<   2009年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

GOOSEBERRY~グーズベリー~

「グーズベリー」
ちょっと透け感のある マスカットサイズの 丸い実は
まるで 黄みどり色の ビー玉 みたいです

a0107981_6364241.jpga0107981_6383183.jpga0107981_639090.jpg











a0107981_6392688.jpga0107981_6395110.jpg








a0107981_6413920.jpga0107981_6405691.jpga0107981_6412013.jpg











1.2.3.
4.5.
6.7.8.


1. 一見おいしそうなその実 でも生は 酸っぱくて固くて おいしくない!
2. グーズベリーの季節は ほんのわずか あとは缶詰めで 我慢
3. ファームでは ベリー摘みだけでなく 「空豆狩り」などもできます
4. グーズベリーの木は 棘だらけ
5. 実が固いから こんなに詰め込んでも つぶれません
6. バルサミコを入れた フィリングと 一緒に焼きこんで... 生だと可愛いのに...
7. グーズベリーデザート の王道 「フール」
「フール」 とは 生クリームと フルーツのピュレを 合わせたような デザート
8. グーズベリーのコブラーは 温かいうちに アイスクリーム をのせて食べるのが 1番

フールも コブラーも 風味付けは 「エルダーフラワーコーディアル」
グーズベリーの 青い香りを 包んで 繊細な感じに まとめてくれます☆

イギリスではル バーブをはじめ このグーズベリーのように
生では食べることのできない フルーツが いろいろ
そのまま食べておいしい フルーツより
心置きなく 火を加えて ケーキに デザートに 変身させることができるので
大好きです ^^

グーズベリーの季節も 終盤
だけど 試したいレシピは まだまだ いっぱい
ついつい また 緑のビー玉に 手が伸びてしまいます。。。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-06-30 07:58 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)

エルダーフラワーの シャンパンって?


5月中旬から6月中旬 至るところに咲いている
薄いクリーム色の 小さなお花 「エルダーフラワー(西洋ニワトコ)」
このお花から 作られるのが 「エルダーフラワー・コーディアル」
マスカットのような 爽やかで フルーティーな香りです
a0107981_7313495.jpg
← これは ファーマーズマーケットで 買ってみた
いかにも 手作り のコーディアル
炭酸水で 割って飲みます

レシピを読んでも いまいちピンとこなくて
ずっと気になっていた矢先
「エルダーフラワーシャンパン」 の作り方
を教えてくれるとのうれしい知らせ♪
しかも コーディアル ではなく シャンパン!?

a0107981_7461584.jpg

まずは お昼頃 お花を摘みに 出かけます
このシャンパンに大事なのは その花粉
その 小さな 一つ一つのお花の命は 1日限りで
12時頃 がその花粉・香りが ベストだから とのこと
なるべくクリーム色がかった お花を探します

a0107981_7305728.jpg
用意するのは
お砂糖に 熱湯
レモン
ワインビネガー
そして
エルダーフラワー


a0107981_7525278.jpg











これらを混ぜて 布をかけて1昼夜 待ちます
それを漉しながら 瓶に詰めたら さらに ひたすら 待つこと 6週間
エルダーフラワーの 花粉の持つ イースト菌(?)のおかげで 自然発酵し
しゅわしゅわの 「エルダーフラワーシャンパン」 の完成です☆

a0107981_7532530.jpg

触ると ぽろぽろ落ちてしまう お花を
下を向けないように 大事に摘んできて
容器につける時は
「うまく発酵してくれるよう お祈りしながら入れてね」

a0107981_7535815.jpg... と なんだか 自然と 優しい気持ちになる
作り方でした (^^

この日以降
ちょっと 気をつけて
みてみると
飲み物以外の
エルダーフラワーものもちらほら・・・


これは エルダーフラワーと グーズベリーの ジャム ↑

この 「グーズベリー」
これまた とても イギリス的 だと私が思う 物のひとつ
ちょうど エルダーフラワーと同じ時期に 採れ始めるせいか
この2つ を組み合わせた パイやデザートの レシピを よく見かけます

ここ最近 この2つが どうにも気になって仕方ありません(^^;
次はきっと 「グーズベリー」について 書いているはず...





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-06-27 08:45 | イギリスで学ぶ | Comments(0)

ごめんね 子羊ちゃん。。。

春になり 緑の中で ピョコピョコはねている かわいい子羊たちa0107981_23532772.jpg
私たちは 「わ~かわいい~♪」
英国の人たちは 「わ~おいしそう~♪」 と思っている人も 多そう。。。

イギリスの 春を代表する 食材のひとつが
この 「スプリングラム」
生後 12ヶ月までの羊 がこう呼ばれます

a0107981_2357598.jpg

マトンに較べて 肉質がやわらかく
独特の香りも弱いので 好む人が多いらしく
少々高価ですが 大人気
イギリスの スーパーでは
豚肉ゾーンは1番小さくて 片隅だけれど
羊ゾーンは わりと 広め
昔から マトンのほうが 多く食べられてきている
のでしょうから 仕方ありませんが。。。

a0107981_23584824.jpg

イギリスの食文化探求家
(=単なる食いしん坊) としては
苦手なラムも 一応知っておきましょう
ということで
「スプリングラム講習(?)」 に参加

う~ん 首から 内臓まで 子ひつじ半身分
見事に並びました。。。

a0107981_23582011.jpg

お肉の熟成の過程や 部位の名称
どの部分が どんなお料理に向いているか などの説明の後は
もちろん おいしく いただきます

a0107981_23592411.jpg

素焼きのキャセロールに レモンと入れて
蓋をして 2時間ほど 蒸し焼きに

カットするはしから ほどけるほどに柔らかい お肉です

これに グレービーやミントソースをかけるのが一般的

a0107981_23595117.jpg



・・・確かに 普通のマトンよりは
大分 香りはきつくないけれど
「やっぱり 駄目かも~」
。。。ごめんね こひつじちゃん。。a0107981_094161.jpg




この時 もうひとつ このシーズンだけの 香りもの
「エルダーフラワーのシャンパン」 の作り方の講習もありました
実は そちらだけ 興味のあった私(^^;
「エルダーフラワー」 については また次回。。。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-06-25 00:15 | イギリスで学ぶ | Comments(0)

バター好き?

この季節
「私が主役☆」 とばかりに 咲き誇る 薔薇もいいですが
地味花好き の私にはたまらない
脇役ながらも どうにもかわいらしい お花がいっぱい

a0107981_3183561.jpga0107981_319678.jpga0107981_3214398.jpg










a0107981_3201593.jpga0107981_3462785.jpg







a0107981_3204630.jpga0107981_3332575.jpga0107981_348914.jpg










どこの芝生にも 我が家にも 沢山咲いている
「バターカップ」(黄色の ぴかぴかした 小さなお花) に 「デージー」
咲いたと思うと またすぐに ガーデナーさんに
芝もろとも 刈られてしまうので
たまには救出(?)して 小さなグラスに 。。。

このバターカップの花を あごの下にかざして
あごが 黄色く光れば 「バター好き ♪」
... こちらの子供たちの 遊びだそうです ^^
かなり ぴかぴかした 花びらだから
きっとイギリス人は みんなバター好き。。。

イギリスはバターをはじめ 乳製品が とても安くて おいしいけれど
ついつい食べ過ぎてしまうのが たまにきず
そういえば 大分続いていた 日本の 「バター不足」 解消したのでしょうか?



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-06-23 04:12 | イギリスの花 | Comments(2)

シェークスピアと ピクニック


イギリス人は 日光を浴びるのが 大好き☆
1年で一番 陽の長い この季節
少しでも 多く日光を浴びようと 光合成をするがごとく
芝生に 仰向けに寝そべります

ですから
お芝居もコンサートも この日光を浴びずして 屋内でみるなんて...
とばかりに 野外で行われます

a0107981_3555191.jpg
これは シェークスピアの野外劇の様子
まずは お芝居前の 「ピクニックタイム」
これがとてもイギリス的
ロープより前は ラグの人
椅子&テーブルの人は ロープより後ろ
日本と違い「いす&テーブル」が多数派

a0107981_4594865.jpg

テーブルクロスをひろげ そこここでシャンパンを抜く
「パ~ン!」という音が響きます
グラスや食器は もちろん本物
紙皿・紙コップはもちろん 缶ビールなんてゼロ
みな 示し合わせたように
ワインか シャンパンで乾杯
「ここってお外よね?」 と疑う程の光景です☆

a0107981_3573938.jpg
そんな中
ここで ブリティッシュサマーの洗礼が・・・
シャワーです・・でも皆動じません・・
何事もないかのように
傘を開いて やり過ごし...


a0107981_3582571.jpg
嘘のように からっと晴れた 青空の下
7時半から 開演です

← 9時ごろでも この明るさ

そして 10時を過ぎ 暗くなって来ると
お芝居も クライマックスに...


a0107981_3591843.jpg
この日の シェークスピアは
「ベニスの商人」
ポーシャ扮する裁判官が シャイロックに
判決を言い渡す シーンです



お芝居は もちろんですが
「ピクニック☆」 これがまた 素敵でした ♪
やはり 悩んでいた 「ピクニックバスケット」 買わないと☆
問題は 「ワインバージョン」 にするか 「ティーバージョン」 にするか
どちらが いいでしょう??
おいしそうな Fotnum & Mason のバスケットも とっても魅力的ですが。。。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-06-19 05:06 | イギリスイベント | Comments(0)

ケルムスコットマナーと チェルシーバンズ

「ウィリアム・モリス」
ケルムスコットマナー
彼が 1871年から亡くなる1896年まで 暮らした家

a0107981_01284.jpg
この家が 一般に開放されるのは
4~9月の間の 水曜日
きっと 水曜日以外は 誰とすれ違うこともなさそうな
静かな Kelmscott 村
この地に 相応しい 大きくはないけれど
とても 居心地のよさそうな お家です

でも
ここに住んでいたのは モリスと彼の妻に 二人の子供たち そして ビジネスパートナーで 画家の ロセッティ

ロセティは モリスの妻の恋人でもあったというから
随分 微妙なバランスで暮らしていたことでしょう.... a0107981_062423.jpg


モリスのデザイン柄に あふれた各部屋には
彼が 詩人であり デザイナー・ 成功した実業家であり
アーツ&クラフツ運動 の提唱者・ 社会主義者
であったことなど についての 展示が多数

彼の着ていたコートや 使いかけの絵の具など
彼の存在を ごく近くに 感じる展示物が 多いので
なかなか楽しめます

a0107981_041223.jpg
この ケルムスコット
車でないと 行けないような とっても不便な場所なのに
モリスファンの 日本人が多いのか
入った瞬間 しっかり 日本語パンフレット を渡されました (^^;
でも 中の展示には さすがに 日本語の解説はないので
ひたすら 英文読解 ・・・かなりスローです・・・

さて
近頃めっきり 英語拒否気味の 頭を癒してくれたのは

バラがとってもきれいな お庭と 「チェルシーバンズ」 (^^
ぱさぱさの 「チェルシーバンズ」 が多い中
ここの チェルシーバンズは かなりの高得点 ☆
昔 流行った 「シナボン」 思い出しました。。。
a0107981_071178.jpg
この 小さな写真だと 分かりづらい と思いますが
上の 花瓶ののった テーブルクロスや
紅茶ののった トレーや ナプキンもみな
モリスのデザインの パターンです
リバティープリントなどで ご存知の方も 多いはず

モリスについては 知っているようで知らないことばかり
いい お勉強になりました

チェルシーバンズ おうちで 作りたくなりました(^^




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-06-16 00:47 | イギリスの花 | Comments(2)

Rose Week

6月のイギリスの主役は 「バラ」
どこへ行っても 競うあうように バラが咲き乱れています

Winchcombe にある 「Sudeley Castle(スードリーキャッスル)」 では
まさに 今が 「Rose Week」

ヘンリー8世の 6番目の夫人 キャサリン・パー が住んでいた このお城
ここの その名も 「クィーンズガーデン」 には
チューダー時代からの オールドローズが 多く植えられています


a0107981_0455089.jpga0107981_0465615.jpga0107981_0472248.jpg












a0107981_0475091.jpga0107981_0481866.jpga0107981_0492729.jpg











a0107981_0494424.jpga0107981_050186.jpga0107981_0503162.jpg











そのまさに 「咲き誇る」 姿は Queen の存在感 ☆
これだけあると その姿香り に ちょっと気おされ気味の私は
思わず 「地味花 好き」 を再認識 (^^;

でも ほんとうに 圧倒される 美しさ。。。です







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-06-13 01:27 | イギリスの花 | Comments(0)

イギリスの朝ごはん


イギリスの朝食といえば イメージは ボリュームたっぷりの イングリッシュブレックファスト

a0107981_18514974.jpg
卵料理に ベーコン・ ベイクドトマトに マッシュルーム
ベイクドビーンズに トーストラックに立てられた
カリカリ薄切りトースト&マーマレード
でも そんな朝食が食べられているのは
きっと今や ホテルや B&B くらい

多くの家庭では シリアルが幅を利かせているよう

a0107981_18525151.jpg


スーパーの棚には 子供の頃の 巨大な洗濯洗剤の箱
(もう分からない人も多い??)のような
巨大シリアルが 見上げんばかりに 山積みに
種類も豊富☆
そして なかでも メジャーなのが
「weetabix(ウィータビクス)」

a0107981_18534482.jpg

見た目も サイズも まるで 「コロッケ」 のような物体が
箱に並んで入っています
これに牛乳をかけて ざくざく崩していただきます
ヨーグルトや フルーツと混ぜても なかなか ♪

パンが ちょっと 今いっぽなイギリス
寒い間は 温かいポリッジ(オートミール)に
胃袋が 癒されました
これも イギリスの定番 朝ごはん
a0107981_18545977.jpg

本場 スコットランドでは
一晩ミルクに浸しておくとか
1時間 ことことかき混ぜながら煮るとか
いろいろあるようですが
今は これまた お手軽商品が いろいろ揃っています

a0107981_18555148.jpg

気に入って食べていたのは
はじめから ゴールデンシロップで 甘みがつけてあって
牛乳をかけて 数分レンジに かけるだけのものや
「アップル&サルタナ&シナモンフレーバー」 のものなど




大分 初夏らしい日もあるようになった この頃
お米や ポリッジではなく いろいろシリアルを試すのに いい季節ですが
問題は1箱が大きいので なかなか次に 取り掛かれないこと
そして 大きいがゆえに いくらおいしくとも
ようやく1箱 食べ終える頃には かなり 飽きてしまっているという点

日本のように
いろいろな種類を少しずつ入れました~的な
バージョンを もっと増やしてもらえると ありがたいのですが。。。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-06-10 19:27 | イギリスのおいしいもの | Comments(4)

sticky toffee pudding


湖水地方といって まっ先に 思い浮かべるのは
ビアトリクス・ポターに ワーズワース

a0107981_23265572.jpg

本当に いつピーターラビットが 飛び出してきても
不思議じゃないような まるで 絵本の世界

ウィンダミア湖の周りでは 誰かが以前 言っていた言葉を思い出し

a0107981_23251989.jpg「お土産屋さんがいっぱいで
芦ノ湖 か河口湖みたいだよ...」
そのとおりで 思わず 笑ってしまったけれど

それを差し引いても 心に残る風景です

a0107981_23244060.jpg



でも・・・やはりここでも「花より団子」
湖水地方といえば
ジンジャーブレッドに ケンダルミントケーキ
そして大好きな
「スティッキートフィープディング」


a0107981_23274586.jpg




ランチをとったパブでも 目ざとく黒板のメニューに発見し
しっかりオーダー
あたたかいスポンジに とろけるトフィーソースと
アイスクリームがからまり たまりません^^
このイギリス的な甘さ かなり危険と知りつつも
スプーンを 置けないんですね 。。。

さて スティッキートフィープディング で満たされた お腹を抱えて
次に目指すは
湖水地方の小さな村 Cartmel
a0107981_2328599.jpg
a0107981_23283890.jpg
というのも ここには このプディングで 有名なお店があるから
わざわざここまで来なくとも
買おうと思えば 買えるのですが
「ここがオリジナル~(元祖)」
の言葉に 弱いんですね ...

a0107981_2329616.jpg



それに 旅にはプラスα のおいしいおまけが
付いていたほうが 楽しいし ♪
時々 おまけかメインか わからなくなる時もありますが
それもまた 楽し

日本では見かけないタイプのケーキ
「sticky toffee pudding」
もう少し 詳しく書いてありますので
こちらの スティッキートフィープディングの欄 も どうぞ☆



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-06-07 00:05 | アフタヌーンティー&ティー | Comments(0)

17年ぶりの Edinburgh は...

17年ぶりの 「エディンバラ」

濃い灰色の 建物に囲まれた 石畳の坂道
お城というよりは まさに 「城砦」 といった雰囲気の 「エディンバラ城」

a0107981_3133124.jpg
かわいらしい タータンチェックの スカートに
ハイソックス姿の いかつい 衛兵さん に


a0107981_3135777.jpg






やっぱりタータンチェックスカート姿の バグパイプおじさん

a0107981_3144447.jpg




そして 「スコットランド」 といえば
やはり 「スコッチウィスキー」

何百と 並んだ そのボトルは 圧巻の 一言
そんなに 得意ではないくせに ついつい試してみたくなります
17年前に 試したときより 大分 年をとったせいか
味覚も大人になったらしく 「おいしい~♪」

a0107981_3152272.jpg
「ウィスキー」 の語源は
アイルランド語の 「ウシュク・ベーハー
(uisge beatha) =生命の水」
その名のとおり 飲んだら 若返るのなら
ちょっとお値段のはる30年物でも
何年物でも 奮発するのですが...(^^;

すっかり おいしいスコッチに 味をしめた翌朝は
ホテルの朝食でも 「ウィスキー・ポリッジ 」 を注文

a0107981_3163070.jpg
朝から ウィスキー? しかも ポリッジに? と思いますが
ほのかに香る 温かいポリッジは意外と やさしいお味 (^^


そして
もう1品 ここに来たら食べないと☆ というものが...
それは 「ハギス」
( 羊の胃袋に 羊の内臓や オーツ麦 やらを
詰めて蒸したもの...強敵です... )
これも人によっては スコッチをふりかけて 食べるとか

a0107981_453339.jpg 今回は 軟弱バージョンで
「ハギスボール?」 なるもので お茶を濁しました^^;
ちなみにこれは ハギスを丸めて揚げたもの
でも
「おやっ?これも意外と おつな味☆」

落ち着いた雰囲気の エディンバラ
まだ若かったあの頃より
少々年を重ねた 今のほうが より楽しめた気がします

こんなに 坂だらけの街だった?! とは 感じましたが。。。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by lesgalettes | 2009-06-04 04:27 | イギリスのおいしいもの | Comments(0)


お菓子教室 「Galettes and Biscuits」 の日常 ☆


by lesgalettes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ガレット アンド ビスケット

シンプルで温かいイギリス菓子の魅力を伝えるべく 宇都宮から発信中☆ これまで見たことの無いお菓子に出会えるかも☆
詳しくは こちらを↓

Galettes and Biscuits
home


イギリス菓子にご興味ある方は
こちらもどうぞ ↓
イギリスおかし百科


※リンクフリーです
※メールはHPに記載のアドレスまで あるいは
鍵コメで連絡先を書いていただければ、こちらからも
ご連絡いたします

カテゴリ

全体
日常
イギリスのおいしいもの
アフタヌーンティー&ティー
イギリスイベント
イギリスで学ぶ
フランス
イギリスの花
日本&イギリス以外
イギリス散歩
レッスン
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

フォロー中のブログ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧