<   2013年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

年末~

今年も残すところ あと2日 皆さんいかがお過ごしですか?
わたしは久々にお菓子を作らず のんびり休日
でも在庫が減ると ついつい作りたくなってしまうので
お節じゃないけれど 大量にお菓子を作り貯め
これでお正月への準備も 万端☆
(お掃除はあまり得意ではないので 大掃除は省略!)
a0107981_8275754.jpg
本当は お腹まわりが かな~り気になるけれど
この時期の美味しそうな誘惑に勝てるはずもなく
ひたすら 飲んで食べてのここ数日。。
a0107981_8281490.jpg

ランチや 新鮮魚介がうれしい おうち夕食はもちろんだけれど
散歩に出た先での 若かりし頃 通った懐かしカフェ(喫茶店かな)の梯子も楽し~
今ではオープンしてから30年以上経つ老舗カフェたち

a0107981_8265152.jpg

当時と変わらぬケーキたちに美味しいコーヒー
年々移り変わる目新しい新鮮なケーキもいいけれど
こういった変わらないケーキは イギリス菓子に通ずるよさがあります
a0107981_8253797.jpg


久しぶりに飲んだアイリッシュコーヒーも また美味☆
一時はまったんですよね アイリッシュコーヒー
日中でも あるいは
飲みに行った時も 最後にアイリッシュコーヒーの飲める夜遅くまでやっている喫茶店に行ったものでした^^
a0107981_826750.jpg


定禅寺通りは 光のページェント
これを見ると 気分もようやく年の瀬
a0107981_827279.jpg

さてさて
2013年 お付き合いいただき 本当にありがとうございました
なんでも3日坊主のわたしが驚異的に続けてこれているこのブログ
来年も 気楽に続けていきたいな と思っていますので
引き続き よろしくお願いします ♪



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2013-12-30 19:37 | 日常 | Comments(4)

今年のレッスン そして来年~

今年のレッスンも無事終了
イギリスから帰国して そろそろ1年半が経ちました
「イギリス菓子って おいしいのよ~」 と伝えたくて 再開したお菓子教室
今年1年 思いの外 沢山の方々に来ていただき
「イギリス菓子も意外と(?)美味しいじゃな~い ♪ 」 という声が聞け
わたしは 非常に Happy です ^^

そして案外 イギリス菓子に興味を持っている方も多くいることを知り
そうでない方にも 若干無理やり 「こんなお菓子もあるのよ~」 と押し付けつつ
来年も 少しずつ
私の好きなイギリス菓子の世界 (& ときどき浮気して他の粉ものワールド)を
レッスンで あるいはブログで 伝えて行きたいなと思っています~

a0107981_1651369.jpg

今年も残すところ あとわずか
これから1週間ちょっと ゆっくり休もうかな などと考えておりますが
その前に ひとつお知らせを~

1月24日(金)スチュワード麻子先生を講師に迎え
紅茶とお菓子の 欲張りな コラボレーションレッスンを開催します
今回のテーマは 『紅茶とティーフーズのペアリング』

紅茶とお菓子 どう切っても切れない間柄ですが
その中でも 特にお互いを引き立て合う組み合わせがありますよね
麻子先生による それぞれの紅茶の特長を生かした飲み方や淹れかたの説明 チャイなどの作り方
わたしはそれと相性のよいお菓子のレシピなどをご紹介
紅茶とお菓子の ペアリングについて 考えてみましょう~という内容です
もちろんご試食もありますよ どうぞお楽しみに♪

a0107981_16511526.jpg


各回 定員15名で 残席が少なくなってきておりますので
参加ご希望の方は お早めに ご連絡を お願いいたします


日時: 1月24日(金)午前の部11:00~ 午後の部14:30~ (各回2時間)

場所: Galettes and Biscuits (宇都宮)
内容: 紅茶とティーフーズのペアリング
費用: 8000円


来年もどっぶり甘いもの漬けの1年になりそうです~



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2013-12-27 00:40 | レッスン | Comments(0)

☆ ★ MERRY CHRISTMAS ★ ☆


MERRY CHRISTMAS !
青空だけど キーンと冷えた空気のクリスマス
街中キラキラして 道行く人も レストランで隣に座ったカップルもみな幸せそうで
思わずこちらまで つられて笑顔(^^
a0107981_10175795.jpg

そして街中のイルミネーションや デコレーションに負けずに キラキラしているのは
クリスマスケーキ☆
日本のクリスマスケーキは 本当にすごい!
イギリス人がこの時期のデパートにつまれているクリスマスケーキを見たら
真剣にひっくり返ると思います。。
そのなんとも美しく ゴージャスなこと!
でも ついつい気になってしまうのは 脇のほうで控えめにしている
Chiffers のクリスマススコーン(スパイス&クランベリー入り)やミンスパイ ♪
Rose Bakery でも ボリューミーなミンスパイを見つけて またニッコリ (^^
a0107981_1018855.jpg

そして ミンスパイだけにしておけばいいものを
キャロットケーキや フルーツケーキも ついつい頼んじゃう(笑)
たとえクリスマスであろうとも 日本やフランス風の 美しいクリスマスケーキより
やっぱり どっしりイギリス風のほうが 好みのようです

ローズベーカリーのキャロットケーキはちょっと軽いタイプだけれど
我が家のキャロットケーキは ミックススパイスたっぷり & どっしりタイプ
ちょっとだけ 飾りをのせれば クリスマスケーキにだって きっとOK
a0107981_10182672.jpg

忙しくて 1ヶ月前にクリスマスケーキを作る暇がなかった~なんていう時は
これでも充分かも
どうせ 連日ご馳走つづきで ウエスト周りが気になる頃だし
キャロットケーキなら気持ちヘルシーだし^^

2013年 12月 25日
どうぞ皆さん 素敵なクリスマスを お過ごしください ♪
a0107981_10183973.jpg



☆★ お知らせ ★☆
2月のメニュー&日程HPに UP しました
さむ~い冬を吹き飛ばす あったかメニューです ♪

にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2013-12-25 11:01 | 日常 | Comments(0)

パーティーシーズン


今年の12月はのんびりかな なんて思っていたら やはり師走 昼間は何やかやと忙しい
でもせっかくのパーティーシーズン
夜くらいはみんなで美味しいお酒も飲みたいし 美味しいものも食べたい、、、
この季節に限らず 人が集まることが多い我が家
いつもは 今日は何を作ろうかな~なんて考えるのも楽しいのだけれど
昨日は 若干お疲れ気味だったのか 頭があまり働かず
何も考えないで適当に作れる 定番メニューを作ることに~

イギリスパブの定番料理 ビーフ&エールパイ
そのパイが スコーン生地になったのが 「ビーフ&エール コブラー」
a0107981_22531064.jpg

要は 牛肉のビール煮なのですが
昨日は 味見をしてみたら いつもよりビールの苦味がちょっと気になる・・・
そこで冷蔵庫を開けたら目に付いた クインスのジェリーとオニオンマーマレードを投入~
ちょっとマイルドになりました☆ チャツネ類 こんな時にも便利ですね
a0107981_22383376.jpg

スコーン生地には ハーブとマスタードパウダー
軟らかく煮えたシチューの上にのせて 焼き上げれば完成☆

a0107981_2238463.jpg

もう一品のメインは 「チキン&リークパイ」
リークはこの辺では見つからないので 下仁田ネギで代用~
そして チキンのパイだと どうしても使いたくなってしまうのが 「パイバード」
これがパイに刺さっているだけで ちょっと楽しくなりませんか (^^
a0107981_22385952.jpg

サンタ帽をかぶっているのは 象さんのパイファネル☆
パイと一緒に焼かれることもなく もっぱら話題の提供係にだけなっているこの象さんは
日本で見つけたもの
イギリスのアンティークショップで買ったものより ずっと安く打ち捨てられていたのを
以前 連れて帰ってきたのでした
ぱっと見 ただの陶器の象の置き物ですもんね。。
a0107981_223995.jpg

さて 夕べの話しに戻りましょう~
前菜は アイランドにならべてセルフ
メインもやっぱり自分で好きなだけ取り分けてもらい
わたしもどっかり座って飲み食いおしゃべりモード(笑)
〆は ブランデークリームをたっぷり添えた クリスマスプディング
a0107981_22392055.jpg

今年も クリスマスを前にして 一体何個の クリスマスプディングを食べたのやら。。。

昨日は シャンパンにワイン ちょっぴり飲みすぎました
二日酔いだったらしく 今晩はチーズ屋さんでの食事だったのに1杯しか飲めませんでしたから~
デザートの チーズケーキはいっぱい食べましたけどね、、、


にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2013-12-23 00:18 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

ミスルトゥ


昨日のレッスンで うれしい手土産をいただきました
なんと 「ミスルトゥ (宿り木)」 ☆
フラワーアレンジメントのお教室をされていらっしゃるので 取り寄せられたそう
日本のお花屋さんでも ミスルトゥ 取り扱っているのですね、、
a0107981_19274884.jpg


先日 群馬の方に ドライブに行った際
山の中の高~い木の上にミスルトゥを発見 「あ~もっと近くで見たいなぁ」と思っていたところだったので
なんとも うれしいサプライズでした (^^
ありがとうございます☆
a0107981_1928271.jpg

イギリスをはじめ アメリカやヨーロッパでは クリスマスの季節になると
このミスルトゥをドアの所につるす習慣があります
モミの木や 柊 と並んでクリスマスには欠かせない植物
明るい緑色の枝に 真珠のように白い実 (日本のものは黄色に近いかな) がうつくしいので
クリスマスカードや 食器などのモチーフにもよく登場します
a0107981_19281485.jpg

下のミンスパイののった クリスマスカラーの缶は よく見るとミスルトゥと柊の柄
1ヶ月以上前に焼き ブランデーを塗りながら寝かせる必要のある イギリスのクリスマスケーキ
大事に保存しておくケーキ用の缶です
a0107981_19283775.jpg

ミスルトゥを吊るすのには 禍よけの意味もあるそうですが
「その下にいる女性には キスをしてもよい 」 あるいは
「ミスルトゥの下でキスした男女は幸せになれる」 なんて 言われており、、、
先日もチラッとお話した アガサクリスティの 「The Adventure of the Christmas Pudding
(クリスマスプディングの冒険)のラストには ポワロが若い女の子に
'If you will stand just under the mistletoe- '
(あなたがそのミスルトゥの下に立ってくれれば~)
なんて 言われているシーンもあったりします(^^

クリスマスプディングに入れるチャームの意味や ミスルトゥのもつ意味など
イギリスのちょっとした風習などを知ると この小説もより楽しめそうですね ♪
それにしても この小説の装丁(上の右角の写真) かわいすぎませんか?
ちゃんとクリスマスプディング風のベースカラーに クリームが垂れるように書かれたタイトル
ストーリーに登場するルビーが 柊の赤い実 風に施されて。。。



★☆お知らせ☆★
12月23日(祝)10:00~のレッスン 1名空席できました~



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2013-12-19 20:16 | イギリスの花 | Comments(2)

12月の甘いもの生活

今日のレッスンは一日だけ 去年の12月のメニューの復活で
「ミンスパイ」 と 「メレンゲルーラード」

やはりこれを食べると クリスマスシーズンね~ と実感するお菓子
クリスマスプディングや ドライフルーツたっぷりのクリスマスケーキは
クリスマスのディナー時などに 食べるものだけど
ミンスパイは 12月に入ると 何度も何度も食べるもの だからかな?
a0107981_18451226.jpg

さっくり軽いショートクラストペストリーに スパイスの効いたミンスミート
その年最初のミンスパイを食べる時 口をきかずに願い事をしながら食べると
その願いが叶うなんていうけれど 実際 出来立てのミンスパイを前にすると
「わ~い おいしそう~」 と食べる方に夢中になってしまうので
お願い事をするのなんて 絶対忘れちゃう(笑)

もう一品はのメレンゲルーラードは つい最近も レモンの話しのときに登場したばかり
イギリスでは 1年中通して見かけるお菓子だけれど
メレンゲで巻いた姿が まるで白樺の幹のようなので ブッシュドノエルみたいだなと
去年 クリスマス用にと とりあげたものです
a0107981_18452425.jpg

材料は 基本 卵白とお砂糖 そして生クリームがあれば出来るので
シートスポンジを作って 普通のロールケーキを作るより ず~っと楽チン☆
周りにクリームを塗らなくても それだけで充分に 木っぽいですしね (^^

クリスマスケーキに ジンジャーブレッド
クリスマスプディングに ミンスパイ それに添えるブランデークリーム
なんでも必要なものは スーパーで調達できるイギリスとちがい
ここでは ぜ~んぶ手作りしないと食べられない
a0107981_1845166.jpg

毎日 レッスンやらなんやらでキッチンにばかりこもっているので
ブログも毎回レッスンと クリスマスベイキングの話ばかり続いていますね。。
でも 食いしん坊の私のこと せっかくのクリスマスランチや パーティーはもちろん逃したくないので
ちょこちょこ合間を縫ってキッチンから脱出☆
せっかくキラキラしているみんなのおうちや街 お店などは見たいですから~

先日 訪れた新宿のパークハイアットも すっかりクリスマス
この時の メンバーは 新宿から 愛知から 軽井沢から そして私の4人
出会ったのは パリのリッツ
そして 4人が日本で揃うのは今回が初めて☆
a0107981_18491755.jpg

みんな年はとったけれど(笑) リッツを終えたあとは それぞれ ケーキ屋さんを開いたり
パティシエになったり ケーキ教室をやっていたり
なんだかんだで皆 甘いものに囲まれた生活~
だから 会話は当然 お菓子や美味しいものの話しが中心☆
a0107981_184930100.jpg

自分でそんなに作っていたら 他のお店のお菓子なんて食べる暇ないんじゃない?とか
そんなに毎日 甘いものばっかり食べてて飽きないの?
なんて よく言われるけれど こういう面々にとっては まったく心配ご無用 ☆
食べ飽きないし 他所のお菓子は自分が作ったものより もっと食べたいものなんです(^^
だから この日のランチのデザートバイキングも お皿はみなてんこ盛り!
食べる前から もう1回行けるかな とか言っているくらい(笑)

でも リッツに行っていた頃よりは大分 胃袋の衰えを感じる今日この頃
デザートのお代わり いけませんでした、、、 残念(涙)




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2013-12-16 19:53 | レッスン | Comments(4)

クリスマスベイキング つづき

今週は毎日 クリスマスソングを聴きながら
ジンジャーブレッドマンやら ツリーのクッキーを焼いているので気分はどっぷりクリスマス☆
a0107981_10173269.jpg

クリスチャンではないけれど クリスマスはなぜかウキウキ。。
イルミネーションで 暗い夜も 街がキラキラするからか
巷のクリスマス商戦に 子供の頃からすでに うまくのせられてしまっているからなのか、、、
そう言えば イギリスでも 「近頃のクリスマスは すっかりコマーシャライズド(商業化)されちゃって~」
なんて言いながら この時期になると みんな
「プレゼント買わなきゃ~」 と狂ったようにショッピングに精を出していましたっけ
まぁ 楽しければ よしということにしましょう ^^
a0107981_1016525.jpg

前回登場したジンジャーブレッドマンの他に 今月はカップケーキとビスケットという
うちにしては いつもよりかなり 若作りなメニュー(笑)
クリスマスくらい ちょっと童心に返ってもいいですよね
ツリーに見立てた チョコミントフレーバーのカップケーキは
子供達のクリスマスパーティーの時などに活躍しそう
a0107981_101725.jpg

「ステンドグラスビスケット」 は やはりこの時期になると イギリスでよく見かけるもの
あらかじめ開けておいた穴に 砕いたキャンディーを詰め込んで それが溶けるまで焼きます
溶けたあめが また固まれば出来上がり
とっても簡単なのに まぁラブリー(^^
今回はツリー型にしてみましたが
おうち型にして 窓をステンドグラスにしたり リボンの穴をつけておいてオーナメント風にしても
ひよこの羽だって トランプ型にしたって アイディア次第 なんでもいいのです
a0107981_10171126.jpg


クリスマスベイキングと言えば 毎年作ろう作ろうと思いつつ作っていないビスケットが、、、
以前 ドイツでみつけた
「ナティビティ(イエスキリストの降誕の時の様子を人形であらわしたもの)」用のクッキー型セット
イタリアではプレゼピオと呼ばれるこの人形を本当によく見かけましたが
さすがヘキセンハウスの国ドイツ こんなキットまであるのですね
a0107981_10174616.jpg

一応 東方三賢者はもちろん 椰子の木やラクダ 飼い葉桶やベツレヘムの星まで揃っています
でも どれも結構ラフな形なので ちゃんとアイシングで書いてあげないと
なんのこっちゃら状態になること間違いないので
面倒くさがりの私は なかなか手を出せずにいるわけです
a0107981_10175557.jpg

来年こそはこのブログに登場するでしょうか? ジンジャーブレッドナティビティ。。。
作るとすると いつものジンジャーブレッドハウスを家畜小屋風に シンプルに作り
かつ これらの登場人物全部を作らなくちゃいけないわけですね
。。。 う~ん 来年のことは 来年考えますか (^^;)


★☆お知らせ☆★
12月16日(月)12:00~
「メレンゲルーラード & ミンスパイ 」 のレッスン 1席空席できました
去年の12月のメニューですが この日だけ復活です



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2013-12-13 11:08 | レッスン | Comments(0)

12月のクリスマスベイキング

今月のレッスンのテーマは クリスマスの 「エディブルギフト」 (食べられるプレゼント)
イギリスではクリスマスの頃 お友達やご近所さんに ジャムやチャツネ 焼き菓子など
手作りの食べられるプレゼントを 贈ったりします

今回はそんな時によく登場する 作って楽しいもらってうれしい焼き菓子を3品
小さいお菓子だから3種類くらい作りたいなぁ~なんて 欲張ったら 結構やることがいっぱい
考えてみれば 混ぜて型に入れてオーブンにお任せ~のホールケーキのほうが
ビスケットより よほど手間はかからないんでしたっけ ^^;
a0107981_8173461.jpg

とにかくどんどん作ります
前話に登場した「ジンジャーブレッドハウス」 と同じ生地で作るジンジャーブレッドのぼうや
お話しのように 焼けたとたん どこかに逃げ出していってしまいそう(笑)
a0107981_8174544.jpg

可愛らしい見た目のわりに ジンジャーが効いた大人受けする味なので
大人にプレゼントするのなら 「ロビン」の形に焼いても素敵です
クリスマスシーズンのモチーフとして人気の 幸せを運ぶ小鳥ロビンは 胸のところが赤いのが特徴
焼く前に赤いシュガーをかけてあげるか 一刷け筆で赤い色をつけてあげるとそれっぽく。。
a0107981_8175518.jpg

重曹入りなので ちょっと鳩サブレ的なふっくらやわらかな輪郭に焼きあがります
ツリーに飾っても きっとかわいいですね
そして ツリーによりさらに合うのが紅茶☆
この季節 「あ~寒い~」と外出先から戻った時
おうちに ジンジャー味のビスケットと紅茶があれば それだけでかなり幸せ感が得られます (^^
a0107981_818573.jpg

いつも茶色ばかりで地味な見た目のものが多いイギリス菓子
今月ばかりは やけにカラフルなテーブルです
なんと言っても この他に ツリー型カップケーキと ステンドグラスのビスケットですから~
a0107981_8201647.jpg


つづきはまた次回☆


★☆お知らせ☆★

12月16日(月)12:00~
「メレンゲルーラード & ミンスパイ 」 のレッスン 1席空席できました
去年の12月のメニューですが この日だけ復活です



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2013-12-11 15:23 | レッスン | Comments(0)

ジンジャーブレッドハウス


世の中 大分クリスマスっぽくなってきましたね
今月は 我が家もクリスマス一色
でも なにかもう一声クリスマスっぽいものが欲しいな ということで
ジンジャーブレッドハウスを作ることに~

生地はとっても簡単 バターやゴールデンシロップ・お砂糖などを溶かしたものを
ジンジャーパウダーや重曹を加えた小麦粉と混ぜるだけ
今月はレッスンでもジンジャーブレッドマンを作っているのでお手のもの (^^
a0107981_1539376.jpg

ジンジャーブレッドは 焼き上がったばかりの時はソフトなので 微調整も容易だし
冷めれば クッキーなんかよりずっと丈夫なので 簡単に壊れる心配もなし☆
パーツが出来たら 卵白と粉砂糖を混ぜたロイヤルアイシングで 組み立ててあげれば
もう ベースは完成
あとは楽しい 飾り付けをすればいいだけです ♪
a0107981_15391595.jpg

今年は レッスンもクリスマスツリーのカップケーキやら ジンジャーブレッドマン
ステンドグラスクッキーといった カラフル&かわいらしいクリスマスベイキングメニューなので
ちょっとポップな感じにしようかと ジェリービーンズやプレッツェルを 飾ってみたら
性格がポップじゃないせいか なんだか中途半端に子供っぽいおうちに仕上がりました
慣れない事は しないほうがいいですね (笑)
a0107981_15392683.jpg

表札には 「Galette & Biscuits 」
そして そこから出てくる魔法使いのおばあさん
a0107981_1682076.jpg


~ ??
ってことはこのおばあさんが私ってこと ?
かわいいお姫様の人形でも置くべきだったかな~




にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2013-12-08 16:11 | イギリスのおいしいもの | Comments(3)

庭産レモン


前話でふれた我が家のレモン
もともと背の低い小さな木なので 大きなレモンが地面に触れんばかりに垂れ下がり
早く採ってよ~と 重そうにしながら 風雨に耐えていました
今回は幾度かに分かれて花が咲いたので まずは最初に咲いた組を収穫☆
a0107981_13412140.jpg

たっぷりレモンがあると作りたくなるのが 「レモンカード」
最近はジャム売り場に行けば 市販品も手に入るようになったけれど
やっぱり手作りのほうが 断然美味☆
「レモンカード」は レモンの果汁にバターと卵・お砂糖を加えて加熱してクリーム状にしたもの
他にも パッションフルーツや ライム・ラズベリーなどいろいろなもので作れます
イギリスではこれをジャムのように パンやスコーンに塗ったり
タルトやパイに詰めてみたり お菓子の素材としても大活躍
a0107981_13455456.jpg

普通のロールケーキに巻き込んでも美味しいけれど
甘いメレンゲに 甘みのほとんどない生クリームとともに巻いてあげると
程よく酸味が利いて いいアクセントになります
a0107981_13461355.jpg

今回は生クリームに リモンチェッロを加えて泡立てて レモンカードと巻き込みました
ちょっぴり大人味の「メレンゲルーラード
クレームドカシスと ブラックカラントのジャムでも 色がきれいそう☆
(カシス(仏)=ブラックカラント(英)= 黒すぐり(日))

a0107981_13462456.jpg

このときふと思い出したのが イギリスで近所のイタリア料理屋さんに行った時
〆にサービスで出してくれた リモンチェッロ
「ホームメイドのリモンチェッロだよ」
冷凍庫からだしたてのそれは市販のものみたいに やたら甘すぎたり 薬臭かったりせず
すごく飲みやすくて 食べ過ぎた胃がすっきりするような味でした

そうだ せっかく新鮮な無農薬レモンがあるのだからリモンチェッロを作ろう~(笑)
a0107981_13463758.jpg

我が家には 知らぬ間に増殖している大量のイギリス料理本があるのですが
どこかにリモンチェッロのレシピが載ってたような・・・
いつもそんな感じで あいまいな記憶を頼りに これだっけ?それとのもあの本?
とレシピ本をひっくり返すのですが
今回はちゃんと覚えていました
Betty'sの クッカリースクールのレシピ本に載っていたのを (^^
a0107981_13464580.jpg

さてさて レモンの皮をウォッカに漬けて~
どれどれいつ飲めるようになるのかな?
It is very biblical recipe・・・なになに? これはとっても聖書のようなレシピ?
with an interval of 40days and 40nights between each of the stages ・・・
それぞれのステージの間に40日40夜が必要・・・
つまり ウォッカに皮を漬けて 40日
シロップを加えて さらに40日待たなくてはいけないというわけ
(確かに聖書には40日40夜というワードが何度も出てきますね
例えば イエスキリストやモーセの断食も40日40夜・ ノアの大洪水の雨が降り続いたのも40日40夜などなど・・・)
おいしいリモンチェッロまでは遠い道のりです
5時間蒸して 1ヶ月待つクリスマスプディングが 今日はなんだか短く感じました(笑)
おいしいものを食べるには焦ってはダメって ことですね

美味しく出来上がったら またご報告いたします~^^



にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2013-12-05 14:59 | イギリスのおいしいもの | Comments(2)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧