとは言えない感じ。。

a0107981_23464026.jpg

ところが昨日 都内に出てみると あらま
もう桜がほころんでいるではないですか~
そこはすっかり春
随分 違うものです
じめじめ梅雨や夏は ほぼ同時にやってくるのにね~まったく☆
a0107981_23375257.jpg

この日のお出掛けのメインは美術館
~だったはずだけれど その倍以上の時間が割かれて
実質上のメインと化したのは お花見ならぬ 「桜アフタヌーンティー」
a0107981_233893.jpg

本音を言うと 桜アフタヌーンティーではなく 普通のアフタヌーンティーのほうが好みなのですが
贅沢を言ってはいけない
待ちわびた 春の到来ですからね

お野菜のスティックには 桜風味のディップ
チーズの上にも桜の花びら
a0107981_23382146.jpg

桜のブランマンジェに 桜のエクレアそして 桜マカロンと言った具合に桜尽くし
ピンク色に溢れた ラブリーな3段スタンドがやってきました

それにしても 色もかわいければ サイズもかわいい
一緒に行った友達と わたしたち これで足りるかしら?
クロテッドクリームってお代わりできると思う?と顔を見合わせました
a0107981_23383886.jpg

だってスコーンも本当にミニサイズ
クロテッドときたら そのスコーンの半分くらいにしか足りなそうな量なのですから(笑)

結局お腹のほうはかなりいっぱいになったのですが
日本のアフタヌーンティーは本当にお上品ですね☆
程よい量と言えば程よい量
もういい年なんだから いい加減 腹八分目という言葉を実行しないと体によくないのは
重々分かってはいるんですけれどね。。。^^

宇都宮にも 桜シーズンがやって来たら
またお花見クリームティーでもしようかな。。
大きなスコーンとたっぷりクロテッドを準備して^ ^


☆★お知らせ★☆
4月10日(木)10:00~のイースターレッスンに空席できました




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2014-03-30 00:22 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

カリソンを作る、、

美味しそうなフルーツがあると お菓子にしたくなります
そのままはもったいなくて なかなか食べられない(笑)
この時期はレモンが大量にあるので せっせとレモンカードや レモンのお菓子を作り
糖分摂取に余念がありません☆
生のフルーツより 加熱した果物が好き= 当然 ジャムも大好き
作る上に おいしそうなジャムを見つけると ついつい買ってしまうので
家の中も冷蔵庫も いつも瓶詰めだらけ
そうすると ついつい 食べ忘れられてしまう瓶詰めも 出て来るわけで~
「う~ん これまだ食べられるかなぁ~」 なんて言いつつ 開けるものも (^^;
そういうわけで 今日発掘したのが 以前エクサンプロヴァンスで買った 「カリソンのペースト
大丈夫!賞味期限はちょっと過ぎていたけれど 美味しくいただけました
近頃胃は弱いけれど 基本お腹は丈夫なほうだし~
a0107981_1450116.jpg

カリソンのペーストは 本当にカリソン味
つまり アーモンドとフルーツのコンフィを混ぜた濃厚な味
これを食べながら カリソンの本をパラパラ見ていたら
フォアグラのカリソン? カレーのカリソン? う~ん 美味しくなさそう・・・
そんなのは食べたくないけれど
気分は 結構 「カリソン」 ☆
今日はちょっと時間があるし 材料もありそうだし 作っちゃう?
アーモンドパウダーと粉糖
メロンのコンフィはないけれど オレンジや洋梨のコンフィはあるし、、、
a0107981_14502538.jpg

なぁんて 思ったのが 大きな間違い、、、
日頃 超お手軽 簡単イギリス菓子ばかり作っているので
作り始めたはいいものの 面倒~
工程は 決して多くないんです
アーモンドパウダーと粉糖を 120℃のオーブンで30分程乾燥焼きし
あとは フルーツのコンフィに シロップと オレンジの花の水を 加えてペースト状にし
先ほどの粉類と混ぜるだけ
a0107981_14503699.jpg

この後は
薄いウエハース( or エディブルペーパー)の上にのばして
ちょっと時間を置いたら カリソンの形に 型抜き
グラスをかければ完成
a0107981_14504767.jpg

な訳ですが、、、
ワンボールでぐるぐる 「ハイ完成ですよ~☆」 のイギリス菓子どっぷりの毎日は
わたしの忍耐力を すっかり衰退させたようで
これしきのことで 途中で飽きてしまいました(笑)
a0107981_1451086.jpg

推測するに その原因のひとつは~
型抜きして余った 生地を食べすぎて 完成が楽しみでなくなったから・・・
というのも 大きいでしょう。。。

カリソンが あんなに小さいのに高級な訳が分かります
小麦粉や卵のような 安い材料が入らないうえに
ちょっと面倒ですもの。。。
やっぱりイギリス菓子のほうが 簡単でいいかな (^^



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2014-03-27 15:45 | フランス | Comments(3)

春のおさんぽ

春分を過ぎて ようやく春らしい日がやってきましたね
冬の間 ちょっと大人しくしていた我が家も ちょろちょろし始める季節到来です
さて ここで 問題
我が家のこの週末のお出掛け先は?
ヒント
梅 ・ 納豆 ・ みとちゃん(体は黄門様 頭はつと納豆!の女の子・・・)
a0107981_19441410.jpg

そう 答えは 水戸の偕楽園
でもちょっとその前に寄り道を~
偕楽園ではいっぱい歩きますから まずは腹ごしらえをしないとね(^^
シーズンが終わってしまう前に 駆け込み 「アンコウ」
あんこうの肝を炒めて油を出し 水を加えないで作る鍋 「どぶ汁」
a0107981_19435751.jpg

びろんびろんの皮に ぶりんぶりんの胃袋 ぐにんぐにんの卵巣。。。
いくらお肌プリンプリンになるといわれても これ 結構勇気要ります。。。
でも 目をつぶれば 美味しいかな(笑)
しかし こんな迫力フェイスのお魚 そうそういませんよね
イギリスではモンクフィッシュ(あんこう)は 頭はもちろん皮もきれいに剝かれ
売られているのは尻尾のほうの身のみ
日本人の珍重するあん肝なんかは ゴミ箱直行
所変われば 嗜好も変わる ですね

さて エネルギーもコラーゲンもバッチリ補給した所で
本題の 梅を愛でに偕楽園へ
a0107981_19442888.jpg

白 から 桃色 深紅まで
青い空に 映える梅の花
a0107981_19444730.jpg

梅の木は どんなに満開でも 一つ一つの花が小さいので
桜のように ゴージャスな感じには決してならないけれど
年月を経た枝振りが花器のように 清楚な花を惹き立て実に見事

a0107981_19443727.jpg

さぁて 沢山歩いたし
目の保養もしたし
今日のおさんぽの〆へと 向かいましょう~

ちょうど前日のレッスンに 水戸からの生徒さんがいらしていたので しっかり情報収集☆
水戸で一押しというケーキ屋さん
a0107981_1945089.jpg

運動の後はやっぱり 糖分補給をしないとね^^

それにしても レッスンに来てくださる方々の 美味しいもの情報のすごいこと!
どうにもこうにも憶えきれないので そのうちテーブルにノートでも置いて
書き込んでおいてもらおうかと、、、(よくありますよね カフェとかに書き込みノート)
ほんとうに 粉ものミシュランノート 出来ると思う。。。


☆★お知らせ☆★
5月のレッスンメニューおよび 日程UPしました

4月10日イースターレッスン
空席できました



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2014-03-24 23:42 | 日常 | Comments(0)

アニョーパスカル

最近めっきり陽が長くなってきて うれしいな~と思っていたら 今日はもう 春分の日
ということは~ 次に空に満月が見えたら その直後の日曜日はイースター
先週末 きれいな満月が見えていたから おおよそ1ヵ月後ですね
正確には今年のイースターは 4月20日
この満月がいつ来るかによって 毎年イースターの日付は
3月22日から4月25日の中で移動する「移動祝日」
日本でもハッピーマンデー制度が導入されたというものの
毎年 せいぜい数日のちがい
イースターのように その年によって1ヶ月も幅があるのは どうも不思議な感じです。。

ちなみに去年のイースターは3月31日だったので
今時分はイギリスのイースターのお菓子「シムネルケーキ」 などを作っていたのですが
今年は思い出したように フランスのイースターのお菓子を焼いてみました
アルザス地方のイースター菓子 「Agneau Pascal」 (アニョーパスカル)
a0107981_21254172.jpg

アニョーはこひつじ パスカルは復活祭という意味の 子ひつじ型をしたお菓子です
生地はシンプルな別立てのスポンジなのですが 特徴的なのはその型
アルザスの陶器でできたきれいなクグロフ型は有名ですが
それと同じくアルザスのスフレンハイムという町で作られている陶器製
我が家の2匹は 大分昔にアルザスに行った時に 大事に抱えて帰ってきたもの
この他に クグロフ型も2つも持ってきたのだから 頑張ったものです(^^;
a0107981_21255466.jpg

型の内側にバターを塗って 粉をはたき 生地を流したら焼くこと30分
留め金をはずすと パカッと型がふたつに割れて 羊さんを取り出すことが出来ます
ひとつひとつ型によって 顔や耳の感じが違うので 結構面白い☆
a0107981_2126634.jpg

この子は耳も短くて どちらかと言うと ちょっと牛顔 (笑)
もう1匹のほうが 顔も細く耳も長く ひつじ顔。。
今の時期アルザスのお菓子屋さんにいくと
この美味しいこひつじちゃん達が沢山並んでいますが
きっとお店によって 顔も体格も さまざまなことでしょう~
それにしても このお菓子 結構立体的なので カットする時がちょっとかわいそう
真っ赤なレッドヴェルヴェットケーキで作ったら 怖いだろうな~なんて(^^;

a0107981_212617100.jpg

パリやフランスの他の町では イースターのお菓子といえば
やっぱりメインは チョコレートでできた卵やうさぎ
お菓子屋さんのウインドーは 今にも動き出しそうなうさぎやひよこなどで飾られていますが
南仏や コルシカ島など地方色の濃い土地では
アルザス同様 また独特のイースターのお菓子を見つけることができます
南仏のエクサンプロヴァンスでは ブリオッシュの生地にあられ糖をまぶして
卵をぎゅっと詰めて焼き上げた 「Mouna de Paques」
a0107981_21262913.jpg

距離的には フランスよりイタリアに近いコルシカ島では
これまた卵を イースト生地の中に編みこんだ 「Cacavellu」 などなど

芸術品のようなチョコレートもいいけれど
昔から作り続られている こういった地方に根ざした行事行事のお祝いのお菓子
素朴で 個性的で なんとも魅力的な顔をしているものばかり
ことお菓子に関しては まったく面食いではないわたしです~(笑)





にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2014-03-21 23:13 | フランス | Comments(2)

インスタントミックス

最近のパンケーキミックスはいろんな種類があるのね~とスーパーを眺めていたら
そのお隣に並んでいたのが スコーンミックス しかも抜き型つき☆
なかなかメジャーにならないイギリス菓子だけれど
スコーンだけは 日本でもしっかり市民権を得ましたね

イギリスでも やはりスコーンミックスはあったけれど
それを使ってスコーンを作っているわよ〜という人を聞いた事がなかったのは
きっとわざわざミックスを買ってこなくとも
セルフレイジングフラワー(ベーキングパウダー入りの小麦粉)とマーガリン
牛乳を適当に混ぜれば出来ちゃうし~ という感じなのかな・・・

ここでふと湧いた疑問、、、
ラーメン屋さんって インスタントラーメン食べることあるのかな?
パン屋さんは コンビニのパンとか食べたりしないのかしら?
わたしは こんなに毎日ケーキばかり焼いているけれど
インスタントケーキミックスにも 興味津々(笑)

「マデイラケーキ」 は イギリスの最高にシンプルなバターケーキ
a0107981_217381.jpg

バターと砂糖・ 卵と粉 をぐるぐる混ぜればできてしまうパウンドケーキのようなもの
せいぜいレモンの皮のすりおろしで風味をつけるくらい
アメリカの 「コーヒーケーキ」が コーヒーに合うケーキだから~というのと一緒で
これも 別にマデイラ酒が入っているわけではなく
ポルトガルのマデイラ酒にとても合うから というのが その名前の理由だとか
このマデイラケーキミックスには 紙の型まで入っているからとっても便利

ケーキミックスは いかにもインスタントな微妙~な味のものも多いけれど
この ↓ スパイスケーキのミックスは その中では食べられるほう(^^
a0107981_217167.jpg

箱に書いてあるとおり 非常~にモイスト
一体何が入っているとこんな食感になるのやら(笑)
a0107981_2171389.jpg

ケーキミックスではないけれど
こんなものもあります 「ダンプリングミックス」
ダンプリングは 東欧やドイツなどでもポピュラーな 小麦粉のお団子
ドイツだと 「クネーデル」
日本なら さしずめ 「すいとん」?
a0107981_2175826.jpg

小麦粉を練って作ったダンプリングは イギリスではシチューのような煮込みにそのままのせて
ぐつぐつ煮込んで火を通します
そして 中まで火がとおれば食べられるわけだけれど
そのままよりは できれば
一度鍋ごとオーブンに入れて ちょっと表面を焼いてあげたほうが 美味しい
a0107981_218106.jpg

粉もの何でもござれの私だけれど
これは 「粉の塊を食べている感」 で言ったら
茹でるタイプの 「スポテッドディック」 と並んで トップクラスの
ずっしりヘビーな 粉物です(^^;





にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2014-03-18 22:24 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

ギネスビールでケーキ作り

先日「何かに使って~」 とギネスをいただいたので
まだ寒いし 煮込み料理もいいな~とも 一瞬考えたものの
結局はいつものごとく ちゃちゃっと作れる簡単お菓子に ^^

まずは「ギネスのカップケーキ」
あの苦いギネスをケーキに~と思われるむきもあるかも知れませんが
チョコレートとあわせると ほろ苦さ同士がうまいこと重なって
案外深みのある味になってしまうから不思議☆
a0107981_18442089.jpg

作り方は普通のカップケーキよりずっと簡単
ギネスとバターをお鍋で温めて溶かしたら
あとは卵やお砂糖・ 粉などを全てそのお鍋に投入してぐるぐる混ぜるだけ
a0107981_18443148.jpg

力もコツも 必要なし☆
でも相当地味な見てくれなので
クリームチーズのフロスティングでデコレーション
ワインにチーズじゃないけれど 黒ビールにクリームチーズも大人味で合うんです
a0107981_18444182.jpg

ギネスは アイルランドのビール
そういえば シャムロック (アイルランドのシンボルの緑のクローバー)柄の お皿があったな~
と引っ張り出して のせてみました^^

折りしも あさって3月17日は St. Patrick's Day
アイルランドの守護聖人 聖パトリックを祝う日
アイルランドだけでなく ロンドンやアメリカなどアイルランド系の人たちが沢山いる街では
緑一色の賑やかなパレードが行われることでしょう
a0107981_18445542.jpg

ついでにもう一品 お得意の「ギネスとイチジクのケーキ」
イチジクを軽くギネスで煮込んで一晩漬けておいたものをたっぷり焼きこんだケーキ
a0107981_184513100.jpg

イチジクのプチプチとした食感と ほんのり残るギネスの香り
赤ワインでも飲みながら食べたい これまた大人味のお菓子☆
a0107981_18452377.jpg


日本でも この週末 St. Patrick's Day のパレードなどを行っているところもあるようですね
でも日本にとって アイルランドは イギリスと比べると まだまだ遠い国

「ガリバー旅行記」の作者 ジョナサン・スイフトや
「幸福な王子」の オスカーワイルド
(自分の体の金箔をどんどん貧しい人に分け与えて 最後は鉛の心臓だけになってしまう・・・
という あのお話し)
「ユリシーズ」 の ジェイムズ・ジョイス などを思い浮かべる人もいるかもしれませんが
たとえ 「イギリスの隣にある国だよね~首都はダブリンで、、、」
くらいしかパッとはでてこなくとも
世界記録でも有名なこの 「ギネス」だけは思い浮かぶかも?
いまや世界50カ国で醸造されていると言う 「ギネス」
日本でも作ってくれたら 出来立て美味しいギネスが飲めるのに。。

わたしの場合 アイルランドと言って ギネスの次に思い出すのは
アイルランドにあるクッカリースクールBallymaloe Cookery School
緑いっぱいの のどかな環境のこの料理学校に
一度行ってみたいな~と 思っていたので
いつか行けるかな(^^)?


☆★お知らせ★☆
19日(水)13:30〜 空席できました




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2014-03-15 20:24 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

ヴィクトリアサンドウイッチ

日本で 「ケーキの種類をひとつ挙げてみて」 と言ったら
トップの答えは 間違いなくショートケーキですよね
イギリスの場合おそらくそれは 「ヴィクトリアサンドウイッチ」 (ヴィクトリアスポンジということも)
スポンジ生地2枚の間に ラズベリージャムをサンドした 非常~にシンプルなケーキ

イギリスお菓子の基本となるこのスポンジケーキは
日本の軽い食感のそれとは異なり ソフトなパウンドケーキのような食感
それもそのはず 材料は バターと卵 ・お砂糖と 粉がほぼ同割り
作り方もバターに砂糖をすり混ぜて 卵を加えて~と 要はパウンドケーキ
でも イギリスではこれが ベーシックなスポンジケーキ
日本的な卵とお砂糖を先に泡立てて作るふわふわスポンジは フランス風に「ジェノワーズ」
あるいは 「フェザーライトスポンジ(羽のように軽いスポンジ)」 などと呼ばれます
a0107981_15262575.jpg


今月のレッスンでは 前述のパンケーキと このヴィクトリアサンドイッチを作っています
が 今回はちょっと春らしく ドレスアップバージョン☆
マスカルポーネのクリームと レモンカードをサンド
(超簡単パンケーキとシンプルヴィクトリアでは あっという間に作り終わってしまいますからね(笑)
ジャムバージョンはおうちで作ってもらうことにして~
a0107981_152687.jpg

わたしはこのレモンカードとマスカルポーネクリームの組み合わせが大好き^^
日本のスポンジには生クリームがぴったりだけれど
イギリスのどっしりスポンジには 生クリームより存在感のあるこのクリームのほうがしっくり
甘酸っぱいホームメイドのレモンカードと合わせると
単調になりがちなヴィクトリアサンドも 最後まで美味しくいただけます
a0107981_1525599.jpg

国産レモンのシーズンもあとわずか
今のうちにレッスンで紹介しておきたかったのも 今回取り上げた理由のひとつ
近頃は日本でも市販のレモンカードを買うことが出来ますが
手作りのカードのフレッシュ感には 全く敵わない☆
トーストやスコーンに塗るのはもちろん
ショートブレッドや アイスクリームに添えたり
生クリームと混ぜて レモンクリームにしたり 使い方はいろいろ
a0107981_15255026.jpg

レモンカードのポジションはジャムに近いけれど 作り方は卵で濃度をつけるカスタードのようなイメージ
卵とレモン ・ バターとお砂糖を混ぜて火にかけて
あとは スプーンの裏側にラインが引けるくらいにトロリとさせたら完成
湯煎で作るやり方が一般的だけれど
慣れたら 直火でもOK☆ 美味しいレモンカードがあっという間に出来てしまいます

ちなみに レモンカードの「カード」 とは 液体に 酸や酵素を加えて凝固させたもののこと
例えば 温めた牛乳に酸を加えると カッテージチーズのようなものが出来ますよね
あれはカードチーズの一種
Soybean Curd (大豆のカード)は 豆乳を固めて作るお豆腐のこと
a0107981_15261634.jpg

ヴィクトリア女王様には 「わたしのお気に入りは シンプルなジャムサンドなのよ~」
と言われそうだけれど
たまにはこんな 爽やかなヴィクトリアサンドもいいですよね

春ももうそこまで来ていることですし☆



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2014-03-12 21:52 | イギリスのおいしいもの | Comments(5)

セイボリーパンケーキ

前回 イギリスのパンケーキは 「レモン&お砂糖」で食べるのが一番ポピュラーなんですよ~
と紹介しましたが
お砂糖が入らない分厚いクレープのような このパンケーキのこと
ガレットやトルティーヤ あるいは春餅のような感覚で
セイボリー系(お食事系)に もっていくことも よくあります
ハムやチーズをサンドしてもいいし
a0107981_22321781.jpg

トマトソースや クリームソースでまとめた
きのこや シーフード あるいは ひき肉などをフィリングにしてもOK
ランチや軽い夕食にもぴったりなお惣菜になります
フィリングを包んでから チーズをのせて オーブンで軽く焼いたりもするのですが
包み方は やはり「お砂糖&レモン」 の延長線上なのか くるくる端から丸めることが多いので
パッと見は まるで カネロニか エンチラーダのよう (^^
a0107981_22322746.jpg

前菜や おつまみにしたい時は ブリニのように 小さく小さく焼いて
上にチーズとチャツネや スモークサーモンのディップなどをのせてあげてもいい
トマトピュレを生地に混ぜれば 赤いパンケーキになるし
ピスタチオペーストを入れて 緑のパンケーキにしても楽しい
もちろんパセリやディルなどのハーブのみじん切りでも とってもいい香り
a0107981_22323648.jpg

同じ感覚でよく作るのが シュー
これまた甘くない生地なので
トマトペーストや ピスタチオペーストなどを入れて 小さく焼き
中に クリームチーズとドライトマトをあえたものや
サワークリームと生ハムを混ぜたものなど 何でもいいので適当に詰めてあげると
ワインのお供にぴったりな前菜に☆
a0107981_23215262.jpg

最近はチョコレートピザに行列が出来ていたり
ある日訪れた インド料理屋さんでは あんこ入りの 「ナン」 があったりと
この生地は甘いもの この生地はセイボリー用~という枠にとらわれない使い方が
日本でも だいぶ広がってきたよう
新しい食材 珍しい食材もいいけれど
いつもの食材や生地でも 固定概念を忘れて いろいろチャレンジしてみると 結構 楽しめます
(たま~に失敗もあるけれどw)
例えば お友達を おうちランチに誘って ちょっぴり驚かせたいのなら
「これ何かなぁ~?」 という 全くお初の珍しい食べ物をだすより
「え~あれが こんな風にも使えちゃうの~?」 のほうが インパクト大ですよ(^^



☆★ お知らせ ★☆
3月13日(木)10:00~ 空席できました




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2014-03-09 00:02 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

パンケーキデイ

イギリスでは 昨日 一体何枚のパンケーキが消費されたのでしょう
日本では未だパンケーキブームが続いていますが
イギリスには年に一度 「パンケーキデイ」 と呼ばれる日があり
この日が近づくと 巷に一気に踊る "Pancake" の文字
スーパーには お水を入れてシャカシャカ振れば そのまま生地をフライパンに注げる
容器入りパンケーキミックス(写真右下) が山積みになり
学校や 町では
パンケーキをフライパンに入れて 疾走するパンケーキレースが行われます

a0107981_16583593.jpg

イギリスのパンケーキは 日本で流行っているアメリカのそれとはちがい
膨らみのないちょっと分厚いクレープのようなもの
砂糖もベーキングパウダーも入らず 小麦粉と卵・牛乳を混ぜるだけのいたってシンプルな生地

今年のパンケーキデイは 3月4日 つまり昨日
我が家のレッスンでも ちょうど昨日から
イギリスのトラディッショナルなタイプのパンケーキを作っています
a0107981_1658854.jpg

とにかくシンプルなので 生地を作るのは3分
焼くのも数分
食べ方も超シンプル たっぷりのお砂糖とレモンを振りかけるだけ
端からくるくる巻いて いただきます☆
a0107981_16581622.jpg

恐ろしくシンプル なのに 妙にあとをひく美味しさ☆
何枚でも食べられちゃう(^^
行列して 山盛りクリーム&ベリーの ふんわりパンケーキを食べるのもいいけれど
普段食べるのなら こういうシンプルなほうがしみじみ美味しいなと 思ってしまいます
今月はレモンカードも作るので レモンカードを添えるのもかなりお勧め☆
a0107981_16582519.jpg


ところで 毎年パンケーキデイの事を書いているので聞き飽きた方もいるかなと思いつつ、、、

毎年 春分の日のあとの満月の次の日曜日が イースター(復活祭)となるのですが
イースターの46日前から始まるレント(四旬節)と呼ばれる期間中は
食事や祝宴などを節制する という習慣が 昔ありました
当時は レント中 肉類の他に 卵や牛乳・ バターなどの乳製品なども食べなかったので
レントが始まる前日 (Shrove Tuesday) に全てパンケーキにして食べきっていた~
というのが パンケーキデイの始まりだとか
現在 断食の習慣は消え 美味しいパンケーキを食べる習慣だけが残っているわけですが
今でもこのレントの期間中 「わたしはチョコレートを我慢するわ」「お酒を我慢する~」 とか
何かひとつ自分の大好きなものを我慢する宣言 をする人もいます
本来 キリストの受難と苦しみを分かち合うために行われていた節制
復活の日の46日前から始まると言うのも キリストが荒野で行った40日の断食から来ているとか
(日曜日はカウントしないので40日とみなします)

わたしだったら 一番好きな甘いものを我慢する。。。とか?
・・・絶対無理・・・(^^;
結局 健康診断の前の晩も「普段どおりの体調を見てもらったほうがいいのよね~」と開き直り
たっぷり甘いものを摂取していたくらいですから。。。



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2014-03-05 17:59 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)

ポリッジ

イギリスの朝ごはんと言えば
ボリュームたっぷりのイングリッシュブレックファストが有名だけれど
あんな朝食をみんなが毎日食べているわけでもなく
大抵はトーストや シリアルなどの軽いもの食べて 仕事や学校に出かけます
寒い日が多いイギリス 温かいポリッジも人気の朝食
わたしはポリッジが大好きなので これまでも何度となくこのブログにも登場していますが
ほかのシリアルに比べて 日本ではまだまだ馴染みが少ないし
「ちょっと苦手なの~」 という声も多数
どうも ライスプディング然り
お米や麦に 牛乳と砂糖を加えて煮る というのが
日本人にはイメージ的に拒否反応をおこさせるようです(^^;)

でも このポリッジ 別に牛乳と甘味を加えなくとも 作ることは出来ます
イングランドでは牛乳で煮て ゴールデンシロップなどをかけ甘くして食べることが多いのですが
ポリッジの本場 スコットランドでは お水と少量のお塩を加えて煮て食べるのが基本
a0107981_188335.jpg

ポリッジオーツ(蒸してローラーでつぶして早く調理できるようになっているオーツ)と
3倍くらいのお水を鍋に入れ 沸騰したら少量のお塩を加えて かき混ぜながら
5分ほど煮れば出来上がり
そこに好みで 冷たい牛乳やお塩
甘いのが好みなら はちみつやジャムなどを加えていただきます

もっとトラディッショナルにしたければ ポリッジオーツではなく
pinhead oats あるいは steel cut oats と呼ばれる
オーツをつぶさず 3~4個にカットしたものを使うと
食感がしっかりあり ナッティーな風味も楽しめるポリッジに仕上がります
これは 日本ではアイリッシュオートミール あるいは挽き割りオートミール として売っていることも
ただし 作るには少々の辛抱と時間が必要
5分ほどで出来る普通のポリッジとちがい 柔らかくなるまで30分ほどかかります
そんなにかき混ぜているのは無理~という場合は 前の晩からお水にオーツを浸けておけば
多少は 煮る時間を短縮することもできますよ
すぐにくたくたになってしまう普通のポリッジとちがい 麦の粒がしっかりしているので
まとめて何日分か作り冷蔵庫に入れておき
少しの牛乳をかけて レンジで毎朝温めて食べるなんて人もいます


a0107981_188476.jpg

ポリッジの作り方には スコットランドでは一家言ある人も多いらしく
ポリッジ作りのワールドカップなるものまで毎年開催されています
ネス湖もほど近いCarrbridge という村で行われている
Golden Spurtle World Porridge Making Championships」 は
なんと去年で 20回目
Spartle とは ポリッジをかき混ぜる時に使われる木の棒のこと
(一番上の写真で使っている 上の部分がスコットランドの国花 あざみになってい棒)
これで作る時は必ず 時計回りに混ぜないと縁起が悪い~なんていう言い伝えもあるのですが
優勝者には ゴールドのSpurtle型のトロフィーが贈られます(笑)
このトラディッショナルポリッジ部門では 使っていいのは オーツのほかには 水とお塩だけ
食感と味と色 が評価されます
(審査員はテイスティングする時 ミルクかクリーム 砂糖かお塩を加えてよいそう^^)
スペシャリティ部門では
他にどんな食材を加えてもよく
「ウイスキー・シナモン・アップルポリッジ」
「パンナコッタポリッジ」 「ベイクウエルタルトポリッジ」 などなど
なんだかとっても魅力的な名前が並んでいます
興味のある方はレシピものっているのでチャレンジしてみるのも楽しいかも☆

誰が世界で一番美味しいポリッジを作れるか大会、、
日本なら さしずめ 「ご飯炊きワールドカップ」 といったところ
審査員がテイスティングの際に許されるのは お塩と梅干 とか?




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2014-03-02 19:42 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

フォロー中のブログ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧