<   2010年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

「ハギス」 を食す。。。


先週の月曜日 1月25日は 「Burn's Night」
スコットランドの詩人 Robert Burns の誕生日 を祝う日です

a0107981_16345042.jpg

(これは ??) →


ロバート・バーンズ といえば
日本でも有名な スコットランド民謡
「Auld Lang Syne (蛍の光)」 を作詞した人
「バーンズナイト」には
彼の詩や 彼にちなんだ音楽などが 披露されるそう

a0107981_16362490.jpg(お鍋に入れて 蒸します。。) →

そして
この「バーンズナイト」のメインイベントが
「ハギス」 のディナー☆
バグパイプの演奏の中
ハギスが うやうやしくトレーにのせられて 登場し
彼の 「Address to a Haggis」 という詩を
みんなで 朗読した後
ハギスを食すのだとか

a0107981_16364975.jpg
(ナイフが ぐさり 刺さって 登場) →


スコットランドの伝統料理 「ハギス」
これが なかなかのつわもの
羊の胃袋に 羊の内臓(肝臓・心臓 etc) と
オーツ麦などを詰めて 茹でたもので
見た目はかなり グロテスク。。。

a0107981_16371891.jpg
ナイフを入れると
中から 黒いつぶつぶの物体が 溢れてきます ^^;

そして ハギスの付け合せは
「tatties &neeps」と呼ばれる
じゃが芋と swede※ のマッシュが定番

a0107981_16374428.jpgいざ 実食。。。
昔食べて あまりいい印象がなかったので
おそるおそる口に運ぶと。。。

「あれ?」意外とくせも少なく食べやすい?
なるほど
「これが何でできているかを 忘れれば食べられるわよ」
とのアドバイスも 納得☆


a0107981_1639522.jpgバーンズナイトの〆は
みんなで手をつなぎ「Auld Lang Syne」(蛍の光)の合唱
英国人ならみな知っているこの曲
新年(特にスコットランド)か
このバーンズナイト に歌われる歌なので
日本では
「卒業式 や お店の閉店に流れる曲なの」 と説明すると
とっても 驚いていました☆

※ この右上の紫の野菜が 「swede」 →
見た目は 大きなかぶ ですが とっても固くて 味は別物
加熱すると かぼちゃのような黄色になります


珍味 「ハギス」 スコットランドに行く機会があれば
スコッチのお供として 是非 お試しを☆



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-01-30 17:29 | イギリスで学ぶ | Comments(2)

イギリスでは 買えないケーキたち


「 シュークリーム 」 のほかにも
日本で人気のケーキは 意外と イギリスで探すのは 難しかったりします

例えば ケーキといって 日本人が真っ先に 思い浮かべる
「いちごのショートケーキ」
これは イギリスには 存在しません
こんなに いちごの好きな 国民なのに
どうしてこんなシンプルなケーキがないのか 不思議なくらい

そして 日本のケーキ屋さんの必須アイテム
「モンブラン」& 「シャルロットなどのムース系ケーキ」
これまた めったにみかけません
特に 「モンブラン」 に関しては まだ見つけたことはなし☆
イギリス人にとって 栗は スープやターキーの詰め物に使うもので
甘くして食べようとは 思わないそうです
「栗のケーキだよ」 といって勧めたら 不思議そうな顔をして食べていました(^^

a0107981_6282713.jpga0107981_6284422.jpg















a0107981_629187.jpga0107981_6292189.jpg















かぼちゃも 同様 スープやロースト には使いますが
お菓子に使うことは ごくごくまれ
イギリスの かぼちゃは
オレンジ色で ひょうたん型の butternut squash と呼ばれるものがメイン
でも たまに 「KABOCHA 」squash と表記された
日本のかぼちゃに そっくりなものが 売っていることがあるのです
これを見つけたら 即購入(^^
かぼちゃのチーズケーキ (写真 右下)などに 変身です☆

日本にいる頃は めったに作らなかった
ショートケーキ や モンブラン
今は 一番 リクエストの多い ケーキ☆
そして あまり珍しいものには 手を出したがらないイギリス人にも
ショートケーキは 好評です (^^


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-01-28 07:36 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

イギリス のシュークリームは。。。


イギリスにも 一見 「シュークリーム」 が売っています
でも 実はこれ シュークリームのそっくりさん 「cream puff 」(クリームパフ)

a0107981_342429.jpgシュー生地に まったく甘みのない
ホイップした クリームが詰めてあります

シューにも クリームにも 甘みも塩気も ないのですから
当然ながら 味がない。。。
他のお菓子は ビックリするほど 甘いのに
みな これは これでいいの?? とかなり 不可解。。。


a0107981_342261.jpg
「エクレア」 も 然りで
中身は味のない ホイップクリームのみ
でも エクレアは 上に チョコレートがかかってい分
まだ食べやすいかな

← これは 上半分とクリーム半分くらいまでは なんとか(^^;



イギリスでは いわゆる シュー生地は 「シューペストリー」 と呼ばれます
シュー生地を使ったお菓子で 一番よく 見かけるのは
小さなシューに チョコレートソースをかけた 「プロフィットロール」
。。。ということは やっぱり イギリス人も 味のない クリームパフ やエクレア よりは
チョコレートソースのかかった 「プロフィットロール」のほうが いいんですよね きっと(^^

a0107981_3185024.jpga0107981_319105.jpga0107981_41044.jpg











... ということで
今月の お菓子教室は イギリスでは なかなか食べることのできない 「シュークリーム」
しかも 日本っぽい 「クッキーシュー」☆

モカと チョコレートのクリームを詰めた 味のある(!)エクレアも
a0107981_3203335.jpg
午前からのクラスでは
バターの代わりに オリーブオイルを使った 小さなシューに
アボカドや クレームフレシュ・ スモークサーモンなどを詰めて
軽いランチ代わりに。。。

シューには 味がない。。。なんて言いましたが
手作りのシュー生地は とってもおいしい☆
そして
味が薄い分 シュー生地は 合わせる素材次第で
オードブルにも デザートにも 使える 万能選手
a0107981_320499.jpg
1度 コツさえつかめば
パイやタルトのように 寝かしたり 伸ばしたりしなくていい分
気楽に 作れてしまいます(^^

海外に住んでいると
買えないなら 作ってしまおう! という考え方が 当たり前のせいか
日本より お菓子作りを 気負わず
日常のことと して 楽しんでいる人たちが多い気がします (^^


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-01-25 04:04 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

イギリスの ソーセージ


先日の ブログで 「バンガー&マッシュ」 (ソーセージ&マッシュポテト)
について 書きつつ思った
イギリスの 「ソーセージ」 について。。。

a0107981_5752.jpg
イングリッシュブレックファストにも
必ずついてくる 「ソーセージ」
本当に 選びきれないほど 種類がいっぱい
カンバーランドソーセージ 」など 土地の名前の付いた
その地方地方の ものから
ミントや セージなどの ハーブ入り
りんごや マスタードなど が入ったものまで さまざま

a0107981_58326.jpg


けれど そのバリエーションの多さの割りに
イギリスの「ソーセージ」は とかく
日本人に評判が 悪い☆
なぜかというと
日本のソーセージの イメージは
パリッとした皮に ジューシーな中身
でも イギリスのソーセージは ひどく ふにゃふにゃ だから・・・
日本と違い
腸に詰めてから 燻製せずに 生のまま 売られているのです

そして さらに 調理も少々面倒

a0107981_58394.jpg
中身が完全に 生のひき肉だから
焼くのに とっても時間がかかるのです
だから 朝の忙しいときには むかないかな。。。

そして パッケージから出すと 全てつながっているので
自分で 切りはなして使うのですが
元々は1本の腸詰めになっている物を
ねじってあるだけなので
煮たり焼いたりしているうちに ねじりが取れて
中身が 出てきたりすることも。。。

a0107981_522946.jpg
そんなイギリスソーセージですが
イギリス人は みんな大好き ☆
フィンガーフードとして よ~く見かけるのは
「ソーセージロール」 →→
これは パイ生地で ソーセージの中身を包んだもの

そして パブで 見かける クラシックメニューとしては
toad in the hole
「穴の中の ひきがえる」 という このへんてこりんな名前
どんなお料理かというと
お皿いぱっいの ヨークシャープディングの中に
ソーセージが ぽこぽこ顔を出しています 。。。 これが カエルに見えるのかな?

a0107981_5113133.jpg
もちろん テイクアウトスナックにも登場
← ← 「ソーセージ& チップス」

日本人好みの ソーセージを探そうと思うと
ドイツ系の ソーセージ を扱っているお店
に行くか
サラミの類 になってしまうようです↓

a0107981_514651.jpg

ソーセージに 限ったことではないですが
それ自体の味が 純粋に
おいしいか まずいか ではなく

人間 まったく新しいもの より
自分の知っているものに 似ているのに
「なんか ちょっと違う味~。。。」 というもののほうが
どうも 拒否反応が 起きてしまうようです

たいていのイギリス菓子は Ok な私も
イギリスの シュークリームには ちょっと ビックリ☆しましたから (^^;



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-01-22 05:55 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

イギリス 定番ランチ


この頃 イタリアや レバノン料理などの 他所の国の食べもの話しが続いたので
今日は イギリスの「食」 のお話し
特にイギリスの 定番ランチメニューの ご紹介を☆

a0107981_1282987.jpga0107981_1284678.jpga0107981_12924.jpg











a0107981_130499.jpga0107981_1294370.jpga0107981_1383049.jpg











a0107981_1302234.jpga0107981_1552959.jpga0107981_1555470.jpg











1.2.3.
4.5.6.
7.8.9.


1. 2. パブランチの定番 といえば やはり 「バーガー」と 「サンドイッチ」
3. そして テイクアウトフードの定番は 「ケバブサンド」
フィッシュ&チップス屋さんと 並ぶ くらい お店がそちこちにあります
4. ティールームのランチによく見かける 「ウエルッシュレアビッド」
チーズに ビールやウスターソース などを加えて溶かし パンにのせて 焼いたもの
これは さらにマッシュルームを トッピング
5. トルティーヤで巻いた 「ラップサンド」も よく見かけるランチです
6. パイや キッシュ類は 必ずといっていいほどある 定番中の定番
7. 「バンガー&マッシュ」 マッシュポテト& いためたソーセージの グレービーソースがけ
ポテトにソーセージ これはもうある意味 イギリスの国民食☆
8. 「Kedgeree」 スモークのタラと ゆで卵が入った ピラフのようなもの
お米に タラという組み合わせのせいか なんとなく ほっとするお味☆
9. 「コテージパイ」 パイといっても パイ生地は使いません
炒めたひき肉を マッシュポテトでおおって チーズをのせて焼きあげます

イギリスランチ よく 言われるほどには はずしません
おいしいものも たくさん (^^
ただ イギリス食は あまり値段には 比例しないので
お高いディナーのほうが もしかすると がっかり度が高いかも??
でも とかく 「イギリス料理は。。。」 という悪いうわさが多いので ハードルが低い分
「意外とおいしいじゃない」 という声も よく聞きます(^^



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-01-19 02:35 | イギリスのおいしいもの | Comments(4)

現実逃避で 南国気分


昨日 「バクラヴァ」のことを ブログに書いたら
なんだかとても バクラヴァの気分
でも 雪に閉ざされ お買い物にもいけない。。。。

。。。それなら 作ってしまおう (^^
ちょうど 冷蔵庫には パータフィロもあることだし と
やおら バクラヴァ作り の開始です☆

a0107981_21101258.jpga0107981_21103527.jpga0107981_21105696.jpg











バクラヴァ作りは 意外と簡単
パータフィロに バターを塗りながら 型に重ねていきます
そこに 細かく刻んだナッツ とスパイスを混ぜたもの をふりかけます
今回は 大好きな 「ピスタチオ・バクラヴァ」 にすることに
これを 数回繰り返し ダイヤ型に切り目を入れたら オーブンへ
焼き上がりに スパイスと一緒に煮詰めたシロップを かければ ほぼ完成
あとは 冷めて シロップが染みこむのを 待つだけです
今回の レシピは オレンジフラワーウォーターや オレンジの皮で香り付けした
ちょっと 垢抜けた(?)感じの シロップ
じゅわっと シロッピーな バクラヴァ 危険だけど とまりません (^^;

バクラヴァで 気分は エキゾチックになったところで もうひとつ
a0107981_4334741.jpga0107981_21112041.jpga0107981_21113963.jpg












「カルダモン」 を使った ショートブレッドも 作ることに
カルダモンは アラブの方では コーヒーに入れて 飲んだりするのだとか

日本ではあまり 使いませんが こちらではインド料理などで よく登場☆
緑のさやをむくと 中から 黒い種が 出てきます
これを パウダー状にして 生地に混ぜ込むと
ちょっぴりスパイシーな 大人なショートブレッドに

「大人な...」 とか言いながら
子供のように 作り始めた いろんな顔....しかも かわいくないし...
。。。退屈さ加減が 分かろうというものです (^^;




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-01-15 04:52 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

レバニーズ

またまた雪が降っています。。。
昨日 ようやく家から 脱出できたと思ったところだったのに。。。

ということで 早くも今年を振り返ることに 。。。
2010年の外食初めは 「 レバニーズ 」 (レバノン料理)でした

ロンドンは 「イギリス料理以外はおいしい☆」 なんて言われるほど
本格的な多国籍料理 が楽しめる街
移民の多いこの国 それぞれ そのお国の人たちが作っているのだから それも納得☆
中国 ・ 韓国 ・ イタリア料理 は当たり前
グルジア料理 ・アフガニスタン料理なんて お店まであります
トルコ料理を初め モロッコや レバノンなどの 北アフリカや 中近東料理も わりとポピュラー
a0107981_18292899.jpg
まずは ど~んとでてきました お通し?
大量のまるまんま野菜 です 。。。
みんな ぽりぽり かじっていますが
テーブルの飾りじゃないかと思うほどに 大胆な丸ごとっぷりです (^^;

a0107981_18302839.jpg
レバノン料理は トルコ料理や ギリシャ料理に 近いよう
オリーブオイルや ごま ・レモンなどがたっぷりで
わりとさっぱり

a0107981_18295911.jpg

「メゼ」と呼ばれる
前菜には
野菜料理が
たくさん☆






お米や野菜などを ぶどうの葉っぱで包んだものや
羊のチーズを ピタパンにのせて 焼いたもの
ヒヨコ豆のペースト 「フムス」や
焼きナスのペースト 「ババガノーシュ」

a0107981_18301470.jpg
ヒヨコ豆のコロッケ「ファラフェル」 には 「タヒニ」 と呼ばれる ごまペースト入りのソースをつけて
お肉類は お国柄 マトンが主役
どれも ピタパンに 挟んで食べると とっても 美味☆

a0107981_18304271.jpg


でも
今回のNo.1 は
他のおいしい
お料理を押さえて
なんと




ピタパンの他に もう1種ついてくる 平たい 「ごまパン」 !
最近食べたパンの中でも これはピカ1 ☆ 驚きのおいしさ
そういえば 昔 トルコで食べた ごまつきのパンが
本当においしかったのを 思い出しました。。。

今回は この おいしい焼き立てパンの食べすぎで
デザートまで たどり着けなかったのが 心残り。。。
次回は やっぱり アラブ風のお菓子
シロップ ぴたぴたの「バクラヴァ」を食べないと (^^
a0107981_19252525.jpg
「バクラヴァ」 日本では あまり見かけませんが
イギリスでは スーパーで見かけるほどに ポピュラーなんです
甘くて苦手~ という人も多いけれど
これが 慣れると おいしいんですね。。。。(^^;

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-01-13 19:34 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

冬景色



引きこもり生活も そろそろ限界
せっかくの雪景色 きれいなところも 沢山あるはず☆ と
まだまだ雪が積もる中
えいやっ と出かけたのは Bibury

ウイリアムモリスが 「英国で一番美しい村」 と 賞賛したこの村
夏とは一味違う 静かなバイブリーが そこにはありました。。。


a0107981_2038402.jpga0107981_2045916.jpg















a0107981_20394075.jpga0107981_20415334.jpg















14世紀に 羊小屋として建てられたという この 「アーリントンロー」 の家並み
静かに 凍ったように たたずんでいました

。。。でも 「 なんて きれい。。。」 と言って佇んでいたのも 束の間
自分たちのほうも 凍りそうになってしまったので
近くの スワンホテルに 避難☆
ぱちぱちと 燃える暖炉のそばで 解凍され
今年初のアフタヌーンティーで ほっと 生き返ったのでした (^^
a0107981_20462830.jpg

ちなみに 春の アーリントンローは こんな感じ →

この写真を見たら 無性に春が恋しくなりました
やっぱり 寒いのは苦手です (><)
「春よ来い 早く来い。。。。」


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-01-10 21:13 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(2)

寒波再上陸


再び 寒波がやってきました
しかも 前回より 強力なのが。。。

今日の天気予報では イギリス北部はマイナス21度とか。。。
我が家にも 雪が降り積もっています。。。

a0107981_18105083.jpg一番苦労するのが 外出
車を出そうと思ったら
a0107981_18111378.jpg
まずは 雪から掘り起こし
お湯をかけて 解凍
解けた端から すぐにまた 凍っていくので
急いでエンジンをかけます
でも
昨日はお湯をかけても
どうもおかしい と思ったら



。。。車の内側が 凍っていました。。。

a0107981_18115445.jpgすったもんだした挙句
(本当に 「すったもんだ」という感じ(^^;)
a0107981_18113288.jpg

昨日は 結局
車を出すのを断念 (><)

お庭の バラも
クモの巣さえも
凍り付いていました。。。




この雪で 学校も もちろんお休み

a0107981_18121432.jpg

大喜びなのは 子供たち
そり遊びや スノーマン作りに 大はしゃぎです☆
一生懸命作っているなぁ と思ったら
細い手でポーズをとる 巨大スノーマンが完成していました
そして さすが 異国☆
青い目に 人参の鼻
変なところで感心(^^)



雪に閉じ込められているせいで(おかげで?) ブログが すすみます。。。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-01-08 18:49 | 日常 | Comments(2)

イタリア 〆


10数年ぶりの ローマです

イタリアという 先進国の首都 なのに
1歩踏み出せば コロッセオや 古代ローマの遺跡
ベルニーニや ミケランジェロの 建造物や噴水・ 彫刻などが そこかしこにあり
まるで街全体が 大きな博物館のよう
ローマは ほんとうに 独特の雰囲気をもった街です

そして もちろん おいしいものもいっぱい(^^

a0107981_23502520.jpga0107981_23505559.jpg







a0107981_23514491.jpga0107981_033674.jpga0107981_23523216.jpg











a0107981_23524876.jpga0107981_011076.jpg







1.2.
3.4.5.
6.7.


1.2.4. ローマといえば 「トレビの泉」 に「バチカン」 そして 「スペイン広場」
トレビの泉に 1枚コインを投げ入れると
「またローマに戻ってこられる」 というのは 有名なお話し
そして 2枚投げると 好きな人と結婚できて
3枚投げると 離婚できるとか... (^^;

3. 6. イタリアといえば やっぱり 「ピザ」 に 「ジェラート」☆

5. ここのジェラテリアのラインナップは 甘いもの好きにはたまりません
「ティラミス」味・ 「アマレッティ」味・ 「カッサータ」味 etc.
イタリアの甘いものが さらにジェラート になっているのですから☆

7. デザートによく登場する 「カントゥッチ」(ビスコッティ)&ヴィン・サント(デザートワイン)
硬いカントゥッチを ヴィン・サントに浸しながら食べていると 止まらなくなりそうです(^^;

目も 頭も おなかも 大満足の イタリア☆
トレビの泉に 「1枚☆」 コインを投げ入れてきたことだし
もし また行く機会があるのなら
次はもう少し イタリアの長~い歴史と
イタリアの 沢山の地方菓子を お勉強してからのほうがよさそうです ☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2010-01-07 01:02 | 日本&イギリス以外 | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧