<   2010年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

古城と ジャイアントスコーンの街


今回のお散歩は Warwick という 中世から続く小さな街
シェークスピアで有名な Stratford upon Avon のそばに位置しています

この街を有名にしているのは 古城 「ワーウィックキャッスル」
1000年以上の歴史を誇る このお城には今もWarwick 伯爵が住んでいるそう


a0107981_0382629.jpga0107981_0384110.jpga0107981_0385590.jpg












幽霊も出るとか 出ないとか。。。
とはいえ この古城 すっかり観光地化されており お化け屋敷もついているほどなので
たとえ出て来てくれても あまり 迫力はなさそうな気も、、、
でもここ 見える人には かなり見えるらしいです 、、、(^^;

a0107981_0392097.jpga0107981_0393658.jpga0107981_0582619.jpg











蝋人形で有名な マダムタッソーのグループということで
お城の中は とってもリアルに 当時の暮らしが再現されています

城壁の中には ローズガーデンや 孔雀の散歩する広いガーデンなどもあり
あたたかい日差しの中 みな思い思いに のんびりくつろいでいます
血みどろの侵略を経て この城壁を築いたウィリアム1世(William the Conqueror )が
この光景を見たら さぞや目を丸くするすることでしょう(^^

a0107981_0401070.jpga0107981_0402523.jpga0107981_0403977.jpg











さて お城の周りの
Warwick の街も 中世の香りが色濃く残る 雰囲気ある街
アンティーク屋さんや ティールーム なども 沢山あります
街を歩きながら 10年以上前に ここを訪れた時
とってもボリューミーなアフタヌーンティーに驚いたのを思い出しました
そして 今回入ったティールームでは
またもや 驚かされました(^^
確かにメニューには ジャイアントなスコーンとは書いてありましたが 本当にジャイアント☆
写真ではよく分かりませんが ハンバーガーサイズです(^^;
でも サルタナのスコーンも チーズのスコーンも 焼きたてで ふんわり
アップルパイまで 欲張ってオーダーしていたので
完食までは 少々時間がかかりましたが
近頃流行の 小さくお上品なスコーンを 寂しく感じていたところだったので
うれしいサプライズでした(^^

Warwick のジャイアントスコーン 機会があれば 是非お試しを☆
お腹のすいている時に。。。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-04-29 01:43 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(4)

ワイト島で ヴィクトリアサンドイッチ


Isle of Wight (ワイト島) に遠足に行ってきました
ここはイギリスの本土から フェリーで40~50分の所にある小さな島
緑豊かな 美しい島です
夏には 大きなヨットレースも開かれ 避暑地としてもにぎわうそうですが
まだまだ 観光客も少なく 街も静か

a0107981_1543128.jpg
大きな足のお馬さんも
のんびり


この島1の
目玉スポットといえば
「オズボーンハウス」



ヴィクトリア女王の避暑地として建てられた 豪華な別邸です

a0107981_2384095.jpg
さて もちろん
オズボーンハウス自体も見たかったのですが
ここに来た一番の理由は
いつものごとく「甘いもの」 (^^
目的は
「ヴィクトリアサンドイッチ」です☆

a0107981_254810.jpg




イギリス中 どこのティールームに行っても
必ずといっていいほど目にする
「ヴィクトリアサンドイッチ」
あるいは 「ヴィクトリアスポンジケーキ」
このケーキの発祥の地が この
オズボーンハウスなのです

オズボーンハウスの中のカフェでいただいた
ヴィクトリアサンドイッチは
期待を裏切ることも 上回ることもない
いつもの安心できる やさしい味(^^

a0107981_212448.jpg
イギリス風のスポンジケーキに
ジャムをはさんだ このシンプルなケーキは
イギリス人のお気に入り☆
なので さぞや街中
「ヴィクトリアサンドイッチ」 だらけなのでは...
と思いきや 意外とそんなこともなく 。。。


今回 目的の 「ヴィクトリアサンドイッチ」を
上回ってしまったのが
ランチに入ったお店で
「ワイト島のデザート・オブ・ザ イヤー」(?)
の文字に魅かれオーダーした
この 「パブロワ」。。。

a0107981_2355916.jpg

ふわふわのメレンゲに たっぷりかかったベリーソース
なるほど これはおいしい ♪
大きなパブロワになると 外側さっくり
中がねっちり という食感が多い中
これは ふわふわで 軽ろやか
これなら 「メレンゲは甘すぎて~」 という人も
きっと大丈夫☆



ヴィクトリアサンドイッチも然り 甘いものに 酸味のアクセントがあると
大きくても 飽きずに食べられてしまうんですね
危険です。。。^^;

さて
今回の主役だったはずの 「ヴィクトリアサンドイッチ」 については
こちらの 「ヴィクトリアサンドイッチ」の欄に
もう少し 詳しく書いてありますので どうぞご覧下さい☆



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-04-26 03:02 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

ピンク☆


春らしい日が続いていますが まだまだ朝晩は冷え込みます
今朝の最低気温は 0℃
でも さすがに そろそろブーツとコートはしまいたい気分です☆
そして
ケーキも チョコレート色やキャラメル色を脱いで
春らしい色に お召し替え。。。


a0107981_23333056.jpga0107981_23334581.jpga0107981_23351927.jpg











a0107981_23342149.jpga0107981_2334362.jpga0107981_2335334.jpg











a0107981_2335663.jpga0107981_23345292.jpga0107981_042848.jpg












寒い冬の ケーキの焼ける甘い香りに満ちた 暖かいキッチンも幸せですが
窓を開けて爽やかにお菓子が作れる 春のキッチンも また幸せです(^^



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-04-22 00:22 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

雪やら火山灰やら。。。


昨日今日と とてもいいお天気
日本ほどではありませんが イギリスにも探すと 桜がちらほら。。。

イギリスで 春の色は?といえば
ほぼ間違いなく「黄色」 と答えが返ってきますが
私の中では やっぱり 桜の花の 「ピンク」

近所にはあまり咲いていないので
シュガーペーストで 「桜」 をつくり お部屋に飾ってみました
作り始めてみると 意外と時間がかかる事が判明し ほんの ちょっとだけですが、、、(^^;


a0107981_20411119.jpga0107981_20414551.jpg















a0107981_2042195.jpga0107981_20412640.jpg
















シュガーのお花もいいのですが 問題は食べられないこと☆
(食べようと思えば食べられますが。。。)
おいしいお花のケーキがないかしら というので作ったのが こちら
「バラの花のケーキ」 ひと口かじると ローズウォーターがほんのり香る
ラブリーな ケーキです

桜も見て すっかり気分は春ですが
日本では 桜のあとにもかかわらず 雪が降ったとか。。。
そして
ここの上空で降っているのは 雪ではなくアイスランドの 「火山灰」
ヨーロッパ中で 飛行機が飛べず 大混乱がおきています
今降ってくれてうれしいのは 桜吹雪くらい。。。
早く 噴火が止まりますように。。。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-04-18 21:17 | 日常 | Comments(0)

フードフェスタで ワイルドガーリック


何も予定のない週末のドライブ
その目的地ににもってこいなのが 「フードフェスティバル」
ちょうどお昼くらいに到着するように行けば 楽しくておいしいランチになります

a0107981_558073.jpg

フードフェスティバル には
その土地 そのシーズンのおいしいものが勢揃い
a0107981_692396.jpg






新鮮なお野菜や フルーツ・ ハムやソーセージに
手作りの ケーキやパン
あっちで試食し あ~でもこっちもおいしそう と行ったり来たり


a0107981_6181512.jpg先日行ったフードフェスティバルの主役は
今が旬の 「ワイルドガーリック」

もと駅舎だったという 会場の中には
ガーリックのいい香りが 立ち込めています

a0107981_623761.jpg





一見「行者にんにく」のような
この 「ワイルドガーリック」
イギリスでは 野生でそちこちに生えている
わりと ポピュラーなハーブだそう


a0107981_664253.jpg




a0107981_6401016.jpg

やわらかい緑の葉っぱは 生でサラダに
ペーストにしてパスタになど 使い方はいろいろ
会場では 新鮮なホタテを ワイルドガーリックで
巻いて 軽くソテーしたものや
タルトなど バリエーション豊富で どれも美味☆

お味のほうは
にんにくというより ニラに似ているので
刻んで餃子や ニラ玉にしても ぴったりです(^^


そして ワイルドガーリックもののあとは
お口直しに やっぱり 甘いもの☆

a0107981_6433415.jpg




a0107981_6442227.jpg








「うちのブラウニーはおいしいよ~」の この笑顔 (^^

生産者が直接売っている 「フードフェスティバル」 は
どれも新鮮な上に 作り手のこだわりや 楽しい話しも聞くことができる
とってもおいしい イベントです ☆



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-04-16 07:06 | イギリスイベント | Comments(2)

コルシカの地方菓子

さて コルシカに来た一番の理由
それは コルシカの地方菓子 に興味があったから
この島には かつて主食とされていた「chataigne(栗)」や
羊のチーズ「ブロッチュ」を使った 独特の地方菓子がいっぱい☆

栗は実そのままよりは 乾燥させ 石臼で挽いて粉にしてから 使われることがほとんど
見た目は素朴ですが どれも実に味わい深いお菓子たちです


a0107981_23112129.jpga0107981_23115128.jpga0107981_23132423.jpg












a0107981_231273.jpga0107981_2313514.jpga0107981_2314993.jpg












a0107981_2323217.jpga0107981_23143473.jpga0107981_23145099.jpg












1.2.3.
4.5.6.
7.8.9.


1. 栗の粉を使った柔らかい生地を 栗の葉にのせて焼いてあります
栗の香りたっぷりの しっとりおいしいお菓子

2.島の名物 「canistrelli (カニストレリ)」
ざっくり素朴な焼き菓子で バリエーションも豊富
写真のものは farine de chataigne (栗粉)入りです

3. よくマルシェで見かける「Beignets(ベーニュ)」
これはドーナッツような生地で 角切りのブロッチュを包み込んで揚げてあります

4. これもベーニュの一種 その形から名前は「Fer a chaval(蹄鉄)」
他にも 「Oreillete(オレイエット)」や「Merveilles(メルヴェイユ)」などなど
形によっていろいろな名前のものがあります

5. 「ブロッチュのタルト」ブロッチュはクセのないチーズなので こういったタルトやパイ
「Fiadone (フィアドーヌ)」 というチーズケーキなどにも よく使われます

6.7. 温かい「栗粉のしっとりケーキ」と
これまた温かい「栗粉のねっとりプディングチョコレート風味」 バニラアイスがよく合います

8.9. コルシカのイースターのお菓子(パン)「cacavellu」
ドーナツ状のパンの上に 卵が編みこまれて焼いてあります
卵1個のものと2個のもの そしてアニス入りのものや オードヴィー入りのものなど
パン屋さんは どこも山のように積み上げて 売っていました
この日はちょうど イースター(パック)だったため 町の観光案内所の前では
卵が20個くらいも並べられた「巨大cacavellu」 が振舞われました


どれも家庭で ずっと作られ続けてきたんだろうな という コルシカのお菓子たち
作り手によって レシピも 形も きっとそれぞれ。。。
どれも家庭的な やさしい味がします
栗のお菓子は 栗のペーストではなく 粉を使うせいか
どこか和っぽい懐かしい味 ☆
流行にのった驚きいっぱいの パリのお菓子もいいけれど
自分はやはり こういう素朴なお菓子のほうが好きなのね
と 再認識したコルシカ旅行です(^^


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-04-12 00:43 | フランス | Comments(0)

コルシカ 名物

「コルシカ島」といって 思い浮かべるの まずは この人物
「ナポレオン・ボナパルト」
a0107981_324549.jpg

アジャクシオ の町には
彼の生まれた家が 今もそのまま残っています
この島を出てパリに渡り フランス皇帝にまで登りつめたナポレオン
1769年 そんな彼が産声をあげたのは
この小さな長椅子 の上だったそう ↓

a0107981_3242284.jpga0107981_3281225.jpga0107981_32511.jpg












a0107981_3252429.jpga0107981_3254378.jpga0107981_325596.jpg












a0107981_3261744.jpga0107981_3263584.jpga0107981_3305662.jpg












山の幸 海の幸 どちらも豊富なコルシカですが
春に訪れたかったのには 理由があります
そのひとつが 「ウニ」 です
生きているウニを 注文を受けてから二つに割り 山のようにトレーに乗せてやってきます
冷えたコルシカワインと おいしいパン そして 生ウニ 。。。贅沢の極みです(^^

そして春に訪れたかった1番の理由が 写真の白いチーズ 「ブロッチュ」
山羊や 羊の繁殖期である 冬から春にかけてのこの季節に作られる 「ブロッチュ」は
すくい豆腐のような見た目そのまま フレッシュさが身上
出来立ての「ブロッチュ」 のおいしさは ここでしか味わえません

朝 出来立てのブロッチュと パン
そして これまた島の名物の 「栗のはちみつ」 をマルシェで買って朝ごはん
まったりしているけれど あっさり 香りも栗のはちみつの方が 強いくらいの
実に やさしい味の チーズです

このブロッチュ そのままいただくのはもちろん
ケーキに入れたり オムレツに入れたりと 島の食生活には欠かせないものだそう
「本当においしいから食べてみて」 と
みな自信満々で勧めるのも 納得のおいしさでした(^^


。。。コルシカおいしいもの話し つづく。。。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-04-09 05:23 | フランス | Comments(2)

いざコルシカ島へ


「コルシカ島」 に行ってきました☆
パリから 飛行機で移動すること 90分
あおい碧い地中海の中に 突然2000mを超える険しい山々が現れたら
それが 「コルシカ島」
椰子の木や ヨットの並ぶ背景には 白い雪を冠った山がそびえ
町には ピンクや黄色の可愛らしい 家々

a0107981_1351233.jpga0107981_1371954.jpg















町の中央で 毎朝開かれる市場には 名物のハムやソーセージ
そして 山羊や 羊のチーズ
平地の少ないこの島では 牛を育てられなかったり
穀物を育てられなかったり ここには
そんなハンデがあったからこそ 生まれた独自の食文化があります
この島の人たちは 古くから小麦の代わりに 山に自生する栗の実を挽いてパンを焼き
羊や山羊のミルクで チーズを生産

a0107981_2273445.jpga0107981_230326.jpg










栗の実をえさに育てられた豚肉は 極めて上質
コルシカ独自の品種の葡萄で作られたワインも極上なら
四方を海に囲まれているのですから
もちろん 海の幸も豊富

この島は ナポレオンの生まれた島であることで有名ですが
それ以上に おいしいものの宝庫であることで
私の中で 訪れてみたい所ランキング上位を いつも占めていたのでした☆

a0107981_1395884.jpga0107981_2314211.jpg
















気になる食材が山積みの コルシカ島
最近 酷使しすぎのせいか 弱音をはきがちな胃をだましだましの 4日間です (^^;

つづく・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-04-07 03:02 | フランス | Comments(0)

ホットクロスバ~ンズ♪


イギリスでは 今度の日曜日のイースーターをはさんで 明日から4連休
日本と較べて 祝日が少ないので 貴重な連休です

イースター直前の 金曜日は 「グッドフライデー」 呼ばれ
イエスが十字架刑になった日 といわれています
この日に食べるのが この「ホットクロスバンズ」 表面の十字模様が特徴です
ドライフルーツと ミックススパイス入りの ちょっとスパイシーでソフトなパンです

a0107981_164812.jpg
とってもおいしいからか この時期限定ではなく 今では1年中売っていますが
本来は グッドフライデーの朝に食べるのが しきたりだったそう
食べ方は 横半分にスライスして トーストし そこにたっぷりバター
a0107981_17355.jpg
ちょうど お茶の時間に食べる 「ティーケーキ」(ドライフルーツ入りの小型のパン)
と同じようにして いただきます
今日スーパーに行ってみたら 店内で焼いているのか
お店中 ホットクロスバンズのスパイスの よい香りが立ち込めていました^^
a0107981_171611.jpg
イギリスでは 祝日 スーパーもお休みになってしまうところが多いので
今日はみな 大きなカートを満載にして お買い物
大量の「チョコレートエッグ」 を詰め込んだカートがいっぱいです☆
a0107981_172929.jpg

イースターのモチーフである 「卵とひよこ」 は
新しい命や再生・ 繁殖など を表しているそう
このときばかりはと クッキーもカラフルに作ってみました(^^
かわいいけれど 食べるとやっぱり あま~い。。。

さて イースターホリデー 遠くにお出かけする方も多いと思いますが
どうぞ よいホリデーをお過ごしください ☆


・・・ 今日は 「ホットクロスバンズの歌」 が頭から離れません^^;
どんな歌か気になる方は こちらを・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-04-02 01:49 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

フォロー中のブログ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧